Weblio英会話の評判・口コミはどう?メリットやデメリット・利用方法や料金まで徹底解説

英会話のレッスン「興味はあるけど費用が気になる」という人は多いですよね。

毎日のレッスンをとにかく安く抑えたい人におススメなのが今回紹介する「Weblio英会話」です。

Weblio英会話はオンラインの英語辞書「Weblio」で有名な「ウエブリオ株式会社」によるオンラインの英会話サービスです。

Weblio英会話はオンライン辞書・英単語帳のサービスを提供している強みを生かして、あらゆるレベルの人が自分のペースで英会話を伸ばせるマンツーマンレッスンを提供しています。

低価格のレッスンを24時間受けられることで人気の高まっているWeblio英会話の評判やメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、Weblio英会話の特徴や利用法、料金を含めて詳しく紹介していきます。

通常は1回の無料体験レッスンが、今なら2回受けることのできるキャンペーンも実施しています。(2020/11/2まで)

この記事を読んで気になった人はまずは無料体験レッスンを試してみてくださいね。

Weblio英会話の評判・口コミまとめ

Weblio英会話を実際に利用した/している人による評判や口コミを見てみましょう。

Weblio英会話の良い評判・口コミ

まずは良い評判から紹介していきます。

「マンツーマンなので(仕事の)実務内容に応じた授業内容や教材をリクエストすることができる。授業料が安いのでたくさん受講でき、英語力の習得を早く実感することができる」

「早朝や深夜でも空き時間に受講できるので忙しい自分にピッタリ。定期的に受講しながら時事問題、映画や旅行の話など楽しみながら英語学習を継続している」

「予約制のレッスンで講師も準備をしてくれるので内容の濃いレッスンになる。検定対策の教材を講師が探してくれたことが何度もあり、感謝している」

「値段が安いことと講師がフレンドリーなので気に入っている」

「生徒の会話を促して、話す練習をたくさんさせてくれる良い講師が多いと感じる」

Weblio英会話のコストパフォーマンスの高さ、料金の安さについて満足しているコメントが目立ちました。また、料金のお得さだけではなく受講者の目的に合わせた的確な授業を行っている講師への好意的なコメントやも多かったです。

Weblio英会話の良くない口コミ

続いてWeblio英会話の悪い口コミも紹介していきます。

「個人の家からのレッスンなので、通信環境が良くない場合がある」

「中にはドタキャンをする講師がいる」

ネガティブなコメントとしては、講師がオフィス勤務の英会話スクールに比べてインターネットの環境が不安定であるというものが少なからずありました。また、レッスン時間になっても現れない講師がいるというコメントもちらほら見当たりました。

最初のうちは講師を見極めるためにも、様々な講師からレッスンを受けた上で自分に合ったホスピタリティあふれる講師を見つけるのが良いでしょう。

Weblioでは自宅でレッスンを行う講師の他にコールセンターレッスンを行う講師もいます。回線不良が心配な人は、コールセンター勤務の講師を選ぶことをおすすめします。(「講師一覧」の「特徴」から検索することができます)

Weblio英会話の評判・口コミポイント

  • とにかく安い!オンライン英会話レッスンの中でもコスパの高さが際立っている
  • 1人ひとりのレベルや目的に合わせた授業をマンツーマンで行ってくれる
  • ドタキャンする講師もいるので、自分に合う講師を選ぶことがとても大切

Weblio英会話のここがすごい!特徴・メリット3選を紹介

ここではWeblio英会話の特徴やメリットを挙げていきます。

Weblio英会話の特徴

1ヵ月2,728円(税込)~というリーズナブルな料金でレッスンを受けることのできるWeblio英会話の特徴を見ていきましょう。

Weblio英会話の特徴

Weblioでは週1回程度のゆったりとしたプランから、1日1~4回の集中プランまで、自分の希望に合わせたプラン設定ができます。

1レッスン 25分 (1日最高4レッスンまで受講可能)
対象 初心者~上級者  ・(幼児~大人)
学べる英会話の種類 日常英会話~ビジネス英会話
レッスンで使える端末 パソコン(Windows/MacOS)

スマホ・タブレット(iOS/Android)

レッスン可能時間帯 24時間 /レッスンの30分前まで予約可能
講師 フィリピン人

8段階のレベル設定&目的別コース

レベル種類 レベル1(Entry)~レベル8(Expart)
学習内容 レベル別英会話(単語・文法・表現)・ビジネス英会話・一般会話・テーマトーク・ニュース

Weblio英会話では学習レベルを8つの段階に分けており、全ての学習者が自分のレベルと目的に合わせたレッスンを受けることができます。

英会話初心者はレベル1の「Entry」から始めて徐々にレベルアップを目指していくと良いでしょう。

一定のレベルに達している人は希望に合わせた内容を選ぶことができます。

難易度に合わせた教材が無料で用意されているので、レベルアップを目指しながらレッスンを受けることができます。

Skypeを使わない独自のシステム

Weblio英会話ではGoogle Chromeを利用した独自のシステム上でレッスンを行います。

そのためSkypeのインストールも不要です。

パソコンだけではなく、スマホ、タブレットからの受講もできるので手軽にレッスンを始めることができます。

レッスンルームの画面には教材の他にWeblioの辞書、講師と自分のカメラ画像、チャット内容が表示されるため、慣れると非常に使いやすいシステムになっています。(カメラ画像が不要な人は利用する必要がありません)

Weblio英会話のメリット

Weblio英会話のメリットを紹介します。

レッスン料が安い!利用頻度に合わせた柔軟な料金プラン

業界の中でもWeblio英会話の安さは際立っています。

入会金、教材費も無料な上にレッスン料金も非常に低価格なので、社会人だけではなく学生からも人気があります。

Weblio英会話には、気軽に始めたい人にも、毎日しっかり英会話を練習したい人にもピッタリの料金プランがあります。

週1回程度から始めたい人は月々2,728円(税込)からレッスンが受けられる「お試しプラン」がおススメです。

Weblio英会話で人気の、毎日2レッスンが受けられる「基本プラン」は月額8,778円(税込)です。

1回当たりのレッスン料は150円以下になるので非常に格安だということが分かりますね。

また、Weblio英会話では毎日レッスンを受けるプラン(1日1レッスン~4レッスン)については6ヵ月前払いをすることで更にお得になる制度があります。

体験レッスンを受けてみてWeblio英会話が気に入った場合は、6ヵ月前払いプランで申し込むのも良いかもしれません。

高学歴で指導力の高い講師陣

Weblio英会話のレッスンは日本全国の多くの中学校・高校でも授業中に利用されているので、質の高さには定評があります。

Weblio英会話の講師は、全てフィリピン人です。

Weblio英会話では、第二言語として英語を学ぶフィリピン人の中でも、有名大学を卒業し1年以上の講師経験を持つ者だけを厳選して採用しています。

採用された講師は、育成トレーニングを受けた後ようやくレッスンに入る仕組みになっています。

講師になってからも定期的にトレーニングに参加し、質の高いレッスンの維持に努めているので、どの講師からも安心してレッスンを受けることができます。

豊富なオリジナル教材&Weblio辞書が利用できる

Weblio英会話にはレベル、目的別に多くの教材が用意されており全てを無料で利用することが出来ます。

使用したい教材がある場合はレッスンを予約する際に教材指定を行うことができます。

授業は教材の流れに沿って進んでいきます。画面上で教材を共有し、問題を解いたり会話練習を行います。

レッスン画面上にはWeblio辞書も表示されているため、会話中に不明な単語が出てきた場合でもすぐに辞書で調べることができるのはとても便利な点です。

Weblio英会話の特徴・メリットのポイント

  • 本当に安いマンツーマンレッスンが可能!レッスン頻度に合わせたプランが充実
  • レベル別・目的別に学習内容を選ぶことができ教材費は無料!
  • 講師は全員が高学歴&指導経験のあるフィリピン人!

Weblio英会話のここが残念?デメリット・注意点も紹介

Weblio英会話の残念なポイントも挙げてみます。

ネイティブ講師から英会話を習えない

Weblio英会話の講師は全員がフィリピン人です。公用語として英語が使われているフィリピン人は高い英語力とホスピタリティの心を持っているため、英会話の講師としての指導力には全く問題が全くありません。

けれども、ネイティブスピーカー独特の言い回しやスピード、自然な英語を学びたい人には、Weblio英会話は向いていないかもしれません。

ネイティブから英会話を学びたい人は、アメリカ・イギリス・オーストラリアといった英語圏出身のネイティブ講師が多く在籍するオンライン英会話サービスを利用すると良いでしょう。

電話やSkypeでのサポートを受けることができない

英会話初心者の場合、サポート体制も気になる要素ではないでしょうか。

オンライン英会話サービスの中には電話やラインで日本人スタッフが相談を受け付けているスクールもありますが、Weblioでは問い合わせは、WEBサイトからのメール問い合わせのみです。

大人気のサービスなのでサポート面での不都合はあまり考えられませんが「何かあったら日本語で電話相談したい」という人には電話相談ができないのは不安かもしれませんね。

カウンセラーに学習方法や不安なことを相談したい人であれば日本人スタッフが相談を受け付けているオンラインサービスの方が安心かもしれません。

レッスンの繰り越しはできない

Weblio英会話では1ヵ月、又は1日の利用回数ごとに料金の異なる様々なプランがあります。

1ヵ月のレッスン回数が多いほどお得なWeblio英会話ですが、自分の都合でレッスンを受けられなかった場合、翌月にそのレッスン分を繰り越すことはできません。

申し込みの際には、無理のないレッスンプランを選ぶと良いでしょう。

Weblio英会話のデメリット・注意点のポイント

  • 講師はフィリピン人のみなのでネイティブ英語は学べない
  • 日本語での電話サポートサービスはないので注意
  • 月ごとのレッスン繰り越しはできないので無理のない計画で申し込もう

Weblio英会話をおすすめしたい人の3つの特徴

ここではどんな人がWeblio英会話に向いているのか、その特徴を挙げてみます。

金額重視でオンライン英会話を探している人

Weblio英会話の大きなメリットが「価格の安さ」です。オンライン英会話は通学型と比べて費用も安いため、始めやすいのが特徴ですが、その中でもWeblioの安さはダントツです。

全てのレベルに対応しており、マンツーマンレッスンなので、英会話が全く初めてという人でも安心して始められます。

Weblio英会話は料金が安いため、長期的に続ける人も多く、英会話レッスンが習慣化しやすいことが分かっています。

毎日英会話のレッスンを受けたい人

オンライン英会話サービスを探している人の中には毎日英会話のレッスンを受けたいけれど、金額が気になって躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

Weblio英会話は毎日レッスンを受けても1レッスン当たりたったの150円です。(基本プラン)

カフェで頼むコーヒー1杯より遥かに安い金額でレッスンが受けられるので、毎日英会話の練習がしたい人にはピッタリだと言えるでしょう。

Weblio英会話は1日1~4回のレッスンプランについては、6ヵ月前払いで料金が大幅に安くなります。

24時間いつでもレッスンが受けられるため、どんな生活形態の人にもオススメです。

レッスンを自分流にカスタマイズしたい人

オンライン英会話の中には、予め決められた内容を学んでいくというスタイルもありますが、Weblio英会話では、使用したい教材を自分で選ぶことができます。

興味のある内容、自分が強化したい分野を重点的に学習することができるので、効率良く英語学習ができます。

教材は一般英会話やビジネス英語の他にもテーマトークやニュース教材、子供向け教材など数多くの中から選ぶことができる他、フリートークレッスンも可能です。

自分のやりたい学習内容が決まっている人や、目的を持って英会話を習いたい人にもピッタリです。

Weblio英会話をおすすめしたい人の特徴まとめ

  • 「とにかく安く英会話レッスンがしたい」という人
  • 自分の好きな時間に毎日英会話の練習がしたい人
  • 教材や学習内容を自分で決めてレッスンを受けたい人

Weblio英会話の利用方法をステップで解説

Weblio英会話ではSkypeなどを利用せずにGoogle Chromeを利用してレッスンを行います。

ここでは、Weblioを始めて使う人のための利用方法を簡単に解説していきます。

Weblio英会話の利用方法

  1. 無料会員登録・プロフィール登録を行う
  2. レッスン受講のための環境を整える
  3. デバイスチェックツールで環境の確認を行う
  4. レッスンを予約する
  5. レッスン開始前の準備
  6. レッスン終了後、完了報告を行う
  7. 有料プランの申し込みを行う

1,無料会員登録・プロフィール登録

体験レッスンを行うためにも、まずは会員登録を行います。

WEBサイトよりログインして「メールアドレス」「パスワード」を記入した上でセキュリティチェックの確認を行います。

その後利用規約・個人情報の取り扱い画面が出ますので同意をした上で「確認画面へ進む」をクリック。

確認画面で内容をチェックし、間違いがなければ「登録する」という緑のボタンをクリックします。

これで無料会員登録が完了します。

会員登録完了後、プロフィール登録画面が表示されます。

プロフィール登録画面では「氏名」「ニックネーム」「メールアドレス」の他に英語学習の「目的」「希望」「(現在の自分自身の)レベル」、そして「興味(映画鑑賞、音楽、スポーツ等)」の項目がありますので、当てはまるものにチェックを入れます。

赤字で「※必須」と書かれている項目をすべて入力した上で画面下の「保存」ボタンをクリックします。(プロフィール登録を完了させていないとレッスンが受講できないので、注意してください)

2,レッスンの受講に必要な環境を整える

Weblioではパソコン、スマホ・タブレットからのレッスン受講が可能です。

使用する端末の推奨環境を確認した上で準備しましょう。

パソコン スマホ・タブレット
OS Windows / macOS Android /iOS
使用するブラウザ GoogleChrome Android – GoogleChrome

iOS – safari

Weblio英会話では、インターネット環境でのレッスンになりますので、安定したレッスンを受けるためにも有線LAN接続を推奨しています。

ヘッドセットについては、パソコンにマイク・スピーカーが内臓されている場合、または外付けのマイクやスピーカーを既に利用している場合はヘッドセットが無くても受講できます。

ビデオ通話でレッスンを希望する場合はWEBカメラが必要ですが、音声だけでもレッスンを受けることはできます。

スマホ・タブレットを利用する場合は内臓の機器で通話可能です。

マイクやスピーカーについても、内臓スピーカー/イヤフォンでレッスンを受けることができます。

3,レッスン受講環境の確認

端末の環境準備が整ったら、マイクやスピーカーなどが正常に動作するかどうかの確認をGoogleChromeの「Weblio英会話デバイスチェックツール」ページでおこないます。

利用可能なマイク・カメラ・スピーカーが画面に表示されていることを確認した上でマイクに向かって話してみましょう。

自分の声が聞こえ、自分の映像が画面上で確認できれば全て正常に作動しているということがわかります。

音声や映像がきちんと確認できない場合は同ページの「正常に動作しない場合」から確認してください。

4、レッスン予約をする

環境設定ができたら、体験レッスンの予約をしていきましょう。

レッスン予約は「講師から予約」または「時間帯から予約」から開講しているレッスンの絞り込みができます。利用開始後は「お気に入りから予約」からも絞り込みができるようになるので便利です。

予約確認画面でレッスン日時を確認したら「予約確定」ボタンをクリックし、予約完了画面が表示されたら予約は完了です。

5、レッスン開始時間前~レッスン受講

レッスン開始時間の10分前になるとレッスンルームに入室できるようになります。

Google CromeでWeblio英会話にログインをし、マイページの「予約確認へ」をクリックします。

するとレッスンのスケジュール画面に「レッスンルームに入室」というボタンが出てきますのでクリックしてレッスンルームに入室します。

カメラとマイクの使用を確認するポップアップが表示されるので「許可」ボタンをクリックするとレッスンルームが表示されます。

カメラ接続の場合はビデオ部分の左下に自分の映像が映っていることを確認してください。(カメラを使用しない場合は黒い画面になります)

講師が入室したらレッスン開始です。ビデオ部分に講師の映像が表示されます。

まずは挨拶をして講師と音声チェックを行いましょう。

6、レッスン終了後

レッスン終了後、5分経過するとレッスンの完了報告ができるようになります。

完了報告は「レッスン確認・報告を開く」ボタンをクリックして行います。

その日のレッスンの完了状況(問題なくレッスンが行われたかどうか)と評価を選択し「報告する」ボタンをクリックしましょう。システムにトラブルがあった場合はここで報告をすることができます。

完了報告はレッスン終了から30分間のみ可能です。

完了報告をしなかった場合は30分後に自動的に完了扱いとなります。

7、有料プランの申し込みを行う

体験レッスン終了後、Weblioでの申し込みを希望する場合は「料金プラン」ページから希望のプランを選び申し込みを開始します。

weblio英会話の利用料金・解約方法などを紹介

ここではWeblio英会話の利用料金、そして解約の方法を紹介します。

Weblio英会話の利用料金

Weblioでは、週1,2回程度のレッスンを試したい人にも、毎日レッスンを受けたい人にもピッタリのレッスンプランがあります。

Weblioのレッスンプランは毎月定額制で、規定回数までのレッスンを受けることができます

気軽に始めたい人向けプラン

お試しプラン お手軽プラン
月額(税込) 2,728円 3,278円
毎月のレッスン回数 4レッスン 8レッスン
1日のレッスン回数上限、予約可能回数 1日1レッスンまで受講可能、1度に2回予約可能

毎日レッスンを受けたい人向けのプラン

毎日レッスンプラン 基本プラン 集中勉強プラン 英語漬けプラン
月額(税込) 5,478円 8,778円 10,978円 13,178円
1日のレッスン回数上限 1レッスン 2レッスン 3レッスン 4レッスン
予約可能回数 2回 4回 6回 8回
6ヵ月前払いでお得になる金額 3,287円 5,267円 6,587円 7,907円

毎日プランには、6ヵ月前払いで料金が更にお得になりますので、確実に続けられる人には半年前払いがおススメです。

支払い方法はクレジットカードのみ

Weblio英会話の支払いはクレジットカード決済のみです。

プリペイドタイプのクレジットカードは決済には利用ができないので注意しましょう。

利用できるクレジットカード VISA, Master, JCBカード

Weblio英会話の解約方法

Weblioのレッスンは申し込みをすると解約をするまで毎月自動的に更新されます。

解約希望の場合はWeblio英会話ログイン後「プランの解約」ページへ移動し、手続きを行います。

解約処理は更新日の前日までに行えば次回の自動更新はされることがありません。

解約手続きをした後も、既に購入済のレッスンは有効期限まで利用できます。

Weblio英会話の運営会社情報

ここではWeblio英会話の運営会社情報をみていきましょう。

Weblio英会話の会社概要

現在サービス開始から6周年を迎えたWeblio英会話の会社概要をご紹介します。

会社名 ウェブリオ株式会社/Weblio, Inc.
所在地 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー14階
サービス概要 オンライン英会話

オンライン総合辞書「Weblio」

IT用語辞典Binary

問い合わせ方法 メール:eikaiwa-info@weblio.co.jp
問い合わせ対応時間 平日 9:00~17:00

土日祝日、年末年始、GW、その他の会社休日を除く

まとめ

Weblio英会話は、オンライン辞書として有名なWeblioの英会話レッスンということもあり、レッスン中に画面上でWeblio辞書が活用できる便利な機能が付いたオンライン英会話サービスです。

週1回程度から英会話を習いたい方から、毎日何回もレッスンを受けたい方まで全てのニーズに合わせたプランが格安で選べる上に24時間いつでもレッスン可能なのがWeblio英会話の最大の魅力です。

自分で教材を選び好きな内容を学べるため自由度も高いので「こんな内容の英会話をやりたい」という目的が決まっている方にもおススメです。

在宅時間が長くなった今、格安英会話のWeblioで英会話力を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. YouTubeを視聴する女性 初心者向け!オンライン英会話で失敗しない講師の選び方
  2. 元英会話講師が本気で選ぶ!おすすめネット英会話12選
  3. CAMBLY(キャンブリー)の口コミ・評判まとめ【2020年最新…
  4. オンライン英会話の選び方!選ぶ時に確認すべきチェックリスト10項…
  5. オンライン英会話が格安で受けられる3つの理由
  6. オンライン英会話に向いている人と向いていない人
PAGE TOP
\ 編集部イチオシの英会話アプリ /