3方向から英語を最短習得バイリンガルキッズ育成スクール「英語みらいラボ」が開講

株式会社やる気スイッチグループが最先端バイリンガルキッズ育成スクール「英語みらいラボ 能見台(神奈川県・横浜市)」を8月1日(土)に新規開講しました。 

今夏は第1弾として、アプリ(オンラインAI )とオンライン(オンラインライブレッスン)とリアル(オフラインコーチング)の3方向から英語を学習する「 Fun Kids English(ファンキッズイングリッシュ)」の提供が開始されました。 

英語を初めて習う児童や、英語に苦手意識を持つ生徒でも学習成果を上げられるようやる気スイッチならではのノウハウが詰め込まれています。 

従来の英会話教室は授業の後に自宅で復習するのが主流ですが、「 Fun Kids English」ではまずオンラインアプリ上(タブレットPCを使用)で予習をすることが前提です。 

週6日15分ほどアプリで新しい英語の知識をインプットしたのち、週に1回50分の教室でのコーチングレッスンをし、さらに月に2〜4回ネイティブ講師とマンツーマンレッスンが行われます。 

生徒はこの3つの学びのサイクルを繰り返すことで着実に短期間で英語を身に付けることができます。 

アプリ上でも講師は毎日就学度をチェックしてくれるので、勉強し忘れることがありません。 

また、AIを駆使した学習アプリなので発音のチェックにも事欠きません。 

さらに、児童が飽きないようにゲーム要素もふんだんに取り入れられており、大人顔負けの米国英語のシャドーイングまでカリキュラムの一環としてあります。 

ネイティブ並みの発音や「聞く・読む・書く・話す」という英語4技能がアプリでしっかりと身につきます。 

毎日のアプリ学習を歯磨きのように日常生活の一部として習慣づけられれば、英語に触れる頻度も上がって高い習熟度が期待できます。 

週に1回の教室ではアプリを元にした振り返りテストが行われ、個人の学習データに基づいたオーダーメイドのコーチングが受けられます。 

また、1週間の成果を動画で撮影するので児童の成長が明確になります。 

ネイティブ講師とのレッスンでは今までインプットしたことをアウトプットする場として大いに活用できます。 

事前に理解しているからこそ得られる成功体験が児童の英語に対する自信やモチベーションを保つことになります。 

「 Fun Kids English」は月額12,500円(税抜き)で対象は幼児から小学生まで、週に1回のレッスンでは講師が1名・生徒6名までの少人数で開講されます。 

現在新しい英語学習プログラムも企画中ということで、さらに面白い英語学習体験が期待できます。 

やる気スイッチグループの最先端バイリンガルキッズ育成スクール「英語みらいラボ 能見台」が8月1日(土)新規開校 – ヨコハマ経済新聞 

関連記事

  1. 最新の言語習得論に基づいたIntegrated Manageme…
  2. DMM英会話が1レッスン105円になる新規入会半額キャンペーンを…
  3. 最大3万円も得する「PRESENCE」の夏季キャンペーンが開催中…
  4. 【TOEIC平均190点UP】法人語学研修モチベーションサポート…
  5. スパルタ英会話の「スパルタ1Day国内留学」で24万円コースを一…
  6. 「スタディサプリENGLISH」徹底解剖セミナー オンライン 2…
PAGE TOP