STRAIL(旧The Consultant)のリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料金や解約方法も教えます

こんにちは!EIKARA編集部です!

英会話を習いたいけれど続かなかった方、どうやって勉強したら良いのかわからない方におすすめなサービスが 「STRAIL(旧English company The Consultant)」です。

「STRAIL」は、自習型英語学習コンサルティングサービスで、今まで英語学習をしたけれど効果が上がらなかった人を中心に、

  • 学問的見地
  • 科学的見地

から、どのように英語学習すればよいのか、またどうすれば継続できるのかなどを総合的に教えてくれるサービスです。

専門家による理論的なトレーニングメソッドにより、短期で英語を向上させるコンサルティングを受けられます。

今回の記事では、TOEIC850点&外資系企業で2年勤務していた筆者の目線からSTRAILについて詳しく解説をしていきます。

ぜひ参考にしてください。

また、コロナウイルスが蔓延している現在、ウイルスへの感染について心配している人もいるはずです。

STRAILは、体験レッスンから実際の受講もすべてオンラインに対応しているので、安心して利用可能できます。

過去に受講された人もオンラインとオフラインでもまったく効果は変わらなかったというデータも出ているので、安心して活用してみてください。

STRAILの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう!

<目次>

STRAIL(旧English company The Consultant)のリアルな評判・口コミまとめ

STRAILを利用した人のリアルな評判や口コミを良いものと悪いもの合わせてご紹介します。

STRAIL(旧English company The Consultant)の悪い口コミ・評判

「自分ではかなり英語が話せる方だと思っていたけれど、より向上させたくて STRAILに行くことにしましたが、トレーナーの方に指摘されたことで少し気にしてしまいました。自分ではその部分はそんなに悪くないと思っていたのに、その部分を指摘されるとは思ってもいなかった。もっと適したアドバイスをしてもらえるとよかった。」

STRAIL(旧English company The Consultant)の良い口コミ・評判

「自分が今まで話せていると思っていた英語の盲点をしっかりと指摘していただけたのが目からうろこでした。コンサルタントの方は、私が気がついていない部分にも気がつき、その部分を指摘された私は「はっ!」とする場面もありました。わたしの場合、名詞や動詞など聞き取りやすい部分は聞こえていたけれど、助動詞や前置詞など聞き取りにくい部分は聞こえていなかったんだと気づかされました。そのため、話の流れはわかっても細かい部分までの理解が苦手でした。今回、 STRAILでのコンサルティングを受けて、自分が苦手だった部分を集中的にトレーニングして克服することで、より英語を理解することができるようになりよかったと思っています。ネイティブが話す英語は、コンサルタントの方がおっしゃるように省エネ的に話すので、長い文章でも端的に発音してしまい、聞き取りにくい部分が多いので、このような指摘を頂き、自分の弱点を改善できることができてよかったです。」
「英語学習のコーチングを目的としたスクールではないので、最初は、こんな方法で上達するのかな?と言う疑問がありましたが、受けてみてびっくりです!自習したことをコンサルティングの時に直さなければいけない部分などをずばっと指摘して頂き、その部分が自分には足りていないからなかなか上達しないんだと言うことに気付きました。指摘されたところに注目すると、学習方法がわかってきて、みるみるうちに苦手だった部分が上達するのが自分でもわかり、楽しくなってきました。自習システムなので、継続できるかどうか心配でしたが、学習することの楽しさを教えてもらったので問題なく続けることができました。」
「就職に向けてTOEICのスコアを上げたいと思い英会話スクールを探していました。「 English companyではTOEICのスコア200点アップする」と言うことを聞き興味を持ちましたが、受講料がかなり高いので、同じ系列のSTRAILではどうかと思い無料体験を受けに行きました。でも、無料体験の時のコンサルティングでは、 「STRAIL」はTOEIC対策の専門スクールではありません」と言われ、ちょっとがっかり。でも、英語力を総合的に上げることによりTOEICのスコアもアップすると説明して頂き、それに関連したトレーニング方法なども提案してもらえると言うことで、ここで勉強してみようと思いました。TOEIC対策の専門スクールではないにしろ、コンサルティングでは、TOEICに活かせるようなアドバイスや勉強方法を教えてもらえたのがよかったです。2時間かかるTOEICのテストに集中した状態を維持できるように、またスピードを上げるために簡単な部分はスキップできるようなトレーニングはTOEICテストにとても効果がありましたし、実際の英会話の時にも以前よりよく聞き取れるようになったので、かなり効果はあったと思います。」
「外資系企業に勤めていて仕事で必要なので、英語をスムースに話せるように上達させたいと思いながらも忙しくてなかなかスクール通いをすることができませんでした。 STRAILでは、自習スタイルの学習方法で、スクールには週に1回、コンサルティングに通うのみと聞き試してみようと思いました。でも、自習では続けられるかどうかという心配もありました。でも、いざ始めてみると、コンサルティングを利用して英語の学習方法がわかり、弱点を克服したら次の弱点へと移行する方法で、どんどん自分の英語力が向上していくのがわかりました。自分の場合、話している音を全て聞き取ることができませんでした。日本人の話す英語は理解できるのですが、アメリカ人になると飛ばされている音が多く、よく聞き取れません。コンサルタントの方は、その部分に注目してくれ、ディクテーションをするようにアドバイスを受けました。 STRAILに通っている途中で海外出張があったのですが、その時に相手の話していることを理解することができ、ディクテーションの効果があったことを実感しました。忙しいので、スクールには通えないと思っていましたが、自習システムにより、効率よく弱点だけに注目して学習すれば、こんなにも短期で効果がでるとは驚きです。これからも自分の弱点を指摘してもらえる STRAILで、どんどん英語向上に勤めたいと思います。」

STRAIL(旧English company The Consultant)のTwitter上のリアルな口コミ・評判

STRAILの受講者の人には、的確な弱点をコンサルタントの方に指摘してもらったことで、効率的に英語力の向上につながったという声が多く見られました。

独学ではなかなか客観的に自分の弱点を把握するのは難しいものですが、英語のプロであるコンサルタントに的確な指摘をもらうことで、短期間での英語力向上が可能です。

また、コンサルタントからの指摘は、主観的な経験などに基づくアドバイスではなく、「第二言語習得研究」という学問をベースにしているため、再現性が高いのも魅力といえるでしょう。

STRAILの公式サイトはこちら⇒

STRAIL(旧English company The Consultant)の3つの注意点・デメリット

STRAILを始める前に気をつけておいた方がよい注意点やデメリットなどをご紹介します。

1.スクール(STRAILではスタジオと言う)が新宿にあるだけで、新宿から遠い方には通いづらくなっています。

新規にオンラインコンサルティングも開設されたので、パソコンやスマホの画面を見ながらのコンサルティングもできますが、直接会う方が良い方には向いていないかもしれません。

2.遊びながら英語を学ぶ、ながら聞きしていれば英語が話せるようになる、などのような非科学的な学習方法を好んでいる方やゆっくり時間をかけて徐々に話せるようになれば良いと思っている方には向いていない方法かもしれません。

3.自分の英語力に自信があり、トレーナーからの指摘を受けられない方には向いていないので、注意が必要です。

自分の弱点などを客観的に理解できる方ならば、弱点を克服して英語力向上を期待できます。

STRAIL(旧English company The Consultant)の10つの特徴・メリット

続いて、STRAILの10の特徴・メリット

  1. コンサルティングによる英語向上
  2. 第二言語取得研究
  3. 独自の学習観点-「第二言語取得研究」を活用
  4. 継続学習が可能になる-「行動科学マネジメント」を活用
  5. 時短・集中サポート
  6. リーズナブルな費用
  7. 自習でありながらモチベーションが上がる
  8. おしゃれでシック、高級感のあるスタジオ
  9. オンラインコンサルティングもある
  10. The Consultantプログラム終了後の継続プラン「EC Prime」

について、順番に紹介をしていきます。

1.コンサルティングによる英語向上

通常、英語を学習したい人は英会話スクールに通いますよね。

でも、STRAILでは、英語を学ぶのではなく、英語を「どのように」、「何をして」学ぶのか、その学習方法をコンサルティングおよびサポートしてくれます。

英語を効果的に身につけるための知識を教えてくれるスクールと考えるとわかりやすいですね。

STRAILでは、ひとりひとりに合ったコンサルティングがあり、英語力をアップさせるための最短ルートを提供してくれます。

コンサルティングでは、それぞれが学びたい課題や目標のみをターゲットにしてトレーニングスケジュールをデザインするので、余計な時間を使わず、的外れな学習もなく、要点を得た学習方法のみを用いてより効率的な学習方法を組み合わせてくれます。

既存の誰にでも共通な「英語勉強法」ではなく、それぞれに合った学習方法をカスタマイズしてくれるので、時間の短縮にもなり、従来の英会話スクールのような無駄な時間を使わずに上達する道を導いてくれるシステムです。

2.第二言語取得研究

人はそれぞれ第一言語を持っています。第一言語とは母国語のことを指すので、日本人ならば日本語です。

日本人が英語や中国語などを学ぶことは、第二言語の習得と言われます。

「第二言語を習得するにはどのようなメカニズムによるものか?」と言うことを研究している学問「第二言語取得研究(SLA)」と言うものがあり、STRAILでは、この学問の知見から、第二言語習得の理論を学んだ専門家が、独自のトレーニングメソッドをデザインして、より効果的なトレーニング方法を提供しています。

3.独自の学習観点-「第二言語取得研究」を活用

日本での英語学習は、主に単語を覚える、文章を覚えると言う方法に偏ってきました。

しかしながら、その方法では応用が効かず、いざ話そうとした時に言葉が出てこないことがほとんどだと思います。

それでは使える英語を得ることはできません。STRAILでは、「第二言語取得研究」に基づき、独自の音読学習方法で読みの正確さとスピードを向上させることができます。

また、英語には日本語にない音があるので、英会話の中で日本人には聞こえない音もあります。

そのため、日本人には英語が苦手な方が多いとも言えます。

留学や海外生活、長い年数英会話スクールに通い、英語に慣れるような時間がある方はよいですが、STRAILでは、時短で英会話向上を目指しているので、短期で英語を聞き取れる耳にすることが求められています。

発音のルールを学び、自分で正しく発音できるよう反復練習をすることによって、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになるトレーニングを行います。

その際に多くの単語を使い、何度も発音することによって、単語の意味を理解し、覚えた単語を忘れないようなトレーニングも加えます。

ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーの子供達も親から「本を読みなさい」と言われ、リーディングクラブなどで本の読み聞かせをしているところも多いです。

第二言語取得をめざす私たち日本人にも読むこと、聞くことはとても大切です。

読むことで単語を覚え、聞くことで音を覚える。第二言語取得研究の知見を元に実践しているのがSTRAILの独自の学習方法です。

STRAILのコンサルタントは、大学や大学院で専門的な知識の研究に携わり、教育の現場での経験があるプロが揃っているので信頼できます。

4.継続学習が可能になる-「行動科学マネジメント」を活用

英語を学ぼう!と思った時には意気込んで頑張るのですが、その頑張りを持続させるのが一番難しいと言われています。

三日坊主ではどんなことでも習得するのは無理です。そこで問題になるのが、継続の方法。

STRAILでは、行動科学マネジメントの専門家の協力により、英語学習を継続させられるプログラムを提供してくれます。

継続できるモチベーションや頭の中で思っていることの誤解をはっきりと示してくれ、マインドやモチベーションだけでは英語は上達しないと言うことを理論的に教えてくれます。

5.時短・集中サポート

STRAILでは、ひとりひとりに合った集中コンサルティングを行ってくれます。

基本的なトレーニングは、週1回の専属コンサルティングセッションで、その都度問題点や課題を発見し、解決策を提案してくれます。

受講期間中は、遠隔サポートツールを使って、担当のコンサルタントによる学習進捗サポートもあります。

6.リーズナブルな費用

英会話スクールは高額なので、なかなか手が出ない・・・と思っている方も多いと思います。

STRAILでは、英語を効率的に習得できる方法を学ぶシステムになります。

そのため、高額なスクール費用は必要なくなります。

学び方を学ぶだけでは上達しないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、よくある体験談やアドバイス、思いつきの学習方法、学問的ではない学習方法などを用いて学習すると、それだけで時間の無駄、費用の無駄になってしまいます。

その点、STRAILでは、専門家による第二言語取得研究の学問的根拠に基づいたコンサルティングなので、それぞれの個人に適用される学び方を提供してもらえ、効率的に学習し、無駄なスクール通い、無駄なレッスンなどを省くことができます。

また、同じ系列の「EINGLISH COMPANY」では、コンサルタントとトレーニングを行なっているので、STRAILの倍の料金がかかってしまいます。

STRAILでは、自習しウィークポイントをコンサルティングしてもらい、その解決策を提案してもらい、また自習すると言うことの繰り返しになります。

それにより毎回新しい課題に挑み、効率的に学習向上を目指すシステムを導入しているので、受講料金も抑えることができるんです。

7.自習でありながらモチベーションが上がる

自習学習型でありながら、スタジオに行くことでモチベーションが上がります。

スタジオ内にある自習スペースは、いつでも好きな時に自由に利用でき(スタジオ運営時間内の朝10時から夜10時まで)、各種トレーニングのための教材も用意しているので、自分のペースで好きなように学習ができます。専属コンサルタントも常駐しています。

また、独自に開発した英語学習動画やアプリなどを使ってより効率的に英語学習ができます。

自宅ではすぐにテレビを見たりソファに寝転がってしまう、なんて方には集中して勉強できるスタジオがあるのはうれしいですね。

スタジオでは、有料サービスによるトレーニングもあり、中学生程度の語彙力や文法の知識があれば、初心者でも利用できるグループトレーニングや、英文法やり直しトレーニングなどがあります。

8.おしゃれでシック、高級感のあるスタジオ

新宿にあるSTRAILのスタジオは、全体的にブラウン系に抑えられたシックなデザインで、開放的な自習室でもじっくりと勉強に集中できるようになっています。

プライベートなコンサルティングルームや、センスの良いグループレッスンルームも併設しています。

全体的にラグジュアリーな雰囲気があるので、スタジオに行くのが楽しみになり、より自分のモチベーションを上げてくれます。

9.オンラインコンサルティングもある

STRAILのスクールは、新宿校のみなので、遠方に住んでいて新宿まで通えない、もしくは、忙しくてスクールに通う時間がない方は、オンラインコンサルティングを選択することもできます。

オンラインコンサルティングは、オンラインビデオ会議システムの「Zoom」を使い、パソコンやスマホで実際にスクールに通っているのと同じクオリティでレッスンが受けられます。通学時間がないので、更に時間を有効に使える人気コースです。

10.The Consultantプログラム終了後の継続プラン「EC Prime」

90日間の短期集中で英語力をアップしても、プログラム終了後に英語に触れる機会が減ったらせっかく身に付けた英語力が失われてしまうのでは…?

そんな不安を払しょくできるサービスが「EC Prime」です。

STRAILでは行動科学に基づいた科学的な指導をするため、無理やり詰め込むというよりは自然に学習する習慣を身に付けることができます。

その後も学習を続けていきたいというモチベーションが続いても、どんな風に取り組めばいいのか…どんな教材に取り組めばいいのか…悩んでしまいますよね。

EC PrimeではNikkei Asian Reviewを用いた英文記事を活用し、厳選記事の音声教材が配信されます。

これを利用してリスニングやシャドーイングを行い、英語力の維持に努めることができます。

また、英文の記事を購読できるのでTOEICレベル以上の、より実践的な単語力を伸ばすことができるのです。

Nikkei Asian Reviewに加えてアルク社による教材の配信もあります。

EC Prime スタンダードプラン フィードバックプラン
月額 2,980円 19,800円
教材の配信 週8教材 週8教材
シャドーイングへのフィードバック  - 月10回まで
Nikkei Asian Review 購読権
自習スペースの利用 1スタジオ可
他コースの受講料割引 10%
イベントの参加割引
友人紹介料(商品券) 2万円

さらにオプションで単発のパーソナルトレーニング(1回90分19,800円)や、フィードバック回数無制限(90,000円/月)を付けることもできます。

STRAILの公式サイトはこちら⇒

STRAIL(旧English company The Consultant)のコース別利用料金、支払い方法まとめ

STRAILの入学金や受講料、支払い方法などをご紹介します。

入学金

入学金は、20,000円(税別)になります。

コース価格

受講価格は、2ヶ月で170,000円(税別)となり、延長希望の場合は、1ヶ月に付き85,000円(税別)となります。

サービス内容は、コンサルティングメニューのデザイン、毎週のアセスメントおよびコンサルティングセッション、教材、自習課題進捗サポート、スタジオでの自習室の利用、一部のグループトレーニングなどが含まれます。

上記以外に有料オプションとして、上級者向けのアウトプットグループトレーニングや、やり直し英文法トレーニングなどもあります。

費用は、1回ごとの申し込みで6,000円(税別)ですが、3回分まとめて申し込むと18,000円(税別)+次回グループトレーニングに使える2,000円割引クーポンをもらえるなどの特典があります。

オンラインコンサルティング

入学金は、通常のコースと同じ20,000円(税別)となります。受講料は、2ヶ月で170,000円(税別)になります。

支払い方法

支払い方法は、振込もしくは口座引き落としになります。分割払いもあります。クレジットカードには対応していません。

STRAIL(旧The Consultant)とEnglish companyの違いとは?

STRAILとEnglish companyはどちらもスタディーハッカーが提供するサービスですが、いまいち違いが分からないという方が多くいるようです。

もともとEnglish companyがあり、そこから派生したのがThe Consultant(ザ・コンサルタント)です。

そして、現在はThe ConsultantからSTRAILに名称が変更されています。

English companyとSTRAILでは提供しているサービスの内容が違います。

English companyは英語学習のパーソナルトレーニングジムです。

学習者にパーソナルトレーナーが付き、様々な面から徹底サポートします。

学習者の課題を発見し、適切なトレーニング方法を提案。

目標を達成するまでのスケジューリングから、自宅やスタジオでのトレーニングまでをトータルサポート。

やみくもに課題数をこなす学習法ではなく、やるべきことを的確に見極めて本当に必要な学習を効率よく支えてくれます。

STRAIL(旧The Consultant)はそこからさらにコンサルタントのみに提供内容を絞ったサービスです。

自主学習を前提としており、課題発見→適切な学習指導→進捗の確認のみの、独学では手の届かない部分にフォーカスしたサービスです。

このため、英語コーチングスクールとしては非常にリーズナブルな価格が実現しています。

STRAILはどんな人に向いている?

コーチングタイプの英語スクールが増えていますが、コーチングにもいろいろありますよね。

お尻を叩かれないと取り組めない!というタイプの人には、STRAILは向いていないかもしれません。

STRAILは自己管理ができる方におすすめです。

言語習得の科学に基づいた指導により、より効率よく学習することができます。

また、STRAILでは行動科学の観点から、英語学習を継続し習慣化するということに注目した開発も行っています。

STRAILでの学習が終わったあとも言語学習は終わることがありません。

私たちが母国語である日本語ですら日々学びアップデートしていっているのと同じように、外国語の習得目標を達成した後も学習が終わることは無いのです。

習得した英語力の維持・成長を止めないためには、英語を学習することの習慣化はとても大切なことです。

STRAILとEnglish company(イングリッシュカンパニー)、どっちを選べばいい?

既に英語を学習するという下地ができている人はSTRAILをおすすめします。

自分で気づけないような弱点を「課題発見アセスメント」で見つけてもらい、適切な教材と学習ポイントを提案してもらえるので、そこから先は自分で取り組みます。

課題の発見だけでなくレッスンも受けたい、学習スケジュールの管理もしてほしい…といった、より細かく手厚いサポートを求めるのであれば、English companyをおすすめします。

English companyは手厚いサポートをしてもらえる分、費用はだいたいSTRAILの倍になります。

自分の目標や適性、環境などと照らし合わせてじっくり選んでくださいね。

STRAIL(旧English company The Consultant)の説明会や無料体験への申し込み手順を解説

STRAILの説明会や無料体験への申し込み手順は以下の通りです。

  1. ネットで希望日、希望の時間を申し込む。
  2. 申し込み後に担当の方から日程調整の電話がかかってきます。土日などは混んでいる場合もあるので、希望の時間が取れないこともあります。第二希望などを考えておくとスムースに日程調整ができます。
  3. 来校。新宿スタジオにてカウンセリング、アセスメントとコンサルティングを行う。

カウンセリングは、英語を学習する目的や今までの英語学習経験、TOEICなどのスコア、1日に学習できる時間などを聞かれます。

アセスメントは、ヒアリングチェック、ヒアリングの中に出てきた単語の意味の理解力と発音、チャンクリーディング(英語文を塊ごとに分けて理解する方法)などのトレーニングを行い判断されます。

コンサルティングは、アセスメントをもとに行われます。

自分が今どの程度のレベルなのか、英語学習において何が問題なのかなどを指摘してもらえ、解決策を提示してもらえます。

無料体験では、自分の英語学習における課題、目標を英語のプロフェッショナルが学問的見地から分析し、科学的見地から英語学習の継続、習慣などを見出し説明してくれます。

このふたつをクリアにすることで、より英語力アップの学習方法を見出してもらえます。

STRAIL(旧English company The Consultant)を解約する方法や、違約金についても紹介

残念ながら、STRAILでは、もともとの受講料を安く抑えていることから、返金保証などは用意されていません。

STRAIL(旧English company The Consultant)のスクール・店舗情報

住所 〒160-0023東京都新宿区西新宿1-18-2 晴花ビル2F

STRAIL(旧English company The Consultant)の運営会社情報

STRAILの運営会社は、京都府に本社がある「株式会社スタディーハッカー」で、予備校運営や英語ジムの運営の他に教育系アプリの開発やメディア運営などを行なっています。

その中にある「ENGLISH COMPANY」が運営しているのが、自立学習型英語コンサルティングサービスの「STRAIL」となります。

会社名 株式会社スタディーハッカー
本社住所 〒600-8422 京都府京都市下京区室町通仏光寺上ル白楽天町521番地1
株式会社スタディーハッカー 東京オフィス 〒102-0084 東京都千代田区二番町3-4 麹町御幸ビル4F

 

ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT
住所 〒160-0023東京都新宿区西新宿1-18-2 晴花ビル2F
電話番号 03-5990-5941
説明会 申込みに関するお問い合わせ電話番号 : 03-5363-7240

まとめ

英会話を学びたいけれど費用が高い!と思っている方には、 比較的受講料が安いSTRAILがおすすめです。

STRAILでは、第二言語取得のための理論を学んだ専門家による学習サポートにより、より効率的に英語向上を目指す方法を提案してもらえます。

自習学習スタイルなので、継続できないかも・・・と思っている方でも、STRAILでは、行動科学マネジメントの科学的知識をもとに継続できるサポートをしてもらえます。

コンサルティングでは、自分のウィークポイントなどを指摘してもらい、その部分を集中的にトレーニングすることで効率的に英語力向上が可能になります。

高級感のある落ち着いたスタジオを利用して、自習することもできるので、集中力も同時に養うことができます。

2ヶ月と言う期限を決めて集中して英語学習に取りかかってみてはいかがですか?

STRAILの公式サイトはこちら⇒

TOEICスクールおすすめランキング10選を徹底比較!【東京2020年版】

関連記事

  1. スパルタ英会話のリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料…
  2. Global Step Academyの評判・口コミは実際どうな…
  3. ビズメイツのリアルな評判・口コミを紹介!~効果やデメリット、料金…
  4. 英会話スクールで学ぶメリットとデメリットとは?
  5. PROGRIT(プログリット)のリアルな評判・口コミを紹介!~効…
  6. 英語の学習ノート TOEICスクールおすすめランキング10選を徹底比較!【東京20…
PAGE TOP