司会・進行役は必見!英語の会議を仕切るのに役立つ英語表現

英語会議を仕切る様子

ダイバーシティが進んだ昨今、会議に外国人の顔ぶれがそろうことも珍しくなくなってきました。同時に、今までは一出席者として参加していた方も会議の仕切りを任されるなんて事が出てくるかもしれません。

今回は、そんな時あわてないための、会議の仕切り方に関するフレーズをご紹介します。

会議の冒頭で

「お時間を割いていただき有難うございます」「今日のテーマは・・・」という冒頭の一言は日本語でも英語でもさほど変わりません。そんな会議冒頭のフレーズをいくつか見て行きましょう。

Thanks for taking the time to ~
「~のために時間を割いてくれてありがとうございます」

~の部分には:
be here(来てくれて)
have this meeting(このミーティングを実施するために)
などが考えられます。

Today’s agenda is ~
「本日のアジェンダ(議題)は~です。」

これは少し硬い言い回しになりますが、ほかの言い方としては:

What we would like to talk about today is~(本日話し合いたいのは~です)
Today, we would like to focus on~(今日は~にフォーカスしたいと思います)

などがあげられます。

By the end of the meeting, we should…
「ミーティングの終了時までに私たちは・・・すべきです」

会議の際、あらかじめやるべきことを明示しておけば効率的にミーティングが進められる場合もあります。そんなときに口にしたい一言です。この後に続くフレーズとして例をあげると:

come up with a solution(解決策をたてる)
finalize the plan(計画を最終化する)
solve the problem(問題を解決する)
be ready for the presentation(プレゼンテーションの準備が出来ている)

こんな感じです。

会議中の発言をさばく

会議の仕切り役としては、発言が出るように水を向けたり、出てきた発言をまとめたりするのも大事な役目です。ここではそういった場面で使えるフレーズを見て行きましょう。

I would like to hear your thoughts on~
「~について意見を伺いたいのですが」

“your thoughts”とは直訳すれば「あなたの考え」で、英語だとよりダイレクトな表現になりますね。”Does anyone have an idea?”(どなたかアイデアはありますか?)と言っても良いでしょう。

That is a great idea!
「それはいい考え(アイデア)ですね!」

賛意を示すとき、こんな風に言ってもらえると発言する気持ちがアップしますよね。もちろん”I agree with you”(私も賛成します)でもOKです。

What do you think of his/her idea?
「彼の・彼女の考えをどう思いますか?」

ひとつの意見に肉付けしていくときはこんなフレーズを使いましょう。もしくは”Does anyone agrees with his/her idea?”(彼・彼女の考えに同意の人はいますか?)、”Does anyone have different thoughts?”(違う考えの方はいますか?)なども使いやすいフレーズです。

I have a problem understanding~
「~を良く理解できないのですが」

もう少し説明して欲しい、と言う場合は”Could you explain more in detail”(もう少し詳しく説明してもらえますか?)という言い回しも。

Could you give us an example?
「例えばどんなことか教えてもらえますか?」

抽象的な意見から具体例を引き出したいときに便利なフレーズです。

How about~?
「~はどうでしょう?」

この“How about~”は覚えておくと便利なフレーズで、これを口にするとさっと話題を変えることができます。一方”How about it!”と言うと「それはすごい!」「どうよそれ!」というような、カジュアルなほめ言葉にもなります。

意見をまとめる

さて、いよいよ会議も終盤。みんなの意見をまとたり、結論を出したり、次にアクションプランを出したりする段階になりました。そんな場面でよく使いそうなフレーズを見て行きましょう。

Did all of you have a chance to ~?
「皆さん~する機会はありましたか?」

議論はし尽くしたか確認する際の一言。~の後ろには例えばこんなフレーズが考えられます:

express your thoughts(考えを表明する)
share your opinion(意見を共有する)
show your work(作業を見せる)

Let’s think about the next step
「今後のステップを考えましょう」

アクションプランが必要なときに便利な一言。

By when should we do that?
「いつまでにやればいいですか?」

アクションプランが決まったら実践プランを立てます。

When should we schedule the next meeting?
「次のミーティングはいつにしましょうか?」

さらに話し合うことが必要なら、次の予定を押さえておきたいところです。

It was a productive meeting. Thank you!
「生産的なミーティングでしたね。有難うございました!」

全てのミーティングがこの一言で終了すると良いですね!

おわりに

会議室から椅子をなくそう!ではないですが、だらだらと進む長時間のミーティングは誰にとっても苦痛です。今回ご紹介したフレーズを使うことで、要点を押さえ、参加した人が発言しやすく、結果や次のアクションが明確で誰にとっても「参加してよかった」と思えるミーティングになるといいですね。

関連記事

  1. 新年のあいさつ 新年のあいさつで使いたい英語フレーズ8選
  2. 今すぐ使える!オフィスで便利な英語フレーズ20選
  3. Hear・Listen・Question「きく」を表す英単語のニ…
  4. 英文メールで苦情・クレームを言いたい時に役立つ英語表現
  5. 学校の科目は英語だと何て言うの?23科目をチェック
  6. 留学先で地図を見る女性 英語で道案内するときに役立つフレーズ・英単語30個

この記事を書いたライター

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

PAGE TOP