英語の月・日・曜日の書き方&読み方を一覧で復習しよう

カレンダー

月・日・曜日などの時間を英語で表現するのは、意外にややこしく混乱しがちですよね。いまさら人に聞きにくかったり、参考書にも詳しくは載っていなかったりします。今回はパッと見でわかるよう、月・曜日・日付の表記方法まで、一覧でご紹介します!さらに前置詞の使い方や、書類での書き方などもあわせて解説します!

月の書き方と読み方一覧

1月から12月まで、正確に書けますか?また、発音も大丈夫でしょうか?意外とスペルも難しいですし、しっかり見直しておきましょう!

英単語 読み方
1 January ジャニュアリー
2 February フェブラリー
3 March マーチ
4 April エイプリル
5 May メイ
6 June ジューン
7 July ジュライ
8 August オーガスト
9 September セプテンバー
10 October オクトーバー
11 November ノヴェンバー
12 December ディセンバー

カレンダーなどでよく目にする省略形は、Januaryならば “Jan” のように最初の3文字だけを表記した形です。各月のスペルを覚えていれば、わかりそうですよね!

曜日の書き方と読み方一覧

曜日は特にスペルを間違える人が多いです。あなたは全て書けますか?

曜日 英単語 読み方
Monday マンデイ
Tuesday チューズデイ
Wednesday ウェンズデイ
Thursday サーズデイ
Friday フライデイ
Saturday サタデイ
Sunday サンデイ

スペルを間違えがちなのは「水曜日」です。また「火曜日」と「木曜日」で混乱してしまう人もいるので、注意して覚えましょう!

ちなみに「木曜日」の “Thursday” の発音は、特に注意しなければなりません。”th” の発音は、カタカナの「サ」という発音とは違い、舌を軽く噛んで出す音です。 “thank you” なども同様で、この “th” の発音に注意するようにしましょう!

日にちの書き方と読み方一覧

日にちは、ただ数字を書けば良いパターンもありますが、「序数」で表す場合もあります。「序数」はある程度規則性があるので、その規則を見抜いて覚えると良いでしょう!

表記 英単語 読み方
1 1st first ファースト
2 2nd second セカンド
3 3rd third サード
4 4th fourth フォース
5 5th fifth フィフス
6 6th sixth シックス
7 7th seventh セヴンス
8 8th eighth エイス
9 9th ninth ナインス
10 10th tenth テンス
11 11th eleventh イレヴンス
12 12th twelfth トゥエルフス
13 13th thirteenth サーティーンス
14 14th fourteenth フォーティーンス
15 15th fifteenth フィフティーンス
16 16th sixteenth シックスティーンス
17 17th seventeenth セブンティーンス
18 18th eighteenth エイティーンス
19 19th nineteenth ナインティーンス
20 20th twentieth トゥエンティス
21 21st twenty-first トゥエンティファースト
22 22nd twenty-second トゥエンティセカンド
23 23rd twenty-third トゥエンティサード
24 24th twenty-fourth トゥエンティフォース
25 25th twenty-fifth トゥエンティフィフス
26 26th twenty-sixth トゥエンティシックス
27 27th twenty-seventh トゥエンティセヴンス
28 28th twenty-eighth トゥエンティエイス
29 29th twenty-ninth トゥエンティナインス
30 30th thirtieth サーティス
31 31st thirty-first サーティファースト

“th” をつけることによって、「~番目の」という意味にすることができます。これを「序数」と呼びます。

first, second, third を除いては、基本的に語尾に “th” をつけてカウントします。カタカナの読み方では「ス」と記載しているものの、ひとつ前の曜日のところでも説明した通り “th” の発音には気を付けてくださいね!

時をあらわす前置詞の使い方

月・日・曜日に加えて、時間や週、季節などを表現する時にセットで使う前置詞を、3つ覚えておきましょう!

前置詞 使い方
at 時刻や時の1点を指す
at six(6時に)/ at Christmas(クリスマスに)
on 日や曜日を指す
on Saturday(土曜日に)/ on September 15th(9月15日に)
in 年・月・週・季節などを指す
in January1月に)/ in winter(冬に)

日付を文書に書く場合の順序

書類や日記などの文面で日付を書く場合は、次の2つの形式があります。どちらの国に向けた文章なのかによって使い分けましょう!

アメリカ式の日付の書き方

アメリカでは「月 / 日 / 年」という順番で書きます。例えば2016年11月30日ならば、次のようになります。
November 30th, 2016
November 30, 2016
11/30/2016

基本的に「月」は数字ではなく英単語で書いた方が、フォーマルな表現になります。11月であれば “November” と記載した方がフォーマルですし、わかりやすいでしょう。

イギリス式の日付の書き方

イギリスでは「日 / 月 / 年」という順番で書きます。例えば2016年11月30日ならば、次のようになります。
30th November, 2016
30 November, 2016
30/11/2016

まとめ

月・日・曜日に関する表現方法をご紹介してきました。意外に覚えることが多く、頭の中で混乱してしまいそうですよね。月や曜日は会話にも頻繁に登場するでしょうし、まずは発音とスペルを覚えてみるのが良いと思います。前置詞や文書での表記方法を覚えるのは、その後でOKです。全部一気に覚えようとせず、1つ1つ着実に覚えていきましょう!

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

関連記事

  1. 契約・契約書で頻出する法律の専門用語の英単語・動詞38個
  2. 海外の美術館で役に立つ!西洋美術に関する専門英語
  3. 単語暗記は効率が命!効率的に英単語を覚える方法を伝授します
PAGE TOP