アメリカのリアルな生活事情 〜スーパーでのお買い物編〜

加工品コーナー

外国暮らしでお世話になる場所、その筆頭はきっとスーパーマーケット。人間の基本は食べること!ですからね。

皆さんご存知の通り、アメリカのスーパーマーケットは普通のところでも日本でいう大型店に近いくらいの品揃え。数えきれないほどの商品が並んでいますが、「これ、どうやって買うの?」と迷うこともあるでしょう。

今回はそんな方にお届けする、アメリカのスーパーマーケットでの「買物のお作法」をご紹介します。

生鮮食品コーナーでのお作法

野菜、果物の買い方

生鮮食品コーナー

アメリカのほとんどのスーパーでは、野菜と果物は量り売りです。と言っても、好きなものを好きなだけ備え付けのビニール袋に詰めれば良いだけ。支払いの時にレジで量ってくれます。

ですから野菜売り場ではみんな真剣に、傷のついていないもの、好みの熟れ具合のものを吟味しながら袋に入れています。

肉・魚類の買い方

チーズをカットする様子

肉、魚は日本と同様に切り身がパックになって売っている場合がほとんどです。但し、鶏や七面鳥は丸焼きをする人も多いので(特に七面鳥は大きい!)冷凍コーナーなどで丸ごとパッケージされたものが売っています。

一方面白いのはハムやチーズです。もちろん日本のように小分けしてあらかじめパッケージなっているものもありますが、アメリカの方々はサンドイッチの材料になるようなハムやチーズは、塊からその場で薄切りしてもらって買うのが好き。

やってみたいという方はガラスケースの中にハムやチーズの塊が並べられた、デリ(カテッセン)と呼ばれる一角へどうぞ。様々なハムやサラミ、ターキー(七面鳥)などの肉類から、驚くほど種類のあるチーズまで、「XX枚くらい」と言えば薄切りにしてくれます。

切ったものはその場で包んで量り、値札をつけてくれるので、レジに持って行けばOKです。

加工品コーナーでのお作法

加工品コーナー
袋詰めされた食品、ボトルに詰められた飲料、どれを取ってもアメリカの商品単位は大きい!牛乳は1ガロン(約3.8ℓ)パックが当たり前のように並んでいますし、チップスの袋も「何日かかって食べるの?」というような大きさです。

さて、これらの加工品。実はスーパー内で開けて食べたり飲んだりしていても、怒られません。マナー上、あまり好ましくないとはいえますが、買物かごに入れたものは「絶対買う予定」と見なされるらしく、お腹の空いた子供におやつを開けて食べさせながら買物をしているお母さんも見かけます。

また、ビールや炭酸飲料などは6本パックで売っていることが多いですが、パッケージから1本もぎ取ってかごに入れる人も良く見かけます。果たしてあれは許されるのか?と最初のうちは思いましたが、怒られていないところを見ると、許容範囲なようです。

レジでのお作法

アメリカのスーパーのレジ

アメリカのスーパーでは、ベルトコンベアに買ったものを自分で載せ、レジ係の人が「ピッ」とやっていくところがほとんどです。コンベアの脇に棒状のものが置かれていますが、これは前の人と自分の買物商品を分けるためのもの。自分の商品を載せ始める前に置きましょう。

買った商品の中にアルコール類があれば、ここで身分証明書の提示を求められます。若く見られがちな日本人は、おそらく例外なく聞かれますので、用意しておいた方がいいかもしれません。

支払いは現金でもいいですが、アメリカの人はクレジット、またはデビット(銀行)カードで支払う人がほとんどです。カード社会アメリカならではですね。

クーポンを使うのも当たり前です。新聞や雑誌の広告のほか、店内のあらゆるところに設置してあったりするので、キョロキョロしているとお目当ての商品のクーポンがあるかもしれませんよ!

商品の袋詰めは、大抵は専門の係の人がやってくれます。”Paper or plastic?”(紙袋?ビニール袋?)と聞かれることも多いです。紙袋は手提げではない場合も多いので、気をつけましょう。

レジでは、レジ係や袋詰め係の人と世間話が始まることも日常茶飯事。前の人が話し始めてしまったら・・・諦めてしばらく待つことにしましょう・・・。

まとめ

たくさん商品の並んだアメリカのスーパーは私も大好きで、訪れるたびに必ず立ち寄るようにしています。最近はオーガニック商品専門のスーパーも増え、エコバックを持参する人も増えました。

そんな「買物をする人たちの風景」を見るのも、スーパーマーケットに行く楽しさの一つだと思いますよ!

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. 海外移住で英語力を磨く方法5選
  2. どこに住みたい?海外移住する人が多い国TOP10
  3. 日本 アメリカ人から見た日本人の良いところ・悪いところ
  4. 日本とアメリカのオフィスワークや仕事への考え方の違い
  5. え?こんなものが?意外と外国人に喜ばれる日本のお土産10選
  6. チップ 在住経験者が解説!アメリカでチップが必要なところ・相場・払い方
  7. 新しい自分に出会おう!海外生活をして変わったこと5つ
  8. 衝撃的な出会い!アメリカのニューヨークで見かけた奇人・変人たち
  9. アメリカで10年間暮らした私が驚いた3つの日米間の違い
  10. 日本の国旗 海外で暮らしてしみじみ感じる日本の良いところ4つ!
  11. 海外生活が向かない人の5つのタイプとは?
  12. 日本 海外で暮らして気づいた!日本のちょっと気になるところ
  13. 海外だからこそ大事!海外生活で友達を作る3つの方法
  14. アメリカの飲酒や運転のルールは日本より厳しい!
  15. 在住経験者が語る!アメリカのリアルな医療・健康保険・病院事情
  16. 日本と全然違う!アメリカのリアルな就職・仕事事情
  17. 上手に使えば会話が弾む!アメリカのネイティヴがよく使うカジュアル…
  18. 在住経験者が語る!アメリカのリアルな郵便・宅急便事情
  19. ニューヨークの街並み 在住経験者が語る!ニューヨークに対する2つの誤解!
  20. 体験者が語る!アメリカのリアルな賃貸事情とチェックポイント
  21. 外国で生活する女性 海外へ行くと本当に英語力が身に付くようになるのか?
  22. グランドセントラル 実際のところどうなの??海外生活に必要な英語のレベルとは
PAGE TOP