産経オンライン英会話の評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー

産経オンライン英会話

あの産経新聞グループが提供している産経オンライン英会話。実際に受けてみた私が思ったのは「初心者に優しいオンライン英会話だ!」ということでした。産経オンライン英会話ってどんな感じ?初心者にオススメという理由はなぜ?というところを含め、詳しくレビューしていきたいと思います!

産経オンライン英会話の予約からレッスンまでの流れ

まずは産経オンライン英会話のレッスンがどのような流れで進むのか、その手順をご紹介します。

1.講師とレッスン日時を選んで予約する

希望日時と講師の条件を選択し、受けてみたいと思う講師のレッスンを予約します。講師の検索項目は主に「性別」「年齢」「日本語レベル」「GCAT」「講師歴」と、「もっと詳しい検索条件」が60項目以上もあります!大学での専攻科目や、講師の趣味から検索することもできます。ここまで細かい選択肢があると、自分と気の合う講師を見つけやすくて良いですよね!

また「日本語レベル」の検索項目で「日常会話が可能」な講師を絞ることもできます。英語初級者にとって、日本語ができる講師を見つけられるというのは大きなメリットです。

2.テキストを選ぶ

体験レッスンでは2種類の教材しか使えませんが、会員になれば8つのカリキュラムの中から教材を選ぶことが出来ます。「日常英会話」も「ビジネス英会話」もありますし、「TOEIC」などの試験対策テキストもあります。

3.レッスン開始前

レッスン開始前までに講師からSkypeで申請がきますので、承諾しておきましょう。またレッスン30分前にメールで予約確認をしてくれます。

レッスン前の予約確認がないオンライン英会話もありますが、私はこれまでにレッスンがあることをすっかり忘れてすっぽかしたことが何度もあります……。レッスン前に確認メールが来れば、すっぽかしてしまうなんてことも防げます!

4.レッスン内容

基本はビデオを使ったレッスンです。自分が指定した教材でレッスンが進みます。講師は適度にチャットボックスを利用し、レッスンの最後には言い間違いを訂正してくれます。個人的には会話を途中で遮るのではなく、最後にまとめてフィードバックをくれるのがとても良かったです!途中で訂正されてしまうと、特に英語初級者の場合は自信をなくしてしまうこともあります。

5.レッスン終了

産経オンライン英会話では、レッスン後に「レッスンレポート」が掲載されます。講師からのコメントと、レッスン内容、またSkypeのチャットボックスに送られてきた修正フレーズがまとめられています。フィードバックがあるとモチベーションも上がりますし、復習もしやすいです。オンライン英会話で英語力を向上させるためには、復習が重要ですよ!

»産経オンライン英会話の無料体験を試してみる

産経オンライン英会話を6つのポイントから評価してみます

(1)料金:オンライン英会話としては平均的

産経オンライン英会話の料金プランは3つ。プランがシンプルなので、わかりやすくて良いですよね!オンライン英会話としては、料金も平均的です。

【産経オンライン英会話の料金プラン】
・毎日25分プラン:5,980円
・毎日50分プラン:9,800円
・週末毎日50分プラン(金土日限定):5,980円
※全て税込み金額

(2)講師:生徒の話をさえぎらないフレンドリーな講師陣

【埋め込みコード】

産経オンライン英会話の講師は全員フィリピン人です。私がレッスンを受けた講師たちは、みんな「よくトレーニングされているな!」と感じました。というのも、レッスン中に生徒の話をさえぎることはありませんでしたし、また沈黙をつくらないよう質問を投げかけてくれるなど、生徒が話しやすい環境をつくってくれたからです。

上記の動画は産経オンライン英会話の公式動画(初級者編)ですが、このように生徒のレベルに合わせて話すスピードを調整してくれます。日本語を話せる講師もいるので、「まったく英語が話せない!」という人もスムーズにレッスンが受けられると思いますよ!

(3)利用時間帯:早朝も深夜もレッスン受講可能

レッスン受講可能時間は早朝5時~深夜1時の間です。早朝や深夜も受講可能なので、会社員の人も継続しやすいと思います。オンライン英会話によっては早朝や深夜はやっていない場合もあるので、自分が毎日受講できる時間にレッスンが提供されているかどうかは、登録前に確認しておきましょう!

(4)教材:職業別の英会話カリキュラムがある!

カリキュラム別の教材として「日常英会話」「ビジネス英会話」をはじめ8種類のカリキュラムがあります。中でも最も特徴的なのは、「職業別英会話」です。

職業別英会話のテキストでは、小売店やレストラン、鉄道などの職業ごとに必要な会話が準備されています。他のオンライン英会話でこういった教材を見たことがないので、該当する職業の人々にとっては、かなり役立つ教材だと思います!

(5)通信状況:オフィスか在宅かで差がある場合も

産経オンライン英会話には自宅勤務の講師もオフィス勤務の講師もいます。私がレッスンを受けた中で通信状況がイマイチということはありませんでしたが、自宅勤務の場合は環境によって差があるかもしれません。特に台風などの天候に左右されやすいので、その点は理解が必要です。

(6)受講することで期待できる効果

産経オンライン英会話のトップページには「70%の受講生が初心者からスタート!」という記載があります。実際に受けてみた感想としても、これまで述べてきた通り「初心者にぴったりのオンライン英会話」だと思います!

講師のレッスンの進め方や指摘の仕方、レッスン後にレポートが来ることなどの点から、英語初心者が英語力をアップしやすい体制が整っていると思います。

他のオンライン英会話と比較したメリットデメリットまとめ

産経オンライン英会話を利用するメリットまとめ

・初心者が英語を話しやすいレッスンの進め方
・レッスン後にレポートでフィードバックがある
・早朝や深夜に受講可能
・レッスン30分前にメールが来る
・職業別英会話という教材がある
・講師検索の項目数が多い

産経オンライン英会話を利用するデメリットまとめ

・在宅講師の場合、通信状況には差がある
・レッスンの予約は開始の30分前まで

まとめ

「職業別英会話」という教材は、他のオンライン英会話ではほとんと見たことのないもので、とてもおもしろいと思いました!英語初心者にもぴったりのオンライン英会話だったので、「これから英語を始めたい」という人は、1度無料体験レッスンを受けてみると良いと思いますよ!

»産経オンライン英会話の無料体験を試してみる

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

関連記事

  1. ベストティーチャーの評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
  2. QQEnglishの評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
  3. ビズメイツの評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
  4. ラングリッチの評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
  5. ECCオンライン英会話の評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュ…
  6. レアジョブのHP レアジョブ英会話の評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
  7. DMM英会話の評価を英語講師が実際の体験談を元にレビュー
PAGE TOP