ネイティブがビジネスでよく使う略語・短縮英語フレーズ・スラング15選

ビジネス英語

略語は日本人の得意とするところですよね。「あけおめ」「セクハラ」「スマホ」・・・どんなフレーズでもすぐに短縮、略語化してしまいます。

英語ではどうかと言うと、日本語ほどではありませんが、特に文章を書く場面において短縮フレーズは頻繁に顔を出します。今回は数ある短縮フレーズの中でも、ビジネスでよく使うものをご紹介したいと思います。

1. TBDとTBA

TBDは”To be determined、またはdecided”(後日決定予定)、TBAは” To be announced”(後日発表予定)の略です。

例:The speaker of the seminar is TBD
(セミナーのスピーカーは後日決定予定です)

2. ASAP

“As soon as possible”(できるだけ早く)の略です。

例:Please call him back ASAP
(できるだけ早く、彼に折り返し電話してください)

3. R.S.V.P.

“Respondez si’l vous plait”(お返事ください)の略で、原型のフレーズはフランス語です。招待状などで使い、このフレーズが記されている場合は出欠の返信が必要ということになります。

4. Re

“Regarding”(〜に関して)の略。メールのヘッダーなどでもおなじみのフレーズです。

5. FYI

“For your information”(ご参考までに)の略です。

例:FYI, I have attached the document
(ご参考までに書類を添付しました)

6. e.g.

“exempli gratia”(例えば)の略で、原型のフレーズはラテン語です。英語で言うと”for example”になります。

例:I like Italian wine (e.g. Chianti, Baroro)
(私はイタリアン・ワインが好きです(例えばキャンティやバローロ))

7. i.e.

“id est”(すなわち、つまり)の略で、原型のフレーズはラテン語です。e.g.と間違えて使いやすいので注意しましょう。

例:Among red wines, I especially like Bordeaux and Baroro (i.e. wine with full body)
赤ワインの中でも私は特にボルドーとバローロが好きです(言い換えればフルボディのもの)

8. N/A

“Not applicable”(該当なし)の略です。

例:The number of medals obtained are as follows: Gold (5), Silver (n/a), Bronze (10)
(獲得したメダル数は以下の通り:金(5)、銀(該当なし)、銅(10))

9. approx.

“Approximately”(おおよそ、大体)の略です。

例:The event will start in approx. 10 minutes
(イベントはおよそ10分くらいで始まります)

10. FYとCY

“Fiscal year”(会計年度)と”Calendar Year”(暦年)の略です。会計の場面でよく使われます。

11. FAQ

“Frequently asked questions”(良くある質問)の略。ウェブサイトなどでおなじみですね。

例:I will list the foreseen FAQs for our new service
(私たちの新サービスに対して問われるであろう、一般的な質問をリストアップします)

12. Dept.

“Department”(〜部、部門)の略です。会社によってはDepartmentではなく、Division(略語は”Div.”)が使われる場合も。

13. Attn.

“Attention”(〜宛)の略です。郵便物の場合は会社名のあと、個人名の前につけます。文書やメールで使うなら、このようになります:

Re: New prototype of product X(プロダクトXのプロトタイプについて)
Attn: All personnel in manufacture dept.(製造部門の全社員)

なお、似たような表現に”c/o”(Care ofの略。気付、〜様方という意味)というフレーズがありますが、個人的な感覚で言うと、ビジネスの場面では”Attn.”の方が高頻度で登場するように思います。

14. w/とw/o

“with”と”without”の略です。どうしてこんな単語まで略されるのか良く分かりませんが・・・ビジネスの場面でもよく使われる略語です。

15. TGIF!

“Thank God, It’s Friday!”(ありがとう神様、金曜日だ!)の略で、あと一日で一週間が終わる!という喜びの表現です。日本語で言うと「花金」(花の金曜日)が近いでしょうか。いずこの国のオフィスでも、金曜日が嬉しいのは同じです。

終わりに

今回ご紹介したこれら短縮フレーズは主に文章の中のみで使用されるもので、通常 会話の中では出てきません。これは、日本語の略語と大きく違う所です。

また、これは日本語と同様ですが、短縮フレーズは結局のところスラング(カジュアルな俗語)です。一つの文章の中にあまり頻繁に略語を登場させると、軽々しい印象を与えてしまうので注意が必要です。

適度に取り入れつつ、スピーディーなコミュニケーションの一助としましょう!

英会話を始めるならオンライン英会話。

オンライン英会話はスマホ一つで簡単に始めることができる英会話教室です。外国人講師のマンツーマンレッスンだから上達も早いのが特徴です。

オンライン英会話の中でも講師の質が高いレアジョブ英会話がおすすめです。

»レアジョブ英会話の無料体験はこちら

ビジネス英語ならビジネス特化型のビズメイツがおすすめです。

»Bizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを試してみる

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. 外国人の友達を食事やデートに誘うときの英語表現10個
  2. 留学中の生活を思い出す女性 知人の不幸に英語でお悔やみを伝えるときに役立つ12の英語フレーズ…
  3. 結婚おめでとう!心からお祝いしたいときに使える英語フレーズ
  4. Hear・Listen・Question「きく」を表す英単語のニ…
  5. 国際交流をしている日本人女性 海外旅行中に使おう!商品を試したい時に使える英語表現
  6. お土産屋などの店舗の店員が知っておきたい英語フレーズ14個
  7. 苦情・クレームをメールで送る時に役立つ英語表現
  8. ビジネスメールを打つ様子 英文メールで取引先にアポイントをとる時の例文
  9. 使い分けできる?speak/talk/tell/sayの意味・ニ…
  10. ビジネスでよく使う英語の慣用句・イディオム15選(例文つき)
PAGE TOP