アメリカの飲酒や運転のルールは日本より厳しい!

アメリカの交通ルール

日本とアメリカ、法律が違うのは当たり前。また法律と一口に言っても多岐にわたりますし、アメリカでは州によってもルールが変わります。

その中でも今回は、旅行でアメリカに行かれる方に特に関係がありそうな、飲酒と運転に関わる代表的な法律の違いについて、ご紹介しようと思います。

飲酒については日本より厳しい!

アメリカの飲酒

飲酒して良いのは21才から

意外かもしれませんが、アメリカで飲酒が許される年齢は日本よりも上の21才です。その年齢に達するまでは非常にチェックが厳しく、酒屋であれコンビニであれ、スーパーであれ、お酒を買おうとすれば必ず身分証明書の提示を求められます。(明らかに年を取った人の場合は別ですが・・・)

日本人は若く見えるから、アメリカでお酒を買うときは必ず身分証明を持って行った方がいい・・・といったアドバイスを良く聞きますよね。これは本当の話で、私自身も30代に入っても必ずチェックを受け、免許証の写真を疑わしげに眺められたものです。

また飲酒年齢のチェックは、お店でお酒を買うときだけに留まりません。バーやクラブに入場するときも年齢のチェックが行われ、21才以上とそれ以下が区別できるような紙のブレスレットを腕に巻き付けたり、スタンプを手に押されたりします。

映画から受けるような「パーティー好き」のアメリカでも、裏側にはこんな厳しいチェックがあるんです。

車内、公道での飲酒はNG

これは州によって少しずつ定義が異なるところではあると思いますが、アメリカでは基本的に車の中と公道においての飲酒は禁止されています。特に車の場合、私の住んでいたミシガン州では車内に栓の開いたお酒の容器があるだけで違反切符の対象になりました(トランクに入れてあればOK)。

公道での飲酒については、最近は歩道に設置されたカフェやレストランの席も良く見ますし、公園内の売店でお酒を販売している場合もあります。それらの場所では許されているようですが、何もない歩道の脇に座って、または歩きながらお酒を飲むのは厳しく取り締まっています。

酒瓶を紙袋に入れたまま飲んだり、お酒をジュースやコーヒーのテイクアウト用カップにうつして飲んだり、どうにかしてこの法律をかいくぐろうとする人たちもいるようですが、怪しいと思われると警官に呼び止められてチェックされることもあるようですので、もちろんオススメしません。

運転するなら知っておくべき法律は?

アメリカの交通ルール

日本とアメリカのルールの違い

旅行中、レンタカーを借りて車での旅を楽しむ人も多いと思いますが、ここにも知っておいた方が良いルールがいくつかあります。

アメリカで運転免許が取得できる年齢は16才です。日本よりも若いドライバーが多いわけですが、運転マナーは全体的に悪くありません。

道も日本に比べれば広く、左ハンドルであることを除けば日本人旅行者にも運転しやすい環境だと思います。交通標識も日本と極端に違うわけではないので、見て全く分からない標識というのは存在しません。

そんな中で知っておくと良いルールがいくつかあります。アメリカの場合、信号が赤でも禁止表示がない限り右折しても構いません。知らずに右折レーンで停車していると、後ろからクラクションを鳴らされることもあるのでご注意を!

また、高速道路の制限速度表示に、上限と下限の両方が記載されている場合が多いのも、アメリカの特徴です。下限速度を下回ると、違反切符を切られる場合もありますので、これもご注意ください。

飲酒運転は厳禁!

飲酒に関わる法律が厳しいのは、運転時においても同様です。酒気帯び運転の基準は日本(0.3mg/ml)よりアメリカ(0.8mg/ml)の方が緩めです。

しかし、飲酒運転はDWI (Driving While Intoxicated)と呼ばれ、罰金で済むのはごく軽微な場合のみ。勾留され、裁判所から奉仕活動を命ぜられるということはザラにあるようです。悪質な場合や、人身事故などを起こした場合は逮捕され、懲役になることもあります。

日本でも飲酒運転の罰則が近年厳しくなりましたが、アメリカではさらに厳しいと言えます。旅行中でリラックスしているとはいえ、くれぐれも飲酒運転は厳禁です。

まとめ

「郷に入れば業に従え」と言いますが、たとえ数日の滞在であってもルールを守ることで、旅行をより楽しい物に出来ると良いですね。

英会話を始めるならオンライン英会話。

オンライン英会話はスマホ一つで簡単に始めることができる英会話教室です。外国人講師のマンツーマンレッスンだから上達も早いのが特徴です。

オンライン英会話の中でも講師の質が高いレアジョブ英会話がおすすめです。

»レアジョブ英会話の無料体験はこちら

ビジネス英語ならビジネス特化型のビズメイツがおすすめです。

»Bizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを試してみる

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

関連記事

  1. 出会いは?デート場所は?アメリカのリアルな恋愛事情
  2. 日本よりも厳格!?意外と知られていないアメリカ企業の組織形態のリ…
  3. 日本 アメリカ人から見た日本人の良いところ・悪いところ
  4. 日本とアメリカのオフィスワークや仕事への考え方の違い
  5. チップ 在住経験者が解説!アメリカでチップが必要なところ・相場・払い方
  6. 衝撃的な出会い!アメリカのニューヨークで見かけた奇人・変人たち
  7. アメリカで10年間暮らした私が驚いた3つの日米間の違い
  8. アメリカのリアルな生活事情 〜スーパーでのお買い物編〜
  9. 在住経験者が語る!アメリカのリアルな医療・健康保険・病院事情
  10. 日本と全然違う!アメリカのリアルな就職・仕事事情
PAGE TOP