海外で仕事をして分かった!海外就職のメリットとデメリットについて

ライティングをする女性

どこで生活をしていたとしても、仕事が大切なことには変わりありません。ですが、海外で仕事をすることは、人生の中でも貴重な経験になるはずです。今回は、「海外で活躍したい!」という方のために、海外で仕事をすることのメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

海外で仕事をすることのメリット

海外で暮らそうと思う場合、仕事をしながら海外で生活することを計画されるのではないでしょうか?

海外で長期滞在するために現地で仕事をされる方は多いですが、その他にはどんなメリットがあるのでしょうか?

度胸がつく

海外で仕事をするようになると、どこででも生きていけるという自信がつきます。これまでのキャリアと海外就職のコツさえ掴んでしまえば、日本に限らず世界中どこが舞台でもやっていけるという思いが強くなるでしょう。

また、海外で仕事をすると、思わぬキャリアアップのチャンスに恵まれるなんてことも。そのチャンスに飛び込めるかどうかは、どのくらい度胸があるかに掛かっています。

使える英語が身につく

英語圏で働くにしても非英語圏で働くにしても、海外で仕事をするのであれば、英語は絶対に必要です。

国内でもそうですが、日常会話とビジネス会話とでは、たとえ同じ言語であったとしても違いがあるのではないでしょうか?

英語もそれと同じく、日常会話とビジネスシーンで使う英語はだいぶ異なります。ビジネス英語を学ぶのであれば、実際にビジネスの世界に飛び込んで覚えるほうが早く身につくでしょう。

自分の英語力を上達させたいと思うなら、ネイティブの同僚からどんどん英語の表現を盗んでしまいましょう。

その際には、きれいな話し方や品のある表現をする人、語彙の豊富な人を選ぶと良いでしょう。

»海外移住で英語力を磨く方法5選

自分の実力が正当に評価される

いまだに年功序列制度のある日本では、十分実力が備わっていたとしても、それが正当に評価されるのが難しいこともあるでしょう。なにかとしがらみの多い日本社会、出る杭は打たれてしまうものです。

ところが、日本から飛び出して海外で働くようになると、努力すれば努力するほど報われる環境で働くことができるようになります。

もちろん、すべての海外の企業がそうだという訳ではありませんが、それでも日本で働くよりはやりがいを感じることができるのではないでしょうか?

かくいう筆者も、はじめて海外のホテル業界で仕事を始めた時は、ゲストリレーションズからのスタートでした。しかし、しばらく働くうちに、セールスマネージャーのポジションを提供された経験があります。

優秀な営業マン以上の存在であるべきセールスマネージャーの仕事は、重責でしたがやりがいは想像以上に大きく、海外に出なければこんなチャンスは得られなかったと思います。

海外で仕事をするデメリット

海外で仕事をすると、どんなデメリットがあるのでしょうか?ここでは、実際に海外で働いている筆者が思うデメリットについてご紹介したいと思います。

ビザの取得と更新が面倒

ビザの問題は滞在国によって異なりますが、一般的に外国人に人気のある国ではビザ問題で頭を抱えることになるでしょう。

企業に属しているとすんなりビザが発行されると思いがちですが、毎年ビザ発行と更新の条件が変わるような国では、身の細るような思いで新たなビザ発行を待つことになります。

無事にビザが更新されたときの安堵感は、なにものにも変えがたいものです。

日本で仕事ができなくなる

「日本で仕事ができなくなる」と言ってしまうと、少し語弊があるかもしれません。しかし、海外での仕事が長くなるほど、日本社会で仕事をする適応力が薄れていくことになるでしょう。

これまで、実力主義の海外企業でのびのびと仕事をしていた方は、年功序列制度が一般的な日本で仕事をすることに、恐ろしいほどの窮屈さを感じるのではないでしょうか。

なにごともソツなくこなしながら、個人プレーに走らないことをよしとされる日本の職場は、しっかり自己主張しながら働ける海外の職場と大きく異なります。

そのため、帰国を余儀なくされた海外生活の経験者は、日本で腰を据えて仕事をすることに慣れないうちは、大きなストレスを抱えてしまうことになります。

»日本人が海外で就職しやすい仕事TOP5

おわりに

今回は、海外で働くことのメリットとデメリットについてご紹介しました。生きていくためには仕事をしなければなりませんが、自分がもっとも心地良いと思える環境で仕事ができれば素敵ですよね。

仕事自体は大変かもしれませんが、大好きな国に住むことができるなら、少々のことがあっても乗り越えられるのではないでしょうか。

いずれにせよ、海外で仕事をしようと思うのであれば、自分にどんなメリットがあってどんなデメリットがあるのかを考慮してから決定するようにしたいですね。

一条 ゆうき

記事一覧

イギリスやカナダなどに遊学した後、アジアの某国立大学に入学。現地のホテルにてセールスマネージャーとして勤めた後、しばらくは通訳と翻訳を生業にしていました。現在はフリーライターとして活動しながら、今もっとも勢いのある新興国にて新しく会社を起こそうと、仲間たちと共に奔走する毎日を送っています。

関連記事

  1. 日本の会議は無駄が多い?私が経験したアメリカ式の会議のルール
  2. 海外移住で英語力を磨く方法5選
  3. 意外にハードモード?海外でライターの仕事をする私の日常を紹介しま…
  4. 海外で仕事をする私が仕事を探すためにしたこと5つ
  5. 海外で現地の人と一緒に仕事をする時に気をつけている3つのこと
  6. 海外で仕事をしている女性 日本人が海外で就職しやすい仕事TOP5
PAGE TOP