TORAIZ(トライズ)英語の評判・口コミを一挙紹介!~料金やメリット・デメリットなど解説

「1年で英語が話せる」

「継続率91.7%、満足度97.9%」

「1年で1,000時間の英語学習」

この具体的な数字に魅了され、本気で英会話習得を目指したい人は、トライズ(TORAIZ)が気になっているはずです。そして、私もその一人。

実は、私は英会話教室で現役の講師を務めて9年目になります。実際のところ、週1回の英会話クラスを受講しただけでは、英語ペラペラにはなりません。

仕事で実践できるレベルの英会話力を身に付けたいなら、なおさらです。ビジネスや学会で意思疎通が図れるレベルのコミュニケーションができるようになりたいのなら、スキマ時間でコツコツとシャドーイングや音読のトレーニングを継続しなければなりません。

そこで、私は始めに記した「トライズ」の3つの宣伝文句が本当なのかと気になり、リサーチをすることにしたのです。

多くの英語学習システムでは、「〇ヶ月で英語が話せるようになる」のように短期間で楽そうな英語学習を謳っている中、トライズは「週20時間、1年で1,000時間」というハードな学習時間を提示しています。そして、料金は1年で100万円以上と超高額!

今回は、この「高額な料金」×「長い学習時間」がトライズのクオリティと受講生の結果に比例しているのかどうかを探りたくて、トライズの全てを調べました。

すると、経営者がトライズを設立した背景と思い、そして複数の立証的なデータが、トライズの効率的な学習プログラムを作り出しているということが分かったのです。

今回の記事では、そのトライズのプログラムの具体的な内容や料金から、実際に受講した方々の良い口コミ・悪い口コミまで全てを洗い出します!

そして、トライズでの受講を検討している方の疑問や悩みが解決し、「無料カウンセリングに行こう!」or「受講しない」の答えが明確に出せるように、どこよりも詳しい情報を提供します。

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

<目次>

TORAIZ(トライズ)のサービス概要を簡単に紹介


まずは、入会後にトライズで受けられるサービスについて簡単にお伝えします。また、そのサービスを開発した社長と「語学研究所」の所長の英語学習における苦い経験や、トライズのプログラムを開発した背景についても紹介します。

トライズで受けられる6つのサービス

まずは、トライズの受講費用に含まれる6つのサービスは以下の通りです。

  1. 専属のコンサルタントによる具体的な学習プラン、学習法、教材の提案
  2. コンサルタントと毎日メールで日々の進捗状況を確認
  3. 週3回のネイティブ講師とのレッスン
  4. コンサルトタントとの 2週に1度の面談で、学習法の改善や新しいアドバイスを受ける
  5. 月に1度のVERSANT受験で、英会話力の向上状況をチェック
  6. 学習管理ツールの利用

自習+コンサルタントのサポート+ネイティブとのレッスン」=トライズのコンテンツです。

自分主体で頑張っていく中でも、コンサルタントによるモチベーションのサポートがあり、またネイティブとのレッスンでアウトプットできる点が魅力的ですね。

「1年で1,000時間」の背景には、三木社長の過去の苦い経験がある

冒頭でも紹介した「1年で英語が話せる」と「1年で1,000時間の英語学習」という、トライズ独自のキャッチフレーズの背景について、簡単にご紹介します。

トライズの創始者であり現社長の三木 雄信氏は、ソフトバンクに勤務した経験があり、あの孫正義社長の社長室長を務めていました。当時、孫氏に「英語は話せるのか?」と聞かれ、安易に「日常会話レベルなら。」と答えてしまった三木社長。

その後、英語会議に連れて行かれ、英語が話せないという苦い経験をしたのです。そこから英語を猛勉強し、たった1年で通訳なしでビジネス実務レベルの英会話力を身に付けたそうです。

これから詳しく説明するトライズのレッスン概要とメソッドには、この三木社長の学習経験と実績が反映されています。

トライズ式の学習(週20時間)の概要

トライズの週あたりの学習時間は、18時間の独学でのインプット+2時間のレッスンでのアウトプット=週20時間。その詳しい概要を説明します。

インプット(独学18時間)

1.スピーキング(週5回4時間)

あなたの目的に合う英会話フレーズを、無意識に出てくるようになるまでトレーニングします。必要な会話を中心にインプットするので、使える英語が効率よく学べます。

2.シャドーイング(週5回12時間)

主に映画を教材とし、ネイティブスピーカーが使う生の英語を聞きとるトレーニングです。単なる聞き流しではなく、同時に意味も理解する学習法で、大幅なリスニング力アップを狙います。

シャドーイングには様々な手法があるのですが、コンサルタントがあなたに合う方法を提案します。

3.レッスン予習(週6回2時間)

各レッスンにはトピックが設定されていて、事前に予習をしてからレッスンに臨みます。これにより、次に「アウトプット」で紹介するネイティブ講師との限られたレッスン時間で、ディスカッションを円滑に進めることができます。

アウトプット(レッスン2時間)

週18時間でインプットした知識を使うのが、このアウトプットの2時間です。

レッスン形式は、プライベート1時間+グループ1時間。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.オンラインプライベートレッスン(週2回 1時間)

ネイティブ講師とマンツーマンのレッスンです。内容は、スピーチ、ロールプレイ、専門分野のディスカッションなど、あなたが必要とする内容に特化して学びます。受講時間帯は、早朝、深夜など、ライフスタイルに合わせた時間を選択できます。

2.グループレッスン(週1回1時間)

ネイティブ講師が担当する、受講生が最大4名までの少人数制です。同じような目的を持った仲間と、会議に近い形式でディスカッションを行います。

このグループレッスンは、学習センターでの受講になります。オンラインセンターで申し込みをした方は、このグループレッスンを「オンラインプライベートレッスン」に切り替えて受講します。

トライズの学習プログラムをサポートするのは最強の「語学研究所」

「語学研究所」とは、トライズ内にある学習プログラムを監修・サポートする機関です。

ここでは、日々進化する第二言語習得の研究を形としてプログラムに反映させます。また、そのプログラムを実践した受講者の結果を蓄積し、さらに効率が良くなる学習法を開発しています。

【実際の語学研究所での取り組み】

  • 特別顧問による勉強会
  • 市販テキスト選定の研究
  • 語学研究所所長によるナレッジ共有講座

【語学研究所に在籍する専門家】

語学研究所所長 西牧 健太氏

所有資格:TOEIC®S&W200点満点、TOEIC®L&R990点満点、英検1級。英語学修士と日本語学修士。

西牧氏の英語学習歴:

海外経験なし、元高校球児の西牧氏は、大学受験を機に本格的に英語の勉強を開始。高校球児で遅れをとっていたため、まずは効率のよい学習法から考え始める。

そうすると、周りの学生たちがしている文法とリーディングに偏った学習が、いかに非効率であるかに気付く。この経験を機に、大学では言語習得や言語学に興味を持ち、勉強を始める。

そして、大学3年時に独学でTOEIC990点満点を取得。

西牧氏の活動:

西牧氏は、ある特定の人たちにだけに有効な学習法ではなく、どのようなタイプの人たちにも合う学習法を提案することを研究・実践している。独学でTOEIC®990点満点を取得した経験も活かし、受講生の個々の生活スタイル、目的にあわせたプログラムと教材を提供できるように研究を進めている。

その思いは、「日本の英語教育を効率の良いものに変えたい」というゴールを目指すほど。

新崎 隆子 先生

国際会議やNHKでの通訳者として活躍する他、青山学院大学や東京外国語大学でも指導。

著書「通訳席から世界が見える」「英語スピーキング・クリニック」「最強の英語リスニング実践ドリル」など多数。

門田 修平 先生

関西学院大学法学部教授、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。特に、第二言語習得としての英語の知覚、処理、記憶、学習の心的メカニズムが専門で、それに関する著書も多数出版。

代表著書は、『英語リーディングの認知メカニズム(共編著)』、『第二言語理解の認知メカニズム』、『SLA研究入門』(くろしお出版)、『英語のメンタルレキシコン(編著)』(松柏社)、『決定版英語シャドーイング(共著)』、『シャドーイングと音読の科学』、『シャドーイング・音読と英語習得の科学』、『シャドーイング・音読と英語コミュニケーションの科学』などがある。

TORAIZ(トライズ)のリアルな評判・口コミまとめ


次に、トライズ(英語対策)の悪い口コミ・良い口コミの両方を集めてみました。

トライズ(英語対策)の悪い口コミ・評判

“受講生の英会話向上力の有無を測るために導入しているVERSANTという試験は、日本国内では認知度が低いです。そのため、TOEIC®スコアのように履歴書で英語力をアピールしたいという人には向いていません。仮に、VERSANTのスコアを記載しても、あまりアピールになりません。”

“やっぱり料金が高い。高いからやらなきゃいけないという意識が、学習の後押しになったのは良かったけど。独学で進める時間が長いのだから、もう少し安ければ人にも勧めやすい。”

“振替制度がない。自分で仕事量をコントロールできる人は良いが、会社勤めのビジネスマンはそんなことできません。忙しい人を受講の対象にしているのであれば、振替制度はあるべきです。”

私も英語教室を運営しているので、運営側の立場からの意見を言わせていただきます。

最後の「振替制度」については、特にドタキャンの場合は会社に不利益が生じてしまいます。特に、プライベートレッスンがドタキャンされると、その枠は受講生一人のために確保された枠になる訳ですから、キャンセル料が発生してもおかしくありません。

また、トライズのグループレッスンは4人までの少人数制です。こちらも、4人からたった1人抜けただけで会社には不利になってしまうため、無料振替制度を設けることは難しいかと思われます。

トライズのような大手の会社になると、なかなか個人的な理由で融通を効かせてもらえないのが難点です。

トライズ(英語対策)の良い口コミ・評判

“現在、海外赴任中で、日本にいる時にトライズに通っていました。英会話が苦手な私でしたが、今では海外の仕事もスムーズに進められています。”

“伸び悩んでいる時は、その原因を親身になって考えてくれた。担当のコンサルタントがいなければ、1年間学習を継続することはできなかったと思います。料金は高めですが、その価値は十分にあると思います。”

“毎日、専属の担当者に学習時間の報告をします。そのため、1日に少しでも英語に触れる習慣が出来ました。”

“1年間利用し、私には大きな成果がありました。特に、当初は全く聞き取れなかったリスニングが飛躍的に伸びました。英語学習に近道はないと思っているので、1日3時間の学習は大変でしたが、利用して良かったです。”

“入会後のカウンセリングで、曜日によっては三木社長が自ら相談に乗ってくれ、やる気とモチベーションアップに繋がりました。”

このように、良い評判では、コンサルタントのカウンセリングについて感謝しているという口コミが多く見受けられます。プログラムの質はもちろん大事ですが、結局は人と人とのコミュニケーションで学習のモチベーションがアップされ、成果に繋がるということが分かります。

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

TORAIZ(トライズ)の3つの注意点・デメリット


トライズのシステムは、「ビジネスレベルの英会話力を確実に身に付けたい」という方には大変魅力的なプログラムですが、一方で注意すべき点もあります。

1. 学習量がかなり多い

「楽ではないから身につく」と公式ホームページで公言されているくらいなので、トライズを始めるからにはかなりの覚悟が必要です。

年間1,000時間の学習時間を確保するとなると、「1日3時間」の学習時間が必要になります。それも、仕事や家事・育児の合間を縫っての3時間です。

忙しくても疲れていても、本当に結果を出したいのであれば、外出時や自宅でのスキマ時間を全て英語学習に充てる覚悟が必要です。実際、トライズの学習継続率は91.7%で、受講者のほとんどが自分に鞭打ちながら頑張っていますね。

このように、自分を限界まで追い込んで頑張れる人には向いていますが、「週1回の英会話レッスンで、のんびり学びたいな」とか「オンライン英会話で、時間がある時に学びたい」という方には、ハード過ぎて耐えがたいプログラムになります。

2. 高額

次の項目で詳しく紹介しますが、トライズは年間で1,000,000円以上の支払いが発生します。

これを、週2時間のレッスン出席+専属コンサルにコントロールされる独学時間18時間=計20時間と考えると、1時間あたりの学習費用は1,483円~。

これに、毎日のコンサルタントとのやり取り、隔週での面接、月1回のVERSANT試験受験が付く訳ですから、相対的に見ると価格はリーズナブルと言えます。

しかし、週1~2回、のんびり英会話スクールに通うことと比較すれば、年間で10倍近く支払う計算になります。果たして、英語学習に年間1,000,000円以上も費やせるかどうか!?

途中解約制度があるにしても、無料カウンセリングでしっかりシステムについて理解し、本当に自分に必要なプログラムであるかどうかを見極める必要があります。

3. TOEIC®対策には向かない

トライズ(英語対策)は、ビジネスシーンや学会などでディスカッションやプレゼンをするための、高いコミュニケーション能力を付けることを目的としています。

ですので、学習内容は、映画やスピーチをそのまま教材にし、レッスンでは対人でディスカッションを行うという形式です。

トライズ(英語対策)は、TOEIC®対策ではありません。そのため、リーディングとライティングの学習は行いません。TOEIC®対策をお考えの方は、別のトライズTOEIC®対策プログラムをご覧ください。

TORAIZ(トライズ)の5つの特徴・メリット


次に、「なぜ1,000時間の学習時間が必要なの?」、「なぜ継続率が91.7%と高いの?」といった疑問にお答えしながら、トライズの5つの特徴とメリットをお伝えします。

1. 1年で1000時間の学習時間を確保

トライズでは、1日3時間、週20時間、1年で1,000時間の英語学習を実施します。

【なぜ1年で1,000時間も必要なの?】

まず、英語と日本語では、音声や文法などの構造が大きくかけ離れています。そのため、英語話者が日本語を習得するためには2,200時間もの学習時間が必要とされています(アメリカ国務省付属機関FSI調べ)。

このデータから、逆に日本語話者が英語を習得するためにも、同様の学習時間が必要だと考えられます。

ですが、日本人は、既に学校の英語教育で1,200時間の授業を受けています。そこで、残りの1,000時間をトライズで補うという計算になるのです。

【トライズ利用者の実績】

「では、実際に1,000時間学習をしたトライズ生はどうなの?」という方のために、トライズ生の実績を紹介します。

トライズでは、英会話力を指針する試験としてVERSANT®を導入しています。

VERSANT®は、ビジネスレベルでの英語能力を測る46点満点のテスト。国内外の企業の採用時や、米国防省やオランダ政府移民局などの政府機関でも導入されている国際的な試験です。

トライズの全受講生3,500人のVERSANT®スコアの統計(2019.8.19現在)では、900~1000時間の学習者が平均45点(海外出張で質疑応答が出来る英語レベルである)を取得しています。

このように、トライズ受講生の実績からも、ビジネス実務レベルの英会話力を習得するために1,000時間の学習が必要であると立証されているのです。

また、1年以上の時間を掛けてじっくり1,000時間を費やすよりも、1年という集中力が持つ期間で1,000時間の学習をした方が効率よく学習ができます。

なぜなら、なるべく短期間で学習をする方が、学んだことを忘れずに記憶に残せるからです。

2.専属コンサルタントによる徹底したサポート体制

トライズの継続率は91.7%!そこには「絶対に学習の挫折ができない」、ある理由があります。その徹底した3つのサポートについてお伝えします。

1.毎日の進捗確認メール

受講生は、毎営業日にフィードバックメールで日々の学習内容を報告することが義務付けられています。報告の流れは、あなたが学習の進捗状況や相談をメールし、専属のコンサルタントがそれに対するアドバイスを返信するというもの。

この毎日のやり取りをすることにより、「挫折できない」という状況を作ります。

2.2週間に1回の面談

専属コンサルタントの前で、普段のスピーキング・リスニングの勉強を披露します。これにより、コンサルタントが普段の学習が正しい方法で行われているのかどうかをチェックし、アドバイスや軌道修正を行います。また、あなたの相談にも乗ってくれます。

3.毎月1回のVERSANT®テスト

先に紹介したVERSANT®を毎月受験することにより、あなたの英語力向上を細かくチェックします。

3.目的に合わせて学習内容をカスタマイズ

英会話習得のための目的は人それぞれです。例えば、学会での発表、ビジネスでの会議出席、修士号の取得があります。

このそれぞれの目的を達成するためには、それに合う学習内容、学習法、教材が多種多様にあります。さらに、仕事や私生活などのライフスタイルも人それぞれです。

トライズでは、この「学習目的」と「個々のライフスタイル」の両方に合わせた学習内容・学習法・教材を一人一人に提案しています。

4. 実際のパブリックスピーチや映画を題材にした生きた教材を使用

トライズでは、「本当に使える英会話」を短期間で効率よく習得することを目的とします。そのため、実際に英語話者が話している生の英語が使われている教材を使用します。

この教材にあるフレーズを反復練習することにより、すぐに実践の場で使える会話力が身に付きます。

5.リスニング・スピーキングに集中した学習

トライズでは、実践ですぐに使える英会話力を身に付けるため、ライティングやリーディングの学習はしません。また、「完璧な発音」にはフォーカスせず、会議や学会などの実践の場でコミュニケーションが取れる英語力を身に付けることを目的とします。

実際に、ソフトバンク社長の孫正義氏のなまりのあるスピーチは、何の問題もなく進行しているだけではなく、そのユニークな話術で聴講者の笑いを誘っています。

また、世界の英語話者の78%は、私たちの様な非ネイティブで、その数13.6億人!この数字を見ると、「ネイティブのような綺麗な発音じゃないから…」と自信を無くす必要はありませんね。

トライズでは、ネイティブ講師によるレッスンが週3回、1年で141回もあります。

これは、実践の場で不自由なく英語を使いこなせるようになるためなのです。

発音にフォーカスするのではなく、孫氏のようなユニークなスピーチで対人コミュニケーションを図ることを意識しましょう。

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

TORAIZ(トライズ)のコース別利用料金、支払い方法まとめ


トライズには、「月額」、「6か月一括」、「12か月一括」の3種類の支払い方法があり、契約期間が長くなるに連れ割引が適用されます。それでは、詳しく見てみましょう。

月額払い 127,440円(受講料・税込)

さらに、入会時の初期費用と教材費が別途かかります。

【初期費用】

入会金54,000円(税込)+コンサル費199,800円(税込)

【教材費】

年間50,000円程度

6か月一括払い 総額858,840円(税込)(月額より30,000円OFF)

教材費別:年間50,000円程度

(内訳)

入会金:54,000円(税込)

コンサル費:199,800円(税込)

月額あたりの受講料:100,840円(税込)

12か月一括払い 総額1,423,880円(税込)(月額より100,000円OFF)

教材費別:年間50,000円程度

(内訳)

入会金:54,000円(税込)

コンサル費:199,800円(税込)

月額あたりの受講料:97,506円(税込)

このように、トライズの料金は、一般に月額や一括で支払う金額と比較すると、かなり高いです。12か月一括払いの場合、一カ月当たりの総費用は118,656円。

ですが、この118,656円で受けられるサービスは、

・ネイティブ講師との月11~12回のレッスン

・毎日のコンサルタントとのやり取り

・2週間に1回の面談

・月1回のVersantテスト受講

ネイティブ講師とのレッスンの他に、この「無挫折保証」のようなシステムが付いて、118,656円です。これで確実な効果が1年で得られるというのであれば、本気で英会話を習得したい人は、無料カウンセリングに行くべきです!

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

TORAIZ(トライズ)の最新キャンペーン・クーポン情報


さらに、トライズは9月30日までの期間限定で、最大で40万円OFFになるかなりお得なキャンペーンを実施しています。

【キャンペーン内容】

12か月一括払いの場合

入会金54,000円→無料+受講料総額から350,000円割引

6か月一括払いの場合

受講料総額から150,000円割引

月額でのキャンペーン適用は無し。

【キャンペーン適用条件】

  • 無料カウンセリング当日の申し込み
  • 6か月 or 12か月一括払いでの支払い
  • 申し込みから3日以内に入金のこと(銀行の休業日を挟む場合、翌営業日)

先の「コース別料金」で、12か月一括払いの場合の一月あたりの料金が118,656円と説明しました。それが、このキャンペーン適用でさらに安くなります!

これは、無料カウンセリングだけでも受けてみる価値がありますね。

TORAIZ(トライズ)の説明会や無料体験への申し込み手順を解説


無料カウンセリングの申し込みは、オンラインで3分でできます。

【無料カウンセリング申込 3つのステップ】

1.トライズの公式サイトから無料カウンセリング予約フォームにアクセス

2.希望の学習センターを選択(入会とは別のセンターでもOK)

3.希望日と連絡先を入力

さらに、カウンセリングから受講前までの流れをご説明しますね。

「無料カウンセリング」

学習相談。トライズのメソッドやシステムなどについての説明を受ける。


「入会」


「学習プランの提案」

専属のコンサルタントが、以下の3つのステップで目的に合った最適な学習プランや教材を提案してくれます。

レベルチェック

Versant、英文法テスト、ネイティブとの会話チェックであなたの英語力を診断

目標設定

あなたの目標と、それを達成するための中間目標を設定

学習計画

1.のレベルチェックの結果と2.の中間目標に合う教材、学習法、レッスンの日程などを決定。

あなたのライフスタイルに合わせてプランしてもらえます。

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

TORAIZ(トライズ)を解約する方法や、違約金についても紹介


トライズでは、サービスに満足がいかなかった場合は3種類の「保証制度」により解約・返金が保証されています。また、突然の異動や転勤、病気などで継続が困難な場合もこの保証制度が適用されます。

では、その3種類の「保証制度」について詳しいルールを見ていきましょう。

全額返金保証

受講開始後1ヶ月までは無条件で全額返金してもらえます。

途中解約保証

受講開始1ヶ月が経過した場合は、途中解約保証が適用されます。その際の返金額の算定式は以下の通りです。

残りの契約期間の受講料-解約手数料(5万円)or 残額の20%の安い方

無料延長保証

契約期間しっかり受講したにも関わらず、全く英語力が向上しなかったという場合には、受講期間を無料で延長することができます。

12か月一括払いの場合 最大3カ月の延長

6か月一括払いの場合 1ヶ月の延長

全国のTORAIZ(トライズ)のスクール・店舗情報


トライズには、東京・神奈川・大阪・オンラインと合わせて13の学習センターがあります。

では、それぞれの学習センターの店舗情報を詳しくお伝えします。

【東京】

虎ノ門センター

住所:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング13階

TEL:03-6457-9961

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・銀座線「虎ノ門駅」11出口 徒歩2分

・日比谷線・千代田線・丸ノ内線「霞ヶ関駅」A13出口 徒歩9分

・有楽町線「桜田門駅」2出口 徒歩9分

・南北線「溜池山王駅」8出口 徒歩9分

・都営三田線「内幸町駅」A03出口 徒歩10分

新宿センター

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル30階

TEL:03-6302-0511

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR線・小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線

「新宿」駅西口より徒歩5分

・都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩2分

田町三田センター

住所:東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル8階

TEL:03-6809-5331

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR山手線「田町」駅西口より徒歩5分

・都営三田線「三田」駅A6出口より徒歩2分

赤坂センター

住所:東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階

TEL:03-5545-5028

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・千代田線「赤坂駅」5a出口より直結徒歩1分

・銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」山王下方面改札口より徒歩8分

・銀座線・南北線「溜池山王駅」10番出口より徒歩7分

銀座センター

住所:東京都中央区銀座8-8-5 陽栄銀座ビル6階

TEL:03-6264-6155

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR線・銀座線・浅草線「新橋駅」1出口より徒歩6分

・銀座線・日比谷線「銀座駅」A2出口より徒歩7分

秋葉原センター

住所:東京都千代田区神田松長町4-1 ラウンドクロス秋葉原10階

TEL:03-3526-2241

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR山手線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」より徒歩2分

丸ノ内オアゾセンター

住所:東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル12階

土曜日は、地下直結のビルの出入り口は利用不可。B4地上出口からビル正面エントランス最左自動扉より入館し、ガードマンに「トライズに訪問」の旨を伝える。

TEL:03-6259-1388

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・東京メトロ東西線「大手町駅」直結

・JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」より徒歩3分

池袋センター

住所:東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14階 WeWork内

WeWork内受付の来客登録画面より来訪を知らせる。

平日18時以降か土曜日に来訪の場合、ビル14階から090-6520-7281に電話をする。

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR線JR池袋駅直通

・丸ノ内線・有楽町線「池袋駅」メトロポリタン口(7:00~23:00)徒歩1分

・各線池袋駅西口より徒歩2分

渋谷センター

住所:東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル3階

TEL:03-4346-4901

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR線・東急線・京王線「渋谷駅」12番出口より徒歩6分

・半蔵門線・銀座線・千代田線「表参道駅」B2出口より徒歩11分

・副都心線「明治神宮前駅」7番出口より徒歩12分

【神奈川】

横浜みなとみらいセンター

住所:神奈川県横浜市みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー11階

TEL:045-305-4101

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR線・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩5分

・みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分

【大阪】

梅田センター

住所:大阪府大阪市梅田1-12-12 東京建物梅田ビル14階

TEL:06-6455-9900

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

アクセス:

・JR「大阪駅」中央南口より徒歩2分

・JR東西線「北新地駅」東改札口より徒歩3分

・地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩2分

・阪急「梅田駅」2F中央改札口より徒歩5分

・阪神「梅田駅」東・西改札口より徒歩2分

オンラインセンター

定期的に来訪することが難しい遠方に住んでいる人や、忙しい人のための学習センター。

コンサルティング、レッスン、プログレスチェックなどの全てのプログラムがオンラインで受講できます。

無料カウンセリングはスカイプで実施。予約の際、フォームにSkype IDを記載すること。

TEL:0120-971-568

受付時間:火~金 13:00~21:15 土曜 10:00~17:30

TORAIZ(トライズ)の運営会社情報


最後に、トライズの運営会社について詳しくご紹介します。

会社名:トライオン株式会社(Tryon Co.,Ltd.)

所在地:〒100-6013 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング13階

TEL:03-6257-1834(代表)

FAX:03-6257-1835

設立:2006年12月20日

代表取締役社長:三木 雄信

資本金:1億6,250万円(2018年11月現在)

従業員数:104名(2018年11月現在)

事業内容:英語教育事業、デジタル教育事業

グループ会社:KENT英会話学院株式会社(100%子会社)

まとめ

トライズ方式を簡単にまとめると、「自分を最大限に過酷な状況に追い込めるから上達する!」ということです。

1日3時間もの学習時間、一見あり得ないほど高額な料金、そして、専属のコンサルタントに毎日見張られているかのような状況。

ですが、一生のうちに本気でビジネス実務レベルまでの英会話力を付けたいのであれば、学習効率・コスパとも最高に良くて、有意義な1年間になります。

もしこの記事を読んでトライズが気になった方は、9月30日までのキャンペーン期間中に「無料カウンセリング」だけでも行ってみてくださいね。

有名俳優や企業幹部の方々も多く通うセンターです。強引な勧誘はありませんので、安心して足を運んでください。

TORAIZ(トライズ)の公式サイトはこちら⇒

関連記事

  1. イングリッシュビレッジのリアルな評判・口コミを紹介!~効果やデメ…
  2. AEONのリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料金や解…
  3. NOVAのリアルな評判・口コミを紹介!~効果やデメリット、料金や…
  4. スパルタ英会話のリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料…
  5. ALUGOのリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料金や…
  6. ロゼッタストーン英会話のリアルな評判・口コミを紹介!~効果やデメ…
PAGE TOP