モナコ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすすめの学校まで完全網羅【2020年最新版】

モナコ公国は、セレブの暮らす都市国家として知られています。

F1レースのモナコグランプリの開催地としても有名です。

ちなみに、モナコグランプリは世界3代レースとして数えられ、大きな大会になり多くの観戦客が世界中から集まります。

また、美しい国としての観光に訪れ方も多い観光大国なため、英語での会話が通じ英語学習ができる国としてもひそかに人気があります。

今回は、モナコ英語留学する方法について詳しく解説していきます。

関連記事→留学エージェントおすすめ人気ランキング8選を編集部が厳選!

 

【エイカラ特集】大人気の英会話学習アプリ「スタディサプリENGLISH」って知ってる?

「実際に留学に行く前に、日常英会話をある程度身に着けておきたい!」

上記のような思いを持っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、実際に英会話教室に通うとなると、お金も時間も余裕がない人と感じる人が多いはず。

そこでおすすめなのが、リクルートが運営している「スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース」です!

効率的に「リスニング」「スピーキング」力を高められるアプリで、英会話アプリの中でも圧倒的な人気を誇っています。

スタディサプリENGLISH「新日常英会話コース」では、下記の3つの英会話を鍛えることができます。

  • 日常英会話
  • 海外旅行英会話
  • おもてなし英語

ネイティブ講師による動画講義や、ドラマ仕立てのストーリー形式で英会話を学べる点も、飽きずに学習を継続できる理由です。
英会話教室に通うとなると10万円は下りませんが、スタディサプリENGLISHなら月額1,580円からお得に利用できます。

最初の7日間は無料体験ができるので、実際に使って自分に合うか試した上で、利用するか検討できるのも嬉しいポイント。

期間限定の割引キャンペーンが実施されているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

<目次>

モナコ留学の3つの魅力・メリット

モナコ留学の良い点について解説します。

魅力・メリット①観光都市国家なので英語が通じる

観光大国のモナコです。

カジノがあることでも有名なモナコは、ヨーロッパ屈指のリゾート地として人が集まります。

特にF1のモナコグランプリは、モナコ王室が協力して行われる一大イベントであり、モナコの伝統的な催しものでもあるのです。

F1イベントの他にも美しい街並みが特徴のモナコには、多くの人が訪れます。

港には高級クルーザーが停泊し、非日常感を感じられるラグジュアリーな都市国家なので人気があります。

フランスからの交通も良く、入国審査がないことでも訪れやすい国です。

魅力・メリット②治安がかなり良い

小さな面積の国ですが、防犯意識が高いモナコです。

モナコに1歩足を踏み入れると、他の国とは違うことにすぐに気が付くでしょう。

人々の持っているバッグや車、服装のほとんどがハイブランドであることが多いのです。

高価なアクセサリーを身に着けて歩く姿も見かけます。

そのため、セレブが集う都市国家としてラグジュアリーブランドが多くあり、防犯の意識も国家として必要になるのです。

街には、防犯カメラが至るところに設置され安全を守っています。

主要な道には、警官が交通ルールなどの取り締まりをし、厳しく見張っています。

そのため治安が良く、安心して生活できる環境にあります。

魅力・メリット③ビジネス学習の本場である

セレブが集うため、ラグジュアリービジネスについても学べます。

モナコは、ビジネスを学ぶ場としても人気があります。

大学では、ビジネス専攻に特化したコースがありビジネスに関した内容を学ぶことができます。

特にラグジュアリービジネスを学ぶには、モナコが最も適した国でしょう。

もちろん、国際ビジネスや金融に関することを学ぶことにも適しており、豊かな国での経験が実際のビジネスに結びつく経験につながります。

フランスおよび、イタリアから学びにくるセレブや有名人も数多くいます。

モナコ留学の3つのデメリット・注意点

モナコ留学でのデメリットになる点をまとめました。

デメリット・注意点①公用語は英語ではない

モナコの公用語は、フランス語です。

観光国のモナコは、大抵の場合英語で通じます。

ですが、公用語はフランス語のため、街で話す言葉はフランス語が多い環境です。

基本的には英語で会話できますが、年配の方は英語を話さない傾向もあるので注意が必要です。

使用言語にこだわりがある場合があります。

もし、現地の方ともっと深い交流を持ちたいと考えるならば、彼らが普段話すフランス語やイタリア語の英語以外の語学を使えると良いでしょう。

大学では、公用語のフランス語を学ぶことができます。

デメリット・注意点②高い滞在費

セレブが集まる国は価格も高めです。

モナコでの生活費で最もかかるものは滞在費です。

語学学校の寮などに滞在できない場合、家賃が高騰しているモナコでの滞在は、かなり負担になります。

また、ホームステイする場合でも、1週間で35万円ほどかかる見込みです。

周りの環境はとても良いですが、その分かかる生活費も大きくなります。

チップの文化もあるので余裕を持った留学が必要です。

ちなみに、多くの留学生の方は、近隣のフランス領内から通学しています。

デメリット・注意点③リゾートなので遊びの誘惑がある

世界でも指折りのリゾート地のモナコです。

モナコの国は、優雅であるだけではなく、気候もじめじめしていないため、過ごしやすいと人気があるリゾート地です。

街には上層階級の遊び場として親しまれてきたカジノがあります。

また、スパでのんびりと過ごすためのリラックスする施設も豊富にあります。

週末はパーティーが開かれることも多く、華やかな場も多くあります。

普段は体験できない世界でもありますので、勉強と遊びをバランス良く保ちながら、積極的に参加してみると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

モナコ留学の主要エリア

モナコ留学といえば、モンテカルロです。

主要エリア:モンテカルロ

モンテカルロはモナコの顔です。

モンテカルロは、モナコの最大の都市であり、最大の繁華街でもあります。

F1グランプリで街中を走ることでも有名な場所です。

旧市街と呼ばれており、豪華なカジノがあることでも知られています。

高級ホテルやブティックの他に政治的に主要な建物が集まっています。

モナコを留学先と決める時の3つのポイント

モナコ留学のメリットについてまとめました。

ポイント①ラグジュアリーな環境で勉強ができる

ラグジュアリーブランドが立ち並ぶ、華麗な地中海の国です。

モナコはラグジュアリーな国です。

テレビでも時折モナコ王室について目にすることもあるでしょう。

最も有名なところでは、ハリウッドのトップ女優のグレース・ケリーが王妃としてレニエ3世に嫁いだシンデレラストーリーが注目されました。

フランスに比べ、美しい地中海に面しきれいに整備されたモナコは、タックスヘイブンの地としても資産家から注目されています。

資産家が集まれば、高級ブティックなども必然的にでき、社交の場もできます。

治安に対しても厳しく取り締まっている国なので、上層階級の方が安心して集まります。

ポイント②人脈ができる

留学生仲間には、名家の出身や元スポーツ選手などさまざまな方が集まります。

ヨーロッパの社交界の場でもあるモナコは、名家の子息も多くいます。

特に大学留学の場合はブルジョアな方が多くいます。

普段は、Tシャツにジーンズといったカジュアルな服装に身を包んで生活している方が、実は有名な資産家の子息であったということが日常的によくあります。

普段ならば、関わる接点があまりない彼らとコミュニケーションをとることができる場として、貴重な国だと言えます。

気後れすることもありますが、コミュニケーションをとることで人生での良き仲間になるチャンスも生まれます。

ポイント③フランス語も学べる環境

フランスとのつながりが濃いモナコです。

モナコには、空港がありません。

フランスにある空港から陸路でモナコへ入国することになりますが、特に検問所もないため、感覚的にはフランスの一部の感覚があるでしょう。

モナコは、フランスのニースから電車で約20分ととても近い距離です。

元フランスに占領された歴史もあるため、フランスからの影響は強く、現在でもフランスからの働きかけが強い国と言えます。

公用語であるフランス語は、大学留学の場合選択することができるので、英語と並行して学ぶことができます。

 

スポンサードリンク

 

モナコ留学でおすすめの学校を期間別に紹介

モナコ留学はでおすすめの学校の紹介です。

1か月以内の短期で学べるおすすめの機関2選

短期留学にちょうど良いホームステイ方式です。

①WORLD YOUTH SERVICE

講師宅にホームステイしながらマンツーマンでレッスンします。

WORLD YOUTH SERVICEは、講師宅にホームステイをし、講師からマンツーマンで英語やフラン語などのレッスンが受けられます。

個人宅でステイしながら、そのままレッスンを受けることができるので、自分に合ったレベルとスピードで勉強していくことができます。

また、ホームステイすることで、普段の生活をリアルに感じられるメリットがあります。

完全にプライベートレッスンなので、分からないことがあればじっくりと聞く時間があることもメリットです。

講師は、教職を持つ方や長く指導経験がある方が限定になるので、安心してレッスンをお願いすることができます。

また、選択制ですが食事はホームステイ先で3食とることができます。

滞在先を選定する際は、コーディネーターがニーズに合ったホームステイ先を紹介してくれます。

観光地をめぐるアクティビティを希望する場合は、コーディネーターに伝えれば対応してもらえます。

普段にぎわう観光地の他に、地元の方しか知らないような穴場にも行けるチャンスがありおすすめです。

留学期間・コース内容・費用

留学期間 1週間
ホームステイ €1,106~

※アクティビティは別料金です。

※5月はモナコグランプリが開催されるため、ホームステイ受け入れはしていません。

※1~2週間が滞在目安となっています。

この他、手続料金など有。

※レッスンは週15・20・25・30時間から選択制です。

②Regency School of Languages

イギリスに本部がある語学学校です。

Regency School of Languagesは、1985年に設立された語学学校です。

イギリスのラムズゲートに本部があり、それぞれの国に適した学習環境を提供しています。

モナコ校は、モナコの中心部に学校があり駅も近いため、フランスから通うこともできます。

語学もフランス語や英語やイタリア語・ドイツ語・ロシア語・アラビア語の学習をすることができます。

生徒数は全体で80名ほどとなります。

クラスは、子供・一般・ビジネスまで幅広く、学習する方の年齢を選びません。

親子で通う方には便利な語学学校でしょう。

ボキャブラリーと会話や文章の構成力や文法をしっかりと学ぶことでコミュニケーションをとれる人材と育てます。

週末は小旅行や映画鑑賞などのアクティビティがあります。

講師は、指導経験のある方が中心です。

クラス数人数も少人数制で平均して5名ほどにしている質問しやすいフレンドリーな雰囲気で学習ができるように取り組まれています。

レベル別クラスは9クラスに分けられます。

留学期間・コース内容・費用

留学期間 1週間~
グループ(3〜6人)30時間 €1,100/週
グループ(3〜6人)15時間 €555/週
グループ(2人)15時間 €78/1時間
個人レッスン €69/1時間

※宿泊滞在費:€320/週~

※ホテル宿泊可能

1ヶ月以上の中期・長期でおすすめな学校

本格的に学びたい方むけの学校になります。

International University of Monaco

モナコ大学は、ビジネスに特化した授業をしています。

International University of Monacoは、ビジネスに特化した授業を行っている大学です。

ビジネスリーダーを育てる方針でビジネス専門に学ぶ機関として唯一のモナコにある大学となります。

各国からMBAを学びに留学生がやってきます。

一般的にMBAはアメリカなどの欧米で取得するケースが多く、アメリカで学ぶことがスタンダードだという認識があります。

ですが、ヨーロッパで取得することにより意外性があり、評価されやすい点がメリットです。

ビジネスを学びに世界から人が集まるため、国際色が豊富であり考え方を広く得られることが良いとの意見もあります。

授業は、アメリカ認定の大学であるため、授業はアメリカ式で行われます。

ヨーロッパの地にいながらアメリカ式の授業が受けられユニークです。

授業は、多くの国から留学生が集まる理由もあり、英語で進められていきます。

少人数制で深く話し合うスタイルで、学生同士の距離も近くアットホームな雰囲気で過ごしやすい環境です。

金融業やラグジュアリー分野で仕事を探したいと考えている方には、おすすめの環境です。

ちなみに、大学に通う留学生は家賃が安いフランス領での生活をしています。

近いところでは5分ほどでフランス領からモナコ領へと移動できる距離なので、多くの方がフランス領内で暮らしています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1年間
ビジネス €11,000

※他コース

・International Business

・Luxury Management

・Finance

モナコ留学で英語が伸びなかった人の失敗談

モナコ留学であまり成果を感じられなかった方の意見をまとめました。

周りに圧倒されて引きこもり

モナコには、世界からお金持ちが集う国です。

そのため、交流の華々しさが他の留学先とは大きく異なります。

一流の車に乗り、一流の洋服でパーティーに出かける彼らと自分を比較してしまうと自信が持てなくなってしまうこともあるでしょう。

ですが、日本食ブームもあり日本人に対して興味がある方が以前よりも増えています。

せっかく留学に来たのですから、コミュニケーションをとっていくことで語学力と共に楽しんでみましょう。

パーティー三昧で遊びに夢中

華やか好きにはたまらない国のモナコ。

カジノも大衆的なものと異なり、ドレスアップして赴く場所です。

日本にはない、世界観が広がるモナコは至るところがテーマパークのように手入れされて美しいと評されています。

実際、華やかな世界にあこがれて集まる人が多い国でもあります。

しかし、遊んでいるばかりでは効果も上がりません。

貴重な留学期間ですから勉強と遊びとのバランス良く、メリハリをつけて勉強するようにしましょう。

監視されている感じが落ち着かない

モナコの国内は防犯の面から監視カメラが至るところにあります。

高価なアクセサリーをつけていても安心して歩けるのは監視カメラや巡回している警官の保安活動によるものです。

ちなみに、公園のベンチに寝そべるのも基本的に注意を受ける対象です。

公共でのマナーを守ることが国の秩序につながると考えられています。

管理が行き届いていることもあり、モナコの街は美しい景観を保っているのです。

モナコ留学で英語が伸びた人の評判・口コミ

モナコ留学後に成果を感じた方の意見をまとめました。

意識が高い人が集まり、自分も自信をつけることができた

モナコには、MBA留学する方も多く目的を持って留学に来る方も多い模様です。

目的を持って勉強する姿勢があるため、勉学に集中する仲間と共に実力もつきやすい環境となります。

留学当初は周りに圧倒されてしまい落ち込むこともあったが慣れてくると、周りにいる留学生仲間に刺激されて勉強を頑張ることができた、との経験談がありました。

国が小さいため知り合いに会いやすく、コミュニケーション力も向上できた

世界で2番目に小さい国のモナコは、街で知り合いと会うこともしばしば。

そのため、コミュニケーションを頻繁にとる良い機会となります。

結果、親密度が増して語学力も上がったとの口コミがありました。

小さい国だからこそ、必然的に会う機会に恵まれることは語学留学の点からはメリットと言えるでしょう。

全体的にアットホームな雰囲気があるモナコです。

世界から実力ある方が集まり、レベルが高い教育が受けられる

モナコにはハーバード大学や世界的に有名な大学の教授が講義をしに集まります。

潤沢な待遇に惹かれる方が多いからです。

お金持ちが多いモナコでは、一流の講師を集めることもできる環境です。

生活水準が高い方も集まり、留学仲間としての刺激を受けながら将来の仕事に活かす人脈を作ることができるのも魅力です。

モナコ留学でおすすめのエージェント2選

モナコ留学に定評のあるエージェントまとめです。

①ISS国際交流センター

治安の良い国を厳選して紹介してくれる留学エージェントです。

ISS留学ライフは、短期の語学留学から長期の正規留学やホームステイやワーキングホリデーを望む方に、安心して留学できるようにサポートしています。

安心して留学するために不可欠な、治安の良い国を厳選しておすすめしています。

安心して勉強をする環境こそが語学力を身に着けることでも大切だと考えるからです。

また、料金を安く抑えることで、留学することに戸惑いがあった方の後押しをしてくれます。

入学時期の指定をしなければ、語学学校で空いている時間などを確保し、格安な留学ができるようにプランを用意してくれています。

②ワールドツーリスト

旅行代理店の豊富な実績から、留学エージェントとしてサポートします。

ワールドツーリストは、旅行代理店の側面を活かし留学というジャンルでも実績をあげています。

海外知識を持つベテランのスタッフが世界の語学学校を調査し、ニーズに合った留学先を提案します。

実際に、留学から帰国した利用者の声を反映し、常に新しい情報を提供するように努めています。

留学国により現地には、サポートサービスが受けられるスタッフがいるため、困ったことがあれば相談することができるのも安心できる理由です。(有料となります。)

 

スポンサードリンク

 

モナコ留学に行くなら必須の持ち物3選

モナコに持って行くと便利な持ち物についてまとめました。

必須の持ち物①Cタイプ・SEタイプのプラグ

日本とは異なる電圧です。

モナコの電圧は220ボルトになります。

そのため、日本から滞在中に使う電化製品が使えない場合があるので変圧器とプラグを持って行きましょう。

ちなみに、プラグはCタイプとSEタイプとなります。

スマホの充電器やドライヤーや炊飯器やヘアアイロンなど電化製品を使う場面はたくさんありますので、予備を含め何個か持って行くと安心です。

現地で購入する場合、ネットで購入する必要がある場合も多いので、日本から持参していくと良いでしょう。

必須の持ち物②サングラス

モナコは晴天が続く天候です。

モナコの良い点は晴天が続くことでしょう。

そのため、紫外線の降り注ぐ量が増えることになります。

小道が多いモナコでは、日傘は通行の邪魔になることがあるため、サングラスと帽子があると重宝します。

ヨーロッパ人は肌も白い方が多く、瞳の色素も薄いことが多いため、日本人よりも紫外線の影響を受けやすい特徴があります。

よって、サングラスを普段から活用する文化があります。

サングラスは海外でも種類が多く売られていますので、自分に合うサングラスを現地で購入しても良いですね。

必須の持ち物③日本のインスタント食品

大きなスーパーはフランス系列のみです。

モナコで大型スーパーと言えば、Carrefour(カルフール)です。

残念ながら日本食材の専門店というのはお隣のフランスまで行く必要があります。

近い距離ではありますが、日々の買い物にフランスまで行くことは不便です。

日本食が恋しい時には、モナコ国内の日本食店でも良いですが食費がかさんでしまいます。

気軽に食べられる日本食があると美味しく便利です。

まとめ

今回、モナコ留学について主に、以下の点からご紹介しました。

・費用

・持ち物

・おすすめの学校など

モナコは、タックスヘイブンと言われる場所で世界中のセレブな方が集う場所です。

美しく管理された国は、訪れる方の心を掴みます。

保安上の問題から監視カメラや警備の警官が数多くいますが、安心して暮らせる環境だということになります。

留学するには、守られた国で安心して留学できる国です。

しかも、世界で屈指のリゾート地なため、大衆的なカジノとは違うゴージャスなカジノ体験ができます。

留学仲間も意識が高く目的を持った方や、モナコに住む良家の出である方などモナコでないと出会えない方も多くいるでしょう。

学費はヨーロッパの他の国々と比べてもあまり変わらないので、地中海に面した美しいモナコでの生活をしてみたい方はぜひモナコを留学先候補としてみて下さいね。

関連記事

  1. アイルランド留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比…
  2. エストニア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  3. 海外旅行のイラスト 留学を自分で手続きするメリットとデメリット
  4. 留学先での4つの悩み事とその解決方法とは?
  5. スリランカ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  6. TOEIC×就活のギモンを一挙解決!嘘はばれる?無双できるスコア…
PAGE TOP