驚きを英語で表現しよう!ネイティブがよ驚きを英語で表現しよう!ネイティブがよく使う「感嘆フレーズ」20選

驚き

感情が爆発すること、ありますよね。嬉しい時、驚いた時、不可解なものに遭遇した時、失敗した時・・・などなど。言葉よりも先に、何らかの声が口をついて出て来てしまう、そんな状態です。

日本人と話してるなら日本的な驚き方でもいいですが、せっかく外国人と英語で話しているなら、驚きも英語で表現してみましょう。今回はネイティブがよく使う感嘆フレーズを20個紹介します!

1. Wow!

これは言わずと知れた「ワォ!」です。発音は日本語で書くと「ウォウ」の方が近いですね。嬉しいときにも、驚いたときにも。

2. Oh!

これも知らない人はいないでしょう「オー!」または「オゥ!」。嬉しいときにも、予期せぬ、あまり嬉しくない驚きのときにも、マルチに使えます。

3. Yahoo!

検索エンジンではありません。日本語で言うところの「ヤッホー!」です。「イエーイ!」に近い歓喜の叫びです。

4. Aww!

これも発音は「オゥー!」ですが、子犬とか赤ちゃんなど、かわいらしいものを見たときに出るような「オゥゥゥ」です(分かってもらえるでしょうか?)。人に同情するときなども出て来る一言です。

Awwww! Such a cute baby!
(ああ!何てかわいい赤ちゃんなの!)

5. Aha!

「アハ体験」という言葉を聞かれたことがあると思いますが、その「アハ!」です。何かがひらめいた時、良いアイデアを思いついたときに。アクセントは「ハ」につけて下さいね。

6. Mmm!

「おいしそう!」というときに発する一言。口は開かず真一文字に引き結んだまま「ム〜!」というような感じで言ってみてください。

7. Yuk!

「げ!」「オエー!」という表現で、「ヤック!」と発音します。食べ物にも、気持ちが悪いものにも。主にモノに対して使います。

“I don’t like carrots. Yuk!”
(ニンジンなんか嫌い。オエー!)

8. Ew!

“Yuk!”と基本的には同じ使い方で、「イゥ!」と発音します。感覚的には不快な・気持ちの悪い状況に対しても使います。

“He was eating with his month open!”
(彼ったら口を閉じないで食べてたのよ!)
“Ew! That’s disgusting!”
(イゥ!気持ち悪い!)

9. Gosh!

「ガーッシュ!」というこの単語は”Oh my god!”の短縮版だと思って下さい。驚いた時、信じられないときに。

10. Huh!

「ハ!」という一言は、「信じられない、耳を疑うわ!」という時や、「してやったり!」という場面でよく使います。

11. D’oh!

「ドォゥ!」(目一杯「ド」に力を入れて下さいね)というこの雄叫び(?)は、もともとアニメ「ザ・シンプソンズ」のパパ、ホーマーのキメゼリフのようなもので、今ではすっかり定着しています。「しまった!」「なんてこった!」などと言うときに、自虐的に使います。ホーマーも必ずやる、手のひらでおでこを叩くのもぜひご一緒に。

12. Duh!

これは日本語に訳すのが少々難しいのですが、誰もが知っている当たり前のようなことを誰かが言った時などに「当たり前じゃない!」「バッカじゃないの!」といった意味で使う一言です。「ダー!」と発音し、視線を上に向ければ完璧です。自分に対してのツッコミにも、どうぞ。

13. Oops!

「オップス!」といいますが、これは知っている人も多いのではないでしょうか。「あ、やっちゃった!」「しまった!」というような意味です。自分にも、他人にも。

“Oops! I spilled coffee on my desk!”
(しまった!コーヒーをデスクにこぼしちゃった!)

14. Uh-oh!

“Oops!”とほぼ同様に使います。ただ、個人的な感覚で言うと、”Oops!”はハプニング的な要素が強いのに対して、”Uh-oh!”は余り良くないことに発展するようなときに使うようなイメージがあります。

“I spilled coffee on his jacket!”
(彼の上着にコーヒーこぼしちゃった!)
“Uh-oh…”
(やっちゃったわね・・・)

15. Shoot!

「しまった!」の一番スタンダードな言い方かも知れません。英語で悪態をつくときの、”Sh●t!”(「クソッ!」)という表現がありますが、その代替ともなるものです。英語圏の大人は、悪態をつきたいのに目の前に子供がいる時に、頻繁に使います・・・。

16. Ouch!

「痛ッ!」という一言。もちろん物理的に痛いときにも使いますが、「やっちゃった!」という失敗の場面や、日本語なら「サムッ!」というようなスベッた場面でも使います。

17. Aargh!

日本語で言うなら「あぁぁ、も〜っ!」というようなイライラ爆発の場面で使います。発音は日本語と同じく「アアア!」です。

18. Uh…

「アー・・・」というこの単語は、いわゆる「ビミョーな」場面で使います。返事を言いたくない時、聞いたジョークが面白くなかった時、放心した表情で言いましょう。

19. Poof!

日本語で言うと「パッ!」というのが一番近い表現かも知れません。モノが消えてしまったときに使います。発音は「プフ!」で、プにアクセントをおいて、フはほとんど発音しません。

“You see this? ….Poof! It’s gone!”
(見えますか?・・・パッ!消えました!)

20. Phew!

“Whew!”とも書き、発音は「フィゥー!」です。フは唇を噛む”F”の発音で。「よかった〜!」「やれやれ!」という時の一言です。

終わりに

英語で話すこうした感嘆詞は、「言う時の表情」も込みだということをしっかり意識しましょう。気持ちが悪い時は大げさなくらい顔をゆがめる、呆れる時は視線を上に上げて、驚く時は目を大きく開けて・・・。

こうした感情の爆発の後には、大抵笑いが生まれます。コミュニケーションの潤滑油としても、ぜひ使ってみて下さい!

英会話を始めるならオンライン英会話。

オンライン英会話はスマホ一つで簡単に始めることができる英会話教室です。外国人講師のマンツーマンレッスンだから上達も早いのが特徴です。

オンライン英会話の中でも講師の質が高いレアジョブ英会話がおすすめです。

»レアジョブ英会話の無料体験はこちら

ビジネス英語ならビジネス特化型のビズメイツがおすすめです。

»Bizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを試してみる

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. 結婚おめでとう!心からお祝いしたいときに使える英語フレーズ
  2. Hear・Listen・Question「きく」を表す英単語のニ…
  3. 国際交流をしている日本人女性 海外旅行中に使おう!商品を試したい時に使える英語表現
  4. お土産屋などの店舗の店員が知っておきたい英語フレーズ14個
  5. 苦情・クレームをメールで送る時に役立つ英語表現
  6. ビジネスメールを打つ様子 英文メールで取引先にアポイントをとる時の例文
  7. 使い分けできる?speak/talk/tell/sayの意味・ニ…
  8. ビジネスでよく使う英語の慣用句・イディオム15選(例文つき)
  9. 飲食店の店員が知っておきたい英語フレーズ20選
  10. 海外旅行先での交流 食事にまつわる英語のスラングをストーリー形式で紹介
PAGE TOP