Do you have time?の意味や答え方は?具体的なシーンや例文、類似表現を解説!

<目次>

Do you have time?の意味や発音・アクセント

Do you have time?の意味

haveは「持つ」という意味の単語ですが、日本語では「ある」と表現されることも、広い意味で「持つ」という所有として表し、Do you have time?は「時間はありますか?」と訳されます。ここでいう「時間」は、聞かれたほうにとっては「自由になる時間」または聞いたほうにとって「自分のために割いてもらえる時間」です。

Do you have time?の発音・アクセント

Doはそのままドゥ、youは短くユゥ、またはユ、とだけ発音するか、カジュアルな場合はヤ、という発音になることもあります。haveのhaの部分は口を大きくあけ喉も開くイメージで若干長めにハァ、veは下唇を上の前歯で軽く噛むかこするようにし母音は発音しません。最後のtimeは、タァィムというふうにiの音をアァィとアァを長め、イは唇の形は変えずに下の付け根だけクッと上に持ち上げるように発音し、最後のmeは口をタァィの時から口の幅を変えずただ上下の唇を合わせてmの音のみを発します。口をすぼめて日本語のムの音にならないようにしましょう。続けて言うと、ドゥユハァヴタァィム⤴となります。

Do you have time?を使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンス

誘う、お願い事をするなどの目的で時間を割いてもらう

「時間はありますか?」と時間を割いてもらえるかどうか聞く形で、ていねいで相手の気持ちや都合を尊重するニュアンスを持たせて、一緒に時間を過ごすよう誘ったり、お願い事をするフレーズになります。

自分のために時間を取ってもらえるかどうか都合を聞く

Do you have time?は、基本的に「時間はありますか?」という質問で、通常は何かのために時間を割いてほしい場合に相手が忙しくないかどうかを確認するためのフレーズです。now「今」、later「後で」、tomorrow「明日」などの時を後に付け加えて、いつ時間を割いてほしいのかを明確にすることがほとんどです。通常この後に、時間がある場合一緒にしたいことや相手にしてほしいことを伝えます。

限定された行為・行動のために割いてもらえる時間はあるか都合を聞く

Do you have time to ~?と、toの後に動詞の原形をつけて、「~する時間はありますか?」という質問にすることができます。Do you have time to sit down and talk now?「ちょっと落ち着いてゆっくり話をする時間はありますか?」のように使います。

~のための、という限定された目的のために割いてもらえる時間はあるか都合を聞く

Do you have time for ~?と、forの後に名詞・名詞句を置いて、「~のための時間はありますか?」という質問になります。Do you have time for a coffee?「コーヒー飲む時間ある?」や、Do you have time for meeting with my wife for a bit?「ちょっとうちの妻に会って行く時間ある?」というように使います。

相手が日常の生活の中で自分自身のためにあることをする時間があるのかを聞く

前述の3パターンはすべて、聞いている側のために「~してもらえるための時間」があるかどうか、相手にお願いして時間を取ってもらうニュアンスがありますが、You seem really busy.Do you have time to hang out with your friend?「すごく忙しそうだね。友達と遊ぶ時間はあるの?」と、相手が自分自身のために何かをする時間が取れるかどうか質問することもできます。

Do you have time?に対しての返事や答え方のパターン18選

依頼されたり誘われた場合は、それに対してOKと受け入れるか、時間が取れないと断るかの2パターンになります。自分自身のために時間が取れるのかどうか、という質問に対しては、YesまたはNoで自分の状況を答えます。

いずれの場合も、次のようなフレーズで返事をすることが多くなります。

Yes.
Sure./For sure./Absolutely.
Of course./No problem.
What is it?
What’s up?
Well…/Let me see…
Is it urgent?
I’m kind of busy.
Not really.
Sorry, I’m busy./I have to run
Actually,
I wish I did, but…

誘われたり依頼された場合

Yes.

Do you have time?やDo you have time tomorrow?と、時間があるかだけ都合を聞かれ、何のために聞かれたのかわからない場合でも、相手が上司であったりしてすぐに対応できる姿勢が整っている場合には、即座にYes.と答えて依頼を待ちます。

Sure./For sure.

時間があるかどうか聞かれる理由がはっきりしている場合にも、あるいはなんのために都合を聞かれているのかわからない場合でも誘いや依頼に応じる用意がある場合でも、カジュアルに「もちろん」と答えるのであれば、Sure.、For sure.と答えるとお互い気持ちが良いでしょう。

Absolutely.

Sure./For sure.よりもさらに前向きに積極的にOKする場合はこう言うと良いでしょう。

Of course./No problem.

Do you have time to/for ~?と、具体的に何をするために時間を割けるかどうかの誘いがああり、それを喜んで受ける場合にはOf course.「もちろん」、依頼があって快諾する場合にはOf course.またはNo problem.「問題ないよ」と答えます。

What is it?/What’s up?

話があるようなそぶりでDo you have time?と聞かれた場合に、「なんだい?」「どうしたの?」と用件を尋ねるカジュアルなフレーズです。これだけでも話を聞くことが前提であるニュアンスが含まれますが、まずYes./Yeah./Sure.などOKしておいてからWhat is it?/What’s up?と続けて聞いても良いでしょう。

Well…/Let me see…

「いいよ」と即答できず自分の都合を確認する場合や、即座にNoと言わず遠回しに断りたい時には、とりあえずこうした「ええと」「ちょっと待って」というフレーズで間を置きます。

I’m kind of busy.

「ちょっと忙しいんだよね」というニュアンスです。I’m sorry「すみません」、Sorry「ごめん」と最初に言ってからこう言うほうが、突っぱねるような印象にならないでしょう。

Not really.

「いや、ちょっと難しいな」というニュアンスで、基本的に「時間はない」と断るフレーズです。

I’m busy./I have to run.

「忙しいんだ」「もう行かなきゃ」など理由を言うことで、Noの意思を伝えることもできますが、やはり、I’m sorry,/Sorry,と言ってからのほうがていねいです。

Actually,

「実は…」と、言ってから、応じられない理由を述べます。Actually, I’m kind of busy.「実はちょっと忙しくて」のように、Sorryの代わりに前述のフレーズと組み合わせることもできます。

I wish I did, but…

「時間があったらいいんだけど」「時間を割いて応じたいのは山々なんだけど」と、応じることがどうしてもできないのが申し訳ない、あるいは残念だ、というニュアンスを伝えつつ断る方法です。

Is it urgent?

自分が忙しいために基本的には断るつもりで、urgent「緊急」ではい限りは時間は取れない、ということを伝えるニュアンスです。もっとはっきり断りたい場合は、Not now.「今はダメです」と言いますが、どちらもきつい印象を与えるので、上司が部下にであったり、気心が知れた同僚や友だち同士でなければ、相手に対して大変失礼になる可能性があります。

自分自身のために時間があるかどうか質問された場合

Yes./Yeah.

はい、という肯定の返事で、通常は後にI try to find time for that.「時間を見つけるようにしているんだ」、Actually I’m not that busy.「実はそんなに忙しくないんだよ」などのように具体的な状況や理由などを続けます。

Sure./For sure./Absolutely./Of course.

「もちろんだよ」と、そのために時間を取るのが大事、または当たり前、ということを強調する場合にはこう答えます。

Not really.

「いや、ほとんどないね」という、100%無理ではないけれどなかなか時間が取れない、という場合に使うフレーズです。

I wish I did.

「できたらいいんだけどね」という言い方で「時間はない」と答える方法です。

Not at all.

「まったくないよ」というストレートな返事です。

Do you have time?に関してよくある勘違い

よく勘違いされ、混同されるのが、Do you have a time?と、Do you have time?、Do you have the time?です。

まず、Do you have a time?は文法的に間違っているので使いません。timeは不加算名詞ですので、a timeというような表現はあり得ないのです。それではなぜこう間違う人が多いのかというと、おそらくHave a good time.「楽しい時間を過ごしてください」というフレーズのように、good timeの前にaがついているからでしょう。timeの前にgood, great, wonderful, a lot ofのような形容詞を付けて限定された時間をひとかたまりとしている場合には、時間というより経験として表しているので、aをつけます。しかし、ただtimeという数えられない概念としての時間について話す場合や、量を表すplenty of「たくさんの」enough「十分な」のような形容詞・形容詞句の前にはaはつきません(同じく量を表すa lot of「たくさんの」はlots ofと同じ意味のaを含めた切り離せない形容詞句ですので、aがついています)。この違いに注意しましょう。

次にthe timeですが、(~する/ための)時間はありますか?というフレーズは、do you have timeでも do you have the timeでも成り立ちます。ただし、the timeとする時は、必ず後にtoまたはforで~(する/の)ためのという目的を限定した時間を続けなくてはなりません。例外は、all the time「四六時中」「その間ずっと」や、have the time of one’s life「思い切り楽しむ」のような限定された時間についての熟語である場合です。

もし後にtoやforで目的を続けずDo you have the time?とだけ言ってしまうと、意味が全く変わり、the timeの本来の意味である「時刻」を聞く「今何時ですか?」というフレーズになってしまいます。最も多い間違いですので、しっかり覚えましょう。

Do you have time?をビジネスやメールでも使える表現に言い換えると?

Do you have time?は「時間ある?」というカジュアルな表現ですので、ビジネスの場ではよりていねいに、次のような方法で聞くと良いでしょう。

「~と思いますか?」という意味のフレーズを付けて遠回しに聞く

ストレートに「~する/のための時間はありますか?」ではなく、Do you think「~と思いますか?」やI was wondering if ~「~でしょうか?」と遠回しに聞くフレーズを使うことと、「いつ」「どれくらい」「何のために」と、より詳細や目的を明確にしたほうが良いでしょう。これらの表現は、メールでも使うことができます。

Do you think ~?

Do you think you have time to talk about a budget of the project before the meeting?「ミーティング前にプロジェクトの予算についてお話しする時間をいただけるでしょうか?」のように、こちらの要望を明確に伝え、そのためなら時間を割いてもらえるかどうか、相手の意見を尋ねるニュアンスです。

I was wondering if ~.

I was wonderingは「~かなあ?」と思いを巡らせる、I think「~と思う」よりも弱い想像の表現です。I was wondering if you….と言うと、「もしかして~かな」、と遠慮がちに相手の意思を確かめたり依頼する表現になり、しばしば、I was wondering if you could ….として、「~していただけないでしょうか」とかなり控えめでていねいな依頼の場面で用いられます。I was wondering if you have time for a few minutes now.は、「今少しだけお時間いただけないかと思いまして…」というニュアンスになります。

have (the) time以外の表現を使う

spare

have (the) timeの代わりに、「時間などを割く」という意味のspareを使って逆にストレートに「時間をください」とお願いする方法もあります。都合を聞くDo you have time to/for ~?より直接的ですが、Could you spare me a few minutes?「数分ほどお時間をいただけますか?」というと、簡潔で且つプロフェッショナルな印象になります。

available

availableという「空いている」「対応できる」という意味の単語を使い、Are you available to speak at this time?のように尋ねるのも良い方法です。

Do you have time?を活用した例文・会話文

A: (on the street) Excuse me, sorry to bother you. Do you have time to talk about the environmental issue for a minute?

(街中で)あの、お忙しいところすみません。環境問題についいて少しお話しするお時間はありますか?

B: Uh, sorry, I wish I did, but I am on the way to work and I’m running late.

あー、ごめん、時間があったらいいんだけど、仕事に行く途中で遅れそうなんだ。

A: OK, maybe some other time. Have a good day!

わかりました、またの機会に。良い一日を!

B: Thanks, you too.

ありがとう、君もね。

A: Hey, do you have time for dinner or something tonight?

やあ、今夜食事でもできないかな?

B: Let me see…(checking the schedule), sorry, I have to go home early. My mother-in-law is visiting us. What’s up? Is there something important?

ええと、ちょっと待って…(スケジュールを確認して)、ごめん、早く家に帰らなきゃ。義母が訪ねてくるの。どうしたの?何か大事なこと?

A: No no, I just wanted to catch up with you over dinner. We’ve been busy these days, you know?いや、ご飯食べながら近況を報告しあいたいな、と思っただけだよ。最近お互い忙しいだろ?

B: That’s true. Why don’t we aim for this weekend?

ほんとね。週末に調整してはどう?

A: Sounds good. See you then.

いいね。じゃあ週末に。

A: Sir, do you have time for a minute?

すみません、少しお時間いただけますか?

B: Uh…what is it?

あー、何だい?

A: I was wondering if you could go over my presentation materials for tomorrow.

明日のプレゼンテーションの資料に目を通していただけないでしょうか?

B: I’m kind of busy at this moment, but I’ll read it by the end of the day.

今ちょっと忙しいんだけど、今日中に読んでおくよ。

A: Thank you. I appreciate that.

ありがとうございます。感謝します。

Do you have time?を応用した表現まとめ

Do you have a minutes to spare?

「少しだけ割いてもらえる時間はある?」という聞き方で、to spareという漠然とした目的ではあるものの、ただDo you have a minute?と聞くよりは少しだけていねいなニュアンスになります。

Do you have enough time (to/for~)?

「十分な時間ある?」と、何か長い時間のかかる事がらに対して十分な時間が取れるかどうか、あるいは何かを済ませるのに間に合うだけの時間があるかどうか聞く表現です。

Do you have a minute/a sec/a moment?

同じく時間の長さを伝える表現ですが、これらは自分のために時間を割いてほしい時にa minute(1分)、a sec(second、1秒)、a moment(一瞬)という短い時間を付け加えることで、「ちょっとだけ」というニュアンスを伝える言い方です。

How much time do you have? How much time do you have left?

量を尋ねるHow muchを付けて「どれくらい時間ある?」と聞く表現になります。最後にleftを付けると、「あとどれくらい」と、残り時間を聞くことができます。

How much time do you want/need?

haveは持っている時間を聞く場合ですが、want「ほしい」need「必要」に変えて、「どれくらいの時間がほしい/必要?」と質問する表現になります。

When do you have time?

「いつ時間が取れる?」と、相手のスケジュールを確認するフレーズです。相手がなかなか時間を割いてくれない場合に、「一体いつ時間取ってくれるの?」といら立ちを表すニュアンスにもなり得ます。

Do you have time?とAre you free?のニュアンスの違い・使い分け方

Are you free?は、「ひま?」「手が空いてる?」と聞く表現です。通常は、now/at the moment「今」、tonight「今夜」など、いつひまなのか時間を同時に聞きます。

Are you free?のほうがDo you have time?よりもカジュアルになり、友だち家族、仲の良い同僚に使うのは問題ありませんが、目上の人に対してやフォーマルな場では適さないこともあります。また、「ひま?」というニュアンスがあるため、忙しい人に聞くと「これがひまに見える?」と気分を害される恐れがあります。相手が明らかに忙しそうではなく、かつ、気軽に誘ったり頼みごとができる相手にのみ使うようにすると良いでしょう。

Do you have time?の類似表現一覧

(Have) You got time?/Got time?/(Have) You got a minute?/Got a minute?

Do you have ~?「~はありますか?/持っていますか?」は、しばしばHave you got ~?またはYou got ~?、Got ~?に言い換えられます。文法的に正しくはありませんがDo you got ~?という言い方もよく使われます。これらはDo you have ~?よりもかなりくだけた表現で、基本的に意味に違いはありませんが、現在完了形ですので「今の時点ですでに」というニュアンスが微妙に含まれます。

Are you occupied?

「占有されている」という意味があるoccupiedを使った、「忙しいですか?」と聞く表現です。

Are you busy at the moment?

at the momentは「今この時」という意味で、「今ちょっと忙しい?」と、少しだけ時間をもらいたいというニュアンスが汲み取れる表現です。

Can I have your few minutes?

直訳すると「あなたの数分間をいただけますか?」ですが、「あなたの時間」という表現を使うことで、相手の時間を尊重しているニュアンスがあり、少していねいな言い方になります。

Can I have 5 minutes of your time?

5 minutes「5分」の部分を何分に変えても良いのですが、通常は短い時間を伝えます。「あなたの時間を〇分だけいただけますか?」と自ら制限時間をはっきり設け、その時間内に何かを説明しつくしたり説得したりするような準備がある時など、シリアスなシチュエーションで使われることが多い表現です。

Can I borrow you?

「あなたを借りてもいい?」という表現で、「少し時間をもらえる?」という意味のカジュアルな聞き方です。

【番外編】Do you have time?の表現が使われている曲を紹介!

「You Won’t See Me Tonight」by Nas feat.Aaliyah

東海岸HipHopシーンの伝説的カリスマラッパー・ナズが1999年に発表し、ビルボードチャートで1位を獲得したアルバム「I Am」に収録されている曲です。この約2年後にキャリアの絶頂期にありながら22歳の若さで飛行機事故により亡くなった、シンガー・俳優のAaliyahがゲスト参加しています。

忙しいことを理由になかなかガールフレンドとの時間を作ろうとしない男性が、彼女にWhen do you have time for me?「私のためにいつ時間を割いてくれるの?」と愚痴を言われている、という曲です。男性のほうは「会いたいのに忙しくて会えない」と寂しがっているわけでも申し訳ないと思ってるいわけではなく、I’m never free/always on the move「俺は暇なことなんてないんだ。いつも超多忙さ」と突き放していて、彼女のパートを歌うアリーヤのキュートな声が気の毒に聞こえてしまいます。

「Tidal Wave(Just a little reference)」by Kill Edward

2011年に発売したファースト・アルバム以来、リリースするすべてのアルバムでチャート1位を獲得し、若い世代を中心に圧倒的な人気を誇るアメリカのラッパー、J.Coleが、別人格としてのプロジェクトであるKill Edward名義で2018年にリリースした曲です。

世界で最も成功しているミュージシャンと言われるJay.Z に見いだされてデビューした彼は、硬派なHipHopから自身最大のヒット曲「Work Out」のようなポップな楽曲まで幅広く手掛けており、この「Tidal Wave」はノスタルジックで温かみのあるトラックに乗せて歌うようにラップする異色作です。

幼なじみの女性に、I’ve been wantin’ you since we were little「僕らが小さかった頃からずっと君がほしかった」と想いを語り、Do you have time? Just a little/I can make it worth your while.「時間をくれる?少しだけ。その時間を君の今後の人生にとって価値がある物にしてみせる」とくどいている、ロマンティックでありほのぼのする曲です。

まとめ

Do you have time?は、センテンス中に様々な言葉を加えてニュアンスを変えたり、少し表現を変えるだけでカジュアルな場面からビジネスシーンで使える、幅広い役割を持った表現です。また、日本語にすると「時間がある」という概念を「時間を持っている」というふうに表すのはとても英語的ですので、この感覚はぜひ英語のまま身に着けたいものです。

欧米では、自分自身の時間をとても大切にする文化があり、仕事よりもプライベートな時間を尊重したり、時間をお金で買うべきという感覚も一般的に日本より強い傾向にあります。それはもしかしたら、have time「時間を所有する」という感覚を持つことで、時間は自分の大切な財産であり権利であるという考え方が根底にあるのかもしれません。それゆえに、相手の時間もその人の所有する貴重な財産であるという認識が潜在的にあり、お互いの時間を大事にする、という気持ちが生まれるのかもしれませんね。

関連記事

  1. 学校の科目は英語だと何て言うの?23科目をチェック
  2. 英語で褒める時に使えるフレーズ集〜ビジネス編〜
  3. 留学先で地図を見る女性 海外旅行中に使おう!商品を試したい時に使える英語表現
  4. You betの意味や答え方は?具体的なシーンや例文、類似表現を…
  5. 英語で症状を説明できる?病院で役立つ英単語・フレーズ35個
  6. 新年のあいさつ 新年のあいさつで使いたい英語フレーズ8選
PAGE TOP