食事にまつわる英語のスラングをストーリー形式で紹介

今回は食にまつわるスラングのご紹介です。といっても、今回は趣向を変えて、使い方を交えながら、「ある週末の1シーン」というストーリー仕立てでご紹介していこうと思います。ご紹介するフレーズは大文字表記にしてあります。

何か食べに行こう!

レストラン

部屋の掃除をしたり、買い物をしたりしながらダラダラ過ごした土曜日。日が沈む頃になると、「そろそろどこかに遊びに行きたいな」と思い始める時間ですよね。電話をとり、仲良しの友達にかけてみると、やっぱりヒマにしている様子。一緒に何かしようというのはすぐ決まります。まずは腹ごしらえからかな・・・という会話が始まります:

A: Let’s go “GRAB A BITE” before we do something. I’m starving!

(何かする前に「軽く何か食べに」行こうよ。お腹ペコペコなの!)

B: Sounds good. How about that burger “JOINT” at the corner. Do you know?

(いいね、角にあるバーガーの「店」はどう。知ってる?)

A: Of course, I’m a “REGULAR” there! Let’s meet there in half an hour.
(もちろん、だって「常連」だもん!じゃあ30分後に現地集合ね)

“Grab a bite”は「軽く何か食べる」という意味ですが、”Have a bite” (Can I have a bite?など)になると「味見する」という意味になるので注意しましょう。


“Joint”とは、本来「いかがわしい・チープな」お店というニュアンスを持ちますが、愛着を持ってチープな雰囲気を出したい場合にも使います。

腹ごしらえしたら・・・どこに行こう?

ということで向かった角のバーガー店。ハンバーガーはいつ食べても美味しいね、とお腹いっぱいの二人は次はどこに行こうか・・・と相談し始めます:

A: Oh, I am sooo full! I “PIGGED OUT” too much…

(ああ、お腹いーっぱい!「ガツガツ食べ」過ぎちゃった・・・)

B: You sure did. It was too much for me that I had to have the rest in a “DOGGY BAG”

(本当だよね。こっちは多過ぎて「お持ち帰り」だっていうのに)

A: Where should we go next? What do you want to do tonight?
(つぎはどこにいこう?今晩は何をしたい?)

B: Hmmm, I would fall asleep if I go to see a movie right now…
(うーん、今映画に行ったら寝ちゃうしなあ・・・)

A: Well then, let’s go hang out in a bar. There is my favorite “HANGOUT” around the corner
(じゃあバーでまったりしようよ。この近くにお気に入りの「行きつけ」のお店があるんだ)

“Pig out”は名詞としても、例文のように動詞としても使えます。


“Doggy bag”は「お持ち帰り」という意味で、”Can I doggy bag this?”(これを持ち帰りにしてもらえますか?)とレストランで聞くこともありますが、あまり礼儀正しい言い方ではありません。通常は”Would you wrap this up?”(包んでもらえますか?)や、”Can I have the rest to take out”(残りを持ち帰りにしてもらってもいいですか?)などと聞きます。


“Hang out”と単語を切り離して使えば「つるむ、遊ぶ」という意味に、”Hangout”と2語をつなげて使うと「行きつけの場所」という意味の俗語になります。

飲みすぎた翌朝のワンシーン

飲みすぎの朝

そして一夜明けて日曜の朝。ベッドには寝ているのですが、洋服は着たまま、頭は割れるように痛みます。しかも記憶も途切れがち・・・まずは電話を手に取り、友人にかけてみます:

A: Hey, are you alive? I have a pounding headache…
(ヘイ、生きてる?こっちは頭が割れるようだよ・・・)

B: Exactly the same here…we had too much “BOOZE” last night…
(こっちも全く同じだよ・・・昨日は「お酒」を飲み過ぎたね・・・)

A: Looks like we were completely “PLASTERED” last night…
(昨日は完全に「泥酔」したみたいだね・・・)

B: Yeah, it will take a whole day to get over this “HANGOVER”…
(うん、この「二日酔い」を直すのに、今日1日かかるよ・・・)

“Plastered” は通常、例文のように受身で使います。

“Hangover”は一単語です。”Hang over”と分けて使うと意味が変わってくるので注意が必要です。

終わりに

どうでしたか?きっとこのような経験、大人なら誰しも記憶の引き出しにいくつか持っていそうですね。英語で読んでみるのもまた新鮮なのではないでしょうか。

二日酔い・・・の部分までは勘弁願いたいですが、これらのスラングはアメリカでは日常的に使われている単語・フレーズですから、機会があればぜひトライしてみてください。ただし、これらはあくまでもスラング。気心知れた友人同士の会話で使ってくださいね。

英会話を始めるならオンライン英会話。

オンライン英会話はスマホ一つで簡単に始めることができる英会話教室です。外国人講師のマンツーマンレッスンだから上達も早いのが特徴です。

オンライン英会話の中でも講師の質が高いレアジョブ英会話がおすすめです。

»レアジョブ英会話の無料体験はこちら

ビジネス英語ならビジネス特化型のビズメイツがおすすめです。

»Bizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを試してみる

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. 外国人の友達を食事やデートに誘うときの英語表現10個
  2. 留学中の生活を思い出す女性 知人の不幸に英語でお悔やみを伝えるときに役立つ12の英語フレーズ…
  3. 結婚おめでとう!心からお祝いしたいときに使える英語フレーズ
  4. Hear・Listen・Question「きく」を表す英単語のニ…
  5. 国際交流をしている日本人女性 海外旅行中に使おう!商品を試したい時に使える英語表現
  6. お土産屋などの店舗の店員が知っておきたい英語フレーズ14個
  7. 苦情・クレームをメールで送る時に役立つ英語表現
  8. ビジネスメールを打つ様子 英文メールで取引先にアポイントをとる時の例文
  9. 使い分けできる?speak/talk/tell/sayの意味・ニ…
  10. ビジネスでよく使う英語の慣用句・イディオム15選(例文つき)
PAGE TOP