英語オーディオブックおすすめランキング2020を徹底比較して紹介

英語学習者の間で静かなブームとなっている英語のオーディオブック。

実際の本を朗読してくれるサービスです。

通勤途中や家事の合間など「ながら聞き」ができる圧倒的な気軽さが魅力で、世界中で人気を博しています。

人気が上がるにつれ作品数は増加しており、アマゾンには現在10000を超える作品が掲載されています。

でもそんなにたくさんあったら、選ぶのも難しいですよね。

「オーディオブックで英語の勉強をしたいけれど、何を読んでいいかわからない」

そんな人に向けて英語オーディオブックのおすすめの作品をランキング形式で紹介します。

ハリーポッターや不思議の国のアリスなどのファンタジー作品や自己啓発系作品など、様々なジャンルから選りすぐった7つの作品を紹介。

さらに英語オーディオブックを選ぶポイントや、そもそもなぜオーディオブックでの英語学習が役立つのかといったことも解説しているので、是非最後までお読みください。

忙しい人に絶対おすすめな英語オーディオブック。

これさえ読めば、お気に入りの作品が見つかるはずです。

英語のオーディオブックを選ぶ際の3つのポイントを紹介

いきなり英語のオーディオブックを読み始めようとしても、何を読んでいいかわからないですよね。

自分の英語力や興味の方向性によって、選べるものも変わってきます。

オーディオブックを選ぶ際は、以下の3点に留意しましょう。

  • 簡単なものを選ぶ
  • 興味のあるものを選ぶ
  • 好みの英語の発音で朗読しているものを選ぶ

一つずつ詳しく説明していきます。

簡単なもの

自身の英語レベルを知った上で、「結構簡単」と思えるものを選ぶようにしましょう。

通勤・通学途中などの隙間時間などに聞くこと考えると、あまりにも難解なものだと内容が耳に入ってこないです。

完全に何を言っているか分からないと、モチベーションが下がりますよね。

目的は「勉強」ではなく、「楽しむ」ことです。

自分にとって聞きやすい内容のものを選ぶことをおすすめします。

またオーディオブックを購入する前にサンプル音声を必ず聞きましょう。

目安として、サンプル音源の7-8割を理解できればOKです。

難易度別に洋書のオーディオブックを探す時に便利なのがLexile指数です。

Lexile指数とは

MetaMetrics®社が創り出したもので、文章の難易度を数値化したもの。

数値が高ければ高いほど、英語の難易度が高いということになります。

AmazonではLexile指数に基づいた難易度別にオーディオブックを探すことができるので、自分のレベルに合ったオーディオブック検索することができます。

またAmazonのサイトでは、自分のLexile指数がわかるサンプルテキストもあるので、是非チェックしてみてください。(出典:Amazon Lexile指数別サンプルテキスト

自分の実力を測った上で、簡単と思えるものを選びましょう。

興味のあるもの

通販サイトで売れ筋ランキング上位だからといって、自分の興味のない本を選んでしまっては、内容が頭に入ってきません。

あらすじやレビューを参考にしながら、「面白そう!」と思えるものを読みましょう。

もちろん得意な専門分野があれば、是非そのジャンルを選んでください。

ビジネス書や政治に関する本など、一見難しそうに聞こえるかもしれませんが、案外使われている単語は限られています。

「得意分野はない」

という方も安心してください。

今日紹介するおすすめの英語オーディオブックランキングでは専門性が低く、老若男女誰でも楽しめるものをラインナップ。

またハリーポッターやチャーリーとチョコレート工場など、映画化された作品も紹介しています。

映画を観たことがあれば、オーディオブックの内容をスムーズに理解することが可能です。

映画化作品を選ぶのは初心者の方に特におすすめ。

好みの英語の発音

3つ目の選ぶポイントとして重要なのは、英語の発音です。

繰り返し聞き続けなくてはならないので、自分の好きな英語のアクセントで読まれているものを選びましょう。

アメリカ英語やイギリス英語など、人によって好みは様々です。

聞いていて心地が良いもの、また内容が頭に入ってきやすいものをセレクトすると良いです。

サンプル音源で確認することができます。

作品によっては様々な英語アクセントで収録されているものもあります。

色々なアクセントを聞き分けるのも面白いです。

またオーディオブック初心者の方にはイギリス英語がおすすめです。

イギリス英語はクセが少なく日本人には聞き取りやすく、内容を理解する上で非常に助かります。

英語オーディオブックおすすめランキング7選を徹底比較して紹介!

それではお待ちかね、英語オーディオブックおすすめランキング7選を紹介します。

ここで紹介する7つのオーディオブックは、作品として評価が高いことはもちろん、英語学習者にとっても非常に有用。

日本で映画化されたような超有名な作品から話題の自己啓発本まで、世界中で読まれているものをラインナップ。

初心者から上級者まで、またティーンエイジャーからお年寄りまで、どなたでも楽しめる作品をランキング形式で紹介します。

1位 Charlie and the Chocolate Factory (チャーリーとチョコレート工場)

  • イギリス英語
  • Lexile指数 810L
  • 英検準2級〜2級

イギリスの小説家ロアルド・ダールの1964年の代表作。2005年には映画化もされました。

主演ジョニーデップのコミカルな演技はとても印象的ですよね。

日本では映画のイメージが強いですが、実は書籍の方もとても有名です。

もともと子供向けに書かれた作品なので、使われている単語や文法はさほど難しくありません。

オーディオブック初心者の方でも十分理解できます。

またクリアで聞き取りやすいイギリス英語での朗読となっているので、リスニングが苦手な人にもおすすめ。

映画と合わせて観ることで、より理解が深まるのでおすすめです。

原作との違いを楽しんでみてはいかが?

あらすじ

ある日貧乏な少年チャーリーは、拾ったお金を握り締め、大好きなチョコレートを買いに行きます。

包み紙を開けるとゴールデンチケットが封入されています。

なんとそれは巨大なチョコレート工場の招待券だったのです。

工場長ウィリー・ウォンカが営む巨大なチョコレート工場で巻き起こる、世にも奇妙な出来事に大注目です。

2位 Harry Potter the Philosopher’s Stone (ハリーポッターと賢者の石)

  • イギリス英語
  • Lexile指数 880L
  • 英検準2級〜2級

J.K.ローリング氏による大ベストセラー「ハリーポッターシリーズ」。

おそらく一度は映画を観たことある人も多いのではないでしょうか。

書籍の人気も高く、日本での発売日には行列も見かけることもしばしば。

せっかくなら原書を読んでみましょう。

たまに難しい単語が出てきますが、物語を理解する上では全く問題になりません。

また事前に映画を観ておくことで、多少分からない単語や文法があっても問題なく聞き続けることができます。

日本語版に頼らず、オリジナルの言語で読むことで、より作者のハートを身近に感じられます。

朗読しているのはイギリスの名俳優スティーブン・フライ氏です。

フライの趣のある美声と圧倒的な演技力は、思わず聞き惚れてしまうほど。

イギリス英語の高貴な感じとハリーポッターの世界観が見事にマッチしています。

非日常感を味わいたい人におすすめ。

あらすじ

ある日少年ハリーのもとに、ホグワーツ魔法学校から入学許可証が届きます。

意地悪な叔父と叔母の反対を押し切って、入学を決意。

初めて見る魔法の世界に、ハリーはワクワクが止まりません。

ロンやハーマイオニーなどの仲間たちと共に、魔法の世界でおこる様々な出来事に挑みます。

第1作では、賢者の石を狙う悪者とのバトルが描かれています。

ハリーたちの勇気あふれる行動に注目。

3位 The 7 Habits of Highly Effective People: Powerful Lessons in Personal Change(7つの習慣)

  • アメリカ英語
  • Lexile指数 1080L
  • 英検2級〜準1級

リーダーシップ研究の権威スティーブン・コビー氏の代表作。

1990年に出版されて以降今に至るまで愛されつづけており、全世界で3000万を超える大ベストセラーとなりました。

1996年に日本語版が出版されましたが、ここ数年で再び注目されています。

成功を収めるための「7つの習慣」について書かれたこの作品は、疲れ果てた現代人の心に救いもたらしてくれます。

英単語の難易度は少し高め。

しかし文章自体はシンプルなのでオーディオブックには最適です。

サンプル音源を聞いて少し難しいと感じた場合は、「7つの習慣」の日本語訳版マンガ版に目を通してみてください。

それも合わせて読んでいくことで、よりスムーズに読み進めることが可能です。

何よりも前向きな内容となっているので、ワクワクしながら聞くことができます。

朗読はコビー氏本人によるものです。

抑揚のきいた力強い声は、著者の強い思いが込められています。

発音のくせも少なく落ち着いたテンポで朗読してくれているので、聞き取りやすいです。

内容

Effective(効率的)な生き方を目指す人のために書かれたライフハック本。

コビー氏の研究をもとに、7つの習慣を紹介しています。

「シナジー(相乗効果)を考える」や「Win-Winの関係を考える」など、「そんな考え方もあるんだ!」と思わずハッとするような考え方や生き方を解説。

よりよい人生を送りたい、そんな人におすすめです。

4位 The Little Prince(星の王子様)

  • イギリス英語
  • Lexile指数 710L
  • 英検3級〜準2級

フランスの小説家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによって書かれた小説。

原題はLe Petit Prince。

1943年に出版されてから今まで、およそ100カ国近い言語に翻訳されています。

映画化・アニメ化されたことでも注目を集め、その人気は上がり続ける一方です。

子供向けの作品として知られていますが、大人が読んでも思わずウルっと来てしまいます。

もともと児童向けに書かれていることもあり、単語や文章の難易度は易し目。

一つ一つの言い回しがシンプルで、一文も長くありません。

リスニングが苦手な人や、これからオーディオブックで英語の勉強が初めての人にはぴったりの作品です。

あらすじ

操縦士の「ぼく」がサハラ砂漠に不時着するところから物語が展開していきます。

とある惑星の「王子さま」と出会い、違う星の話などたくさんお話をします。

次第に二人はお互いにかけがえのない存在となります。

愛や絆など、人生において必要なものをテーマにした童話。子供から大人まで楽しめる作品です。

5位 Who Moved My Cheese?(チーズはどこに消えた?)

  • アメリカ英語
  • 指数900L
  • 英検準2級〜2級

英語オーディオブックの定番。

アメリカの医学博士・心理学者のスペンサー・ジョンソンが1998年に出版しました。

これまでに全世界で3000万部近いベストセラーとなっており、日本でも400万部を超える大ヒットを記録しました。

ビジネス書でありながら童話のような例え話を用いるので、英語もそれほど難しくありません。

またオーディオブックの再生時間は1時間半ほどで、長く聞き続けるのが苦手な人でも聞き終えることができます。

行き帰りの電車の中で1日30分聞けば、3日ほどで聞き終わります。

とりあえず一冊、という方にはおすすめです。

内容

変化の多い現代社会では、何かとストレスがたまりやすい。

様々な変化にどう対応していくのか。

チーズを探し求めるネズミや小人などの行動を紹介しながら、分かりやすく解説しています。

彼の教訓をもとに、不安を取り除く方法や人生で成功する方法を紐解きます。

6位 The Power Rhonda Byrne(ザ・パワー)

  • アメリカ英語・イギリス英語
  • Lexile指数 –
  • 英検 –

オーストラリアのテレビ作家・プロデューサーのロンダ・バーン氏によって書かれ、彼女の信念である「ポジティブシンキング」について書かれています。

欲しいものを手に入れるための「引き寄せの法則」を説き、人生を明るく謳歌するための方法を紹介。

朗読をするのはなんとロンダ・バーン氏著書本人。また効果音が使われていたりバーン氏以外のナレーターが登場したりと、聞き手を飽きさせない工夫が施されています。

表現力が豊かで、まるでドラマのワンシーンを見ているかのような臨場感があります。

英語はさほど難しくないので、初心者の方にもおすすめ。

内容がとてもポジティブなので、悩みがある人にもおすすめです。

英語学習もポジティブに乗り切りましょう!

内容

仕事やお金など、世の中は欲しいものであふれています。

The Powerでは、欲しいものを「全部」手に入れる方法を説いています。

幸せな人生を送るために必要なのは、「The Power」だけ。

前向きに生きたいと願う人におすすめの作品です。

7位 Alice’s Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)

  • アメリカ英語
  • Lexile指数 860L
  • 英検準1級

ルイス・キャロルの不朽の名作。英語の勉強にもうってつけです。

日本でも映画やアニメの影響で知っている人も多いかと思います。

子供から大人までアリスの不思議の国での大冒険をのぞいてみましょう。

単語や文法自体はそこまで難しくないのですが、英語の言葉遊びやジョークなどが出てくるので、少し慣れが必要かもしれません。

ですがざっくり内容を理解する上では差し支えないです。

内容を知っている人は、よりスムーズに聞き取ることができます。

合わせて日本語版や映画を参考にすることで、より深く理解することが可能。

あらすじ

ウサギを追いかけるアリスは穴に落ちてしまいます。

するとそこに広がるのは、まさに「不思議の国」。

アリスは個性豊かなキャラクターと遭遇しながら大冒険を繰り広げます。

英語オーディオブックが英語力アップに役立つ4つの理由を解説

7つのおすすめ作品を紹介しましたが、なぜオーディオブックが英語力を上げる上で効果的なのでしょうか。

4つの理由を説明します。

スキマ時間にできる

オーディオブックはいつでもどこでも聞くことができます。

電車の中はもちろん家事の途中や散歩の途中など「手は離せなくても耳は空いている!」という時はオーディオブックの出番です。

「机に向かってガリガリ勉強したくない」

という人にもおすすめ。

スキマ時間で気軽に英語学習が可能。

オーディオブックを使った英語学習は忙しい現代人にうってつけの方法です。

楽しみながらできる

本日紹介した作品を見ていただければわかると思いますが、とにかく内容が面白いものばかりです。

ハリーポッターなどのファンタジーものから、7つの習慣などの自己啓発本まで多種多様なラインナップ。

この他にも色々なジャンルがあります。

近年の流行に伴い、オーディオブックの作品はどんどん増えているので選ぶ楽しさも大。

自分のお気に入りの作品を楽しみつつ、英語も学習できるなんてまさに一石二鳥です。

自然な英語表現を学べる

英語の本を読むことで、教科書では学ぶことのできない自然な表現をたくさん学ぶことができます。

教科書に出てくる英語は、日本語を無理に直訳したものが掲載されていることもあり、実際ネイティブに通じなかったりすることも。

ホンモノの英語を学びたい場合は、生の英語で学ぶのが一番です。

英語は英語で学びましょう。

日頃からリアルな表現を繰り返し聞くことで、ネイティブが使うような自然な言い回しを身につけることができます。

リスニングの学習にもなる

リスニング力を向上させるために一番重要なのは「とにかく聞くこと」です。

聞いて聞いて聞きまくる。これ以上の方法はありません。

聞きまくるといっても、内容がつまらなければモチベーションが下がりますよね。

オーディオブックなら飽きずに聞きまくることができます。

またオーディオブックはもともと英語の学習向けに作られたわけではありません。

ネイティブの人たちも、同じ音源を利用しています。

つまりオーディオブックでのスピードに慣れることで、いつのまにかリスニング力が向上しているのです。

まとめ

それでは本日のまとめです。

英語学習のためのオーディオブックを選ぶときのポイントは、

  • 簡単なもの
  • 興味のあるもの
  • 好みの英語の発音
  • ベストセラーのもの

この4点を注意して選んでみましょう。

この4点を踏まえた上で、今日は7つの作品をランキング形式で紹介しました。

なぜ英語オーディオブックが英語学習に役立つかというと…

  • スキマ時間にできる
  • 楽しみながらできる
  • 自然な英語表現を学べる
  • リスニングの学習にもなる

という4点を紹介しました。

オーディオブックなら時と場所を選ばず、音楽を聞くように楽しく英語を学習することができます。

さらにお気に入りの作品に出会える楽しさもオーディオブックならでは。

英語オーディオブックを聴きながら、優雅な秋のひとときを過ごしましょう!

関連記事

  1. 英語の学習 毎日少しでも英語に触れるだけの簡単な英語学習方法
  2. 受験英語 英語学習がうまくいかないのはなぜ?成功のコツは正しい勉強法とモチ…
  3. 英語の勉強風景 留学なしでTOEIC900オーバー!私の英語勉強法
  4. オンライン英会話を受講中 英語学習に効果抜群のカランメソッドとは?デメリットや注意点も解説…
  5. IELTS TRAINER PRO(アイトレ)の評判・口コミはど…
  6. 高い壁を乗り越える 英語学習でぶつかる3つの壁とその乗り越え方
PAGE TOP
\ 編集部イチオシの英会話アプリ /