【第4回】英語の未来形はwillとbe going toの違い・使い分けを理解する!

未来を表すwillとbe going to、この2つの違いを説明できますか?多くの中学校で「willとbe going toは同じ意味で、どちらも未来形です」と教えていると思いますが、実はニュアンスの違いがあるんです。今回は未来形について、細かくご説明したいと思います!

まずはwillの意味と使い方を確認

willの意味

未来を表す助動詞willは、「~だろう」「~するつもりだ」という意味です。willの文のつくり方は主語+will+動詞の原形となります。

【例文】
It will be sunny next Monday.
「次の月曜日は晴れでしょう」

「~だろう」と「~するつもりだ」のニュアンスについて、以下の表で詳しく説明します。

willの意味 ニュアンス
~だろう(単純未来) 意志に関係なく、自然の成り行きでそうなると予測される未来。

I will be free tomorrow.
「明日私は暇だろう」←意図せずに暇になってしまった感じ

It will be cloudy next Saturday.
「次の土曜日は曇りだろう」←自然の成り行き

~するつもりだ(意志未来) 主語や話し手の意志を表す。この場合、willを強く読むことが多い。

I will do my best.
「私はベストをつくすつもりだ」

willの否定・疑問文

willを否定文にして「~しないだろう」や「~しないつもりだ」という意味にしたい場合、willのあとにnotをつけるだけでOKです!また、will notは短縮するとwon’tになることも覚えておきましょう。

【例文】
She will not come here next week.
「彼女は来週ここには来ないだろう」
=She won’t come here next week.

また、疑問文にしたい場合はwillを文頭に出しましょう

【例文】
Will you be at home tomorrow?
「あなたは明日家にいるでしょうか?」

be going toの意味と使い方を確認

be going toの意味

be going toはwillと同じく未来表現をつくることのできる語であり、「~しようとしている」「~する予定だ」と訳します。使い方は、主語+be going to+動詞の原形です。

【例文】
He is going to visit his uncle.
「彼は彼の叔父を訪れる予定です」

be going toの意味のニュアンスについてもまとめてみましょう。

be going toの意味 ニュアンス
~しようとしている(近い未来) すでに兆候があらわれていて、遠くない未来に起こる出来事。近い未来の話をする場合は、willではなくbe going toの方がよく用いられる。

It is going to rain.
「雨になりそうです」←既に暗雲が立ち込めていて、今にも雨が降りそうな感じ

~する予定だ(予定・計画) あらかじめ考えられていた予定や計画。既に決まっている未来の話。

We are going to take a trip to Kyoto.
「私たちは京都に旅行に行く予定だ」←既に計画も立てている状況

be going toの否定・疑問文

be going toはbe動詞の文なので、否定文と疑問文はbe動詞の文のつくり方と同じです。

【例文】
I’m not going to invite them.
「私は彼らを招待しない予定です」

Are you going to play soccer this weekend?
「あなたは今週末サッカーをする予定ですか?」

willとbe going toの違いまとめ

上記で見てきたように、willは成り行きで起こる未来「~だろう」と、話し手の意志を表す「~するつもりだ」という2つの意味を持っています。一方be going toは近い未来の「~しようとしている」や、予定を表す「~する予定だ」という意味で使われます。どちらも未来を表す語ではありますが、全く同じ意味ではないので、使い分けるようにしましょう!

will 兆候はない成り行きで起こることや、「自分はこうしたい」という意志を表す。
be going to 既に兆候や計画があり、近い未来や既に決まっている未来を表す。

その他の知っておきたい未来表現

未来進行形

既に前の記事でご紹介した「現在進行形」と「過去進行形」ですが、実は「未来進行形」というのも存在します。未来形との違いは、未来のある時点でその動作が進行中であるということです。

つくり方はwill+be+~ing「~しているだろう」という意味です。

【例文】
She will be having dinner at eight o’clock.
「彼女は8時には夕飯を食べているだろう」

近い未来を表す進行形

前回ご紹介した「現在進行形」のbe動詞+~ingの形で、すでに決定された計画や予定の意味を表すことが出来ます。近い未来の個人的な予定などは、この使い方で表すことも多いようです。ちょっとややこしいですが、「そういうこともあるんだ」ぐらいで覚えておいていただければと思います。

【例文】
I am getting married this spring.
「この春、結婚する予定です」

まとめ

willとbe going toの違いがわかっている人はそれほど多くないので、ぜひ周囲の人に説明してみてください!説明することで自分の頭も整理されて、willとbe going toの使い分けもできるようになるはずです!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第2回】現在進行形は現在形との違いが分ければ簡単に使いこなせる…
  2. やり直しの中学英語 【第6回】疑問詞を使った英語の疑問文の作り方!疑問詞の一覧表つき…
  3. やり直しの中学英語 【第1回】be動詞と一般動詞の意味と使い分けを分かりやすく解説
  4. やり直しの中学英語 【第20回】前置詞はイメージで覚える!
  5. やり直しの中学英語 【第12回】不定詞は3つの使い分けを覚えれば簡単に使いこなせる!…
  6. やり直しの中学英語 【第8回】英語の接続詞は2種類のつなぎ方と15個の接続詞を暗記す…

この記事を書いたライター

岡本美希

記事一覧

『自分らしく、楽しく生きる』をテーマに、TOEIC講師・フリーライターとして活動中です。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成!その経験を活かして、英語関連のコラムを多数メディアに寄稿しております。早稲田大学卒業/文房具メーカー勤務経験あり/趣味は旅行・一眼レフ/TOEICレッスンも開講しております。

PAGE TOP