英語が話せると海外旅行が3倍楽しくなる理由

国際交流をしている日本人女性

実は、海外旅行は英語を話せなくても困ることはさほどありません。言葉の壁はあっても身振り手振りジェスチャーをすれば通じないこともありませんし、今では海外旅行へ行く日本人も増えたので、日本語が通じるところも多くなってきました。しかし、英語が使えると旅は格段に楽しいものになります。今回は、英語が使えると海外旅行が楽しくなる3つの理由をまとめてみました。

1.現地の人とコミュニケーションが取れる

旅の醍醐味は、人とのつながり。

せっかく見知らぬ土地へ来たのなら、現地の人とコミュニケーションを取りたいものです。

英語が話せれば、ガイドブックには載っていないローカルならではの情報を入手できますし、意外な話を聞くこともできます。オススメの観光スポット、彼らの国や文化の話、面白い話などいろんなことが聞けるかもしれません。

現地の人と話すことで、その国の文化をより深く知ることができ、旅を一段と楽しいものにしてくれるでしょう。

2.旅行中の外国人と友達になれる

旅先でユースホステルなどに泊まると、各国からさまざまな人種の人と出会うことができます。

そんな時、“英語が話せたら!“と痛感する人も多いことでしょう。

互いの国のことを話したり、旅先の情報交換をしたり、意気投合すれば一緒に旅を楽しむことも可能です。

海外という非日常空間では、気持ちもオープンになり、日本にいる時よりも友達ができやすくなります。海外でできた友達は、SNSなどで交流を持てるようになりますし、日本に帰国してからコメントやEメールを英語で送り合ったりするのも、英語学習にも役立ちます。

また、仲が深まれば将来互いの国へ行き来して、自分の国を紹介するチャンスもあります。

英語が話せることによって、今よりもグローバルに世界とつながりを持つことができるでしょう。

3.リアルな英語力が身につく

日本で英語を勉強していても、なかなかネイティブスピーカーと話をする機会はありません。便利なフレーズを覚えたとしても、使わなければリアルな英語力にはなりません。

しかし、海外旅行は、多くのネイティヴスピーカーとリアルなコミュニケーションをする機会が数多くあるので、英語力を一段アップさせることができます。

現地に住むネイティヴならではの発音やイントネーション、独特の言い回し、スラングなど、海外に出なければわからないことは数多くあります。

これらのリアルな英語力を身につけることができるというのは海外旅行ならではの魅力です。

英語学習を続ける秘訣は、英語を勉強していて「楽しい!」と思えることだと思うので、そのためには、インプットばかりするのではなく、インプットしたものをアウトプットすることもとても大事です。

覚えた英語を実際に使って、「英語を話すことって楽しい!」という気持ちを一度知れば、今後、勉強の効率もさらに上がることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

英語は、世界共通語としてさまざまな国で話されている言語です。

英語を話せると、世界各国で多くの人と接する機会が増え、自分の国以外の文化に触れることもできます。

英語を話すことによって今まで以上にグンと視野も広まりますから、もっと自分の世界を広げたいという方は、語学を磨くことはもちろん、積極的に話しかける姿勢も忘れないでくださいね!

ささ まりこ

記事一覧

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住。英語学習や海外旅行に役立つ記事を発信していきます!

関連記事

  1. 外国人の友達を作りたい!と思ったら試したい6つの方法
  2. 英語は継続が命!英語学習を習慣にするための3つのコツ
  3. 英語を話せるようになる人と挫折する人の違いとは?
  4. 英語の勉強のイメージ 日本で英語を使う環境を作る4つのやり方
PAGE TOP