海外の現地ツアーで知っておくと役立つ英語表現

国際交流をしている日本人女性

近年、海外旅行といえば、多くの人が往復のフライトと滞在先だけを予約して、現地での予定はフリーのまま旅行に出かけるのが普通になってきました。

現地に着いたらその時の気分でのんびりしたり、町歩きをしたり、現地でツアーに申し込む人もいるでしょう。今回は現地でツアーに申し込んだり出かけたりする場合に良く使うフレーズをご紹介します。

ツアーに申し込む

ツアーを申し込む際に、よくあるのはホテルのコンシェルジェやツアーデスクで聞いたり、チケットを購入したりということが多いのではないでしょうか。
今回はそんなシーンを想定しています。

I would like to take a trip to XX

日本語で言うと、「XXまでのツアーに行きたい(参加したい)のですが」という意味です。

ちなみに、日本語では気軽に使っている「ツアー」ですが、英語圏では場合によって「巡業」「視察」などの意味が強くなる場合があります。決して間違いではありませんが、今回のような「(個人が出かける)小旅行」という意味だと”Trip”のほうがより近いでしょう。日帰り旅行なら”Day trip”になります。

What kind of day trip are there?

「どんな日帰り旅行がありますか?」

さまざまなツアーのプランを扱っているホテルのデスクなら、どんなツアーがあるのかをまずは訪ねてみても良いでしょう?”What would you like to do?”(何がしたいですか?)と聞かれた場合に考えられる答えとしては:

  • Sight seeing(観光)
  • Nature trip(ハイキングなどの自然に触れるツアー)
  • Camping(キャンプ)
  • Cruise trip(クルーズ船によるツアー)
  • Night tour(夜のツアー)

などがあるでしょう。

How long does it take?

「どの程度時間がかかりますか?」

ツアーの長さを聞くときに使うフレーズです。もしくはもっと具体的に”What time does the tour begins, and what time does it end?”(ツアーは何時に始まって、何時に終わりますか?)と聞いてもよいでしょう。

Where will they pick up?

「どこでピックアップされますか?」
バスツアーの場合に集合場所を聞く際のフレーズです。現地集合なら”Where does the tour begin?”(ツアーはどこで開始しますか?)、”Where can I go to join the tour?”(ツアーに参加するにはどこに行けばよいですか?)などと聞くのもよいでしょう。

Is lunch included?

「昼食は含まれますか?」
終日のツアーであれば、昼食もツアーの一部として組み込まれている場合があります。

What can I show to join the tour?

「ツアーに参加するには何を見せればよいですか?」
ツアーを購入した窓口の人がガイドであることはありません。ですので、切符や購入の証明が必要ですよね。そんな場合に使うフレーズです。
必要となるもので考えられるのは、例えば:

  • Ticket/e-ticket(チケット、eチケット)
  • Receipt/voucher(領収書、購入証明)

などです。

ツアーの場で

では、ここからはいよいよツアーの当日、ツアーに参加した現場でのやり取りについてみていきましょう。

I have a reservation

「予約があります」
このフレーズは旅行英語ではもうおなじみですね。ホテルのフロントでも、レストランのレセプションでも使う万能フレーズです。もちろんこの場合でも有効です。

What time will we leave?

「何時に出発しますか?」
特に市内観光などのツアーでは数箇所をめぐり、現地では限られた時間に自由行動をして決まった時間に集まって次へ出発・・・なんていうことが多いですよね。その際に便利なフレーズです。バスで来ているなら”What time will the bus leave?”(何時にバスが出ますか?)という聞き方でも良いでしょう。

Do we have a tour guide?

「ツアーガイドはいますか?」
特に歴史的建造物などを見て回るツアーでは、ガイドの方がいるとより楽しめますよね。英語圏でないところを旅行中なら”Does he/she speak English?”(彼・彼女は英語を話しますか?)と聞いても。

When will we take a lunch break?

「昼食休憩はいつ取りますか?」
ツアーの最中は忙しく、まとまって休憩時間が取れるのは昼食の間だけ、ということもあります。

How much time do we have until the next stop?

「次の地点までどれくらいの時間がありますか?」
“How much time”は”How long”に言い換えても良いでしょう。

Could you take a picture of us?

「私たちの写真を撮ってもらえますか?」
名所旧跡では、こんな一言で記念の一枚を残しましょう。

I had a great time. Thank you!

「とても楽しめました。ありがとう!」
ツアー終了後の、こんな感謝の一言が意識せずとも口から出るようになれば上級者です!

おわりに

現地でツアーを申し込むと、日本から予定しているのとは違い、さまざまな国籍の人たちと一緒になることも多くあります。そんな出会いも楽しみながら、旅の思い出を作ることが出来るといいですね。

関連記事

  1. 英語で褒める時に使えるフレーズ集〜ビジネス編〜
  2. 英語でありがとう ありがとうを英語伝えよう!お礼に関する英語表現・フレーズ
  3. ネイティブがビジネスでよく使う略語・短縮英語フレーズ・スラング1…
  4. ビジネスメールを打つ様子 英文メールで取引先にアポイントをとる時の例文
  5. 外国人の上司がいる人必見!ビジネスで目上の人に使う敬語の英語表現…
  6. 学校の科目は英語だと何て言うの?23科目をチェック

この記事を書いたライター

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

PAGE TOP