英語学習がうまくいかないのはなぜ?成功のコツは正しい勉強法とモチベーションだった

中学高校で6年間も英語学習に時間を費やすのに、なぜか大人になっても英語が話せない人の多い日本。

英語学習を苦手と感じる人が多いのは、一体なぜなのでしょうか。

日本人が英語を苦手と感じやすいのは、以下のような要因があります。

  • 日本語と英語の文法や発音の違い
  • 日常生活で英語を使う機会が少ない
  • カタカナ語の発音に慣れてしまっている

一般的な日本人の生活環境では、英語を使う機会が少ないもの。

また日本人はカタカナ発音になれてしまっていて、英語の音に馴染みがないということもあります。

しかしこれらはあくまで初歩的なポイントで、適切な英語学習の仕方によってカバーしていけるもの。

ただこの3点以外にも、日本人の大人が英語学習をしてもなかなか身に付かない、継続できないといったことには様々な要因があるのです。

この記事ではそんな英語学習がうまくいかない時に考えられる原因や、その解決法、おすすめの学習法などを詳しくご紹介します!

英語学習が苦手な日本人の原因は?勉強しても話せないのはなぜ?

受験英語

アジアの他の国に比べても、いまだに英語が苦手な人が多い印象の日本。

これだけ多くの英会話教材やスクールが普及しているにも関わらず、英語に苦手意識を持っている人も沢山います。

またスクールなどで英語学習をある程度している人でも、実際に英会話が必要な場面で意外と話せないということも。

これは多くの場合、英語学習の方法が間違っていたり、英語学習で大事なポイントを抑えられていないことが原因です。

中高から英語学習をして、大人になってからも英語学習を続けているのにうまく英語が話せないのはどうしてなのか。

その原因と対策を紐解いていきましょう。

大人の英語学習がうまくいかない理由

まず英語学習がうまくいかないという状況についてですが、その失敗例は人によって様々。

中でも具体的に多いのがこんなケースです。

  • 独学で英語学習を進めているが上達しない
  • 英語学習が続けられず挫折してしまった
  • 英語学習をしているが、実際に必要な場面でスムーズに話せない
  • 文法や単語を沢山覚えたが、発音や聞き取りがイマイチ

幼少期からの語学学習と違い、大人が第二言語として英語学習する際には難しさがつきまといます。

特に独学で英語学習をしていて上達しない、挫折してしまうというのは大抵の場合、学習方法が間違っているから。

また、長く英語学習をしているけど実際に会話の場面でスムーズに話せない、発音が悪く相手に伝わらなかったり聞き取りができないというのも、リスニングやスピーキングの学習が適切にできていないためでしょう。

これは特に、英検やTOEICなどの試験対策として英語学習をしている人に起こりがち。

スピーキングを含まない試験対策では、リーディング力や文法力はアップしやすいのですが実践的な会話力が伸ばせないことがほとんどです。

TOEICや英検で高スコアを持っていても、実際には英語をスムーズに話せない人が多いのはこのため。

幼少期から英語を使い英語に慣れ親しんでいれば別ですが、大人の英語学習の場合はアウトプットの機会を作るのに苦労します。

留学などで英語環境に置かれればいいのですが、日本国内で英語学習を続ける場合なかなか正しい発音やリスニング力が身に付きづらいもの。

そのために「英語で思い通りに会話をする」という楽しさにまで辿り着けず、挫折してしまう大人が多いのです。

英語学習がうまくいくかはマインドセットにかかっている

上記に挙げた失敗例は主に学習法だけに問題があると思われがちですが、実は英語学習を続けられるかは根本的なマインドセットにも大きく関係しています。

元々英語を話す家庭環境にあるのでもない限り、ほとんどの日本人は英語に苦手意識を持っています。

英語は発音も文法も日本語と大きく違い、また英語圏の国々との文化の違いも日本人に苦手意識を持たせる要因のひとつ。

英語の語感や音、言い回しなどは日本語に置き換えられないものが多いので、どうしても「英語は難しい」という意識を持ってしまいがちです。

しかし英語に限らずどんな学習でもそうですが、「必ずできる」という意識を持って勉強するのと、「難しい、できないかもしれない」という意識で勉強をするのとでは身に付くペースが違ってきます。

自分が実際に英語を話せるようになっている姿、どんな場面でどのように英語を使うのかなどを明確にイメージできているだけでも学習に対するモチベーションが変わるもの。

逆にこういった明確なマインドセットを持っていないと、英語学習を途中で挫折してしまいやすくなります。

英語は言葉のイントネーションも発音も、日本語とは全く違います。

そんな英語をコミュニケーションツールとして確実に身に付けるためには、自分は英語を話せるようになるんだという信念と目的意識をしっかり持っておくことが大切なのです。

こんな英語学習法は失敗しがち!注意するべきポイント

英語学習で多くの人がやってしまいだけど、実はあまりおすすめできないという学習法があります。

英語学習をしているのに思うように身に付かないという人は、こんな勉強の仕方をしていないでしょうか?

「日常英会話」の例文を丸暗記してしまう

多くの人が英語学習でまず目指すのが「日常会話ができるようになること」ですが、日常会話というのは実にひとそれぞれ。

その人のライフスタイルや職業、年代などによって日常的に使うフレーズというのは変わってくるでしょう。

英会話の参考書などでよくある日常会話の例文ですが、これをただ丸暗記しても自然な英会話ができるようになるとは限りません。

やはり必要なのは、自分と同じ年代や職業のネイティブスピーカーが実際にどうコミュニケーションを取るのかを知ること。

そのためには英会話カフェやオンラインの言語交換アプリなどでもいいので、リアルに英語を話す機会を持つことが最も効果的です。

単語や熟語をひたすら暗記する

これも例文と同じで、単語や熟語は実用できて初めて語彙力になるもの。

単語や熟語の丸暗記に時間を費やしても、実際の会話でどう使ったらいいのか分からないようでは総合的な英語力にはつながっていません。

もちろんある程度は単語や熟語の勉強も必要なのですが、ひたすらに単語帳を見続けても英語を話せるようにはなりませんよね。

それよりも自分が実際に日々の会話で使う単語や、日常の中で「これを英語で何ていうんだろう?」と感じた表現を都度覚えていくほうが、記憶にも残ります。

リスニングや発音の練習を机上だけで頑張ってしまう

日本には英語のリスニングや、発音教材が星の数ほど販売されています。

もちろん良質な教材も沢山あるのですが、そういったもので机上の勉強だけをひたすら頑張っても「英語でのコミュニケーション力」はなかなか身に付きません。

頑張り屋な国民性の日本人は特に、「リスニングや発音の練習を完璧にしてから、実際にネイティブと会話をする」という順序で英語学習を考えてしまいがち。

しかし例えば英語圏で長く生活しているとしても、聞き取りや語彙力、発音が100%完璧になることなんてそう簡単にはあり得ません。

英語力のレベルが上がっても、発音しづらい単語はあるし知らない単語だっていくらでも出てくるもの。

英語学習初心者が机上の勉強だけで「完璧」な会話力を見に付けるのなんて不可能だと、最初から潔く諦めてしまいましょう。

リスニングや発音を1人で練習するのも大切ですが、たとえ完璧でなくてもネイティブと話す機会を作ってアドバイスをもらうほうが上達への近道です。

独学で英語学習は可能!その効果的な勉強法とは?

独学では挫折してしまうことも多い英語学習ですが、では高いスクールに入学しないと絶対に英語は身に付かないの?というとそうでもありません。

筆者自身も、英会話スクールには1度も通ったことがありませんが独学のみでTOEIC860点を保持しています。

私が独学で英語を勉強するのに、実際に行った3つのシンプルなステップがこちらです!

1.中学英語の基礎分法を完璧におさらいする

まず英語学習初心者には、基礎的な文法自体が曖昧という人も多いです。

中学高校で英語学習をしていても、実践する機会がないために大人になるとほとんどを忘れてしまっているもの。

中学英語だけでスムーズな英会話が成り立つわけではありませんが、ごく基本的な英文法は中学英語に詰まっています。

そのため、まずは基礎の基礎として中学英語の範囲をおさらいするのは効果的。

私が実際に使った参考書は「ALL IN ONE Re-start」という、中高の英語を一冊でおさらいできるというものでした。

これがとても使いやすく、文字通り一冊で基礎の文法や単語をおさらいできるので効率的。

なんとなく覚えているけど使い方が曖昧だった文法や熟語、そういったものをしっかり復習して自信を持って使えるようにしてくれる内容なんです。

まずは自信のない部分をしっかり理解したい、という英語学習初心者にはとてもおすすめ。

現在はリニューアルされ、アプリなども開発されてより便利になっていますよ。

ALL IN ONE 英語学習サイト

2.語彙力を増やして使える単語・フレーズを増やす

ALL IN ONEのような教材で基礎的な文法を理解したら、より色々なフレーズを理解したいと感じてきます。

英語の本や映画、ドラマなどを見ていても、日常的に使われるフレーズは本当に色々な言い回しがあるもの。

辞書や参考書に載っているものだけが答えではないこともしばしばです。

そこで知っている単語や熟語を、増やしていくのも重要なステップ。

ただこれはひたすら単語帳や熟語帳を丸暗記するだけでは、なかなか身になりません。

単語や熟語を単独で覚えても、実際に文脈の中でどう使われているかがイメージしづらいもの。

その状態ではいくら多くの単語を覚えても、使える英語として身に付きづらいのです。

そこで独学におすすめなのが、好きな海外ドラマや映画を使って英語表現を覚えていく方法です。

最近ではNetfilixやAmazon primeなどで海外作品にも安く簡単にアクセスが可能。

自分の好きな作品を英語字幕で観ていくと、実際にどんな場面でどんな単語やフレーズが使われているのかが理解しやすくなるんです。

特に英語学習でおすすめなのは、Chromeで使えるNetflixの拡張機能「LLN」。

LLNはNetflixを英語学習に使うために生まれた拡張機能で、なんと無料で簡単に利用できるもの。

LLNを使うと、Netflix作品を観ながら英語のスクリプト、日本語字幕、単語の意味などが同画面に表示できリアルタイムで学習が可能。

いちいち動画を止めて辞書アプリを開いて…という手間が必要なく、一つのブラウザで詳しい単語の意味や類語、関連単語までをチェックできるんです。

自分の好きな作品を観ながら手軽に時短英語学習ができてしまうこの機能、独学者なら使わない手はないですよ。

Language Learning with Netflix (LLN) – Chrome Extension

3.英会話カフェやスクールを利用して会話を実践

ある程度英語に慣れてきたら、どんどんしていきたいのが会話の実践。

日本人はシャイで完璧主義な気質もあり、他のアジア圏の人に比べネイティブとの英会話をハードル高く感じてしまいがち。

しかしながら、英会話力を身に着けるためには失敗を重ねながらコミュニケーションの経験値を積むことが1番の近道といえます。

どんな言語も本来はコミュニケーションのツールであるため、学習の目的は「対話ができるようになること」ですよね。

この「対話」というのは単に丸暗記した例文で会話を成立させることではありません。

自分の思ったことをそのまま伝え、相手の気持ちを汲み取ることが対話。

そのためにはやはり、生身の人とのコミュニケーションが必要となってきます。

とはいえ実際には、日本にいてネイティブスピーカーと会話をする機会がなかなか作れないという方も多いでしょう。

日常生活で英語を使う機会がないという方は、英会話カフェやスクールを利用してみるのもおすすめです。

英会話カフェや、手頃な価格で利用できるカフェでの個人レッスンなどは気軽に英会話を練習できて初心者にもぴったり。

英会話スクールに入学するのはちょっと勇気がいるという方も、チャレンジしやすく便利です。

「カフェ英会話」では近所のカフェで受けられる英会話レッスン。

ネイティブ講師と気軽な日常会話の実践ができますよ。

ネイティブ講師との英会話が格安料金で楽しめるカフェ英会話♪素敵なカフェで毎日開催中

話せる英語を身に着けるなら!家でも楽しみながらできる英語学習法

総合的な英会話力をアップするなら、机に向かって問題を解いているだけでは足りません。

せっかく英語学習をするなら、実際に英語を話さなければいけない機会が訪れた時しっかり活かせる英語力を身に着けておきいですよね。

特に大人の英語学習では、多忙な中で行うのでただ机に向かうような勉強は挫折してしまいがち。

モチベーションを高く保つためには以下のようなポイントを満たした英語学習法が有効です。

  • 自宅や通勤中など隙間時間に実践できる
  • 興味のあるコンテンツで楽しく勉強できる
  • 費用があまりかからない

忙しい現代人には勉強時間を長くとることがまず至難の業。

空いた時間にどこでもできて、費用が高くない、そして楽しみながらできる学習法というのが続けられるコツなんです。

そんなおすすめの英語学習法をみていきましょう。

活きた英語学習に使えるおすすめ勉強アプリ

隙間時間に手軽に使える英語学習法として、英語学習アプリがあります。

アプリはスマホやタブレットで持ち歩け、通勤時間などのちょっとした時に使える有効な勉強法。

英語学習アプリは数ありますが、その中でも特に人気を集めているのがこちらです。

スタディサプリ

スタディサプリは英語学習アプリの中でもトップクラスの人気を誇るアプリ。

日常会話コースで月々1,980円からという手頃な料金ながら、豊富な英会話コンテンツを楽しめます。

TOEIC試験対策コースや学生向けのコースも揃っていて、個々に合わせてパーソナライズが可能なのもスタディサプリの魅力。

またスタディサプリはTOEICの点数アップ実績も豊富です。

1回最短3分から学習できるようにデザインされた時短コンテンツ、続けやすい料金などが魅力で挫折せずに継続できるという口コミも多いスタディサプリ。

海外旅行で使えるやりとりや、ドラマ仕立ての会話など実生活に取り入れやすい、活きた英語が学べます。

ハロートーク

ハロートークはSNSとオンライン英会話レッスンの中間のような感覚で使える、言語交換アプリです。

英語学習系のYoutubeチャンネルなどでも頻繁に取り上げられ、利用者も多いハロートーク。

英語学習をこれだけで完結できるアプリではないのですが、勉強した英語の実践をする場として使えます。

アプリ上では英語のネイティブスピーカーとつながり、お互いに英語と日本語を教え合ったりできるのが大きな特徴。

SNS感覚でコメントを投稿するだけでなく、個人的にメッセージを送りあったり音声通話も可能です。

一般的な英会話スクールとハロートークの大きな違いは、世界中のユーザーの中から自分と趣味の合いそうな人を選んで繋がれることでしょう。

映画やアニメ、スポーツなど自分が興味のある話題で盛り上がれるので、自然と英語力の上達も早くなります。

リスニング・語彙力強化におすすめNetflixの海外ドラマ

拡張機能LLNもあり、英語学習ツールとしても有意義に使えるNetflix。

ただ映画やドラマは作品によって非日常的な会話が多かったり(SFやミステリーなど)、複雑な専門用語が多いものもあります。

英語学習に使うなら、日常的な場面の多い作品を選ぶのが有効。

特に観やすくて英語初心者でも内容がわかりやすい、おすすめ作品がこちらです。

「GOSSIP GIRL (ゴシップガール)」

ゴシップガールはアメリカのドラマで、NYが舞台。

ストーリーのメインは現地のプライベートスクールに通うお嬢様達の恋愛や友情で、難しい専門用語などは出てきません。

日常的な若者の会話が中心なので、英語学習初心者にも理解しやすいのがポイント。

そして登場人物は皆NY在住アメリカ人の設定なので極端な訛りなどもなく、わかりやすい発音のアメリカ英語を聞くことができます。

大人気シリーズでなんとシーズン6まであるので、飽きることなく学習を続けられますよ。

「The Good Place(ザ・グッドプレイス)」

ちょっとくだけた英語表現も知りたいという方におすすめなのがザ・グッドプレイス。

死後の世界が舞台という設定なのですが、怖い話ではなくポップなコメディでキャラクターがそれぞれ個性的なのが特徴です。

セレブキャラもいれば不良キャラもいたり、はたまた哲学者が出てきたりとそれぞれに全く違った話し方をするのが、このドラマの面白いところ。

キャラクターそれぞれが独特の言い回しをしたりするので、ちょっと変わったフレーズや英語のジョークなどにも興味のある中〜上級者は特に楽しめるでしょう。

「CHEF’S TABLE(シェフズテーブル)」

連続モノのドラマが苦手という方には、こちらがおすすめ。

シェフズテーブルは料理にまつわるドキュメンタリーシリーズで、世界的に有名なシェフを1話につき1人取り上げて密着するというものです。

1話完結なので気軽に観始められて、好きな回だけ観ることもできるのがポイント。

ドキュメンタリーは難しい内容のものも多いですが、こちらは料理という全世界共通のトピックなので誰でも楽しめます。

映像も綺麗で、飽きずに楽しく観られるシェフズテーブル。

出てくる会話はインタビュー形式のものが多く、ハッキリ明確に話されていて聞き取りやすいのも特徴です。

英語特有の音や言い回しも!英語学習できるYoutubeチャンネル

英語学習で近年多く使われるようになったコンテンツのひとつ、Youtube。

オンラインコンテンツの中でも取り入れやすく、無料で見られるので英語学習初心者にもぴったりです。

英語学習系のYoutubeチャンネルはかなりの数あるのですが、内容はピンキリ。

その中でも特にチャンネル登録者数が多く、良質のコンテンツを提供しているのがこちらのチャンネルです。

「バイリンガール英会話」

バイリンガール英会話は、バイリンガール・チカさんという日本人女性による英語学習チャンネル。

Youtubeの英語学習チャンネルの中でも先駆け的存在で、150万人以上のチャンネル登録者数を誇ります。

チカさんは日本人ですがアメリカ育ちが長く、英語と日本語のバイリンガル。

ネイティブレベルの英語話者だからこそできる、リアルな英語のフレーズを届けてくれます。

特にチカさんのチャンネルでは、実際にチカさんが海外でレストランで食事したりお店で買い物したりする風景が頻繁に出てくるのがポイント。

例文などではなく、リアルな生活シーンでの英会話が垣間見えるのが大きなポイントですね。

現地ではこんな言い方をする、こんな流れでオーダーする、チップはこう払う、といった実際の流れが見て取れるので、留学や旅行を控えている方にも参考になりますよ。

「YYYOKOOO」

こちらは日本人女性Yokoさんの英語学習チャンネルです。

Yokoさんのチャンネルで特徴的なのは、本人が海外生まれ育ちなどでは一切ないということ。

帰国子女でもなければ留学経験があるわけでもないのですが、ネイティブレベルで英語ペラペラのYokoさん。

彼女は自身が第二言語として英語を学習しているので、日本人が間違えやすい表現や発音の難しさなどをとても細かく理解しているんです。

日本人がなかなか身に着けられない「L」と「R」の違いといった難解な点も、自身の経験を踏まえてかなり分かりやすく解説しているのがポイント。

ネイティブ講師がカバーしきれない細かいポイントを、日本人ならではの視点で教えてくれますよ。

「Hapa 英会話」

Hapa 英会話は日本語と英語のバイリンガル、Junさんによる英語学習チャンネル。

Junさんは英会話学校を開校もしている英語学習の専門家なだけあって、わかりやすく質の高い英語学習コンテンツが魅力です。

ビデオの更新頻度も高く、その時々にニュースになっている話題などタイムリーなトピックが多いのもポイント。

その日にすぐ使いたくなるような、日常的で便利なフレーズが満載です。

また日本人がよく誤解しがちなポイントなども、英語と日本語を交えながら詳しく説明してくれるのもJunさんならでは。

英語力がある程度ある中級者以上でも、参考になる豆知識が豊富です。

おすすめ英語学習サイトは「英語学習ボックス

英文法の基礎がおさらいできるサイトとして、人気を集めている英語学習サイト「英語学習ボックス」。

数ある英語学習サイトの中でも、コンテンツが充実していて無料なのにわかりやすいと評判です。

英語学習ボックスは元々塾講師だった森達郎さんによるもので、いまや月間45万人が訪れる人気サイトです。

本人が講師として実感してきた「基礎文法の大切さ」を伝えるため、31回の無料講義で基本的な文法を徹底的に指導してくれます。

英語学習ボックスのコンテンツは、単に練習問題が繰り返されるような内容ではありません。

英語学習を効率的にするためのコツや、間違いやすいポイントの解説などが散りばめられ飽きずに最後まで続けたくなるように組み立てられています。

無料コンテンツながら、独学で英語をはじめる人の最初のステップとして十分なくらいに充実した内容の英語学習ボックス。

スクールに入会を考えている方も、まずは予習として英語学習ボックスを試してからでも遅くはないですよ。

まとめ

TOEICに向けて勉強中のノート

英語は難しい、そんな思い込みのために苦手意識を抱く人も多い英語学習。

しかし楽しみながらできる良質な学習法を取り入れれば、しっかりと継続していくことは可能です。

英語学習で失敗や挫折をせず、活きた英語を身に付けるには楽しみながら続けていくことが重要。

また机上の勉強だけに終わらず、勇気を出して英会話を実践していくことも大切です。

こちらでご紹介した学習サイトやアプリ、オンラインコンテンツは無料〜安価で利用できるものばかり。

独学で英語学習したい人にも取り入れやすい方法なので、ぜひ試してみてください。

楽しみながら継続して、英語学習を成功させましょう!

関連記事

  1. 本を読みながら英語を学ぶ女性 読むだけでOK!本を活用した習うより慣れろの英語学習法
  2. パソコンを使って勉強する女性 物書きの私がオススメ!英語の文章力アップに役立つサイトの紹介
  3. ホテルの会計 海外のホテルを英文メールで予約するときに役立つフレーズ集
  4. TEDのキャプチャ 英語学習の上級者がおすすめ!「英語学習に役立つサイト」をご紹介!…
  5. 留学先でアプリを使って勉強する女性 暗記が苦手でも英語を話せるようになった私の勉強法
  6. 高い壁を乗り越える 英語学習でぶつかる3つの壁とその乗り越え方
PAGE TOP
\ 編集部イチオシの英会話アプリ /