一人で海外旅行を楽しむために実践した5つのコツ

一人旅

わたしは、“一人旅”が大好きです。「一人って寂しくない?」と思われる方もいるでしょう。たしかに「旅行中話し相手がいない」「トラブルになっても自力で解決しなくてはならない」「宿代が割高」などデメリットもあります。しかし、一人旅ならではの魅力があることも事実なのです。

一人旅の最大の魅力は、ズバリ『自由』です。誰に気兼ねすることなく、行きたいところへ行き、食べたいもの食べ、自由に動き回れる!
一人旅には、すべてを自分の好きに選択できる自由があるのです。そこで今回は、一人旅経験者としてわたし流の旅の楽しみ方をご紹介したいと思います。

一人旅のホテルの選び方

ホテルは中級クラスを選ぶ

一人旅だと宿代が割高になるので、ホテル代は意外と高くつくものです。20代の時は節約してどんな安宿でも泊まれたものですが、30代になってからは居心地の良さを優先して中級クラスのホテルを選びようになりました。やはり住むところも旅の一部。あまりにストイックに節約して安宿を選んでしまうと、楽しみが半減してしまうからです。

中級といっても下から~上と幅広くあるので、立地条件やホテルのクオリティをみて、中級クラスの上か下を目的に応じて選びます。例えば中級の上でもネット回線が有料であったりすれば、中級の下でもWi-Fiフリーのところを選びますし、朝食付きは割高になるので、基本食事なしを選びます。現地のご近所のカフェでコーヒーを飲む方が、ローカルの雰囲気を味わえて好きなんです。

ホテル選びの際には、必ず「トリップ・アドバイザー」で口コミを読むようにしています。リアルな旅人たちの意見を参考にして、なるべく高評価のところを選びようにしていますよ。

お金はケチりすぎない!

一人旅となるとちょっと節約しなきゃなぁ~とも思うのですが、あまりに節約しすぎると旅がつまらないもになってしまいます。若い頃の体験ですが、初めてNYへ行ったときに、とにかく街を歩き回ってそこでタクシーに乗れば良いものの、節約のためにバスや電車の駅を探して、さらに歩き回り夜にはダウンしてしまったことがあります。これでは体力、時間のムダですよね…!

それからケースバイケースで、道に迷ったり雨が降ったらタクシーを使うようにしています。ちょっと予算を抑えた旅だとしても、その中でたまにゼイタクをするのはいいと思います。すべて高級尽くしのセレブな旅ではつまらないけど、屋台やカフェご飯も楽しみつつ、1度は高級ディナーを食べてみるなど、メリハリをつけるとより旅をエンジョイできると思いますよ。

暮らすような旅

コンドミニアムに泊まる

わたしの好きな旅先のトップ3にも入るハワイ。ハワイに行く時は、だいたいコンドミニアムを選びます。旅先で、少しだけ現地の人になった気持ちになってみると、よりその土地に愛着がわきます。

スーパーマーケットや朝市でお野菜やブレッドを買って、自分の部屋のキッチンで自炊したり、お花を買って部屋に飾ってみたり、コインランドリーで洗濯をしたり。まるで「暮らすような旅」にするのが理想です。旅先ではあえて、ローカルの人が行くような小さな公園やカフェにも行ったりしますね。観光客がまったく来ない静かなところで現地に住む人たちに寄り添って、そこにしかない発見を見つけるのが好きです。

パリは10年前にツアー旅行で行ったのですが、パッケージツアーだったので朝から晩までかなりハードで自由に動けなかったんですよね。今いちばん行きたい場所はパリなのですが、次回行く時はキッチン付きのアパルトマンを借りて暮らすような旅をしたいと思っています。

現地では必ずスーパーマーケットへ行く

実はわたしはスーパーマーケットオタクです。どの国へ行っても必ず現地のスーパーマーケットへ行きますね。スーパーマーケットで売っているものの多さは日本と比べものにならないぐらい!特にアメリカのスーパーマーケットは、野菜や果物、お肉、お菓子、文房具、化粧品、インテリア用品、電化製品etc…となんでも売っています。けっこう掘り出し物も多いので、友達のお土産を探すにも最適です。

アメリカのスーパーマーケットでいつも買ってしまうのが量り売り!ナッツやグミやパスタ、コーンフレーク、調味料などすべて売られています。日本では買わないような毒々しいカラフルなグミやキャンディも、あまりのかわいさに買ってしまうんです。

アメリカでは週に1回大量に食料を買い込むスタイルがポピュラーですが、わたしの場合は毎日通います。夜アイスクリーム1個でも買いに行くのでかなり出没率は高く(笑)、レジのおじちゃんに話しかけられるようになったのは良い思い出です。

おわりに

わたしの旅スタイルは、好きな時に行って、好きなことをするわがままな旅。そんな自由こそが旅の醍醐味なのです。日本ではなかなかそんな風にはできないから、一人旅へ出かける時は完全にオン・オフを切り分けていますね。こんな楽しみがあるからこそ、また日本での生活も頑張れるんです。旅があるからこそ、仕事や私生活とのバランスを取れているんだなぁ~とつくづく思いますよ!

一人旅に少しでも興味がある方は、短期間でも良いのでぜひ一度経験することをオススメします。一人旅の醍醐味を知ってしまうとやみつきになってしまうかもしれませんよ!

ささ まりこ

記事一覧

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住。英語学習や海外旅行に役立つ記事を発信していきます!

関連記事

  1. ニューヨークが舞台の映画ロケ地を巡る旅行プラン
  2. NYに行くならぜひ行って欲しい!穴場観光スポット3つ!
  3. 海外旅行先での交流 海外旅行で英語力を最大限に磨く3つのコツ
  4. これで楽しさ倍増!海外旅行をもっと楽しくする方法
  5. シドニー 何度でも行きたい!私の海外旅行先オススメBEST3~ささまりこ編…
  6. 海外旅行 海外旅行を120%楽しむために私が実践している7つのこと
  7. 個人旅行 佐々木希世が海外旅行で行ったことのある国と、一番オススメの国
  8. 海外旅行のイラスト スタイル別に解説!海外旅行で必要な英語のレベル
  9. チェコ共和国の魅力!海外旅行好きの私が4回もリピートした理由!
  10. 世界中を旅した私がオススメ!生活密着型の海外旅行の楽しみ方
  11. ベネチア 行ったことのある海外旅行先オススメBEST3 〜岡本美希編〜
  12. 海外旅行,女性,スマホ 海外旅行に行く一週間前に英語力を磨く方法
PAGE TOP