子ども向け英会話教室20選!我が子にピッタリの教室の選び方を徹底解説!

もっともポピュラーな習い事のひとつである英会話教室。

2020年の小学校英語教育改革が注目されているなか、英語教育に興味のあるママさん・パパさんは多いのではないでしょうか。

「どの英会話教室に通わせたらちゃんと英語が身につくのか分からない」

「たくさん教室がありすぎて違いが分からない!」

こんな疑問をお持ちの親御さんがたくさんいるでしょう。

習い事には「経験を積む」「技能を身に付ける」「楽しい時間を過ごす」などをはじめとした様々な目的がありますが、英会話は「技能を身に付ける」目的が大きい習い事です。

お子さんの教養をしっかり養いたいと思えば、教室選びに力が入る気持ちもよくわかります。

今回はお子さんの英会話教室選びに役立つ知識やおすすめの英会話教室をわかりやすく解説いたします。

ぜひ未来のバイリンガルキッズの英会話教室選びに、お役立てください!

<目次>

子ども向け英会話教室の選び方

たくさんある英会話教室、どんな違いがあるのかわからないと感じる方がほとんどだと思います。

どんな結果が得られるかは…実際にしばらくレッスンを受講してみないとわかりません!

しかし、英会話教室にはそれぞれ特徴があるため、ご自身の求める目的によってある程度候補を絞ることができます。

英会話教室選びでしっかり確認したい3つのこと

まずは以下の3つのポイントに注目して目的に合った英会話教室を見つけましょう。

①どんな先生なのか
②レッスン内容は充実しているか
③料金・アクセスは無理せず通える範囲か

①どんな先生なのか

英会話教室には英語を母国語とするネイティブの講師と英語を学習して身に付けたバイリンガル講師がいます。

一概に「こっちがいい」とは言えず、どちらが合っているかは人それぞれです。

ネイティブ講師とバイリンガル講師、各々のメリットとデメリットを解説していきましょう。

ネイティブ講師のメリットとデメリット
ネイティブ講師のメリット
英語圏で育ち、英語を母国語とするネイティブ講師のレッスンを受けるメリットは本場の発音で学ぶことができることです。

幼いうちは耳の発達時期でもあるため、この時期にリスニング力と発音を学ぶことは早期英語教育の醍醐味とも言えるでしょう。

レッスンを受けるのはお子さんですから、外国の方と交流しているという経験は小さなうちから多様性を学ぶいい機会になるかもしれませんね。

ネイティブ講師のデメリット
ネイティブ講師によるレッスンは100%英語で行われることがほとんどです。

日本語によるフォローが無いため、お子さんが困ってしまう場面もあるかもしれません。

ただ、日本語によるフォローが無いということは英語を日本語に変換して勉強するのではなく、概念と英語を直接結び付ける学び方です。

小さな子どもは柔軟な思考を持っているので、ネイティブ講師によるレッスンで踏ん張ることができればバイリンガルへの近道ともなりえます!

バイリンガル日本人講師のメリットとデメリット
バイリンガル講師のメリット
小さなお子さんにとって、ママと離れて先生やお友達とレッスンを受けるのはとても勇気のいることです。

子供の扱いや気配りが上手な優しい日本人のバイリンガル講師なら、お子さんの不安を取り除く声掛けをしてくれるでしょう。

子どもにとって、教室が安心できる楽しい空間であることは最も大切なポイントです。

バイリンガル講師のデメリット
バイリンガル講師は英語を母国語としているわけでは無く勉強して学んでいるため、技術に差がある場合も考えられます。

講師によっては発音に違和感を感じるかもしれません。

見方を変えれば英語を学びたい日本人としては先輩なので、勉強法や習得のコツなどを導いてくれる良い先生に巡り合える可能性もあります。

その他、学生の講師や経験豊富なベテラン講師、子どもの指導に長けた講師など教室によってさまざまなタイプの講師がいます。

お子さんの性格やレベルに合わせて相性のいい講師を見つけましょう!

②レッスン内容は充実しているか

レッスン内容は教室によって方向性の違いがはっきりわかるポイントです。

ポイントはレッスンの人数レッスン内容です。

マンツーマンレッスンとグループレッスン

先生と一対一でレッスンを行うマンツーマンレッスンと、他の生徒も一緒に行うグループレッスンがあります。

マンツーマンレッスンは先生と会話する時間が多くとれるのでじっくりみっちり学びたいと考える方におススメです。

グループレッスンは同世代の子供との共同レッスンなので、にぎやかで楽しい時間を過ごせます。

先生との直接の会話はマンツーマンレッスンより少ないですが、子ども同士での交流があるためお友達と一緒に学んでいくのはいい経験になりそうです。

レッスン内容

レッスン内容は教室によって歌や遊びなどのアクティビティがメインの教室や、テキスト教材を用いた座学がメインの教室があります。

アクティビティが多い教室ならお友達と一緒のグループレッスンが楽しそうですね。

③料金・アクセス

毎月の月謝やアクセスは、無理なく長く続けるためにはとても重要なポイントです。

1レッスン(60分)当たりの平均的な価格は以下の通り。

マンツーマンレッスン 約1~2万円
少人数レッスン(2~4名) 4000円程度
グループレッスン(6~8名) 3000円程度

※大手英会話教室の料金を参考にしています。

マンツーマンレッスンは先生を独り占めできる分、料金が高めになりますね。

大手の英会話教室は駅前などの好立地にあることが多いのもポイントです。

月謝が少々高くてもアクセスが良ければ交通費がかからなかったり、通いやすいというメリットがあることも忘れずに比較しましょう。

子供目線での相性が最も大切

さて、講師の特徴や月謝などの親目線のポイントをご紹介してきましたが、通うのはお子さん!

実際に通うお子さんの目線に立って一緒に選んであげることもとても大切です。

子供の性格に合っているか

小学校低学年くらいまでのお子さんは特に、社会性を身に付けている途中の段階です。

人見知りで上手くおしゃべりできない子や、元気いっぱいすぎる子などたくさんの個性であふれています。

お子さんがレッスンの通うのを楽しい!と思えるような相性のいい教室を選ぶことができれば、お子さんの英語学習への意欲も増すでしょう。

年齢・実力に合っているか

幼児期は座学よりも歌や遊びをたくさん取り入れたレッスンの方が楽しく英語に親しめますし、小学生になると簡単すぎるのも飽きてしまう要因になります。

また、年齢に伴う心身の発達に沿った伸ばし方をすることも大切です。

英語の学習内容という意味での難易度がお子さんのレベルに合っていることももちろんですが、レッスンでどんなアクティビティを行っていくかもお子さんが楽しめるかのカギになります。

年齢別にコースが分かれている教室であれば年齢に合ったレッスンを受けることができます。

おすすめの英会話教室20選

子ども向けのおすすめ英会話教室を20ご紹介いたします!

それぞれの教室に特徴があるので、ぜひお子さんにピッタリの英会話教室探しをしてみてください。

シェーン子ども英語

先生・レッスン内容 ネイティブ講師による年齢別の少人数グループレッスン
対象年齢 2歳~高校生
料金例 幼児定員6名(50分/週1回)10,450円など
通学可能エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、愛知、岐阜、京都、大阪、兵庫、福岡
公式サイト https://www.shane.co.jp/kids/

創業40年の歴史を持つシェーン英会話は全国213の教室があります。

子供の教育に長けたネイティブ講師によるレッスンは年齢や英語経験によって細かくグループ分けされており、お子さんに合ったレッスンを受けることができます。

コミュニケーション能力を高めることに重きを置いたレッスン内容や、ネイティブ講師と保護者をつなぐスクールカウンセラーの存在はとても評判が良い英会話教室です。

ECC KIDS

 

先生・レッスン内容 外国人講師。
上のクラスではバイリンガル講師とのペアティーチングでさらに充実したレッスンも受講可能。
年齢や実力に沿ったクラスでの楽しいレッスン。
対象年齢 1歳半~中学生
料金例 3歳児(30分/年間40回)月謝9,900円
入学金8,800円
通学可能エリア 福島、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城、愛知、三重、岐阜、静岡、大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、岡山、広島、福岡、鹿児島
公式サイト https://www.kids.ecc.jp/

ECCキッズの良いところは年齢に沿った細かいプログラムがあるところです。

幼児期は楽しいアクティビティ中心で、小学生になると座学による勉強としての側面も学んでいきます。

グループレッスンが基本ですが、マンツーマンレッスンやオンラインレッスンも用意されているので好きなスタイルで学習できます。

ECCキッズとECCジュニア違い
ECCキッズは外国人講師による英会話教室、ECCジュニアは日本人の先生の家でレッスンを行うホームティーチャー方式の教室です。

ペッピーキッズ

先生・レッスン内容 日本人講師と外国人講師のハイブリット。
手や指を使ったソルマーク式を用いて正しい発音を学ぶ。
7~12名程度のグループレッスン
対象年齢 1歳~高校生
料金例 (60分/週1回)8,000円程度(教室によって異なる)
通学可能エリア 全国1300教室(沖縄を除く)
公式サイト http://www.peppy-kids.com/

手や指を使って直感的に発音イメージを学ぶソルマーク式が印象深いペッピーキッズ。

グループレッスンの人数が多いので、にぎやかなレッスンで楽しく通えるという受講者の声が多く上がっています。

全国1300の教室数と10万人の会員数を誇ります。

ECC ジュニア

先生・レッスン内容 日本人講師による少人数制ホームティーチャー方式。
年齢に合わせたオリジナルテキストが高評価。
対象年齢 2歳~高校生
料金例 幼児(40分/週1回)月謝6,600円
入学金5,500円
通学可能エリア 全国
公式サイト https://www.eccjr.co.jp/

CMでおなじみのECCジュニアは先生の自宅でレッスンを行うホームティーチャー方式。

教室数が1万件以上と非常に多いので、通いやすいところに教室が見つかるかもしれません。

ただ、先生によってはレッスンの質に開きが見られるので見学や無料体験でお子さんと先生の相性をチェックすることをお勧めします。

AEON KIDS

先生・レッスン内容 日本人講師、外国人講師どちらも在籍。
年齢に合わせた楽しいレッスンをしながら英検などの試験対策充実している。
対象年齢 1歳~中学生
料金例 (週1回)月謝10,230円~(教室によって異なる)
通学可能エリア 全国212校(鳥取県を除く)
公式サイト https://www.aeonet.co.jp/kids/

英検などの試験対策が充実しているAEONには外国人講師と日本人講師が在籍しており、どちらのレッスンを受けるか選ぶことができます。

外国人講師によるレッスンの方が月々2,000円ほど高く設定されています。

教室の場所がショッピングモールなどに併設されているので通いやすいという声が多くありました。

ヤマハ英語教室

先生・レッスン内容 日本人講師による音楽と英語を合わせた楽しいグループレッスン
対象年齢 0歳~小学生
料金例 4歳児(1回50分/年間42回)月額6,800円など
通学可能エリア 全国1500教室
公式サイト https://school.jp.yamaha.com/english_school/

音楽教室で有名なヤマハの英語教室です。

歌とリズムを応用したレッスンを行うので、小さなお子さんが英語にたのしく馴染むことができます。

ヤマハの魅力は子どもの年齢、発達の時期に合った教育プログラムが徹底的に研究されているところです。

料金も比較的リーズナブルで、教室数も多いため通いやすそうですね。

ベネッセの英語教室Be studio

先生・レッスン内容 日本人講師・外国人講師を選択可能。
発達段階をおさえたカリキュラムで学び続ける意欲を育む。
対象年齢 0歳(9か月)~中学生
料金例 3歳・プラザ校(年42回/1回55分)7,500円など
別途教材費、年会費、入会費などあり
通学可能エリア 全国 約1700拠点
・講師の自宅でレッスンを行うホーム校・商業施設や店舗
・マンション内で開講しているプラザ校
公式サイト https://benesse-bestudio.com/

ビースタジオはこども英会話で有名な40年の歴史を持つミネルヴァと、しまじろうでおなじみのベネッセが2018年4月にスタートさせた新ブランドです。

スタンダードプログラムでは日本人講師が「聞く・話す・読む・書く」の4技能を着実に積み上げていきます。

インターナショナルプログラムでは外国人講師とのふれあいを通して英語で伝える力を育みます。

英語でレッスンを行うインターナショナルプログラムですが、0~6歳までの乳幼児期は子どものサポートのため日本人スタッフのお手伝いもあるようです。

「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」などで子どもの教育に力を入れてきたベネッセだからこその子供が楽しく意欲的に学べるカリキュラムには信頼がおけますね。

 

こども英会話専門校アミティー

先生・レッスン内容 日本人講師・外国人講師を選択可能
グループレッスンやプライベートレッスンなど複数コースあり
対象年齢 0歳(6か月)~高校生
料金例 3歳・日本人講師(45分/年44回)7,600円など
別途 入学金・入学登録料・設備費などあり
通学可能エリア 全国28都道府県
宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、大阪、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、福岡、熊本
公式サイト https://www.amity.co.jp/

6か月からの早期教育ができるアミティーでは、子どもが日本語を身に付けるのと同じプロセスで自然に英語を学習できるように、との方針で運営されています。

乳幼児期から高校生までの一貫教育を通じて高校卒業までに英検準一級・一級取得を目標として指導しています。

文法をしっかり学ぶことで会話に生かすことができるようになる、座学とコミュニケーションのいいところが相互作用する、バランスの良いカリキュラムが魅力です。

NOVAバイリンガルKIDS

先生・レッスン内容 講師は全員ネイティブの外国人講師
最大8人までのグループレッスン
対象年齢 3歳~中学生
料金例 3歳(週1回)8,000円、(週2回)12,800円
通学可能エリア 44都道府県
(鳥取、宮崎、富山以外)
公式サイト https://www.nova.co.jp/junior/

駅前留学でおなじみNOVAの子ども向け教室です。

月謝制で入会金はナシ、シンプルでお手頃な料金でありながら講師は全員ネイティブなところが魅力的ですね。

幼児のうちは集中力が続くように歌やダンスの時間も織り交ぜながら、フォニックス学習もしっかり行っていきます。

mikihouseの幼児教室英会話くらぶ

先生・レッスン内容 ネイティブ講師と日本人講師のペアティーチング
対象年齢 1歳~6歳
料金例 週1回 12,000円など
別途 入会金・教室運営費あり
通学可能エリア 北海道、岩手、宮城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、福井、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、愛媛、福岡、熊本
公式サイト https://www.mhkidspal.com/english/index.html

百貨店などに併設されており通いやすいミキハウス英会話くらぶは、ネイティブ講師と日本人講師のペアティーチングを行っています。

ネイティブスピーカーによる美しい発音と、子どもの発達や心理を理解した日本人講師によるフォローがあるレッスンは早期教育として理想的な形でしょう。

Berlitz(ベルリッツ)

先生・レッスン内容 外国人講師による、最大3名までの少人数グループレッスン
マンツーマンレッスンもあり
対象年齢 4歳~小学生
料金例 月額13,000円
通学可能エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、宮城、広島、岡山、福岡
公式サイト http://www.berlitz-kids.jp/

ネイティブスピーカーの外国人講師によるレッスンはすべて英語で行われます。

幼児~小学校低学年の小さいお子様には歌やダンスを用いた楽しい!と思えるレッスンを、英会話経験者や小学校中~高学年のお子様には会話に加えて読み書きの指導があるため文法力も磨くことができます。

ゲームやダンスなどの様々な活動を通してコミュニケーション能力を育み、単語でなくセンテンス(文章)で会話できるような能力が身に付きます。

MLS(モデルランゲージスタジオ)

先生・レッスン内容 外国人講師+日本人講師によるケア
10名前後のグループレッスン
対象年齢 0歳~中学生
料金例 幼児クラス(週1回70分/年40回) 月額11,080円
入会金15,000円・登録教材費12,000円/年
通学可能エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト https://www.mls-etd.co.jp/

MLSドラマメソッド®と呼ばれる独自の指導法を取り入れています。

レッスン内に劇の要素を取り入れ、頭や体を使った学習だけでなく感情移入し心で感じることで、五感や想像力をフル活用できる学習方法です。

その他試験対策コースやライティングに特化したコースなど、様々なプランが用意されています。

キッズデュオ

先生・レッスン内容 英語で過ごす学童保育
対象年齢 幼児~小学生
料金例 週2:約35,000円、週5:約70,000円など
通学可能エリア 北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡
公式サイト https://www.kidsduo.com/

特別な英語の勉強はせず、オールイングリッシュの英語のシャワーを浴びせることで自然に英語に親しんでく時間を過ごせます。

学童保育の側面も持ち合わせているので英会話教室よりは高額になりますが、小学校からの送迎バスなども完備されており、たっぷり時間のある平日の放課後を有意義に過ごすことができます。

※料金はホームページに記載がなく、教室ごとに異なります。
※記載している料金は実際に子供を通わせている筆者の友人からの情報を元にしています。

Labo Party

先生・レッスン内容 講師(ラボ・テューター)は日本人女性
様々なサークル活動を通して英語と触れ合う
対象年齢 0歳~大学生
料金例 幼児 月謝7,000円・入会金6,000円
別途 教材費・活動費などあり
通学可能エリア 全国2000教室
公式サイト https://www.labo-party.jp/

物語劇・耳で学ぶ・子どもどうしで学ぶ・ホームステイで学ぶ、の4つの特徴を持った英語教育を行っています。

劇活動や工作、英語での話し合いを通して幅広い視野や会話能力を育みます。

一般的な英会話教室のようなレッスンではなく、様々な活動を通して社会性や自立心を育てるプロセスとして英語がある、という位置づけ。

英会話の習得がメインでは無いものの、様々な経験を積める非常に興味深いカリキュラムですね。

公文式 英語

先生・レッスン内容 eペンシルを用いたプリント学習
対象年齢 幼児~高校生
料金例 幼児・小学生
都内・神奈川:7,700円、その他:7,150円
通学可能エリア 全国
公式サイト https://www.kumon.ne.jp/index.html

子供の学習塾で有名な公文式。

英語の学習では通常のプリントにeペンシルという音声読み上げペンをつかいます。

何度も反復学習するので、コツコツ取り組むことが得意な子どもであれば単語力やスペルがしっかり頭に入ります。

インプットがメインの公文式では基礎力が養われますがアウトプットの機会が少ないので、オンライン英会話などと組み合わせるとバランスが良いでしょう。

アルクkiddy CAT英語教室

先生・レッスン内容 ホームティーチャー
対象年齢 2歳~中学生
料金例 月謝:教室によって異なる
教材費:年間17,000円
通学可能エリア 全国(佐賀県以外)
公式サイト https://www.alc.co.jp/kcschool/

40年以上の歴史を持つアルクでは子供が「自分のことばで伝える力」を伸ばします。

歌やダンスなどのアクティビティだけでなく、フォニックス学習やトークタイムを通してしっかりと英語力を養います。

子ども同士でフルセンテンスで会話したり、自分のことを自分のことばで話せるようになることが目標です。

セイハ英語学院(ヒルトップ、ラビスクール)

先生・レッスン内容 日本人講師と外国人講師によるティームティーチング
8名前後のグループレッスン
対象年齢 0歳~中学生
料金例 月謝 週1回:7,800円、週2回:11,000円
入学金10,000円、年会費4,000円
教材費 初年度:13,620、以降:11,620円
通学可能エリア 全国500以上の教室
公式サイト https://www.seiha.com/

こども専門の英語教室として30年以上の実績があるセイハ英語学院は、全国500を超えるショッピングセンターの中に教室が併設されています。

外国人講師から正しいフォニックスを学びつつ、日本人講師によるサポートで理解力がアップします。

歌やゲームを使ったレッスンはテンポが良く、こどもを飽きさせません。

子ども英語教室レプトン

先生・レッスン内容 テキストに付属のCDはネイティブによるもの
教室にいるのは多くが日本人講師
個別のテキスト学習
対象年齢 年中~高校生
料金例 週2回/60分 8,400円
通学可能エリア 全国1250教室
公式サイト https://www.lepton.co.jp/

公文式に似た方式の学習方法です。

個別にテキストを進め、一つの単位が終わるごとにチューターと言われる講師がひとりひとりの理解度をチェックします。

それぞれのレベルに合わせた反復学習を行うことで、覚えが良い反面すぐに忘れてしまう子供の特性に対応しっかりしています。

Gabaこどもマンツーマン英会話

先生・レッスン内容 ネイティブ講師とのマンツーマンレッスン
対象年齢 小学生
料金例 レッスン単価:約5,000円(40分)
テキスト代:約20,000円
通学可能エリア 北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、愛知、大阪、京都、兵庫、広島、福岡
公式サイト https://www.gaba.co.jp/kids/

外国人講師とのマンツーマンレッスンでじっくり話すことができます。

マンツーマンレッスンはグループレッスンに比べると高額ですが、子どもの性格によってはかなり効果的な学習ができるでしょう。

レッスン内で子どもの理解度に合わせた内容を楽しく覚え、ワークブックの宿題でしっかりと定着させます。

バルーンキッズ

先生・レッスン内容 ネイティブスピーカーによるグループレッスン
対象年齢 1歳~小学生
料金例 年間46回 月額7,700円
入会金:15,000円、年間諸経費:10,000円
テキスト代:2,200円
通学可能エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト http://www.bkje.co.jp/

「聞く・話す」だけでなく「読む・書く」の4技能をバランスよく習得していきます。

ゲームを使った楽しいレッスンの中に反復要素を取り入れることで、身になる遊びとなるよう工夫されています。

フォニックス法も学ぶので、初めて見た単語を読むことができるようにもなります。

バルーンキッズを選んだ親御さんからは、先生が子供をよく見ていてひとりひとりに指導が行き届いているという声も上がりました。

グループレッスンでは講師の力量で得られるものが変わってきますから、ネイティブ講師でありながら子供の扱いにも長けている点は大きく評価できるポイントです。

英語力を身に付けるには早期教育が◎

気になる英会話教室はありましたか?

英語教育は早ければ早いほど良いとされており、今記事でご紹介している英会話教室も多くが小学生ではなく幼児からのクラスを設けています。

もっとも早い月齢で、生後半年から入会できる英会話教室もありましたね。

0歳児のクラスでは赤ちゃんだけでのレッスンはできないので、親子で参加することになります。

胎教というものがあるくらいですから、6か月の赤ちゃんはしっかり周りの音を聴いて生きています。

このころから英語の音に親しませておくこと、ママが英語の歌を歌ったり本を読んだりしてあげられることは、バイリンガルキッズを育てるうえでかなりの強みになります。

幼児期の吸収力はまるでスポンジのように凄まじいので、あっという間にママの英語力を超えてしまうかもしれません。

また、大人になってから頑張って英語を習得することはできますが、発音だけは幼いころから英語に親しんだ人と同じように会得することが難しいとされています。

子どもの頃に英語の耳を育てることはかならず子供の将来に活きてくる、と断言できるでしょう。

2020年から小学校で英語教育がはじまることや、これから先の未来のグローバル化に子供が付いていけるよう、英語教育は早めのスタートがおすすめです。

通信教材にはない英会話教室の魅力

英語の勉強法はたくさんあって、今回ご紹介している英会話教室をはじめ、教材の通信教育やオンライン英会話などがあります。

この中で英会話教室を選ぶメリットは、インプットとアウトプットをどちらもできるという点です。

「入力」という意味を持つインプットと「出力」という意味を持つアウトプット、英語の習得にはこのふたつのバランスが大切なのです。

座学や音を聴いたりして英語を学んでも、実際に使う場面が無ければものになりません。

インプットメインの教材、アウトプットメインのオンライン英会話と比較して、英会話教室ではどちらもしっかり経験することができます。

近くに教室が無い場合はオンライン英会話もおすすめ!

住んでいる地域によっては、近くに通いたい英会話教室が無い場合もあります。

そんな時に便利なのがオンライン英会話です。

英語を話せるようになるには基礎的な知識が必要ではありますが、とにかくたくさん英語で会話することが大事です。

オンライン英会話では高い頻度で通話できる安価なプランがたくさん用意されていて、自宅で利用できるので挑戦しやすいです。

ただ、リーズナブルなオンライン英会話プランは第二外国語として英語が話せるアジア系の外国人講師とオンラインで通話ができるものがほとんどです。

ネイティブ講師を希望する場合、グレードアップが必要になります。

外国人講師のオンライン英会話は完全英語で日本語でのフォローも無いので難易度が高いかもしれませんが、日本語もおぼつかない幼児にとっては日本語も英語も学んでいる最中であることは変わらないので気にせず挑戦をお勧めします。

公文式やレプトンなどの座学メインの教室との組み合わせや、通信教材との併用がもっとも効果的でしょう。

家庭でできる英語力アップへつながる取り組み

子供は日本語学校に行かずとも日本語が話せるようになっていきます。

日常的に日本語に触れて生活しているからです。

同じように英語も身に付けていくためには、英語が身近にある生活を送ることが必要です。

英語のアニメや歌を流しておく

乳児期から幼児期にはEテレを子供に見せているご家庭が多いかと思います。

テレビをつけっぱなしにしているのなら、英語のアニメをつけておくといいでしょう。

小さなお子さんにとっては言葉は言葉であり、日本語と英語に区別はありません。

生活の一部として自然に英語が沁みていくでしょう。

「勉強」として押し付けない

「勉強」として構えるとどうしてもとっつきにくく感じてしまうものです。

赤ちゃんがはじめて言葉を覚えたとき、国語の勉強だと考えていた人はいないでしょう。

意思疎通ができて嬉しいという感動が子供の心を動かします。

コミュニケーションツールのひとつとして、言葉のやりとりをする楽しさを子供に感じてもらえる環境づくりをしていきたいですね。

家族みんなで楽しむ

子どもに学ばせるというよりも、家族みんなで経験していくことが一番効果的ではないかと私は思います。

小さな子どもが一日のうち誰といちばん会話するかと言ったら、ママやパパやきょうだい…家族ですよね。

家族みんなで英語に親しむ環境で育った子供は、確実に英語が話せるようになります。

ハーフのお子さんがいい例です。

パパやママが英語が話せなくても、逆に一緒に学ぶことで家族全員話せるようになるかもしれませんよ!

気になる教室があったら体験に行こう

英会話教室選びについて役立つ情報はありましたか?

気になる教室があったら、まずは無料体験レッスンに行って教室の雰囲気や講師との相性を確認しましょう。

レッスン体験の参加方法

①ホームページからのメールフォームや電話で問い合わせ

②教室の説明を聞き、スケジュールを確認して体験予約

③実際に体験に行ってみる

飛び込みで教室に行っても担当者がいない可能性もあるので、事前にアポイントを取っておくことをおすすめします。

また、比較のために何軒かの教室で体験することも大事です。

複数の教室で体験してみることで、それぞれの教室の良いところや物足りない点など特徴が見えてきます。

気になる教室は積極的に体験に行ってみましょう。

まとめ

お子さんに合いそうな英会話教室はありましたか?

英語が話せるようになれば絶対に将来プラスになりますし、もしかしたら今の子供たちが大人になるころには英語が話せて当たり前の世の中になるかもしれません。

様々なタイプの英会話教室がありますから、お子さんと一緒にじっくり選んでくださいね!

お子さんにぴったりの英会話教室が見つかりますように。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

関連記事

  1. GLOBAL CROWNのリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメ…
  2. ペッピーキッズクラブの口コミ・評判は?教材費が高い?講師の質や英…
  3. セイハ英語学院のリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、料…
  4. ECC KIDSのリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリット、…
  5. AEON KIDSのリアルな評判・口コミを紹介! 効果やデメリ…
  6. リップルキッズパークのリアルな評判・口コミを紹介!効果やデメリッ…
PAGE TOP