【第8回】英語の接続詞は2種類のつなぎ方と15個の接続詞を暗記すればOK

接続詞が使えるようになると、少し長い文をつくれるようになります。英会話でも、ちょっと長い英語を話せると気持ちが良いですよね!文と文をつなぐイメージの強い接続詞ですが、実は単語と単語をつなぐ接続詞もあり、大きく分けて2パターンあるのです。今回は、接続詞を詳しく解説していきたいと思います!

文と文をつなぐ接続詞

覚えておくべき従属接続詞

英文の場合、基本的には1つの文に主語と動詞が1つずつしかないと既にご説明してきました。ここで「基本的には」とご説明していたのは、接続詞を使えば、1つの文に主語と動詞を2つ以上持ってくることが可能だからです。

接続詞の中には、文と文をつなぐはたらきを持つものがあります。これを従属接続詞と呼んでいます。例えば、次の文章を見てみましょう。

【例文】
It began to rain.
「雨が降り始めた」

We were having lunch.
「私たちは昼食を食べていた」

It began to rain when we were having lunch.
「私たちが昼食を食べていた時、雨が降り始めた」

上の2つの文をつなぐことが出来るwhen「~の時」という従属接続詞を使っていますね。従属接続詞のうしろは、必ず主語+動詞になっていることにも注意です。

覚えておくべき従属接続詞を以下にピックアップしました!

  • when 「~の時」
  • because 「~なので」
  • if 「もし~なら」
  • while 「~の間」
  • since 「~以来」
  • after 「~のあとに」
  • before 「~の前に」

接続詞を文頭に持ってくる場合は、接続詞の導く節のあとにカンマをつけましょう。

【例文】
While she was out, her uncle visited her.
「彼女が外出している間に、彼女の叔父が訪ねてきた」

また、ifやwhenを使う際に気を付けてほしいのが、これらの接続詞を使う際は未来のことでも現在形で表すという決まりがあることです。ifやwhenの節の中ではwillを使うことはないので、注意しましょう。

【例文】
I will go hiking if it is sunny tomorrow.
「もし明日晴れたら、私はハイキングに行くだろう」

名詞節をつくるthat

接続詞のthatは名詞節をつくります。名詞節とは、名詞と同じはたらきをする節(主語+動詞~)のことです。動詞のうしろにthat節を持ってきて、目的語とすることができます。このthatの直訳は「~ということ」となります。

【例文】
I think that he will become a good teacher in the future.
「彼は将来が良い先生になると私は思う」

また、このthatは省略できることにも注意しましょう!

that節を伴うことのできる動詞で、覚えておくべきものを以下に並べておきます。

  • think 「思う」
  • know 「知っている」
  • say 「言う」
  • hope 「望む」
  • believe 「信じる」

同じくらいのものをつなぐ接続詞

覚えておくべき等位接続詞

文と文をつなぐ接続詞以外にも、語と語や句と句をつなぐことのできる接続詞もあります。ちなみに「語」は単語のこと、「句」は2語以上の単語の集まり、「節」は主語と動詞が1つずつある文となります。

語と語、句と句、文と文のように、文法上同じ大きさ(位)のものを結びつけることのできる接続詞を等位接続詞と呼びます。等位接続詞には、以下のようなものがあります。

  • and 「~と…」
  • but 「~だが…」
  • or 「~か…」

命令文+and / orはちょっと変わった意味になる!

等位接続詞のandとorは、命令文と結びつくと少し変わった訳し方をします。ここで一緒に覚えてしまいましょう!

(1) 命令文, and~. 「…しなさい、そうすれば~」
Wake up at seven o’clock, and you will catch the train.
「7時に起きなさい、そうすればその電車に乗ることができますよ」

(2) 命令文, or~. 「…しなさい、さもないと~」
Wake up at seven o’clock, or you will be late for school.
「7時に起きなさい、さもないと学校に遅刻しますよ」

まとめ

接続詞には文と文をくっつける「従属接続詞」と、同じくらいのものをくっつける「等位接続詞」というものがあるとご紹介してきました。接続詞を使うことでより情報を増やすことができるので、長い文をつくることができるようになります!ぜひ使いこなしてみてくださいね。

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第1回】be動詞と一般動詞の意味と使い分けを分かりやすく解説
  2. やり直しの中学英語 【第2回】現在進行形は現在形との違いが分ければ簡単に使いこなせる…
  3. やり直しの中学英語 【第3回】英語の命令文を一目で理解できる一覧表と基本的な作り方!…
  4. やり直しの中学英語 【第4回】英語の未来形はwillとbe going toの違い・…
  5. やり直しの中学英語 【第5回】代名詞を一目で理解できる一覧表と使いこなしのコツ
  6. やり直しの中学英語 【第6回】疑問詞を使った英語の疑問文の作り方!疑問詞の一覧表つき…
  7. やり直しの中学英語 【第7回】英語の助動詞を例文付きでイチから丁寧に解説!
  8. やり直しの中学英語 【第9回】英語の基本5文型を簡単に理解するコツ!例文付き!
  9. やり直しの中学英語 【第10回】名詞の複数形・不規則変化・不可算名詞をおさらいしよう…
  10. やり直しの中学英語 【第11回】動名詞ってなに?一番簡単な使い方の解説
  11. やり直しの中学英語 【第12回】不定詞は3つの使い分けを覚えれば簡単に使いこなせる!…
  12. やり直しの中学英語 【第13回】比較の3パターン(原級・比較級・最上級)を分かりやす…
  13. やり直しの中学英語 【第14回】英語の受動態の使い方!暗記するだけの不規則動詞の一覧…
  14. やり直しの中学英語 【第15回】現在完了は3パターン(継続・経験・完了結果)をしっか…
  15. やり直しの中学英語 【第16回】英語の分詞は名詞の気持ちになれば理解しやすい
  16. やり直しの中学英語 【第17回】三つの関係代名詞(主格・目的格・所有格)の使い方を丁…
  17. やり直しの中学英語 【第18回】間接疑問文の作り方・語順の基本
  18. やり直しの中学英語 【第19回】形容詞と副詞の使い方をおさらい
  19. やり直しの中学英語 【第20回】前置詞はイメージで覚える!
PAGE TOP