オーストラリア留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比較!メリットや体験者の口コミも紹介

オーストラリアは日本の国土の20倍以上の広さを持ち、地域ごとに異なった気候や文化を楽しめます。

多国籍国家でフレンドリーな国民性で、留学生が住みやすい国としても人気。

また世界遺産と認定されている場所も多く、そのほとんどが「自然遺産」とその美しさが魅力です。

今回はオーストラリア留学でおすすめの留学エージェントをご紹介しましょう。

関連記事:人気の留学エージェントおすすめランキング8選【2020年版】

 

~EIKARA編集部イチオシの留学エージェントは格安で留学できる「スマ留!」~

これからオーストラリアに留学する予定の方におすすめの留学エージェントが、CMでもお馴染みの「スマ留」です!

スマ留は、一般的な留学と比べて、最大半額の費用で留学できるのが最大の特徴です。

「金額が安いと、それだけサポートの質が悪いんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、安心してください。

スマ留は、「語学学校の稼働率が少ない時間を活用している」「留学エージェントへの手数料がない」などの独自の仕組みを構築しているため、最大半額まで安くなっているのです。

その他にも、

  • 「語学学校ごとに授業料が同一価格だからわかりやすい」
  • 「現地でも365日24時間のサポートを受けられる
  • 「留学前のオンライン英語学習サポートが充実している」
  • 「オンラインからでも、申し込みができる」

など、メリットがたくさんあります。

スマ留は、新宿サロンと大阪サロン、オンラインでの無料カウンセリングを実施しています。

興味のある人は、ぜひ気軽に参加してみてください。

<目次>

オーストラリア留学する人におすすめの人気留学エージェント7選

オーストラリアは南半球に位置しており、「真夏のクリスマス」「真夏のお正月」を過ごせることでも有名です。

サーファーの聖地であるゴールドコースト、スポーツが盛んなメルボルン、最先端の情報が集まるシドニーなど、魅力的な街が多く存在。

ここではオーストラリア留学する人におすすめの人気留学エージェントをご紹介しましょう。

1. 留学タイムズ

1999年の創業の「留学タイムズ」は手数料無料と最低価格保証を提供する留学エージェント。

3万人以上の留学生をサポートした実績と信頼を誇ります。

予算内で希望の学校を紹介し、オリジナル留学を提案。

世界45か国、5,000以上の学校を取り扱い、海外経験豊富なカウンセラーが安心のサポートを行います。

「留学タイムズ」は大手旅行会社のHISと提携しており、どこよりもリーズナブルな価格を実現します。

留学プランと航空券を同時に手配できるため、効率的に準備が可能なのがメリット。

HISのパッケージブラン、学割キャンペーンなどお得な情報も満載です。

エージェント情報

会社名 国際教育交流センター
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル9階

H.I.S語学研修デスクカウンター

TEL 0120-697-245

03-5360-8911

営業時間・定休日 11:00~18:00

2. ウィッシュインターナショナル

1987年の設立「ウィッシュインターナショナル」は東京・大阪・名古屋・横浜のオフィスでカウンセリングを実施しています。

全国で留学イベント開催し、10万人以上の留学をサポートした実績のある留学エージェント。

世界10か国22年に海外サポートオフィスを持ち、24時間体制で留学生活のお手伝いをします。

オーストラリアには、シドニー、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコースト、パース、アデレードに現地オフィスあり、日本語にて対応できます。

「可能性を広げる留学」を実現するため、出発前の「留学準備講座」を実施し、役に立つ情報提供や無料の英会話レッスンを提供。

「グローバルキャリアデザイン」では帰国後の仕事に関するバックアップを行っています。

エージェント情報

会社名 ウィッシュインターナショナル株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49階
TEL 0120-470-790
営業時間・定休日 月曜〜金曜 10:00〜20:00 土曜・日曜 10:00〜19:00

3. ラストリゾート

「ラストリゾート」は11万人以上の留学生をサポートした実績を持つ留学エージェント。

手数料無料で最安値学費を実現し、一人一人にあった留学を提供。

43拠点200か所でカウンセリングを行い、トータルで留学の夢を応援。

8ヶ国12都市に広がる直営や提携オフィスを展開し、海外生活を支えます。

オーストラリアにはケアンズ・ゴールドコースト・パースに現地オフィスがあります。

学校だけでなく、資格取得・仕事探し・ボランティア参加などの相談も可能。

出発前はオンライン会話のレッスンの受講可能。

ワーキングホリデーの利用者には、過去の留学生の実績から最適な就職先を紹介します。

エージェント情報

会社名 ラストリゾート(NOVAホールディングス株式会社)
所在地 日本本社:東京都品川区東品川2-3-12 シーフォートスクエアセンタービルディング 9F
TEL 0120-999-555
営業時間・定休日 11:00〜20:00 年中無休

4. 留学情報館

「留学情報館」は東京・大阪・京都にオフィスにて無料カウンセリングを実施します。

留学経験、世界一周をした人まで個性豊かなスタッフが対応。

オーストラリアにパース、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコースト、シドニーに現地オフィスを展開。

日本人スタッフが駐在し、現地のサポート体制は万全です。

「語学研修+4つ星以上のホテルで働く」実質0円で留学できるプランなど、自社オリジナルプランを多数提供。

渡航前の英会話レッスンや勉強会を行い、最長1年間無料で受講可能。

また帰国後は就職サポートを行い、キャリアを活かした次のステップをバックアップします。

エージェント情報

会社名 株式会社留学情報館
所在地 東京都新宿区西新宿7丁目2-12 松下産業ビル4F
TEL 0120-053-0530
営業時間・定休日 月曜〜金曜 10:00~20:00  土日祝10:00~19:00

5. 留学ジャーナル

1971年創業以来「留学ジャーナル」は20万人の留学生を送り出した留学エージェントです。

東京・大阪・名古屋・広島・福岡にて個別相談、留学イベントは全国で開催。

世界11か国、約6,000校の情報を提供し、手数料無料にて理想にあったプランを提供します。

シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、パースに現地サポートオフィスがあり24時間365日電話無料相談が可能。

渡航前・出発後は英会話のイーオンの学習プログラムで、英語のスキルアップのお手伝い。

帰国後はスカイプにてキャリアコーチングを行います。

エージェント情報

会社名 株式会社 留学ジャーナル
所在地 東京都新宿区信濃町34JR信濃町ビル6階
TEL 0120-890-987

03-5312-4421

6. AIC オーストラリアインフォメーションセンター

「AIC」は横浜、大阪、名古屋オフィスのあるオーストラリア専門の留学エージェント。

留学・ワーキングホリデーを申し込めば、現地学校・ボランティアなどの各種手配を無料で実施。

ブリスベン・ゴールドコースト・シドニー・パース・メルボルン・ケアンズに現地サポートオフィスがあり、緊急時の対応は丁寧に対応。

どこよりも授業料を最安値で提供可能を約束します。

カウンセラーは全員留学経験者、紹介する学校はすべて見学済みで近況を常に把握。

現地で携帯電話お無料手配、日本語医療センターの紹介、日本語対応インターネットの無料使用なども提供。

厳しい条件をクリアしたホストファミリーを紹介できるので、安心して留学生活を満喫できます。

エージェント情報

会社名 有限会社AIC JAPAN
所在地 東京都渋谷区渋谷1-12-12 宮益坂東豊エステート301号
TEL 03-6427-6081
営業時間・定休日 火~土11:00~19:00

定休日:日曜・月曜・祝日

7. ラララ・オーストラリア

「ラララ・オーストラリア」はサポート料無料で最安値保証する留学エージェント。

見積もりが他社より高い場合、差額の2倍のキャッシュバックする徹底ぶり。

提携学校の代理店として手配するため、特別価格にて学費を抑えられます。

56ページに及ぶオーストラリア留学に関してのパンフレットを用意し、無料個別・団体相談を毎日行っています。

シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、パースサポートオフィスがあり、学校延長、進路相談、トラブル対応を実施。

IELTS試験対策、ケンブリッジ検定試験対策、ビジネス英語コース、バリスタコースなど帰国後の就職・転職に有利なプランを提案しています。

エージェント情報

会社名 ラララ留学サポートセンター株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号 渋谷ソラスタ3階
TEL 03-4590-8030
営業時間・定休日 電話受付時間 10:00〜20:00

オーストラリア留学でエージェントは何をしてくれるの?利用する5つのメリット

留学するならなるべく安く、予算内で理想の学校に通いたいもの。

個人で申し込んだほうが得という話もありますが、留学エージェントでは何をしてくれるのでしょうか?

ここでは留学でエージェントを利用する5つのメリットをご紹介しましょう。

1. 留学カウンセリングができる

カウンセラーによるヒアリングを行い、留学の目的や目標、行きたい国や学校などを決定します。

また予算にあった留学スケジュールを立て、無理のない支払いを提案。

出発前・滞在中・帰国後についても話し合い、より具体的な学習プランも提供します。

2. 理想の学校・プログラムを紹介してもらえる

ヒアリングにより学校が決まったら、希望にあった学校を複数提案してくれます。

授業内容や学校の特徴、授業以外のアクティビティやイベントなど説明があるでしょう。

毎日を充実させるため勉強とプライベートをバランス良く過ごすことも大切。

また現地での過ごし方や、最新情報も得られます。

3. 学校への出願・滞在先の申し込みを代行してもらえる

学校と勉強のプランなどが決まったら、学校の願書取り寄せ、作成、提出へと進みます。

同時に滞在のタイプを決めて、申し込みを留学エージェントが代行。

願書に関しては記入内容や提出期限をチェックし、効率よく不備のない書類に完成。

学校への質問に関しては、留学エージェントが問い合わせを行ってくれます。

4. 渡航直前までの準備サポートが受けられる

留学先が決まった後は、出発までの準備をスタートします。

授業料の払い込み、海外保険の手続き、航空券の購入、現地サポートオフィスへの連絡などまとめて実施。

ホームステイ希望の場合は、ホストファミリーを厳選しマッチングを行います。

5. 現地オフィスでサポートをうけられる

留学エージェントを利用する最大メリットは、現地サポートが受けられること。

慣れない土地でのトラブルや相談ごとに即対応してくれます。

犯罪、事故、病気や怪我などの緊急事態はスタッフの助けが必要となるでしょう。

また先生の質や授業内容、ホストファミリーとの人間関係など、スタッフに間に入ってもらうことで解決しやすくなります。

こんな留学エージェントはアウト!選んではいけない留学エージェントの特徴3選

留学エージェントの数が多く、どこを選ぶべきか迷う方もいいのではないでしょうか?

留学を成功させるために、選んではいけない留学エージェントの特徴についてご紹介します。

1. 料金設定が不透明

留学エージェントを利用する際に気をつけたいのは、学費やその他の料金についてです。

手数料無料の留学エージェントが大半ですが、授業料に含まれておりお金を支払うことには変わりありません。

支払った金額に見合ったサービスを受けられるかどうかチェックしましょう。

相談料が有料な場合は候補に入れず、他の留学エージェントを選ぶことが大切です。

またパッケージ価格を提案する留学エージェントは要注意です。

必要としないサポートが含まれ、手数料が上乗せられる可能性が大。

希望とするサポートを選択できる留学エージェントを選びましょう。

ホームページやパンフレットを確認し、明確な金額とサポート内容を把握することが大切です。

2. 現地の情報量が少ない

カウンセリングの段階で現地の情報量が少ない留学エージェントは避けましょう。

通う学校や周りの環境、滞在する地域の情報を豊富に持っているかどうかはかなり重要。

提携学校しか薦めない、希望する学校の長所や特徴を言えない場合も要注意です。

紹介できる学校の数以外にも、滞在する地域の治安や、物価など近況を質問しましょう。

学校までの交通手段や交通費、買い物やエンターテイメントを楽しめる場所など、細かく対応出来るプロを選ぶことが大切です。

また現地でのサポート内容、サポートに関する無料・有料対応も要チェック。

3. 留学費用が外貨表示でない

学費は外貨表示されているかどうかがチェックポイントです。

学校が決まったら留学エージェントの見積書や請求書を必ず確認しましょう。

受け取っていない場合は、依頼して必ず入手することが大切。

留学エージェント発行で日本円表示のみの見積書や請求書の場合は要注意です。

通常、学校からの見積書や請求書は外貨表示されています。

為替レートにより日本円ベースの授業料が変動するため、日本円表示のみの場合は利益を上乗せしている可能性大。

学費を必ず確認して損のないよう気をつけましょう。

また学費を支払った後は、現地学校の領主書を受け取りましょう。

オーストラリア留学で留学エージェントを利用した人の口コミ・評判を紹介

留学エージェントに問い合わせメールを送ることからスタートしました。

自分の希望以上のプランを提案してもらえて、思った以上に簡単に準備が完了。

ファームステイをしたのですが、産んだ卵をすぐにいただくことで、食べることへの感謝が深くなるなど貴重な経験ができました。

都会では感じられない自然を味わいながら英語も勉強もでき、最高の環境で過ごせてよかったです。

ゴールドコースとで人生初めての留学をしました。

手数料やカウンセリングが無料で、渡航当日までの行き届いたケアは素晴らしかったです。

予算が少ないながらも、期待以上の学校で勉強ができ、アクティビティは誰よりも楽しみました。

留学先で世界中の人たちと友達になれたのは一生の財産。

また英語の勉強をしてキャリアに活かせる留学をしようと計画中です。

大学を休学して留学したので、かなり気合いを入れてました。

留学エージェントに相談してほとんど丸投げでお願いでき、出発前まで英語の勉強に集中できたのが良かったです。

紹介してくれた大学は少人数で会話しやすく、インプットだけでなくアウトプットを大切に授業内容。

英語のスキルアップができ、IELTS対策としての勉強を並行。

かなりの達成感を味わえました。

オーストラリア留学はなぜ人気なのか?特徴・メリットを紹介

オーストラリアの大学などに在籍している留学生は56万人以上で、留学先に選ぶ人が多い都市として人気の国。

ここではオーストラリアの人気の特徴やメリットをご紹介しましょう。

1. 治安の良さ

2019年の世界平和度指数ランキングで、対象163か国で、オーストラリアは13位とかなり上位。

銃規制が欧米と比べて厳しく、銃による事件などは皆無という治安の良さ。

また未成年に対しての法律が厳しく、18歳未満の留学生は必ずホームステイに限定しています。

助け合いの精神が高く誰に対しても親切な国民性。

喫煙可能なお店はほとんどなく、歩きタバコも禁止されています。

2. 国際色が豊か

オーストラリアは多国籍国家で、世界200か国以上からの移民が生活しています。

「マルチカルチャリズム(多文化主義)」で知られており、世界で最も調和のとれた国としても有名。

英語以外の言語を話す人も多くフレンドリーな国民性も人気。

イギリスやアメリカといった英語圏と比較しても留学生を歓迎する雰囲気があります。

3. 美しい大自然

オーストラリアの面積は日本の20倍の広さで、自然が豊富で気温が穏やかなのが特徴。

大都市でありながらも、郊外へ足を運ぶと大自然が広がります。

登録されている世界遺産の3分の2が世界自然遺産。

ウルル=カタ・ジュタ国立公園のエアーズロック、天国レベルの美しさを持つグレート・バリア・リーフ、最北部に位置するカカドゥ国立公園など観光地が多数存在します。

オーストラリア留学で人気の都市TOP3をピックアップ

オーストラリアの面積は世界第6位で日本の約20倍、人口は約2,500万人の国。

6つの州と2つのテリトリーに分かれ、多くの人が美しい眺めの沿岸部に在住。

南半球に位置する国であり、日本と真逆の四季を楽しめます。

ここではオーストラリア留学で人気の都市TOP3をご紹介しましょう。

1. ブリスベン

ブリスベンはオーストラリア第3の都市で、ビジネス街のため観光客が比較的少ないのが特徴。

19世紀に建てられた歴史的建造物と、最新の建物が混在し活気あふれるイメージです。

サンシャインステートと呼ばれ、晴れの日が多い地域。

1年を通して20℃を下回ることがなく寒暖差が少なくとても過ごしやすい街です。

観光地として人気のゴールドコーストなどには1時間ほどで行くことができ、週末はリゾート地で気分転換ができます。

また郊外へ足を伸ばせば、動物とも触れ合える環境。

ブルスベンは仕事を探しやすいため、ワーキングホリデーで留学する方にとってはおすすめと言えるでしょう。

2. メルボルン

メルボルンはオーストラリア第2都市で「世界で最も住みやすい都市」でトップを飾るほど人気です。

イギリス植民地時代の名残があり、ビクトリア調の建物がありヨーロッパのような雰囲気。

街がコンパクトで歩きやすく、また「トラム」という交通機関が充実していて便利。

夏は30℃前後となりますが夜は涼しく、1日で四季を味わえます。

メルボルンは芸術の町でもあり、休日には路上パフォーマンスや、ストリートアートを楽しめます。

街のいたるところに公園があり、ピクニックやバーベキューが可能。

2時間ほど車を走らせれば、ペンギンパレードで人気のフィリップ島へ出かけることもできます。

人口の4分の1が移民であるためお互いの文化や歴史を尊重し、留学生にとって住みやすい土地柄と言えるでしょう。

3. シドニー

シドニーは南半球を代用する都市であり、近代建築物で有名なオペラハウスは観光客に人気です。

世界でも最も美しい都市と呼ばれ、メルボルンと同様「世界で最も住みやすい都市」として有名。

サーキュラー・キー、ロックス、チャイナタウンは観光客でいつも賑わっています。

食、アート、ライフスタイルなど最新の情報も入手できるでしょう。

シドニー湾のランドパークであるハーバー・ブリッジ、オーストラリアの歴史が堪能できるロイヤル・ボタニック・ガーデンなど見どころ満載。

市街地から少し離れたボンダイビーチは、サーファーにとってメッカといわれる場所。

世界遺産に指定されたブルーマウンテンズ国立公園は、シドニーから近く週末旅行としておすすめです。

オーストラリア留学のタイプ・種類を紹介

オーストラリアではどのような留学が可能なのでしょうか?

ここではオーストラリア留学のタイプや種類ついてご紹介します。

1. 大学・大学院留学(長期)

高校・TAFE(Technical and Further Education)・専門学校を卒業後に、専門分野を深く勉強した方には大学や大学院での就学がおすすめです。

オーストラリアには全部で42大学があり、そのうち39大学は国立大学。

「QS世界の大学ランキング2019」では上位100以内に7校が選ばれ、大学の教育水準は非常に高く評価されています。

2. 専門学校留学(長期)

TAFEはオーストラリアに100校以上ある専門学校です。

学生だけでなく社会人にとって、キャリアアップや転職のための実践的なスキルが身につく留学が可能。

市場のニーズに合わせた学習、生先端のテクノロジーを駆使した学校などが多くあります。

TAFEは地元企業とのつながりを持つ教育機関で、将来オーストラリアで就職したい方にはぴったりと言えるでしょう。

3. 語学学校(短期〜長期)

英語を楽しみながら学びたい方、有給や休みを使って英語力を伸ばしたい方には語学学校がおすすめです。

世界各国から留学生が集まり、さまざまな文化に触れることも可能。

クラスは英語のレベルによって分けられるため、気兼ねすることなく会話を楽しめます。

教室での授業だけでなくアクティビティやツアーなどを行い、自然に英語のスキルアップができるでしょう。

4. ワーキングホリデー(最長3年)

オーストラリアでのワーキングホリデーで最長3年間滞在できます。

基本的には1年の滞在ですが、政府に指定された地域・仕事で3か月働くことで、2年・3年と延長が可能。

同一雇用主の元で6か月までの就労、4か月の就学期間など制限があるので要注意。

遊んで学んで働いてとオーストラリアを満喫したい人にはおすすめの留学方法です。

オーストラリア留学するならここに注意!気を付けたいポイントを紹介

留学前にオーストラリアの情報をチェックすることも大切です。

ここでは事前に心得ておくこととして、注意すべきポイントをご紹介しましょう。

1. 言葉の注意

「現地に行けば話せるようになる」と、英語を勉強せずに留学するのは危険です。

オーストラリアに到着直後から会話は全て英語となるため、基本的な英会話は勉強しておきましょう。

帰国後の就職や英語のスキルの目標を立てると、計画的に勉強できます。

留学エージェントよっては無料の英会話レッスンを実施しているので、できるだけ時間を作って参加しましょう。

2. 治安の注意

オーストラリアは治安がよい国としても有名ですが、観光地が多いためスリ・置き引きなどが多発しています。

貴重品・鍵・パスポートなどの管理には十分気をつけることが大切。

一部の地域で治安が悪いエリアもあるため事前にチェック。

夜間は一人で出歩かず、できるだけ団体行動を行いましょう。

3. 住まいの注意

オーストラリアでホームステイをする場合は、家族のルールなどを事前に聞くことが大切。

コミュニケーションを図るため、ディナーはホストファミリーと一緒に食べましょう。

遅れるときや友達と出かける時は前もって連絡。

オーストラリアは水不足になりやすいため、シャワーは10分ほどすることが大切。

喫煙をする方は、喫煙場所などを確かめておきましょう。

4. お金の注意

オーストラリアの物価は日本に比べると高めです。

カジュアルなレストランのランチは1,000円以上、少し高級なレストランでは2,000円以上かかることも。

できるだけ自炊をして手作りランチを持参して節約しましょう。

パソコンなどを利用する場合は街中にWi-Fiスポットがあり、特定の場所で無料インターネットが使えて便利です。

まとめ

オーストラリアは都会の顔を持ちつつ、自然が豊富で気候が穏やかで住みやすいのがメリット。

多国籍国家であるため世界各国の友達ができるでしょう。

ワーキングホリデーでは最長3年滞在でき、オーストラリアでの勉強や旅行を満喫できます。

理想の留学生活を送るために、オーストラリアを候補に入れてみませんか?

 

~EIKARA編集部イチオシの留学エージェントは格安で留学できる「スマ留!」~

これからオーストラリアに留学する予定の方におすすめの留学エージェントが、CMでもお馴染みの「スマ留」です!

スマ留は、一般的な留学と比べて、最大半額の費用で留学できるのが最大の特徴です。

「金額が安いと、それだけサポートの質が悪いんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、安心してください。

スマ留は、「語学学校の稼働率が少ない時間を活用している」「留学エージェントへの手数料がない」などの独自の仕組みを構築しているため、最大半額まで安くなっているのです。

その他にも、

  • 「語学学校ごとに授業料が同一価格だからわかりやすい」
  • 「現地でも365日24時間のサポートを受けられる
  • 「留学前のオンライン英語学習サポートが充実している」
  • 「オンラインからでも、申し込みができる」

など、メリットがたくさんあります。

スマ留は、新宿サロンと大阪サロン、オンラインでの無料カウンセリングを実施しています。

興味のある人は、ぜひ気軽に参加してみてください。

関連記事

  1. マレーシア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  2. 名古屋でおすすめの留学エージェント【2020年最新版】選び方やメ…
  3. ニュージーランド留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹…
  4. ロサンゼルス留学のススメ!費用・持ち物・おすすめの学校など一挙紹…
  5. 東京でおすすめの留学エージェント【2020年最新版】選び方やメリ…
  6. ラブラブのカップル 留学先の恋愛はあり!日本人女子がモテる理由と出会いの場所を紹介!…
PAGE TOP