【第1回】be動詞と一般動詞の意味と使い分けを分かりやすく解説

be動詞と一般動詞って、ややこしいですよね。「疑問文の“Are you~?”と“Do you~?”ってどうやって使い分けるの?
というご質問をよく頂きます。そんな声にお応えして、今回はbe動詞と一般動詞の違いを基礎から応用までご説明いたします!

be動詞は主語によって使い分ける

動詞にはbe動詞と一般動詞という2つの種類があります。まずはbe動詞のはたらきを確認していきましょう。

be動詞の現在形

be動詞は、和訳するとしたら「~です」と訳しましょう。be動詞にはis / am / are の3種類があり、主語によって使い分けます。

be動詞 主語
am I
are You / 複数
is 3人称単数

3人称とは、「私とあなた以外の人・もの」のことです。

【例文】
I am from Tokyo.
「私は東京出身です」

be動詞は、文の中で単語と単語をつなぐイコールのはたらきをします。例えば上記の例文だと、I(私)=from Tokyo(東京出身)ですよね。

また、be動詞は短縮して記述することもできます。短縮すると以下のようになります。

  • I am → I’m
  • You are → You’re
  • She is → She’s

be動詞の過去形

be動詞を過去形にする場合、amとisはwasに、areはwereに変えるだけです。

be動詞現在形 be動詞過去形 主語
am / is was I / 3人称単数
are were You / 複数

【例文】
She was happy.
「彼女は幸せでした」

彼女=幸せの関係が成り立っていますね!

be動詞の否定

be動詞の文を否定文にしたい場合は、be動詞のうしろにnotを入れればOKです。

【例文】
He is not a teacher.
「彼は先生ではありません」

I was not happy.
「私は幸せではありませんでした」

be動詞の否定文を短縮したい場合は、以下のように短縮します。

  • I am not → I’m not
  • are not → aren’t
  • is not → isn’t
  • was not → wasn’t
  • were not → weren’t

be動詞の疑問文

be動詞の文を疑問にしたい場合は、主語とbe動詞の場所を入れ替えましょう。

【例文】
This is her book.
「これは彼女の本です」

Is this her book?
「これは彼女の本ですか?」

be動詞以外は全部一般動詞

be動詞ではない動詞のことを、一般動詞と呼びます。一般動詞には「動作」を表すものと「状態」を表すものの2種類があります。

【例文】
I play tennis.
「私はテニスをします」(動作)

We know the news.
「私たちはそのニュースを知っています」(状態)

一般動詞の現在形

一般動詞の現在形で気を付けなければならないのは、3人称単数が主語の場合には一般動詞にsやesをつけなければならないことです。

She studies English.
「彼女は英語を勉強します」

ちなみにsをつけるかesをつけるかは、以下の表を見て当てはめて考えましょう。

語尾の発音が
「ス・ズ・シュ・ヂュ・チュ・ジュ」
※発音記号:s, z, ʃ, ʒ, tʃ, dʒ
esをつける
※既にeが最後についている
場合はsだけつける
teach → teaches
raise → raises
語尾が子音字+o esをつける go → goes
語尾が子音字+y yをiに変えてesをつける study → studies
have(不規則変化) has
上記以外 sをつける work → works

一般動詞の過去形

一般動詞の過去形は、うしろにedやdをつけるのが基本です。

もとの形 つけ方
eで終わる動詞 dをつける hope → hoped
語尾が子音字+y yをiに変えてedをつける study → studied
語尾が短母音+1子音字
(小さい「ッ」が入る単語)
子音字を重ねる stop → stopped
不規則変化の動詞 不規則活用 speak → spokeなど
それ以外の動詞 edをつける walk → walked

一般動詞の否定と疑問文

一般動詞を否定したい場合は、do not (don’t)やdoes not (doesn’t)、did not (didn’t)を一般動詞の前に入れればOKです。

現在形の場合で、主語がI・複数の場合はdon’t、3人称単数の場合はdoesn’tを使いましょう。過去形の否定文は全てdidn’tを使います。

【例文】
I don’t like soccer.
「私はサッカーが好きではありません」

She doesn’t live in Tokyo.
「彼女は東京に住んでいません」

Emi didn’t have breakfast this morning.
「エミは今朝朝食を食べていません」

同じように、疑問文もI・複数主語の場合はDoではじめ、3人称単数主語の場合はDoesではじめます。過去形の場合はDidではじめましょう。

間違う人の多いbe動詞と一般動詞の疑問文を徹底解説

次の文章、何が間違っているかわかりますでしょうか?

Are you play soccer?

ここまで読んでくださった方はわかるかもしれません。実は英語には、1つの文章につき動詞は1つという大原則があります。先ほどの例文では、Areというbe動詞と、playという一般動詞が入ってしまっています。というわけで、これはありえない文章なのです。

もとの文章を考えてみましょう。「あなたはサッカーをしますか?」と聞きたい場合、ふつうの文章に戻すと「あなたはサッカーをします」ですよね。ふつうの文はこのような形になることが想像できると思います。

You play soccer.

ということは、この文は一般動詞の文章ですよね!一般動詞の文章の疑問文はDo, Does, Didのどれかから始めることになっていました。今回は主語がYouなので、以下のような疑問文が正解です。

Do you play soccer?

まとめ

be動詞と一般動詞の違いを説明してきました。be動詞はイコールのはたらき、一般動詞は「動作」と「状態」を表すものであり、1つの文には1つの動詞しかないということが大切です。動詞は必ず文章に1つ入っていますから、この違いを理解することを避けては通れませんね!しっかり使い分けられるようにしておきましょう!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第18回】間接疑問文の作り方・語順の基本
  2. やり直しの中学英語 【第17回】三つの関係代名詞(主格・目的格・所有格)の使い方を丁…
  3. やり直しの中学英語 【第12回】不定詞は3つの使い分けを覚えれば簡単に使いこなせる!…
  4. やり直しの中学英語 【第9回】英語の基本5文型を簡単に理解するコツ!例文付き!
  5. やり直しの中学英語 【第20回】前置詞はイメージで覚える!
  6. やり直しの中学英語 【第11回】動名詞ってなに?一番簡単な使い方の解説

この記事を書いたライター

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

PAGE TOP