【第3回】英語の命令文を一目で理解できる一覧表と基本的な作り方!

命令文は「~しなさい」という文だけではなく、「~してください」や「~しないでください」という丁寧なお願いも含みます。命令文のつくり方さえ覚えておけば、海外旅行でも自分の意志を伝えることができますよ!

 

「~しなさい」という命令文

まずは一番スタンダードな「~しなさい」という命令文のつくり方を覚えましょう。

命令文の場合は、主語を書かないことが特徴です。主語を書かず、一般動詞やbe動詞からはじめましょう。その際は必ず動詞の原形(元の形)から始めるのがポイントです。

【例文】
Open the door.
「ドアを開けなさい」

Be careful.
「気をつけなさい」

be動詞の文を命令文にする場合、必ずBe~からはじまることに注意しましょう。

また、語調を強めて命令する場合には、ピリオドではなく感嘆符(!)を使えばOKです。

【例文】
Be careful!
「気をつけなさい!」

「~してください」というお願いの文

実際の会話でよく使うのは、「~してください」という丁寧なお願いの文ですよね。自分がしてほしいことさえ言えれば、海外旅行でもとりあえず困ることはないでしょう。

「~してください」という文のつくり方は、文頭か文末にpleaseを付け加えるだけです。これだけで、命令ではなく依頼の意味になります。

【例文】
Please tell me the way to the station.
「駅までの道を教えてください」

Open the window, please.
「窓を開けてください」

文末につける場合は、上記の文章のようにpleaseの前にカンマ(,)をつけましょう。

「~するな」「~しないでください」という否定の命令文

「~するな」という禁止を表す文にしたい場合は、動詞の原形の前にDon’tをつけましょう。be動詞の文章だったとしても、Don’t be~となることが重要です。ふつうの文章ではこの形は絶対に使わないのですが、命令文だけは例外なので、覚えておきましょう。

【例文】
Don’t be late for the meeting.
「その会議に遅れるな」

Don’t open this box.
「この箱を開けるな」

もっと強い禁止「決して~してはいけない」を表したい場合は、Don’tではなくNeverを使います。

【例文】
Never give up.
「決してあきらめてはいけない」

また、文頭や文末にpleaseをつければ、否定も和らげることもできます。

【例文】
Please don’t forget to turn off the light.
「電気を消すのを忘れないでください」
=Don’t forget to turn off the light, please.

「~させてください」「~しましょう」のLet

「私/私たちに~させてください」という文のつくり方も命令文とよく似ているので、一緒に覚えておきましょう。

  • Let me+動詞の原形~「私に~させてください」
  • Let us +動詞の原形~「私たちに~させてください」

【例文】
Let me go alone.
「私をひとりで行かせてください」

またLet usは短縮してLet’sとして使われ、Let’s ~で「~しましょう」というお誘いの意味でも使えます。

【例文】
Let’s go to the museum.
「その美術館に行きましょう」

命令文に関する一覧表

ここまで説明してきたことを、一覧表にまとめました!基本的なつくり方を覚えてしまえば、あとは好きな動詞をはめ込めば良いだけです。

つくり方 和訳
動詞の原形 / Be~. ~しなさい Open the door.
Please +動詞の原形 / be~.
動詞の原形 / be~, please.
~してください Please tell me the way to the station.
Open the window, please.
Don’t + 動詞の原形 / be ~. ~するな Don’t be late for the meeting.
Please + don’t + 動詞の原形 / be ~.
Don’t + 動詞の原形 / be~, please.
~しないでください Please don’t forget to turn off the light, please.
Let + me / us +動詞の原形~. ~させてください Let me go alone.
Let’s + 動詞の原形~. ~しましょう Let’s go to the museum.

【おまけ】文法を固めるならTOEICの勉強も合わせて行うのがおすすめ!

せっかく文法を固めるなら、目標を持って取り組んだ方が効果的です。

そこでおすすめしたいのがTOEIC。

なぜなら世界的に認識されている試験でありながら、スコアを保持していると就活や昇格、昇給に有利に働くからです。

さらにTOEICでは文法問題も多く出題されるため、文法をやり直したい人には最適な目標設定となること間違いなし。

しかし闇雲に学習を進めても高得点を獲得することは難しいですし、文法も身につきません。

そこでおすすめしたい学習ツールがスタディサプリENGLISHのTOEIC対策講座(以下スタディサプリTOEIC)。

「神アプリ」と自称するほど自信たっぷりのアプリですが、コンテンツ内容も実に豊富。

特に文法からブラッシュアップしたいと考えているあなたにとっておすすめのポイントが以下の2つ。

  1. TOEICの学習ツールとして優秀
  2. 「基礎英文法」というコンテンツで文法のブラッシュアップが可能

TOEICの学習ツールとしてこれまで多くの人に利用されてきたスタディサプリTOEIC。これまでも3ヶ月で100点UPした受講者が続出するなど、かなり優秀な実績を収めています。

また基礎英文法というコンテンツがあるため、「文法からしっかり固めたい」というあなたにもおすすめ。

もしもこれから文法を本格的に復習したいというあなた、ぜひTOEICの学習もかねてやってみて下さいね!

まとめ

1つの英文には必ず主語と動詞が1つずつ入っているというのが基本ルールです。しかし命令文だけは例外パターンなので、しっかり覚えておく必要があります。特にpleaseを使ったお願いの文は、日常の会話でもよく使います。ぜひ覚えて、使ってみてくださいね!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第12回】不定詞は3つの使い分けを覚えれば簡単に使いこなせる!…
  2. やり直しの中学英語 【第7回】英語の助動詞を例文付きでイチから丁寧に解説!
  3. やり直しの中学英語 【第20回】前置詞はイメージで覚える!
  4. やり直しの中学英語 【第1回】be動詞と一般動詞の意味と使い分けを分かりやすく解説
  5. やり直しの中学英語 【第9回】英語の基本5文型を簡単に理解するコツ!例文付き!
  6. やり直しの中学英語 【第5回】代名詞を一目で理解できる一覧表と使いこなしのコツ
PAGE TOP