【第20回】前置詞はイメージで覚える!

前置詞はすでに使ったことがあると思いますが、ここでもう一度「前置詞とは何か」を確認することで理解を深めていきましょう!前置詞は訳を覚えるよりも、イメージで覚えることが大切です!イメージで覚えられるよう、良く使う前置詞をヴィジュアルでご説明したいと思います。

前置詞とは?

前置詞とは、in / at / onのようなこれまで文中でも良く使ってきた単語のことです。

前置詞には大きく分けて2つの働きがあります。

1.副詞句としてのはたらき

前置詞+名詞で副詞と同じはたらきをします。

【例文】
There are two notebooks on the desk.
「机の上に2冊のノートがあります」

この場合“on the desk”は「どこにあるのか」という存在を表すbe動詞を詳しく説明している副詞句です。

2. 形容詞句としてのはたらき

前置詞+名詞で形容詞と同じはたらきをします。

【例文】
The notebook on the desk is mine.
「机の上にあるノートは私のものです」

この場合“on the desk”はthe notebookという名詞がどこにあるのかを詳しく説明しているので、形容詞句です。

良く使う前置詞のイメージ

時間を表す前置詞のイメージ

時間を表す前置詞でよく使うものはat / on / inです。イメージは下記のような感じです。

前置詞

年や月などの最も大きな単位を表すのがin、曜日や特定の日などを表すのがon、時刻を表すのがatというイメージです。

in May /on Monday / at nine o’clockのように使います。

ただし1日の中の一定期間をあらわす場合はin the morning / in the eveningなどのようにinを使うことに注意です。

イメージを覚えておけば、あとは細かい例外さえ覚えればOKですね!

場所を表す前置詞のイメージ

場所を表す前置詞でよく使うものはin / on / at でしょうか。

▼場所を表すin
inは大きな範囲の中にいることを表す時に使います。

前置詞

in Tokyo / in Japan / in the parkなどがそうです。

▼場所を表すon
onは何かの上に乗っていることを表します。

前置詞

on the desk / on the tableなどのように使います。

また、意外に思われるかもしれませんが、「壁に貼ってある」というときにもon を使ってon the wallにします 。壁に乗っかっているという考え方をするのです。

▼場所を表すat
atは比較的狭い場所を指し示すイメージです。もはや点という感じですね。

at the station / at homeなどのように使います。

▼場所を表すその他の前置詞
他にもbetweenとamongの違いもご説明したいと思います。betweenとamongはどちらも「~の間に」という意味の前置詞です。しかし、次のようなイメージの違いがあります。

まずは、こちらがbetweenのイメージです。

前置詞

2つのものの間にある状態を表します。

次にamongのイメージはこのような形です。

前置詞

3つ以上のものの間にある状態を表します。

方向を表す前置詞のイメージ

方向を表す前置詞でよく使うものは、to / for です。イメージを確認してみましょう。

▼方向を表すto
toはどこかへ向かうときの矢印を表します。目標の地点に到達するイメージです。

前置詞

go to schoolという形で使っていますよね。

ちなみに起点を表すfromとセットで使うと、from A to B「AからBへ」とすることができます。これは場所でも時間でも使える表現なので、覚えておくと便利です。

▼方向を表すfor
toとforの使い分けは難しいですが、forはtoとは違って到達までは表さず、方向性を示します。矢印そのものという感じです。

for you / the train for Shibuya「渋谷行きの電車」などのように使います。

▼他の方向を表す前置詞
ついでにintoやthroughもイメージでご説明します。

前置詞

inとtoが合わさったintoは、2つのイメージの掛け合わせなので矢印で向かいつつ入っていくイメージです。throughは場所を通り抜ける感じですね。

まとめ

このように、前置詞にはそれぞれイメージがあります。訳を覚えることも大切ですが、まずはヴィジュアルイメージで覚えた上で、訳を覚えていく方が暗記しやすいと思います!前置詞は数も多く、使い分けもなかなか難しいので、しっかりイメージをとらえておくことが重要です!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第13回】比較の3パターン(原級・比較級・最上級)を分かりやす…
  2. やり直しの中学英語 【第11回】動名詞ってなに?一番簡単な使い方の解説
  3. やり直しの中学英語 【第5回】代名詞を一目で理解できる一覧表と使いこなしのコツ
  4. やり直しの中学英語 【第17回】三つの関係代名詞(主格・目的格・所有格)の使い方を丁…
  5. やり直しの中学英語 【第15回】現在完了は3パターン(継続・経験・完了結果)をしっか…
  6. やり直しの中学英語 【第10回】名詞の複数形・不規則変化・不可算名詞をおさらいしよう…

この記事を書いたライター

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

PAGE TOP