work outの意味や答え方は?具体的なシーンや例文、類似表現を解説!

work outの意味や発音・アクセント

work outの意味

workは「働く」「取り組む」「作業する」「努力して進む」「機能する」「効く」「功を奏する」など、様々な意味を持つ単語です。「働く」という意味には馴染みがあると思いますが、実は日常の英語の会話の中では、「取り組む」「機能する」というような意味で使うことが、「働く」という意味で使うことと同じくらい多いのです。「働く」というのはworkの根本的な意味であり、そのほかの意味も広い意味で「働く」を広げて解釈したものではありますが、日本人が通常workと聞いて浮かぶイメージとは少し違う、ということをまず知っておきましょう。

一方のoutも、一般的なイメージは「外へ」というもの、あるいは野球の「アウト」のような「外れる」というイメージもあるでしょう。ところがoutにも色々な機能があり、その中でも「最後まで」「徹底的に」というニュアンスをフレーズに与えるという役割がwork outの中でoutが果たしている役目です。

この2つの意味が組み合わさり、work outは次のような意味を持ちます。

☆(問題などを)何とか解決する、物事がうまく収まる、良い結果が出る
☆(問題や謎などの)答えが出る、解明する
☆実現させる、成し遂げる、成功する、切り開く
☆(方法などを)ひねり出す、考え抜いて作り出す、編み出す
☆(正体などが)分かる、(本質や性質を)見破る・理解する、(意味などを)つかむ
☆埋め合わせをする
☆(スポーツの)訓練をする、身体を鍛える
☆取り除く、追い出す

work outの発音・アクセント

work outの発音は、最初のworの部分に特に注意しましょう。まずwoは、カタカナのワではなくウォを発音するように唇を小さくすぼめ、空気をはじき出すようにゥワと発音します。その後のrの部分は唇の形はそのままで舌先を軽く丸めてrの音を発し、kは舌の奥のほうを口の天井の奥の部分に軽くタップさせるように小さく短く発音します。続くoutは素直にアウトと発音しますが、最初のoは母音なので、workのkと重ねてカの音になり、続けて言うとゥワァカウトとなります。最後のtは母音のオを発音せず子音のtだけを発するよう気をつけましょう。アクセントはあまりつけないのですが、心持ち最初のwoに強めに置くイメージです。

work outを使う時の具体的なシーンや含まれるニュアンス

物事がうまくいく、問題などを考えて答えを出す

このイメージで使う場合、人を主語にし、その人が努力して物事をうまくいかせた、という他動詞的な言い方と、物事を主語にし物事がうまくいった、という自動詞的な言い方があります。

(問題などを)何とか解決する、物事がうまく収まる、良い結果が出る

色々な方策や努力の結果、物事が解決しうまくおさまった、という場合、We worked things out in the end.「我々は最終的にすべての問題を解決した」、Everything worked out eventually.「最終的にはすべてうまくいった」のように言います。

しばしば、失敗した人に対して、It’ll work out.「なんとかなるよ」、あるいはWe’ll work it out together.「みんなで一緒に解決しよう」と励ましたり、これから困難に立ち向かう仲間に対してWe can work it out.「なんとかできる」と鼓舞するようなシーンでも使われます。

また、例えば仕事でトライアルの期間を経て不採用を決定する時などにSorry it didn’t work out.「お互いうまくかみあわなかった」というニュアンスで「成功しなかった」という意味のdidn’t work outを使うこともよくあります。

実現させる、成し遂げる、成功する、合意に至る

苦労したり知恵を絞った末に、合意に至ったり、実現が困難な目標の達成、紆余曲折を経た成功などについて語る場合によく用いられます。An international peace plan has been worked out.「国際平和プランはなんとか合意に至った」、The new strategy may not work out.「新しい戦略はうまく実現しないかもしれない」というような、努力や苦労を匂わせるようなイメージです。

(問題や謎などの)答えが出る、解明する

考える、調査をする、人と議論する、などを経て問題の答えを見つけ出すようなシチュエーションでもwork outが使われます。It took me long time to work out what was coursing this.「原因が何かを解明するのに長い時間を要した」というイメージです。

計算や統計の結果ある結果が導き出される、という場合にも使われます。You can use a calculator to work out the solution.「答えを出すために計算機を使ってもいいですよ」、It works out cheaper to have the books printed in India.「インドで出版したほうがコストを抑えられるということが分かった」、などという表現です。

(方法などを)ひねり出す、考え抜いて作り出す、編み出す、調整する

We are working out a compromise on the contract.「現在契約の妥協案を模索しています」のようなニュアンスで、修正を加えつつ何かを生み出すようなイメージの時に使われます。また、法案や予算などを編成したりまとめる場合にも使われます。

(正体などが)分かる、(本質や性質を)見破る・理解する、(意味などを)つかむ

特に人のことを理解する、という意味で、It doesn’t seem easy to work him out.「彼という人間を理解するのは簡単ではないようだ」のように使うこともあります。

埋め合わせをする

主に北米では、借金や負債などを金銭で返還する代わりに他の物で埋め合わせたり、交渉によって赦免してもらったりする場合にwork outを用いることがあります。I worked out my high phone bill with the creditors.「高額な電話料金の請求を債権者に免除してもらうことができた」というように、金銭問題を自分に有利な形でうまく解決するようなイメージがあります。

訓練をする

体を鍛える

日本でもジムの宣伝で「ワークアウト」という表現を目にする機会が増えたので、この意味のwork outには馴染みがある人も多いでしょう。運動全般を指すようにとらえられがちですが、「体を鍛え、コンディションを整える」、というニュアンスでwork outを使うので、筋力アップを目指すようなエクササイズなど、日本語で言うところの「トレーニング」に近いイメージになります。ウォーキングやラジオ体操のような軽い運動はwork outには入りません。ジョギングも厳密に言うと違うのですが、軽いランニングではなく筋肉を鍛え体をしっかりと絞るようなイメージで行うのであれば、広い意味でwork outになると考えられます。

欧米では、身体を鍛え筋肉質な引き締まった体を保つことを心がける人が多く、あいさつがわりにYou look fit.Have you been working out?「調子良さそうだね。トレーニングしてるの?」と言うことがよくあります。「work outしてるんだね」という形で健康的な見た目を維持している努力に触れるのは、一般的な誉め言葉の一つです。

(スポーツの)訓練をする

これもトレーニングという意味で使い、特に試合などに向けて真剣に繰り返し練習を積む行為を指してwork outと言うこともあります。

取り除く、追い出す

繰り返しの作業や努力によって、不要なものを取り除いたり複雑に絡まったひも状のものをほどく、という意味があります。I tried to work the stain out of the shirt.「なんとか服のシミを抜こうとした」、I worked the knot out of the rope.「苦労してロープの結び目をほどいた」のように使われます。このイメージから、前述の「考えて答えを出す」という比喩ができています。

work outに関してよくある勘違い

辞書でwork outを調べると、「結果的にうまくいった」という訳が目に付くため、その結果のみを指しているように受け取られる場合がありますが、workという言葉には「努力して」というニュアンスが強く込められているので、誰かが解決に向けて動いた結果として「うまくいった」というシチュエーションでしかwork outは使いません。ちなみに、似た表現にwork onという熟語がありますが、これは「~に取り掛かる」という意味で、outという「やり遂げる」というニュアンスが入っていないので、今から取り掛かる、あるいは今取り掛かっている最中という場合に使います。

work outと同じく「~という結果になる」「~ということが判明する」という意味があるturn outというフレーズがありますが、turn outは、努力や苦労をしたかどうかに関わらず物事が自然に解決した場合にも使われ、また結果が良いものか悪いものであったかに関わらず、とにかく「こういう結果になった」ということにフォーカスをしています。一方work outは「なんとかしてこういう結果に持っていった」「色々困難はあったが結果こういうことになった」という過程の努力を言い表しており、その上で「成功した」「実現した」というポジティブな結果が出たことに対してのみ使います。

work outをビジネスやメールでも使える表現に言い換えると?

欧米のビジネスシーンでは、ポジティブな言動が非常に好まれ、しかも結果重視でもあります。その意味でwork outやそれに類する言葉は多く使われ、話し言葉ではwork outも頻繁に耳にします。特に仲間を励ましたり自分達自信を鼓舞するような場合にLet’s work it out!「さあ、やり遂げよう」と声をかけるのは、意図的に職場にポジティブな空気を生み出すためにも大切です。また、取引先とビジネスの話をしている場合でも、何か問題を指摘された時にWe’ll work it out.と言えば、カジュアルな言い方ながらも「努力して解決させます」と自信を持った宣言になります。このように、相手に安心感を与え信頼してもらうのは重要な戦略の一つです。

ところが、よりフォーマルなシーンやメール・文書では、work outのようにカジュアルで抽象的な表現を用いるよりも、プロフェッショナルな響きを持ち、且つ具体的な意味を持つ言葉をチョイスしたほうが良いでしょう。

succeed

「成功する」という意味のsucceedは、人生やビジネス全般での成功の場合にも使いますが、ある分野での短期間な成功や、プロジェクト、実験、テストなどで良い結果を残すという意味で「成功する」という場合にも使えます。We succeeded in changing the situation.「状況を変えることに成功した」、They succeeded in developing a new technology.「彼らは新しい技術を開発するのに成功した」のような表現のほうが、work outよりも具体的に「事業を成し遂げた」ことを言い表しており、ビジネスとしての勝利を強調するニュアンスになります。

accomplish

使命や目標、計画、仕事、願望などを「成し遂げる」「成就する」「達成する」「完成させる」という意味があります。「勝利や名声を勝ち取る」「功績や手柄を立てる」という意味で使うこともあります。

achieve

「(目的の物を)勝ち取る」、「目標を実現する」「成し遂げる」「達成する」という、accomplishに近い表現です。「努力をして」というニュアンスも含まれます。

deliver

「配達する」という意味で知られる言葉ですが、「実現させる」「業務を遂行する」という意味もあり、約束通りにやるべきことを完成する、というニュアンスの表現になります。

solve/resolve

「問題を解決する」「困難を解消する」というシチュエーションに限定した言葉です。work outのように「努力した」というニュアンスは含まれませんが、「解決した」と問題がなくなったことをスッキリと言い表すことができます。

manage to

canに近い意味ですが、「なんとかして」と、難しい問題を努力や知恵などで苦労して解決しやり遂げることができる、というニュアンスが含まれます。

work outを活用した例文・会話文

A: Tim, you were in the project team for the contract with ABC.Co., right? How did it go?

ティム、ABC社との契約のプロジェクトに参加してたよね?どうなったんだ?

B: It was hard, as you can imagine, but we worked it out and we’ll develop a new system together.

ご想像通り大変だったよ。でもなんとかうまくいって、一緒に新しいシステムを開発することになったんだ。

A: Wow, you made it! Congratulations!

ワオ、やったな!おめでとう!

A: When can we have a meeting for a promotion of this with the web marketing team?

ウェブマーケティングのチームとの販売促進会議はいつできる?

B: We haven’t worked out a date.

まだ日程が調整できていません。

A: Are you and Alicia still fighting? Please don’t say you guys broke up.

君とアリシアってまだけんかしてるの?別れたなんて言わないでくれよ。

B: No, we talked it over almost everyday last week and now things are working out.

いや、先週ほぼ毎日話し合って、なんとか乗り越えられそうだよ。

A: That’s good. Keep working. You know, you guys are really good together.

よかった。頑張れよ。君たち2人は本当に良いカップルだからさ。

B: I know. Thanks.

分かってるよ、ありがとう。

A: Hi Megan, long time no see!

やあ、メーガン、久しぶり!

B: Tobby! It’s been a while! You look great. Have you been working out?

トビー!しばらくね!元気そうね。鍛えてるの?

A: Yeah, I started going to a gym about a year ago and I’m trying to work out at least three times a week.

ああ、1年位前からジムに通ってて、週3回はしっかり運動しようと頑張ってるんだ。

B: Good for you!

それはいいわね!

work outを応用した表現まとめ

work out for the best

非常に悪い状況から、最後にはすべてうまく行く、という表現です。失敗や壁にぶつかって困難な状況にある時にDon’t worry, everything will work out for the best.「心配するな。最後にはすべてうまくいくよ」とポジティブに励ます定番のフレーズです。

work out in detail

書類や方策などをまとめる際に、細部にわたって入念にチェックを繰り返しつつまとめ上げる、という意味です。

work out differences

意見の食い違いなどをなくし、折り合いをつけることを表す表現です。

Work Out Market(s)

市場価格が安全な範囲で一定期間売り買いされることを指す経済用語です。

work out at

計算の結果導き出される、という意味で、例えば円をドルに換算したり、グラム単位の単価を計算するような場合にThe price per gram works out at $1.29.「1グラム当たりの値段は$1.29になります」と表現します。

work outとsort outのニュアンスの違い・使い分け方

sortは「整理する」という意味で、sort outも基本的には「整理し分類する」という表現になります。その延長線上にある「解決する」「明らかにする」「まとめる」というシチュエーションを表現する場合にも使えるフレーズで、work outと重なる部分があります。

work outは、sort outも含めて様々な方法や努力により問題を解決することを表すのに対し、sort outにはwork outに含まれるような「努力して」や「困難な状況を克服しつつ」というニュアンスはなく、複雑な問題を単純化したり、時系列にまとめたり、という「整理する」という手法を以って解決に至る場合に限定されます。

一般的には、それほど大変ではない片付けなければならない問題の解決はsort out、努力を要する問題の解決はwork out、と認識されています。

work outの類似表現一覧

add up to

「計算が合う」「つじつまが合う」という意味のadd upの後にtoで結果を続けると、「(数字の)合計が~になる」という意味と、「つまるところ~ということになる」という意味になります。

come to

計算した結果、特に物の売買で売り上げなどの合計金額を出した場合、It comes to $250.「合計$250になります」と表現されます。

in total

数値の「合計で」という意味で、前述のcomes toと組み合わせてIt comes to $250 in total.と言うこともありますが、in totalだけでもIt is $250 in total「合計$250です」と言うことができます。

be successful

succeedと同じ意味、用法で「成功する」ことを表します。

turn out well/as planned

turn outは「~という結果になる」という、結果が良くても悪くても使えるフレーズなので、後にwell「良く」やas planned「計画通り」などのポジティブな言葉を続けることでwork outと同じような意味を表します。ただし、work outのような「努力」というニュアンスは含まれません。

go as planned

turn out as plannedと同じような意味ですが、「結果になる」という最後のパートだけを表すのではなく途中も含めた「進む」という意味の表現です。

unscramble

scrambleは「ごちゃ混ぜになる」ということで、それに否定や逆を意味する接頭辞のunがついたunscrambleは、「ごちゃごちゃに混ざったものを元の状態に戻す」という意味があります。そのイメージから、「(暗号などを)解読する」「(情報を)解明する」というニュアンスで使うこともあります。

carve out

元々は「像などを彫って作る」という彫刻の意味を持ちますが、そこから派生して「苦心して作り上げる」という表現にもなります。

carry out

「(計画などを)実行・遂行する」という意味のフレーズです。work outのように努力や苦労のニュアンスはなく、また、「結果としてやり遂げた」というよりも実施しているその行動そのものを表す表現です。

go like clockwork

「物事が(時計のように)スムーズに進む」という意味で、It works out nicely/smoothly.に言い換えることができます。

do the trick

work outよりも単語のworkが持つ「効果を発揮する」という意味に近いフレーズで、「目的を達する」「成果を上げる」「うまく行く」「効き目がある」と言う場合に使います。

bear fruit

「(植物が)実を結ぶ」を意味するフレーズですが、比喩的に「努力・苦労などが実を結ぶ」「努力が報われる」「(夢・期待などが)現実のものとなる」という意味で使うこともできます。

handle

「うまく処理する」という意味の単語で、努力というよりも知恵やスキルで乗り切るようなイメージです。

deal with

「(問題などに)取り組む・解決しようとする」という、結果までは含まずその困難な状況に取り組む行為そのものを表します。

make it

「到達する」「やり遂げる」「うまくいく」という意味の、英会話ではかなり頻出するフレーズです。「都合がつく」「時間に間に合う」という意味もあります。

figure out

計算して「答えを算出する」というのが元々の意味ですが、比喩的に「(答えや方法を)見つけ出す」「見当がつく」「原因などを解き明かす」「理解する」という意味でしばしば使われます。

exercise

「運動する」「トレーニングする」意味のwork outとほぼ同じですが、身体を軽く動かすような場合にも使われたり、身体だけではなく頭を使って問題を解く練習をすることも表します。

train

「(人を)鍛える」「(人を)訓練する」という、インストラクターやトレーナーなどが人に対して訓練を施したり指導したりすることを指す言葉です。自分自身が訓練をする場合には、I train every day.とは言わず、I train myself every day.「自分自身を訓練する」またはI get training.「トレーニングを受ける」と言わなければなりません。

workout

trainingと同じように名詞ですので、doやgetの動詞を伴いI do my workout every day.「運動を毎日する」、I get a great workout.「しっかりと運動する」のように言います。

【番外編】work outの表現が使われている曲を紹介!

「Boy」by Charlie Puth

1991年ニュー・ジャージー生まれのチャーリー・プ―スは、新世代のスターらしく、2009年YouTuberとして音楽活動を始め、2011年にネット上のコンペティションにアデルの「Someone like you」のカヴァーで参加し見事優勝、アメリカの人気コメディアンのTVショーにゲストとして呼ばれて同曲を歌い、瞬く間に有名になりました。

その後レコード会社との契約・移籍の問題でメジャーデビューまでは時間を要しましたが、その間もネット上では精力的に音楽活動を展開しており、2015年、満を持して発売されたデビュー曲「Marvin Gaye」は世界中で大ヒット、その後2017年には映画「ワイルド・スピード・スカイミッション」の主題歌「See you Again」でラッパーのウィズ・カリファと共演し、この曲が全米のシングルチャートで通算12週1位を獲得するという歴代最長1位タイ記録を樹立し、大スターの仲間入りをします。

「Boy」は2017年にリリースされたセカンド・アルバムの「Voicenotes」に収録された曲で、真剣に付き合っていると思っていた彼女に、子ども扱いされ全く相手にされないことがわかり困惑する歌です。2番の歌詞で、And now you watch me put in all this work「今君は僕が努力してるのを観察してる」Just to say it won’t work out「“この関係はうまくいかない”と言うために」と、背伸びをし必死に彼女に認められようとしている彼を、意地悪に「やっぱりあなたではダメ」と突き放す彼女のつれない様子を歌っています。

まとめ

work「うまくいく」「効果がある」や、work out「(努力して)うまくいく」「やり遂げる」は、応用範囲が広く、日常会話で様々なシチュエーションで使えるかなり便利なフレーズです。学校では習わなかったこの用法をマスターし、ぜひこのこなれて聞こえる英語表現を使いこなして、ネイティブ・スピーカーの会話を楽しみましょう。

関連記事

  1. オープンな雰囲気で外国人と談笑する食事会 上手に使えば会話が弾む!アメリカのネイティヴがよく使うカジュアル…
  2. ネイティブがビジネスでよく使う略語・短縮英語フレーズ・スラング1…
  3. whatever it takesの意味や答え方は?具体的なシー…
  4. none of my businessの意味や答え方は?具体的な…
  5. 英語で褒める時に使えるフレーズ集〜プライベート編〜
  6. let meの意味や答え方は?具体的なシーンや例文、類似表現を解…
PAGE TOP