ブリスベン留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすすめの学校まで完全網羅【2020年最新版】

ブリスベンは、オーストラリア東部にある都市です。

ブリスベン川沿いにあり、シドニーやメルボルンに次いで大きな規模となっています。

サウスバンク文化地区には、無料で楽しめるクイーンズランド博物館があり、恐竜やオーストラリア特有の動物の剥製などがたくさん展示されていて楽しむことができます。

また、コアラを抱っこできるオーストラリアの都市の中でも貴重な都市です。

他にも充実した施設がそろう、ブリスベンへの留学について詳しく解説していきます。

関連記事→留学エージェントおすすめ人気ランキング8選を編集部が厳選!

<目次>

ブリスベン留学の3つの魅力・メリット

ブリスベン留学の魅力をまとめました。

魅力・メリット①時差が1時間しかない

日本よりも1時間早く進んでいます。

英語圏への留学しようと思った時に、多くの国場合、時差の問題が生じます。

時差による障害として、なかなか眠ることができないことなどや慢性的な眠気や体が疲れてだるい、などの症状が出てきます。

また、頭痛や食欲が湧かずにイライラしてしまうこともあります。

でも、ブリスベンとの時差は+1時間程のため、体への影響が出にくく体調を崩しにくいという利点があります。

10月~4月のサマータイム時でも、2時間程の時差となっています。

体に不調が出やすい体質の方は、渡航前にしっかりと睡眠をとってアルコールを飲まないようにし、機内で出された食事を取っておくと良いでしょう。

体内リズムを崩しにくくなります。

魅力・メリット②アルバイトができる

条件に合った規定以内の範囲で、アルバイトができます。

学生ビザを取得し、政府認定のコースを25時間以上受講していれば、働くことが可能です。

ある程度長期の留学の場合、働くことができるので社会経験もできておすすめです。

語学学校では、働きたい方に向けて履歴書の書き方の指導などしてくれるところがあります。

また、時給も高く平均1,500円(土日などの休日は平均2,000~3,000円程)となっているので働く上のメリットが感じられます。

ただ、アルバイトをする際には必要最低限の意思の疎通ができる英語力が必要となります。

語学学校である程度英会話に慣れ自信がついてから働くと良いでしょう。

魅力・メリット③自然が豊か

砂漠や森や海と全てがそろう、オーストラリアです。

オーストラリアには、世界最大のサンゴ礁があることで知られています。

ブリスベンも自然が満喫できる場所が多数あります。

その1つに「South Bank Parklands」は、万博が開催された跡地にできた市民の癒されるエリアで人気です。

トレジャリー・カジノの川の向いにあり、ブリスベン川沿いにパークが造られています。

都会的な洗練されたパークで、手入れがされているためとても気持ちよく過ごすことができます。

パーク内には、人口ビーチがあるので家族連れで遊ぶ方もいてのんびりした場所です。

観覧車もあり、ブリスベンの高層ビルや遠くに山並みを観ることができます。

バーベキューを無料で楽しむ場所もあるので休日にはにぎわいます。

また、島めぐりもおすすめです。

イルカやクジラが泳ぐ姿を観られる「モートン島」や砂でできた島から自然を楽しむ「ストラドブローク島」もブリスベンの有名観光スポットです。

効率よく周れるツアーも充実しており、観光客が大勢い訪れています。

ブリスベン留学の3つのデメリット・注意点

ブリスベン留学の注意点についてまとめました。

デメリット・注意点①留学にお金がかかる

日本の大学費用と比べて、割高になります。

オーストラリアでの留学1年の平均費用は、おおよそ240万円です。

日本の高いと言われている理系私立大学に進学した場合の平均年間学費が約200万円となるので、理系大学の学費と比べても年間40万円もの差が出ることになります。

また、オーストラリアは物価が高いので、生活費用もかかってきます。

そのため、余裕を持って留学計画を立てる必要があります。

ただし、長期留学の場合働くことができるので、勉強しながら働いて負担を減らすということがオーストラリア留学では可能です。

デメリット・注意点②オージー訛り

オーストラリアは、独特の訛りがあるとされています。

aの発音がアイになったり、長く発音したりRの発音をあまりしなかったりと独特な発音のアクセントで混乱しがちです。

アメリカ英語に慣れていた分、まったく違う単語に聞こえることもあります。

ですが、3カ月ほどすると耳が慣れて自然に聞き取れるようになってくる場合が多いでしょう。

まずは、慣れることが必要です。

また、話す速度が速いので、耳を慣らすようにする努力が大切です。

現地のラジオを聴いてみるなど、地道な訓練を繰り返すことが大切です。

デメリット・注意点③日本人留学生が多い

治安の良さからも人気のオーストラリアです。

オーストラリアは、治安が良く時差もあまりないことから特に女性に人気の留学先です。

1年中暖かく過ごしやすいので寒さが苦手な方にも好評です。

日本について知っている方が多いのも留学しやすい理由になっています。

シドニーなどの都市部に行くほど日本人留学生も多くなります。

日本人が少ない場所に留学したい場合は、郊外の都市を選ぶと良いでしょう。

ブリスベンは、シドニーの大都会に比べて落ち着いた留学先でおすすめと言えます。

ブリスベンを留学先と決める時の3つのポイント

ブリスベン留学の決め手についてまとめました。

ポイント①治安が良い

住みやすい都市ランキングに何都市も入るオーストラリアです。

オーストラリアは一般的に治安が良い国とされています。

住みやすい国ランキングにも上位に入るなど、オーストラリアの人気は常に上位です。

大らかな国民性や自然や資源が豊かなことから、余裕がある生活が送りやすい国です。

勉強する上で治安の問題は、本人にとっても日本にいる家族にとっても安心できます。

安心できる環境としても、オーストラリアはおすすめです。

ポイント②亜熱帯性気候

ブリスベンは亜熱帯性気候で温暖です。

ブリスベンは、1年を通して温暖で過ごしやすい気候です。

夏場は30℃程、冬でも11℃から21℃位まで気温が上がることがあり、厳しい寒さではありません。

冬場は雪が降らないので、防寒着が必要なく便利です。

特に冬の寒さに弱い方は、ブリスベンの過ごしやすい気候が合っていて過ごしやすいでしょう。

ただし、夏場の日差しには気を付ける必要がります。

ポイント③シェアハウスを選ぶことができる

シドニーなどの大都市は、シェアハウス探しが難航することがあります。

シドニーやメルボルンと言った都市と比べると、シェアハウスの需要が減る分、物件を選ぶ余裕があります。

また、シドニーと比べると若干賃料が安くなる傾向があるので、費用の面から負担が少なく済みます。

こまめにシェアハウス情報が、のっているサイトのチェックをすることをおすすめします。

人気のある場所は、やはり競争率が高く審査で落ちてしまうこともあります。

最初はホームステイしてから、様子を見ながらシェアハウスを探す方法も良いでしょう。

ブリスベン留学でおすすめの学校を期間別に紹介

ブリスベン留学で評判の学校紹介です。

1か月以内の短期で学べるおすすめの学校5選

短期留学通学できる語学学校の紹介です。

①Shafston International College, Brisbane

日本で実際に教えていた方が多くいる語学学校です。

Shafston International College, Brisbaneは、ブリスベンの他にゴールドコーストにキャンパスがあります。

講師は、日本で教えた経験を持つ方が在籍していて日本人に慣れているので安心感があります。

レッスンは、全て講師との対面レッスンが基本です。

自習時間をレッスン数に含めていないため、濃い内容の学習が望めます。

EOP(母国語の使用の不可)を厳しくし、英語で話す癖をつけています。

学校周辺は、シティに出るためのバス停が近くにあるのでショッピングにも出かけやすい立地です。

アクティビティにも力を入れており、語学学校オリジナルのサッカーチームを作っているのでサッカー好きにもおすすめです。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 2~11週間 12~24週間 25~40週間 41週間~
基本コース $450/週 $440/週 $430/週 $400/週

※他コース有

②EC Brisbane

タッチパネルなどの最新設備を取り入れた語学学校です。

EC Brisbaneは、タッチパネルを使用して対話性の高いレッスンを目指している語学学校です。

世界各国にキャンパスがあることで、多国籍な生徒が集まってきます。

レッスンは、初日に行われるテストの結果から目標が設定されます。

目標に到達していない場合、補修の授業が行うことで弱い部分をカバーしていけるので安心です。

(または、レッスンを受けない場合、条件付で返金制度有。)

自分の英語スキルを確認できるオンラインツールも取り入れているので、逐一自分がどのレベルにいるのかを知ることができます。

学校周辺は、ブリスベンの街の中心にあるため、利便性が良く快適に過ごせます。

アクティビティも豊富なので、学習以外にも楽しむことができます。

アクティブは、キャンパスごとに異なる企画がされています。

留学生仲間と交流を持つよい機会です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~11週間 12~23週間 24週間以上
Semi-Intensive English $410/週 $395週 $385/週

※24コマ/週

※他コース有

③Kaplan International Brisbane

世界でも有名な語学学校です。

Kaplan International Brisbaneは、カプラン独自の学習メソッドを持つ語学学校です。

英語圏の6ヵ国に語学学校を展開しているため、高い信頼を得ています。

レッスンは、カプラン独自の学習メソッド、対面式授業とオンライン学習それぞれの利点を合体させた効率的なレッスンで英語力を養います。

また、講師は有資格者を採用し、効果的な指導を行います。

学内は、電子黒板を使用することでパソコンとの連携を図り、復習しやすい体制を作っています。

また、教材を借りられる図書館や屋外テラスがあるため、リラックスしながら勉強をすることができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~12週間 13~17週間
General English $345/週 $335/週

※20コマ/週

※他コース有

④Browns English Language School Brisbane

複数の受賞をしている語学学校です。

Browns English Language School Brisbaneは、ブリスベン内の語学学校でトップ3に入る実績を持つ語学学校です。

「クイーンズランド州首相エクスポート・アワード」「STMスター・アワード」「オーストラリアン・エクスポート・アワード」などの受賞歴があります。

レッスンは、英語4技能(読む・聞く・書く・話す)+4システム(語彙・文法・発音・実用)を中心に行われています。

一般英語の他に、各種検定試験に向けたコースがあるので、目的を持った方にもおすすめです。

また、バリスタコースや進学英語コースなどがあります。

学校周辺は、ブリスベンの中心部にあるので、レッスン後に買い物に行くことも可能です。

ちなみに、ブリスベン校はビギナークラスが唯一あるので、英語の基礎(中学1、2年生レベル)からじっくりやり直すこともできます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~5週間 6~12週間 13~17週間 18~24週間 25週間~
一般英語 $440/週 $435/週 $425/週 $410/週 $395/週

※他コース有

⑤EF International Language Centre

ブリスベン川近くにある語学学校です。

EF International Language Centreは、ブリスベン川の近くにあり人工のシティビーチや、ショップやレストランが集まるため、おしゃれなエリアとして人気があります。

レッスンは、6週間ごとに1レベルの語学力向上を目標としてレッスンが進められます。

ITツールなど駆使し、効果的な学習を提案することで飽きづらく、効果的な勉強をすることができます。

一般英語の他各種試験対応コース対応です。

学内は、図書館やプールやジムやスタジオや食堂があり、快適に過ごすことができます。

EFアクティビティも豊富で学業と余暇を満喫できます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 2~8週間 10週間 12週間
一般英語 ¥63,900 /週 ¥623,600 ¥736,000

※他コース有

1ヶ月以上の中期・長期でおすすめな学校6選

しっかりと英語を勉強したい方向けの学校紹介です。

①Navitas English, Brisbane

オーストラリア最大規模の語学学校です。

Navitas English, Brisbaneは、オーストラリア最大の規模を持つ語学学校です。

30年の実績をもち、毎年8,000人もの生徒を指導しています。

レッスンは、日常的な会話の指導の他に各種試験対策も行われています。

校内では英語以外の言語を不可としているため、英語脳で思考する訓練になります。

オンライン学習システムも取り入れているので、弱点を強化するトレーニングになります。

アクティビティも充実しています。

映画の鑑賞や学内からの旅行などを通して、クラス外の留学生仲間と交流を持つことができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~10週間 11~20週間 21~30週間 31~40週間
一般英語 $358/週 $348/週 $338/週 $328/週

※他コース有

②Langports, Brisbane

ゴールドコースやシドニーにもキャンパスがある語学学校です。

Langports, Brisbaneは、2014年に設立され、ブリスベン以外にもゴールドコースやシドニーにもキャンパスがあり、転校することも可能です。

レッスンは、科目ごとに苦手な分野の克服ができるように、クラスの選択が可能です。

そのため、効果的に弱点を強化することができます。

特に、リスニングやスピーキングのレッスンの強化に努めることでコミュニケーション力をつけます。

毎週始めに講師と対面のミーティングがあるので、個々の目標を確認できます。

アクティビティは、近隣への旅行や見学など、息抜きして楽しめるものが充実しています。

クラス外の新しい友達作りの良い機会になっています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~7週間 8~15週間 16~30週間 31週間以上
Intensive English $405/週 $385/週 $365/週 $345/週

※他コース有

③Language Studies International Brisbane

リピーターも多く通う語学学校です。

Language Studies International Brisbaneは、兄弟や親子2代に渡って留学する方が多い信頼が厚い語学学校です。

ヨーロッパ方面やアジアや中東からの留学生も多く通い、クラスの構成比率のバランスがとれている環境です。

レッスンは、一般英語コースの他に各種検定試験の対策コースがあります。

アルバイトを希望する方や、ワーキングホリデービザの方に向けた書類の書き方も指導してくれます。

また、仕事の紹介をしてくれる会社を紹介してもらえるので、自ら仕事を探すよりも就労しやすくなります。

学校周辺は、ブリスベンの中心にあるため、レストランやカフェなど豊富にあります。

校内は、学生ラウンジやコンピュータールームや自習室もそろいます。

アクティビティでは、ブリスベンならではのコアラ保護区の観光もあります。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~3週間 4~11週間 12~15週間 16~17週間
General 20 $350/週 $335/週 $325/週 $315/週

※20コマ/週

※他コース有

④Oxford House College, (Holmes Institute) Brisbane

海外やオーストラリア内に複数のキャンパスを持つ語学学校です。

Oxford House College, (Holmes Institute) Brisbaneは、イギリスやアイルランドやアメリカやカナダなどの英語圏にキャンパスを持ち、オーストラリア内にも複数のキャンパスがあります。

レッスンは、初級から上級まで分かれているので、上のクラスに上がれることを目標に勉強を進めます。

特に、ヒアリングやスピーキングを重視し、リーディングやライティングもトータルに身に着けられるように指導しています。

講師陣も指導経験が豊富な方を集めているので質の高い指導を受けられます。

学校周辺は、ブリスベンの中心地にあり、食事やショッピングにも便利な立地です。

公園の芝生で、コーヒー片手に仲間とおしゃべりをしたりしながら留学生活を楽しむことができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~4週間 5~12週間 13~23週間 24~35週間 36週間以上
General English $345/週 $330/週 $315/週 $300/週 $295/週

※20コマ/週

※他コース有

⑤Lexis English

設立20年の歴史ある語学学校です。

Lexis Englishは、設立されてから20年の歴史を持つ語学学校です。

長い実績から、レッスンにたくさんのアクティビティを取り入れることで、飽きずに楽しみながら学べるようなレッスンにしています。

レッスンは、質の高い授業を念頭にスピーキングに力を入れ、会話力を養います。

レッスンで習った内容を会話の中で使用することを求められるので、文法を意識したスマートな会話を自然と身に着けられます。

学内は、日本人の人口が少ないことで集中して英語を学ぶことができる環境です。

アットホームな雰囲気で、講師との関係も良好との評判があります。

定期的な面談では、学力以外の面でも快適に過ごせているか配慮してくれます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~4週間 5~12週間 13~17週間 18~24週間 25~36週間 37週間以上
General English $470/週 $450/週 $440/週 $420/週 $410/週 $400/週

※20コマ/週

※他コース有

⑥International House, Brisbane-ALS

担任制度を取り入れた、面倒見の良い語学学校です。

International House, Brisbane-ALSは、ブリスベンの中心地にあり、担任制をとっているためしっかりと生徒のレベルを把握しながら指導しています。

レッスンは、英語の土台となる基礎を3つに分けてしっかりと勉強した上で、個々のレベルに合わせてスピーキングや発音を学んでいきます。

学内は、プールがありレッスン以外の時間にリラックスすることができます。

また、寮はプールのそばにあるため、通学に困りません。

学校周囲にもショッピングセンターやカフェやレストランがあるので便利です。

アクティブティも積極的に行い、バーベキューの他に1日旅行や、クッキングといった留学生仲間で仲良くなれるイベントが充実しています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~13週間 14~26週間 27~72週間
General English $370/週 $360/週 $350/週

※20時間/週

※他コース有

ブリスベン留学でおすすめの学校を目的別に紹介

目的別に語学学校を分けてまとめました。

マンツーマンで学べるおすすめの学校【ILSC AUSTRALIA Brisbane】

ILSC AUSTRALIA Brisbaneは、基本的にグループレッスンで進められていますが、苦手な個所や気になることころを、マンツーマンレッスンで解決することができます。

レベルに合わせた指導もしてもらえるので、おすすめです。

レッスンは、基礎英語から各種試験対策コースもあるため、目的を持って通う方も多くいます。

選択科目は練習時間が多く良い、との話が聞かれました。

朝に行う英語でのプレゼンテーションも名物になっており大勢の前で話す訓練になっています。

他の留学生仲間とのコミュニケーションのきっかけにもなっています。

学内は、テラスやキッチンやパソコンルームや卓球台やギターやWiiまであるので、勉強で疲れた気分の時にも良い気分転換になります。

DVDの貸し出しもOKのため、快適に過ごすことができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 4週間 12週間 24週間 48週間
総合英語コース $1,480 $4,200 $7,920 $15,840

※他コース有

スパルタで本気で学べるおすすめの学校【Impact English College Brisbane】

スパルタではありませんが、厳しいEOPがある語学学校です。

Impact English College Brisbaneは、2015年に設立された語学学校です。

メルボルンにある語学学校と同じカリキュラムでレッスンが行われ、転校することも可能です。

どちらの学校にも共通で課せられているのが、徹底したEnglish Only Policyです。

母国語を使用することで課題を課すなどの処置や、自宅での待機などの厳しい処置もあるので、英語を学ぶ場として厳しい環境です。

アクティビティは、毎日開催されているので、厳しい環境下でもリラックスして楽しむことができます。

楽しいおしゃべりタイムで英語でのコミュニケーション能力が上がることで、レッスンにもさらに意欲的になれます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 4週間 12週間 24週間 48週間
一般英語 $1,480 $4,440 $8,880 $17,760

※他コース有

※レッスン数は週15回(75分と90分のレッスン有)

女性でも安心して学べるおすすめの学校【LANGPORTS English Language College】

学校間で転校ができる語学学校です。

LANGPORTS English Language Collegeは、2014年に設立されました。

ブリスベンの他にもゴールドコースやシドニーにキャンパスがあります。

レッスンは、平均10~12名の少人数制で落ち着いた雰囲気で、英語を学ぶことができます。

初めて英語留学した方でも馴染みやすくおすすめです。

毎週の始まりにはレベルチェックの確認があります。

また、講師と面談があるので講師との距離感も近く、質問しやすい雰囲気です。

近年は、大学進学を希望する方へのパッケージ留学も人気があります。

アクティビティは、月ごとに企画されています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~4週間 5~12週間 13週間~
一般英語 $450/週 $435/週 $420/週

※他コース有

とにかく安く通えるおすすめの学校【International House, Brisbane-ALS】

格安でも担任制度で面倒見の良い語学学校です。

International House, Brisbane-ALSは、ブリスベンの中心にあるリーズナブルな語学学校です。

格安ながらも担任制をとっており、生徒のスキルをしっかりと把握してレッスンを行います。

レッスンは、英語の基礎をしっかりと勉強してから、スピーキングや発音へと段階を追って進めていきます。

学内は、プールがあるのでレッスン外の時間に息抜きするにはぴったりです。

寮も学校の横にあるので、通学に時間もかかりません。

帰宅してすぐに復習にとりかかることができます。

アクティブティは、留学生仲間で盛り上がれるバーベキューや日帰り旅行など盛んに企画されています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~13週間 14~26週間 27~72週間
一般英語 $370/週 $360/週 $350/週

※他コース有

ブリスベン留学で英語が伸びなかった人の失敗談

ブリスベン留学で、あまり効果が感じられなかった方の話をまとめました。

日本人とばかり常に共に行動

シドニーやメルボルンといった大きな都市に比べると、日本人の人口が低くなりますが、人気のある都市なので、日本人の滞在者も多くいます。

そのため、ついつい日本人と日本語で過ごしてしまったという話をよく聞きます。

温暖である気候と冬場に過ごしやすい特徴から、好んで住んでいる方も多くいます。

また、シドニーやメルボルンよりも都会過ぎず田舎過ぎない規模の都市での生活は住みやすいので、日本人に遭遇する可能性も多くなります。

なるべく、日本語で会話せず、英語で会話することや、メールも英語のみでやりとりをするなど工夫する必要があります。

ステイ先の家族の訛りがすごい

aの発音に慣れない日本人は、まるで違う単語に聞こえてしまうこともあります。

にこやかに話しかけられていると思ったら、todayがto dieに聞こえて焦ったとの話も聞きました。

聞きなれないアクセントに戸惑いを感じることもありますが、耳が慣れると次第にコミュニケーションしやすくなってきます。

オーストラリア人にとってもアメリカ英語を聞く機会はハリウッド映画など観ることなどで意外とあるため、無理にオージーイングリッシュに合わせなくても、言いたいことは伝えられます。

水不足で生活が大変

実はオーストラリアは、降水量も少なく砂漠の地域が多いため、慢性的な水不足になりがちです。

そのため、2019年は10年ぶりの給水制限が出されたほどです。

ホームステイしている場合、シャワー時間の制限がありシャワーにかける時間が2分から5分といった家庭もあります。

勉強の合間にゆったりとお風呂につかりたい方には少々厳しい生活になるでしょう。

日本と違い、毎日お風呂で髪の毛を洗う習慣もありません。

そのため、オーストラリアは「ドライシャンプー」が人気です。

「ドライシャンプー」は水を節水できるので、日常的に利用する方も多くいます。

種類も豊富なので、スーパーなどで見かけることも多いアイテムとなっています。

ブリスベン留学で英語が伸びた人の評判・口コミ

ブリスベン留学で効果を感じられた方の話をまとめました。

ホームステイ先のファミリーと一生の付き合いができる仲になれた

ホームステイは現地の家族の一員として扱われる分、生活習慣を学びやすく常に英語で会話する機会が多くあります。

そのため、家のルールを守る必要がありますが、メリットも大きいでしょう。

ただし、ホームステイ先で理不尽な扱いを受ける場合や、勉強する環境にならない場合などの問題が生じることもあります。

事前にエージェントや学校を通して信頼のおけるホームステイ先を紹介してもらえるようにしましょう。

交通の便もよくローカルもフレンドリー

ブリスベンの街はクイーンズランド州内共通のICカードGO CARDというカードでバス・電車・フェリーが使える優れものです。

しかも、チャージ金額もネットで確認できるので便利です。

アクティブにブリスベンの街を快適に移動しつつ、ローカルの方が気軽に挨拶してきたり話しかけてくるフレンドリーさがとても生活しやすいと留学者の方の話にありました。

モチベーションが上がると英語を学ぶ意欲も高まりますね。

語学学校の寮のイベントに参加することで英語力が上げられた

語学学校の寮のイベントは、留学生仲間で親しくなれるように企画されています。

普段のレッスンで習った英語を試して使ってみる場でもあるので、英会話の練習をするにはぴったりです。

イベントに参加することで、普段違うクラスで話さない方と仲良くなれたという話もありました。

アクティビティに積極的に参加することで、交流も広がります。

楽しみながら英語力をアップさせられると学校生活も充実できますね。

ブリスベン留学でおすすめのエージェント14選

ブリスベン留学を扱うエージェントまとめです。

①XL Education

目的ごとにゴールを設定してくれるエージェントです。

XL Educationは、各種検定を合格したいといった具体的な目的から、英語+アルファで学びたいことがある方などのサポートをしてくれます。

手配は、全てを代行するのではなく、留学者が手続きをするように補助的にサポートします。

補助的にサポートすることで本人の経験の糧にするためです。

多忙の方で手続きが難しい方でも代理で手続きしてもらうことが可能なので安心です。

②アイエス留学ネットワーク

無料手配の老舗エージェントです。

☆アイエス留学ネットワークは、1994年に設立されたエージェントです。

毎年、必ず現地の学校を回り、面談することで変更点や雰囲気を確認しています。

およそ100校も超える提携先の語学学校を持つので、豊富な提携先の語学学校の中から最良の語学学校を選択できます。

現地サポートも24時間頼むことができるので、緊急の用件の時にも安心です。

ケガをした時や病気の時などサポートしてもらえ安心して留学することができます。

③ICN 留学情報館

ニーズを分析して、最適な留学を提案してくれます。

ICN 留学情報館は、シドニーを中心とした提携先を持つエージェントです。

オーストラリア全土の中から最も適した都市の語学学校を紹介してくれます。

英語の学習以外にも、体験型のアクティビティのある語学学校も多数扱うので、思い出深い留学生活を送ることができます。

④オーストラリア留学センター

新しい情報を把握して、しっかりとサポートしてくれます。

オーストラリア留学センターは、無償のサポート料金で手配をしてくれるエージェントです。

無償ながらも、留学生のサポートを第一に考え、トラブルが生じた場合は親身になって解決してくれます。

オーストラリア政府公認・留学カウンセラー資格PIER(Professional International Education Resources)を取得しているカウンセラーが在籍しているので、相談に対してスピーディーに解決してくれます。

⑤シドニー留学センター

2ヵ国留学をおすすめしているエージェントです。

シドニー留学センターは、2ヵ国留学をおすすめしているエージェントです。

世界に9都市に支店があるため、最初にフィリピンで語学留学した後に、オーストラリアへ留学するという案も提案できます。

オーストラリアにも支店があるので、トラブルや病気などの際の相談も可能です。

留学前に英会話のサポートレッスンもあり、しっかりと勉強してから留学することができます。

⑥YAC Agency

オーストラリア留学に特化したエージェントです。

YAC Agencyは、オーストラリアを専門とすることで、より深くオーストラリアの魅力についてアドバイスをもらうことができます。

オーストラリアでの食生活や風習などについてもアドバイスしてもらえるので、現地の方と話す時にもコミュニケーションがとりやすく役立ちます。

提携先の語学学校は実際に目で確認したところのみを紹介してくれるので、トラブルが起きにくいのもポイントです。

会員制ではなく、気軽に相談しやすいので活用しやすいエージェントです。

⑦オーストラリア留学ネット

親子留学もおまかせのエージェントです。

オーストラリア留学ネットは、一般の語学留学以外にも親子留学も扱うエージェントです。

親子で留学できる安全な都市の語学学校などの情報も豊富です。

一般の語学留学や親子留学の他にも、ワーキングホリデーも扱います。

カウンセラーの方も海外生活が豊富なので頼りにすることができます。

また、予算から相談することもできるので、予算内で希望に沿った留学をサポートしてくれます。

⑧ラストリゾート

親子留学以外にも、小中高のお子さんの留学も扱うエージェントです。

ラストリゾートは、小学生からシニアの語学留学まで幅広く扱うエージェントです。

留学前から安心して留学できるように、オンライン英会話や英会話レッスンの受講をすすめています。

今までの留学サポート実績数も11万人を超えています。

長年の実績から、自信を持っておすすめできる語学学校を紹介してもらうことができます。

全国で200カ所での説明会も無料なので、気軽に参加できおすすめです。

⑨ワールドアベニュー

英語留学の他にも、フランス語やドイツ語留学も扱うエージェントです。

ワールドアベニューは、英語だけではなく、フランス語やドイツ語の留学も扱います。

そのため、多くの地域に留学サポート経験があり、信用のおけるエージェントです。

看護留学など専門の留学も扱うので、英語の他にプラスで学びたいことがある方に最適です。

英語上級者で実践的な経験が積みたい方にも、インターンシップ留学を相談することができます。

⑩iae留学ネット

無償サポートのエージェントです

iae留学ネットは、無償でサポートしてくれるエージェントです。

留学前のカウンセリングに定評があり、しっかりとヒアリングしてくれるとの評判です。

「無料サポート」と「選べるサポート」があることで、必要なサポートのみお願いすることも可能です。

リーズナブルに留学したい方には、チョイスしてサービスを受けることで、不必要な出費も減らすことができるのでおすすめです。

⑪留学ジャーナル

アジア最優秀留学エージェントで選ばれています。

留学ジャーナルは、「ST Star Agency Asia(アジア最優秀留学エージェント)」に過去3回選ばれています。

そのため、提携校も6,000校を超えています。

豊富な留学国の候補があるので、選ぶ選択肢も多いのがメリットです。

また、留学前に有料にはなりますが、英会話レッスンがあるため、自信を付けてから留学に旅立つこともできます。

帰国後もレッスンを割引で受講することができます。

⑫留学ドットコム

2ヵ国留学の手配もお願いできるエージェントです。

留学ドットコムは、フィリピンで徹底的に英語の基礎学力を上げてから、つぎの国で実践的な会話ができるように留学をサポートしています。

長期で留学できない忙しい方には、短期の留学プランも提案してもらえるので、短期留学希望の方にも利用できます。

留学経験のあるカウンセラーが留学前のヒアリングをしてくれるので、具体的なアドバイスがもらうことができます。

⑬オーストラリアインフォメーションセンター

オーストラリアの支店は6か所です。

オーストラリアインフォメーションセンターは、オーストラリアに6支店あり日本には4支店があります。

そのため、日本での留学前の相談から、現地に着いてからのサポートも充実して受けることができます。

現地の生活で病院にかかる際の付きそいや、銀行口座の開設のサポートなどもお願いすることができます。

ホームステイ先も確認した上で、マッチングしてくれるので安心できます。

⑭アクティブウーマン留学センター

女性のための留学エージェントです。

アクティブウーマン留学センターは、女性が留学する際に必要な情報や、不安などを丁寧にアドバイスしてくれるエージェントです。

2005年に設立されてから3,000名以上の女性の留学サポートを手掛けています。

海外で留学する際に、女性の場合は何かと不安になるものです。

デートに誘われたけどどう返事をしたらよいか、など具体的なアドバイスを海外生活豊富なアドバイザーが答えてくれます。

安全に留学して、英語と人生を充実させるための留学プランを提案してくれるので、海外に興味があり、留学への迷いを感じている方にはおすすめです。

ブリスベン留学に行くなら必須の持ち物3選

ブリスベン留学にある役立つ持ち物の紹介です。

必須の持ち物①変換プラグ

プラグの形が日本と異なります。

ブリスベンで使用できるコンセント形状は、O型です。

日本で使えるコンセント形状とは違う形になるため、専用のプラグが必要になります。

100円ショップで購入することができるので、予備を含めて多めに用意しておくと、壊れた際にも安心できます。

変圧器は、Amazonなどのネット販売で購入することができます。

変圧器は値段が高くなるので、よほど必要なければ基本的には必要ありません。

ちなみに、ドライヤーは使用するのに高いワット数を必要とするので、対応した変圧器を買おうとすると、2万程と高額になってしまいます。

ドライヤーは現地で購入した方が、断然お得です。

20ドルもあれば手に入るので、こだわりのあるドライヤーを使いたいということが無ければ大丈夫でしょう。

必須の持ち物②日差しから守るアイテム

オゾン層が薄いオーストラリアでは、紫外線が日本の5倍です。

南極近くのオゾン層が薄く、紫外線がダイレクトに降り注いでいる現状があります。

そのため、普段からサングラスや1枚羽織るものがあると安心です。

とても日差しが強いため、肌へのトラブルも起きやすくなっています。

オーストラリア人は肌が弱い体質ということもあり、日焼け止めをこまめに塗り直す対策をしています。

幼い子供への帽子の着用も必須です。

こまめに塗り直す必要性から、紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤がメインの日焼け止めの成分になっていますので、少々べたつきが気になる場合があります。

日本の日焼け止めはべたつかずさらりとした使用感のものがあるので、用意して行くと快適に過ごせます。

必須の持ち物③常備薬と英文処方箋

薬の持ち込みが厳しく制限されています。

オーストラリアでは、薬の持ち込みに関して厳しく制限されています。

数日分の量の場合は、確認されることもあまり無いと思われますが、長期の滞在で3カ月以上の常備薬を持ち込む場合は申告する必要があります。

持ち込む際は、オーストラリアの保健省に直に連絡する必要があります。

何の目的でどんな薬の成文を持ち込むのかを知らせ許可してもらわなくてはならないので、英文の処方箋が必要となります。

英文の処方箋は、薬局で頼むことができます。

2,000円程となりますが、入国の際に確認されることもあるので、用意しておきましょう。

まとめ

今回、ブリスベン留学について主に、以下の点からご紹介しました。

・費用

・持ち物

・おすすめの学校など

ブリスベンは、シドニーやメルボルンよりも規模が小さくなる分、コンパクトで行きたいところにすぐに移動できる便利さがあります。

大都会のシドニーに比べて、人々ものんびりしているので、気さくに話しかけられることも多いでしょう。

また、ブリスベンならではの自然の豊富さも、留学するポイントになります。

日本でも大変人気なコアラの抱っこは、パースとブリスベンとアデレートのみで許可されているので、とても貴重な都市ですね。

愛らしいコアラが抱けるのは、オーストラリアならではの魅力です。

1つの大陸に1つの国のオーストラリアは、のんびりとした平和さがあります。

ブリスベンは街を歩くと、おしゃれなカフェもあり女性ならずとも、思わずカフェ巡りをしたくなる雰囲気があり非常におすすめです。

オーストラリアには、独自のカフェ文化があるのでブリスベンでも近年カフェが新しくできています。

朝ごはんを食べにカフェへ、そして、朝の休憩時にカフェへといった具合に生活に根付いています。

まるで、日本の名古屋のようです。

治安もよく、カフェ文化が浸透しているブリスベンへの留学は魅力的です。

これから留学しようと考えている方にぜひおすすめしたい都市です。

関連記事

  1. 留学先の住居 住居の探し方:留学を自分で手続きする方法
  2. オーストリア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・…
  3. 就職活動をする女性 留学から帰国後にスムーズに就職するための4つのコツ
  4. 海外留学を予定している学生におすすめしたいクレジットカードを厳選…
  5. 留学の費用を安くする7つの方法
  6. 英語力だけじゃない!初めての海外留学で得られる3つのこと
PAGE TOP