【第5回】代名詞を一目で理解できる一覧表と使いこなしのコツ

ここまで当たり前のように使ってきたIやYouを含む「代名詞」を今回は復習してみましょう。「私」を表す語はI以外にもmeやmyがありますが、どこでどう使い分けるか説明できますでしょうか?人称代名詞を含む、代名詞全般を一気におさらいしてみましょう!

 

人称代名詞は活用を覚える!

人称代名詞とは、I「私」やShe「彼女」のように、1人称・2人称・3人称を表す代名詞のことです。人称代名詞は、使う場所によって形が変わるので、どこで何を使うのかを覚えておきましょう。何度も声に出して読んで覚えるのがオススメです!

主格「~は」 所有格「~の」 目的格「~を・に」 所有代名詞「~のもの」
I my me mine
We our us ours
You your you yours
He his him his
She her her hers
It its it
They their them theirs

I「私は」の複数形はWe「私たちは」ですが、You「あなたは」の場合、複数形「あなたたちは」でもYouとなることに注意です。

表にも出てきている「主格・所有格・目的格・所有代名詞」とは何なのかをご説明していきたいと思います。

主格とは?

主格とは、主語になる単語のことです。主語として人称代名詞を使う場合は、主格の人称代名詞を使います。

【例文】
It is rainy today.
「今日は雨が降っています」

I am from Tokyo.
「私は東京出身です」

ちなみに、以下の2つの文章について、違いを見抜いて訳せますでしょうか?

【例文】
(1) You are my students.
(2) You are my student.

Youは「あなたは」と「あなたたちは」の2つの意味がありますから、うしろの名詞が複数形になっている方は「あなたたちは」と訳しますね!

(1)「あなたたちは私の生徒です」
(2)「あなたは私の生徒です」

所有格とは?

必ずうしろに名詞を伴って「~の」という意味を表すのが所有格です。誰の所有物かを明らかにする語ですね。

【例文】
This is my notebook.
「これは私のノートです」

His mother is a teacher.
「彼のお母さんは先生です」

目的格とは?

「~を」や「~に」と訳すような、目的語となる部分に入れる語です。動詞のうしろや、前置詞のうしろに使います。

【例文】
I love you.
「私はあなたを愛しています」

It is easy for me.
「それは私にとっては簡単です」

所有代名詞とは?

「~のもの」を1単語で表せるのが所有代名詞です。

【例文】
This book is mine.
「この本は私のものです」

再帰代名詞はわかれば簡単!

以下の代名詞を再帰代名詞と呼びます。「~自身」という訳をするのが特徴です。

  • myself……私自身
  • yourself……あなた自身
  • himself……彼自身
  • herself……彼女自身
  • itself……それ自身
  • ourselves……私たち自身
  • yourselves……あなたたち自身
  • themselves……彼ら自身/それら自身

単数の場合は人称代名詞の目的格に-selfを、複数の場合は-selvesをつけた形です。

再帰代名詞という名前の通り、主語と目的語が同じ場合に用いられます。

【例文】
She cooked dinner for herself.
「彼女は彼女自身のために夕飯を料理した」

itやthis / thatも代名詞!

itの注意すべき用法

itは「それ」という意味の代名詞で、すでに出てきている1つのものを指す場合に使います。

ただし、itの特別な使い方として、「天気・時・距離などを表す文の主語となる
というものがあります。こちらも頻繁に使う用法ですので、一緒に覚えておきましょう。この場合の主語のItは「それ」とは訳さないことに注意です。

【例文】
It is three o’clock now.
「今3時です」

It is very cold today.
「今日はとても寒いです」

thisとthatは複数形もセットで覚える!

this「これ」とthat「あれ」は複数形もセットで覚えておきましょう!

this「これ」― these「これら」
that「あれ」― those「あれら」

【おまけ】文法を固めるならTOEICの勉強も合わせて行うのがおすすめ!

せっかく文法を固めるなら、目標を持って取り組んだ方が効果的です。

そこでおすすめしたいのがTOEIC。

なぜなら世界的に認識されている試験でありながら、スコアを保持していると就活や昇格、昇給に有利に働くからです。

さらにTOEICでは文法問題も多く出題されるため、文法をやり直したい人には最適な目標設定となること間違いなし。

しかし闇雲に学習を進めても高得点を獲得することは難しいですし、文法も身につきません。

そこでおすすめしたい学習ツールがスタディサプリENGLISHのTOEIC対策講座(以下スタディサプリTOEIC)。

「神アプリ」と自称するほど自信たっぷりのアプリですが、コンテンツ内容も実に豊富。

特に文法からブラッシュアップしたいと考えているあなたにとっておすすめのポイントが以下の2つ。

  1. TOEICの学習ツールとして優秀
  2. 「基礎英文法」というコンテンツで文法のブラッシュアップが可能

TOEICの学習ツールとしてこれまで多くの人に利用されてきたスタディサプリTOEIC。これまでも3ヶ月で100点UPした受講者が続出するなど、かなり優秀な実績を収めています。

また基礎英文法というコンテンツがあるため、「文法からしっかり固めたい」というあなたにもおすすめ。

もしもこれから文法を本格的に復習したいというあなた、ぜひTOEICの学習もかねてやってみて下さいね!

まとめ

代名詞はどんな時に使うかによって形を変化させるものがほとんどです。人称代名詞の格による変化や、代名詞全般の単数と複数による違いなどを、しっかりおさえておきましょう!

【おすすめ記事】

»全20回で学ぶ!大人のためのやり直し中学英語文法

関連記事

  1. やり直しの中学英語 【第10回】名詞の複数形・不規則変化・不可算名詞をおさらいしよう…
  2. やり直しの中学英語 【第17回】三つの関係代名詞(主格・目的格・所有格)の使い方を丁…
  3. やり直しの中学英語 【第3回】英語の命令文を一目で理解できる一覧表と基本的な作り方!…
  4. やり直しの中学英語 【第13回】比較の3パターン(原級・比較級・最上級)を分かりやす…
  5. やり直しの中学英語 【第16回】英語の分詞は名詞の気持ちになれば理解しやすい
  6. やり直しの中学英語 【第18回】間接疑問文の作り方・語順の基本
PAGE TOP