英語を聞き取れるのに話せない人のための勉強法3選

英語でネイティヴと話す女性

「ネイティブが話す流暢な英語は聞き取れるし、何を言っているかもわかる!でも、自分は英語を話すことができない……」実はリスニングができても、スピーキングができるとは限らないのです。こんな悩みを持っている人向けに、英語を話せるようになるためのオススメ勉強法を3つご紹介します!

聞き取れるけど話せない人に足りていないこと

ネイティブの英語が聞き取れるということは、リスニングスキルは相当高いレベルにあると思います!TOEICで言えば、おそらくリスニングで8割以上の得点をとれるレベルでしょう。

リスニングやリーディングは、自力で練習することができます。問題集で演習したり洋画を見たりするなど、1人でもスキルアップをすることができるのです。しかし、スピーキングとライティングに関しては、英語ができる人にチェックしてもらう必要があります。日本人は全体的にこの2つの能力が足りていないのです。

しかしリスニングやリーディングができるということは、英語の知識は十分にあるということです!基礎があるのだから、あとはアウトプットの練習さえすればスピーキングやライティングもできるようになりますよ!

話せるようになるためのオススメ勉強法3選

聞き取れるのに話せない人に圧倒的に足りていないのは、アウトプットする力です。詳しくは、「日本人が英語のスピーキングが苦手な3つの理由」でも書いていますが、日本人は単語をよく知っているし、文法もわかるけど、自分でそれを組み立てることができないのです。よって、組み立てる練習さえすれば、できるようになります!以下の3つの練習で、スピーキングスキルをアップさせていきましょう!

1.ネイティブが使うフレーズをマネしてみよう!

英語を話す
英語を聞き取ることができるのですから、自分が「カッコイイな」と思う言い回しをマネしてみることから始めましょう!

一番簡単なのは「あいづち」です。人との会話を盛り上げるためには「あいづち」が重要です。レパートリーが増えると会話が盛り上がるので、まずはネイティブの反応をマネしてみましょう。

»会話をスムーズにする!使える英語の相槌15選

例えば「肯定のあいづち」にもたくさんの種類があります。最も簡単なのは “Yes.” や “Yeah.” でしょう。しかし慣れてきたら “That’s right!” や “Absolutely.” などネイティブが使っている単語を状況に応じてマネしてみると良いでしょう。

もちろん「あいづち」だけではありません。例えば私は言葉につまった時に “How do I say…” や “you know…” と言うようにしています。もともと話し相手が使っていたので、私もマネして使い始めたのです。なんと表現して良いかわからずにつまっているのですが、とりあえず英語を話してつなぐことができるので、「わたし英語を話せている!」という気分になるのです(笑)。さらにこのように言うと、話し相手が「こういうこと?」と助け船を出してくれたりもします。ぜひみなさんも使ってみてください。

人のマネを繰り返せば、そのフレーズは自然と自分のものになっていきます。どんどんマネしてみましょう!

»シャドーイングの効果的なやり方を徹底解説!おすすめの教材やサイトも紹介!

2.日記をつけて表現する練習をしよう!

英語の勉強中
日本人が英語を話せない大きな理由の1つに「自分の意見をハッキリ述べられない」ということがあります。海外の人と話すと感じるかと思いますが、「あなたはどう思う?」と意見を求められることが多いのです。

日本ではあまりハッキリと意見を言う機会は少ないでしょう。例えば今日見たニュースについて、自分の見解を述べることができますでしょうか?「ハッキリと言うのは難しい」という人もいるかもしれません。

まずは「自分はどう思っているか」を把握しておく必要があります。そのためにもオススメしたいのは、英語で日記をつけることです。

自分の思ったことや、意見を英語で表現してみましょう!プライベートな日記でも良いですし、SNSにアップしても良いでしょう。ランゲートなどのサービスを使えば、ネイティブが添削してくれる可能性もあります。

日ごろから自分の意見を持っておくことで、英語を話す時に「自分」を表現しやすくなりますよ!

3.オンライン英会話で毎日実践練習してみよう!

オンライン英会話を受講中
英語を話すためにもっとも重要なのは、アウトプットの場を頻繁に持つことです。通学型の英会話スクールに頻繁に通うのは難しいと思うので、気軽に利用できるオンライン英会話でアウトプットの練習をすることをオススメします!

1日25分を毎日1ヶ月間続けただけでも、かなりスピーキングスキルがアップすると思います。マンツーマンレッスンだと逃げ場がないので、恥ずかしがっているヒマはありません。どんどんアウトプットして、英語を話すことに慣れましょう!

»オンライン英会話の評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー

まとめ

ひたすらアウトプットの練習をするだけで、メキメキと話す力がついていくはずです!リスニングができる人は英語の知識がすでにあるので、上記の練習を毎日すれば半年ぐらいで簡単な会話をスムーズにできるようになることと思います。ぜひ続けてみてくださいね!

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

関連記事

  1. 日本人が英語のスピーキングが苦手な3つの理由
PAGE TOP