SNSのコメントで使える英語の略語・短縮語・顔文字

スマホやSNS

最近の若者は・・・などと言う気はありませんが、老いも若きもインターネットといえば、もはやPCよりもスマホで見ることが多い昨今です。見ているだけなら良いのですが、メールやメッセージを書いたりというのはスマホ入力だとなかなかもどかしい・・・そう思っている方、いらっしゃいませんか?

今回はそんなみなさんにお送りする、SNSなどで使える便利な英語の略語表現をご紹介します。

一文字で表せる略語表現

“RU4 real?”・・・ちょっと見ただけでは何のことか分からない?まずは一文字に略せることができる単語から見ていきましょう。

2=To


例えばお誕生日なら”HBD2U” (Happy birthday to you、お誕生日おめでとう)に。”2moro” (Tomorrow、明日)などと使うことも。

4=For

U=You

C=See


上の二つを合わせると”CU” (See you、またね)になります。

I=Eye

O=OhまたはOwe


例えばこんなことも、 “IOU” (I owe you、借りができたね)、”OIC” (Oh, I see、ああ、分かりました)

R=Are


冒頭の”RU4 real?”、分かりましたか?”Are you for real?”(それって本当?)です。

B=Be

Y=Why

よく使う短縮語

頭文字だけをとって単語を短くするのも、英語でのコメントには良くあること。その数は山のようにあるのですが、ここでは登場回数の多そうなものをご紹介します。

ASAP=As soon as

(今すぐに)

AKA=Also known as

(別名)

B2K=Back to keyboard

(キーボード前に戻った)

BRB=Be right back

(すぐ戻るね)

BTW=By the way

(ところで)

CUS=See you soon

(後でね、またね)

F2F=Face to face

(フェイス・トゥ・フェイスで。日本語でも、顔顔なんて言いますよね)

FC=Fingers crossed

(祈ってます)

FYI=For your information

(お知らせまでに)

LOL=Laughing out loud

(大笑い)

NC=No comment

(ノーコメント)

OMG=Oh my god

(オーマイゴッド、日本語では何というのでしょうか?信じられない!?といったところかな)

TNX=Thanks

(ありがとう)

OXOXOX=Hugs and kisses

(ハグとキス。腕を回した形と、チュ!という口の形からきているのでしょうか?)

英語版「顔文字」

みなさんも、「(^_^)」こんな感じで顔文字を作りますよね。そして私たちが作る顔文字は、文字と同じ向きです。ところが、英語版の顔文字の場合は、顔は横向きなのです。ということで、ポピュラーなものをいくつかご紹介しましょう。

: -)

(コロン+ハイフン+とじかっこ。もちろんニコニコマークです)

; -)

(ニコニコの一文字目をセミコロンに変えることでウィンク)

XD

(大文字のXとD。うれしい悲鳴、といったところでしょうか)

: -P

(コロン+ハイフン+大文字のP。あっかんべー、の表情)

: -Z

(コロン+ハイフン+大文字のZ。眠い・・・。英語でzzzと書いたりする、あれをもじったものですね)

: – (

(コロン+ハイフン+かっこ。悲しい表情)

: -x

(コロン+ハイフン+小文字のX。チュ!というキスマーク。Xは小文字にした方がかわいいですね)

おわりに

最初はなかなかパッと思い出せないかもしれませんが、使いこなせるようになると、英語のコミュニケーションにおいてもこうした略語や短縮文字は断然便利。ただし、日本語でもそうですが、目上の人とのコミュニケーションにおいてはカジュアルすぎる場合もあるのでご注意を。

場面と相手をうまく見定めながら、上手に使いこなしましょう!

英会話を始めるならオンライン英会話。

オンライン英会話はスマホ一つで簡単に始めることができる英会話教室です。外国人講師のマンツーマンレッスンだから上達も早いのが特徴です。

オンライン英会話の中でも講師の質が高いレアジョブ英会話がおすすめです。

»レアジョブ英会話の無料体験はこちら

ビジネス英語ならビジネス特化型のビズメイツがおすすめです。

»Bizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを試してみる

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. リラックスした表情で握手を求める男性 ワーホリでシェアハウスを使うときのメリット・デメリット
PAGE TOP