海外で仕事をする私が仕事を探すためにしたこと5つ

仕事を見つける女性

海外で仕事をしたいと思うのであれば、語学力はもちろん、ちょっとやそっとのことでは折れない鋼の心と行動力が必要になります。今回は、「海外で生活してみたいけど、どうやって仕事を見つければいいかわからない」という方のために、海外で仕事を見つける方法についてご紹介したいと思います。

1.海外求人情報サイトをチェックする

求人サイトをスマホでチェック

最近では、海外の求人情報を掲載しているサイトがたくさんあるため、日本に居ながらにして海外の求人に応募することができます。

条件を設定してサイトに登録しておけば、自分にぴったりな求人情報が届くため、効率良く仕事を探すことができるというメリットがあります。

ただし、自分の好きな国や興味のある国だったとしても、実際に行ったことがない国や地域の求人に応募するのはある種の賭けです。

そのため、職種や賃金だけではなく、自分が移住しようと思っている国や地域の治安を含めた生活環境なども事前に調べておく方が良いでしょう。

2.学校の紹介を利用する

留学している女性とクラスメイト
海外に留学する場合、卒業間近になると通っている現地の学校が仕事を斡旋してくれることもあります。

語学学校にしろ大学にしろ、現地の企業によく知られている教育機関である場合には、企業側や現地の人材派遣会社が良い人材を探しにやってくることもあります。

そのような機会を活用して仕事を得るためには、学校での評判がなによりも大切です。どんなに語学ができたとしても、出席日数ギリギリだったりボランティアや学校の行事をサボるタイプの人は先生や教授からの推薦を受けにくいからです。

もしも卒業後も現地で仕事をしたいと願っているのであれば、就職先探しのときだけ必死になっても、待遇の良い仕事を得るのは難しいかもしれません。

ですから、海外就職という自分の夢を叶えるためにも、学生のときから良い評判を築くようにしたいですね。

3.知人・友人に紹介してもらう

海外の友人

海外に住んでから、仕事を探す方もおられるかもしれません。そのような場合には、どれだけ現地に住んでいる人と知り合うことができるかで、仕事を得る確率は確実に変わってきます。

学校の友人や先輩をはじめ、現地で知り合った在住の人々から仕事を紹介されることも多いため、海外で仕事を探す際には、人脈を駆使してツテやコネを最大限に利用しましょう。

もちろん、仕事を得たいがためだけに現地在住の人に近づくのはよくありません。しかし、引きこもってばかりいて、言語の勉強をしているだけでは仕事のご縁に恵まれることは絶対にありえないでしょう。

4.現地発行のフリーペーパーやミニコミ誌を活用する

ローカル情報満載のフリーペーパーやタウン誌には、求人情報が掲載されていることがあります。それらの現地発行の情報誌をくまなくチェックすれば、意外と良い条件の求人が掲載されていることもあり、侮れない存在だと言えるでしょう。

ワーキングホリデーを利用しているのであれば、タウン誌の求人情報で手ごろなアルバイト情報を得るというのもありです。

また、ワーキングホリデービザなど、就労可能なビザをすでに取得している場合には、自分がどんな仕事ができるのか積極的にアピールすることができます。

タウン誌で情報を探すだけではなく、「仕事できます!」と自分で広告を掲載することもできるので、一度試してみてもいいかもしれません。

5.気になるお店や会社があれば直接交渉してみる

海外旅行先での交流

「ここで働いてみたい!」と気になったお店や会社があれば、直接交渉するのも海外で仕事を得るための一つの方法です。

求人募集をしていない会社を訪れて自分を売り込むのは、とても勇気のいる行動です。しかしながら、求人が出るまで待っている余裕がないのであれば、どんどん自分から行動を起こさなければ損です。

注意しなければいけないのは、熱意のあまり常識を無視してしまわないこと、です。それぞれの国や地域で常識が異なるのは当然ですが、忙しい時間に訪れたり、きちんと自己紹介しないなど、相手が迷惑になるような仕方でのアピールは避けるようにしましょう。

まとめ

今回は、海外で仕事を見つける方法を5つご紹介しました。

いまは、世界中どこでもインターネットで簡単にほしい情報が手に入る時代です。ですが、海外で就職先を探すのであれば、ネットと自分の足を使って、できる限り多くの情報を集めましょう。

そうすれば、自分が納得できる海外の職場で働くことができ、自分の好きな国に長く滞在することが可能になるはずですよ!

»海外で現地の人と一緒に仕事をする時に気をつけている3つのこと

一条 ゆうき

記事一覧

イギリスやカナダなどに遊学した後、アジアの某国立大学に入学。現地のホテルにてセールスマネージャーとして勤めた後、しばらくは通訳と翻訳を生業にしていました。現在はフリーライターとして活動しながら、今もっとも勢いのある新興国にて新しく会社を起こそうと、仲間たちと共に奔走する毎日を送っています。

関連記事

  1. 日本の会議は無駄が多い?私が経験したアメリカ式の会議のルール
  2. 海外移住で英語力を磨く方法5選
  3. 意外にハードモード?海外でライターの仕事をする私の日常を紹介しま…
  4. 海外で現地の人と一緒に仕事をする時に気をつけている3つのこと
  5. ライティングをする女性 海外で仕事をして分かった!海外就職のメリットとデメリットについて…
  6. 海外で仕事をしている女性 日本人が海外で就職しやすい仕事TOP5
PAGE TOP