留学先の国の選び方:留学を自分で手続きする方法

海外旅行,女性,スマホ

海外に留学する場合、エージェントを通して留学手続きをされる方は多いでしょう。自分の希望を伝えて支払いさえしてしまえば、後は出発するだけ。エージェントを通す方が合理的に留学することができますが、自分で手続きをしたほうが色々とメリットがあります。そこで今回は、自分で留学手続きをする方法と題して、留学先選びについてご紹介したいと思います。

憧れだけで留学先を決めるのは危険?

「留学したい!」と思う動機はなんでしょうか?

英語力を身につけたいから?それとも、海外で生活してみたいからでしょうか?きっと、十人いれば十通りの答えがあるでしょう。

しかし、「あの国に住んでみたい!」と、憧れだけで留学先を決めるのは考えものです。短期の観光旅行とは違い、留学ともなれば一定の間はその国や地域に滞在することになります。

実際に生活するのと、旅の途中でちょっと立ち寄るのとでは大きな違いがあるでしょう。住んでみたら想像以上に良かったなんてことはごく稀なことかもしれません。

費用をよく計算してから留学先を決めよう

留学資金が潤沢にあるのなら、どこにどれだけの期間滞在しようと自由に留学先を決定することができるでしょう。

しかしながら、限られた費用内で留学するのであれば、留学先選びは慎重に行うべきです。留学費用には、学校の入学金や授業料の他にもビザ代金や飛行機代、そして現地での滞在費や雑費など、なにかと費用がかかるからです。

現地での生活費に関しては、よくリサーチしておきましょう。海外で生活するようになると、日本の製品の品質の良さと物価の安さに気づかされます。

物価の高い国に留学すると、途中で資金が尽きて辛い思いをする恐れがあります。そんなことにならないためにも、費用をよく計算して資金に見合った留学先を選ぶことが大切です。

訪れたことのある国の中から選ぼう

どうせ海外に行くんだったらまだ訪れたことのない国や地域がいいと言う人がいますが、留学先を決定する場合、できるだけ自分が訪れたことのある国の中から選ぶようにすると良いです。

しばらくの間そこで生活することを考えるのであれば、少しでも土地勘があったり、その地域の雰囲気を知っているほうが安心できるからです。

気になる場所なら留学前のリサーチ旅行をしてみよう!

自分の訪れたことのある国の中から留学先を選ぶことをおすすめしましたが、もしもまだ訪れたことのない国で、どうしても留学してみたい国があったとしたらどうでしょうか?

そのような場合には、可能であれば現地に視察旅行をしてみると良いかもしれません。たとえ短期間の旅行であったとしても、留学予定の学校の周りの治安を調べることはできるでしょう。

また、実際にどのような雰囲気の街なのかを知るなら、そこでしばらく暮らしていくことができるかどうかを吟味する助けになるはずです。

留学経験のある人の話を聞いてみる

なにごとも、経験者の話を聞くことは一番タメになるのではないでしょうか?自分が留学したい国に留学したことのある人の話を聞くなら、その土地を訪れたことがなかったとしても、現地の生活がどのようなものかを知る手がかりが得られます。

それぞれに留学スタイルは異なるかもしれませんが、海外留学のどんな点に苦労を感じたか、どうやってそれを克服したのかなどの話を聞くなら、役立つ情報を得られるかもしれません。

身近に留学経験のある人がいない場合には、インターネット上で留学経験者の体験談などを探すことができるでしょう。

どんな英語を学べるかで留学先を選ぶ

英語圏への留学なら、どこでもいいと思う方もおられるでしょう。しかしながら、国や地域によって学べる英語が異なることがあります。

筆者の場合はまずカナダに留学しましたが、カナダで話されている英語に慣れた後でイギリス英語を学んだ際には、同じ英語でもかなり違和感を感じました。

実際、カナダ英語はとても聞き取りやすいと評判なため、カナダに留学する方もたくさんおられるようです。

非英語圏であれば、フィリピンやスリランカへの語学留学が人気ですが、「とにかく英語でコミュニケーションさえ取れるようになればいい!」という方が留学される傾向にあるかもしれません。

発音や文法も含め、自分はいったいどんな英語を学びたいのかを明確にすることも、留学先を決めるうえで役立つと言えるでしょう。

おわりに

今回は、自分で留学先を決める際に考えることのできるポイントについて、いくつかご紹介しました。

確かに、留学エージェントを利用すると手続きも早く済みますし、留学先を決める際にもいろいろとアドバイスを受けることができるでしょう。

しかし、留学手続きを自分で行うならば、費用を抑えて留学できるだけではなく、「やればできる!」という達成感を味わうことができます。

そのため、もしも時間とやる気があるのなら、ぜひとも留学手続きにチャレンジしてみることをおすすめしたいと思います。

一条 ゆうき

記事一覧

イギリスやカナダなどに遊学した後、アジアの某国立大学に入学。現地のホテルにてセールスマネージャーとして勤めた後、しばらくは通訳と翻訳を生業にしていました。現在はフリーライターとして活動しながら、今もっとも勢いのある新興国にて新しく会社を起こそうと、仲間たちと共に奔走する毎日を送っています。

関連記事

  1. 留学の費用を安くする7つの方法
  2. 語学留学をオススメする7つの理由とは?
  3. 留学先での4つの悩み事とその解決方法とは?
  4. 海外旅行のイラスト 留学を自分で手続きするメリットとデメリット
  5. 英語を学ぶ女性 英語力が飛躍的にアップした自分が留学の前に意識していたこと3つ
  6. 留学先の住居 住居の探し方:留学を自分で手続きする方法
  7. 英語力だけじゃない!初めての海外留学で得られる3つのこと
  8. 留学先で授業を受ける女性 語学留学する人必見!国や都市の基本的な選び方4つ
  9. 留学している女性とクラスメイト 目的別に解説!留学に必要な英語力はおおよそどれくらい??
PAGE TOP