【第20回】前置詞はイメージで覚える!

前置詞はすでに使ったことがあると思いますが、ここでもう一度「前置詞とは何か」を確認することで理解を深めていきましょう!前置詞は訳を覚えるよりも、イメージで覚えることが大切です!イメージで覚えられるよう、良く使う前置詞をヴィジュアルでご説明したいと思います。

 

前置詞とは?

前置詞とは、in / at / onのようなこれまで文中でも良く使ってきた単語のことです。

前置詞には大きく分けて2つの働きがあります。

1.副詞句としてのはたらき

前置詞+名詞で副詞と同じはたらきをします。

【例文】
There are two notebooks on the desk.
「机の上に2冊のノートがあります」

この場合“on the desk”は「どこにあるのか」という存在を表すbe動詞を詳しく説明している副詞句です。

2. 形容詞句としてのはたらき

前置詞+名詞で形容詞と同じはたらきをします。

【例文】
The notebook on the desk is mine.
「机の上にあるノートは私のものです」

この場合“on the desk”はthe notebookという名詞がどこにあるのかを詳しく説明しているので、形容詞句です。

良く使う前置詞のイメージ

時間を表す前置詞のイメージ

時間を表す前置詞でよく使うものはat / on / inです。イメージは下記のような感じです。

前置詞

年や月などの最も大きな単位を表すのがin、曜日や特定の日などを表すのがon、時刻を表すのがatというイメージです。

in May /on Monday / at nine o’clockのように使います。

ただし1日の中の一定期間をあらわす場合はin the morning / in the eveningなどのようにinを使うことに注意です。

イメージを覚えておけば、あとは細かい例外さえ覚えればOKですね!

場所を表す前置詞のイメージ

場所を表す前置詞でよく使うものはin / on / at でしょうか。

▼場所を表すin
inは大きな範囲の中にいることを表す時に使います。

前置詞

in Tokyo / in Japan / in the parkなどがそうです。

▼場所を表すon
onは何かの上に乗っていることを表します。

前置詞

on the desk / on the tableなどのように使います。

また、意外に思われるかもしれませんが、「壁に貼ってある」というときにもon を使ってon the wallにします 。壁に乗っかっているという考え方をするのです。

▼場所を表すat
atは比較的狭い場所を指し示すイメージです。もはや点という感じですね。

at the station / at homeなどのように使います。

▼場所を表すその他の前置詞
他にもbetweenとamongの違いもご説明したいと思います。betweenとamongはどちらも「~の間に」という意味の前置詞です。しかし、次のようなイメージの違いがあります。

まずは、こちらがbetweenのイメージです。

前置詞

2つのものの間にある状態を表します。

次にamongのイメージはこのような形です。

前置詞

3つ以上のものの間にある状態を表します。

方向を表す前置詞のイメージ

方向を表す前置詞でよく使うものは、to / for です。イメージを確認してみましょう。

▼方向を表すto
toはどこかへ向かうときの矢印を表します。目標の地点に到達するイメージです。

前置詞

go to schoolという形で使っていますよね。

ちなみに起点を表すfromとセットで使うと、from A to B「AからBへ」とすることができます。これは場所でも時間でも使える表現なので、覚えておくと便利です。

▼方向を表すfor
toとforの使い分けは難しいですが、forはtoとは違って到達までは表さず、方向性を示します。矢印そのものという感じです。

for you / the train for Shibuya「渋谷行きの電車」などのように使います。

▼他の方向を表す前置詞
ついでにintoやthroughもイメージでご説明します。

前置詞

inとtoが合わさったintoは、2つのイメージの掛け合わせなので矢印で向かいつつ入っていくイメージです。throughは場所を通り抜ける感じですね。

【おまけ】文法を固めるならTOEICの勉強も合わせて行うのがおすすめ!

せっかく文法を固めるなら、目標を持って取り組んだ方が効果的です。

そこでおすすめしたいのがTOEIC。

なぜなら世界的に認識されている試験でありながら、スコアを保持していると就活や昇格、昇給に有利に働くからです。

さらにTOEICでは文法問題も多く出題されるため、文法をやり直したい人には最適な目標設定となること間違いなし。

しかし闇雲に学習を進めても高得点を獲得することは難しいですし、文法も身につきません。

そこでおすすめしたい学習ツールがスタディサプリENGLISHのTOEIC対策講座(以下スタディサプリTOEIC)。

「神アプリ」と自称するほど自信たっぷりのアプリですが、コンテンツ内容も実に豊富。

特に文法からブラッシュアップしたいと考えているあなたにとっておすすめのポイントが以下の2つ。

  1. TOEICの学習ツールとして優秀
  2. 「基礎英文法」というコンテンツで文法のブラッシュアップが可能

TOEICの学習ツールとしてこれまで多くの人に利用されてきたスタディサプリTOEIC。これまでも3ヶ月で100点UPした受講者が続出するなど、かなり優秀な実績を収めています。

また基礎英文法というコンテンツがあるため、「文法からしっかり固めたい」というあなたにもおすすめ。

もしもこれから文法を本格的に復習したいというあなた、ぜひTOEICの学習もかねてやってみて下さいね!

まとめ

このように、前置詞にはそれぞれイメージがあります。訳を覚えることも大切ですが、まずはヴィジュアルイメージで覚えた上で、訳を覚えていく方が暗記しやすいと思います!前置詞は数も多く、使い分けもなかなか難しいので、しっかりイメージをとらえておくことが重要です!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第19回】形容詞と副詞の使い方をおさらい
  2. やり直しの中学英語 【第8回】英語の接続詞は2種類のつなぎ方と15個の接続詞を暗記す…
  3. やり直しの中学英語 【第7回】英語の助動詞を例文付きでイチから丁寧に解説!
  4. やり直しの中学英語 【第1回】be動詞と一般動詞の意味と使い分けを分かりやすく解説
  5. やり直しの中学英語 【第9回】英語の基本5文型を簡単に理解するコツ!例文付き!
  6. やり直しの中学英語 【第14回】英語の受動態の使い方!暗記するだけの不規則動詞の一覧…
PAGE TOP