最新の言語習得論に基づいたIntegrated Management SystemをTORAIZが順次提供開始

パーソナルコーチング英会話の「TORAIZ(トライズ)(以下、TORAIZ)」は新サービスの「Integrated Management System(インテグレイティド・マネジメント・システム)」を順次提供していくと発表しました。 

TORAIZは、授業担当のネイティブコーチと学習管理及びモチベーション管理担当のイングリッシュコンサルタントの2名体制で一人の生徒へ英語学習のサポートをしていましたが、「Integrated Management System(インテグレイティド・マネジメント・システム)」はそれ以上に強固な学習サポートとなります。 

コーチとコンサルタントは各生徒の学習進捗データを共有・管理することが可能となりました。 

さらに、3か月毎に目標としていたゴールに到達していたか、そして次のゴールはどこかを生徒含めネイティブコーチとイングリッシュコンサルタントの三者で面談します。 

より密なコミュニケーションを図ることで達成度合いのチェック及び、課題の再設定やカリキュラムの見直しと言った細かい軌道修正ができることになります。 

生徒一人ひとりに合ったパーソナルな学習計画をより緻密に構築できるようになりました。 

TORAIZは、1000時間という限られた時間の中で楽をせず効率的な英語学習と目標達成を目指すために誕生しました。 

なかでも日本人が最も苦手とする英会話力を身につけ、「本物の英語力」を追求するコーチング英会話プログラムです。 

第二言語習得論ではインプット仮説を第1世代とし、第2世代のインタラクション仮説、第3世代のアウトプット仮説、そして様々な理論が存在する第4世代までの理論全てを踏襲し、個別最適化をする第5世代の学習法をTORAIZは追求しています。 

TORAIZはパーソナルコーチング英語スクールの先駆者として英語学習者の個別最適化をこれまで以上に追い求め、受講生の一人一人にカスタマイズされた目標設定を到達すべく今後も尽力してくれそうです。 

TORAIZのコーチング内容とレッスンは、まずコンサルタント指導で自己学習プログラムの作成と実践から始まり、そこでインプットしたものをネイティブコーチとのオンラインレッスンやグループレッスンでアウトプットします。 

インプットとアウトプットのサイクルを作ることで留学せずに実践的なビジネス英語を習得することができます。 

また日々の学習サポートと2週間に1度の面談では進捗チェックがコンサルタントより行われます。 

学習モチベーションを保つ秘訣はリアルな人とのコミュニケーションであるとTORAIZは考えており、開校以来受講生満足度が97.9%、1年間学習継続率91.7%という実績を誇っています。 

 

コーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」が最新の第二言語習得理論に基づくインプット・アウトプットの統合型管理システム「Integrated Management System」を順次提供開始|トライオン株式会社のプレスリリース 

関連記事

  1. 「第22回大学・大学院留学フェア」(オンライン10月17日(土)…
  2. AI英会話アプリ「スピークバディ」を手がける会社が株式会社スピー…
  3. マレーシア教育移住の魅力とコロナ関連の最新情報について 2020…
  4. WinBeが子どもの英語力アップを実現するサマーコースを開講
  5. 「コロナ禍に実現!海外留学セミナー 」 オンラインセミナー 20…
  6. 「大学生のためのキャリアワークショップ&グローバル異文化体験 8…
PAGE TOP