「英語聞き流し勉強法」の具体的なやり方!上手にやれば英語力アップに効果的!

英語聞き流し勉強法

リスニング力をアップさせたい人にオススメな、英語聞き流し勉強法。やり方を間違えると遠回りになってしまうため、効果的な方法でおこなってほしいところです。リスニングだけでなく、発音も良くなる「英語聞き流し勉強法」をくわしく説明します!

英語聞き流し勉強法の効果とは?

正しい方法でおこなえば、英語聞き流し勉強法で以下のような効果が得られます。

リスニング力が圧倒的にアップする

聞き流し勉強法のもっとも大きなメリットは、リスニング力が大幅にアップすることです。特に英語を聞いただけで「うわっ、英語だ……」と身構えてしまう人にとっては、英語に慣れるだけでも一気にリスニング力がアップすることでしょう。

聞き流し勉強法を継続していけば、ネイティブの英語も理解できるようになりますよ!

発音が良くなる

このあとにご紹介する「効果的な方法」で英語聞き流し勉強法を実践した場合、リスニング力と一緒に英語の発音も良くすることができます。ぜひ正しい勉強法で、効率よく英語力をアップさせましょう!

効果的な英語聞き流し勉強法のやり方

「英語聞き流し」というと、「何か別のことをしながら聞き流せば良い」と思ってしまいがちです。しかし本当に効果を出したいのならば、以下のやり方で実施することをオススメします。

(1)「半分くらいはわかる」というレベルの英語音源を教材にする
(2)とりあえず1回聞いてみる
(3)和訳などと照らし合わせて意味をとらえる
(4)自力で意味がわかるようになるまで繰り返し聞く

「聞き流し」というイメージとは若干違うかもしれませんが、3つ目のステップを除けばあとはリスニングするだけで良いのです。音源以外の道具は一切必要ありません!

英語聞き流し勉強法のコツと注意点

効果を最大限にするには、次の3つのコツと注意点をおさえておく必要があります。

1.能動的にリスニングする

リスニングすること自体は受け身の勉強法ですが、ここで言う「能動的」とはただ聞き流すだけでなく、聞き取ることと理解することに意識を集中させながらリスニングするということです。

聞こえてくる英文をただ音として聞き流した人と、その英文の意味を考えながら聞いた人だったら、英語力がアップしやすいのは後者でしょう。

洋楽なども同じで、ただ聞き流しているだけでもなんとなく音は覚えられると思うのですが、それがどういうスペルなのか、どういう意味なのかを答えることは難しいでしょう。意識して能動的に聞く、これが大切です。

2.自分のレベルにあったものを選ぶ

最初はなかなか難しいかもしれないのですが、自分のレベルにあった英語音源を選べるかどうかも重要です。

あまりに簡単すぎるとつまらなく感じますし、逆に難しすぎてもすぐに飽きるでしょう。「半分ぐらいならわかる」という適切なレベル感を見極めることも大切です。

また、せっかく勉強するのなら、興味があるジャンルの英語をリスニングするのが良いと思います。

例えばリスニング教材は「ホテルでの会話」から始まりがちですが、それは聞いていて楽しいでしょうか。実際に海外旅行を控えている人にとっては楽しいと思いますが、それ以外の人にとっては「この英語、使う機会がなさそうだな」と思ってしまうのではないでしょうか。

私が英語音源を選ぶ時は、自分のタメになりそうなジャンルを選びます。自分の好きな心理学やファッションについて、尊敬している人のスピーチ、気になるニュースなど、「おもしろそう!」と思えるものを教材にした方が継続しやすいですよ!

3.シャドーイングで発音も改善

せっかくリスニングの勉強をするのなら、シャドーイングで発音も練習することをオススメします!シャドーイングをすることで、英語の発音をより良くすることができます。

人間は自分が発音できない言葉を聞き取ることはできません。シャドーイングはリスニング力を早くアップさせるためにも効果的なのです。

»シャドーイングの効果的なやり方を徹底解説!おすすめの教材やサイトも紹介!

英語聞き流し勉強法のメリットとデメリット

どんな勉強法にもメリットとデメリットがあります。その両面を箇条書きでご紹介していきたいと思います。

メリット

・リスニング力が圧倒的に上がる
・1人で好きな時にできる
・ネットから音源を探せば無料でもできる

デメリット

・スピーキング力をアップさせるためには別の勉強法が必要
・ただ流しただけでは上達しない

まとめ

「聞き流すだけで英語力アップ」という言葉には裏があって、ただ単に聞き流すだけでは効果が薄いということです。しかし意味の理解やシャドーイングなども追加すると、大きくリスニング力をアップさせることができると思います!

ただしこの勉強法によって、総合的な英語力が上がるわけではありません。スピーキングのためには実際に話すことが重要ですし、ライティングのためには実際に書くことが必要です。自分の目的に合った勉強法を、上手く組み合わせていくことが必要と言えます。

また、どんな勉強法もすぐに結果が出るわけではありません。正しいやり方で、継続することが大切です。ぜひご紹介したやり方で継続し、英語耳を鍛えましょう!

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

関連記事

  1. シャドーイングの効果的なやり方を徹底解説!おすすめの教材やサイト…
  2. ディクテーションのやり方・効果・メリットデメリットを英語講師が解…
  3. ネイティブのスピードに慣れるための3STEP勉強法
  4. いつでもどこでも!Audio Bookを使ってリスニング力を鍛え…
  5. 映画を見る女性 映画やアニメを観るだけでリスニング力をアップさせる方法
PAGE TOP