カナダ留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比較!メリットや体験者の口コミも紹介

カナダは北アメリカ大陸北部に位置し、ロシアに続いて世界で2番目に大きな国です。

世界各国から移民を受け入れており、さまざまな文化を尊重し合う環境があります。

国土の半分を森林が占める自然豊かな国であり、世界三大瀑布のナイアガラの滝やメープル街道など観光スポットも多数。

今回はそんなカナダに留学する魅力と、おすすめの留学エージェントについてご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

関連記事:人気の留学エージェントおすすめランキング8選【2020年版】

 

~EIKARA編集部イチオシの留学エージェントは格安で留学できる「スマ留!」~

これからカナダに留学する予定の方におすすめの留学エージェントが、CMでもお馴染みの「スマ留」です!

スマ留は、一般的な留学と比べて、最大半額の費用で留学できるのが最大の特徴です。

「金額が安いと、それだけサポートの質が悪いんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、安心してください。

スマ留は、「語学学校の稼働率が少ない時間を活用している」「留学エージェントへの手数料がない」などの独自の仕組みを構築しているため、最大半額まで安くなっているのです。

その他にも、

  • 「語学学校ごとに授業料が同一価格だからわかりやすい」
  • 「現地でも365日24時間のサポートを受けられる
  • 「留学前のオンライン英語学習サポートが充実している」
  • 「オンラインからでも、申し込みができる」

など、メリットがたくさんあります。

また2021年9月現在、スマ留では「カナダ有給インターンシッププログラム」を提供中です!

カナダでの海外生活に加え、現地のホテルでお給料をもらいながら働くことができます。

  • お金をもらいながら海外生活をしてみたい!
  • 海外での就労経験を得たい!
  • 観光サービス業で将来英語を使って働きたい!

というあなたにおすすめです!

こちらも無料カウンセリングで詳細を聞くことができるので、興味のある方は公式サイトも覗いてみてくださいね!

スマ留は、新宿サロン、オンラインでの無料カウンセリングを実施しています。

興味のある人は、ぜひ気軽に参加してみてください。

 

<目次>

カナダ留学する人におすすめの人気留学エージェント7選

カナダは自然を楽しむことができ、またトロント、バンクーバー、モントリオールといった大都市を満喫できる国。

公用語は英語とフランス語のため、2か国語に触れることもできます。

移民が多く外国人を受け入れやすい雰囲気があり、留学する方にとっては過ごしやすいと言えるでしょう。

ここではカナダ留学する人におすすめの人気留学エージェントをご紹介します。

1. 留学タイムズ

1999年創立の「留学タイムズ」は世界45か国、5,000以上の学校を紹介できる留学エージェント。

3万人以上の留学生をサポートし、最適な留学プランを二人三脚で作り上げるのが人気。

手数料無料、授業料は正規料金を掲載し、最低価格保証を行っています。

「留学タイムズ」は大手旅行会社のHISと業務提携し、留学プランと航空券を同時申し込みが可能です。

リピーター特典、学生割引、お友達紹介キャンペーンなどお得な情報もご用意。

HIS留学・寮滞在パッケージプランもあり、学費や諸費用を抑えた留学を可能にします。

エージェント情報

会社名 国際教育交流センター
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル9階

H.I.S語学研修デスクカウンター

TEL 0120-697-245

03-5360-8911

営業時間・定休日 11:00~18:00

2. カナダ留学コンパス

「カナダ留学コンパス」は一人一人に向き合い、ヒアリングから最適な留学プランを提供。

カナダのバンクーバーと東京にオフィスを構え、サポートも万全で安心の留学エージェントです。

留学の代行や斡旋でだけでなく、留学コンサルティングを提供。

トロント、ビクトリアにも提携オフィスを置き、5,000人以上の留学生をサポート。

カナダ留学コンパスメンバーズシップに加入でき、さまざまなサービスが無料。

銀行口座開設、社会保険番号手続き、仕事探し相談、部屋探し、各種イベントなどを提供。

また留学の延長からカナダへの永住のお手伝いも行っています。

エージェント情報

会社名 Canada Japan Consulting Services Ltd
所在地 東京オフィス:東京都港区六本木7丁目8番6号 AXALL ROPPONGIビル7F

バンクーバーオフィス:Suite914 510 West Hastings Street Vancouver B.C. V6B 1L8

TEL 東京オフィス:03-4405-3370

バンクーバーオフィス:1-778-580-7903

営業時間・定休日 月曜〜金曜 10:00〜18:00

定休日:土曜:日曜

3. BRAND NEW WAY(ブランニューウェイ)

「BRAND NEW WAY」は東京オフィスとカナダ8都市で留学生をサポート。

カナダ最大の日本資本の留学エージェントで、カナダ全土の300校以上の語学学校、カレッジ、大学と提携しています。

トロントには日本人スタッフが10名在籍し、他社では真似できない細かなフォローを可能にしました。

トロント、モントリオール、ビクトリア、ケロウナ、ロンドン、オタワ、バンクーバー、カルガリーにて現地サポートが可能。

ボランティア、インターンシップ、無料英語クラスなどの情報を提供。

旅行、保険、TAX RETURNなどの代理店業務も行っています。

エージェント情報

会社名 BRAND NEW WAY 株式会社
所在地 東京オフィス:東京都千代田区神田小川町 3-1

カナダオフィス:#604, 2323 Yonge Street, Toronto, ON. M4P 2C9

TEL 東京オフィス:03-5244-5981

カナダオフィス:416-544-9001

営業時間・定休日 火曜〜土曜 11:00-19:00

定休日:月曜・日曜

4. ウエストコーストインターナショナル

「ウエストコーストインターナショナル」では一人一人を主人公と考え、理想にあった留学プランを提供する留学エージェントです。

入学手続きの手数料は無料で、留学保険なども現地で申し込めるためリーズナブルな価格設定。

日本とカナダでダブルサポートが万全で、安心して留学生活を送れます。

留学を通して効率的に英語力を伸ばす方法を提供、またカリキュラムに優れた学校を提案します。

現地オフィスではトラブルなどの対応だけでなく、バーベキュー、野外キャンプ、スノーボードイベントなどを随時開催。

留学生同士の交流を楽しみ、カナダを満喫できるお手伝いをします。

エージェント情報

会社名 ウエストコースト日本支社
所在地 日本支社:東京都港区南青山2-2-8 DFビル10F-1018J

カナダ本社:Suite 216 402 West Pender Street Vancouver, British Columbia Canada, V6B 1T6

TEL 日本支社:03-6438-0922

カナダ本社:+01-604-687-1883

営業時間・定休日 火曜〜土曜10:30 ~ 19:00

定休日:日曜・月曜・祝日

5. ウィッシュインターナショナル

1987年の設立「ウィッシュインターナショナル」は東京・名古屋・横浜にオフィスを構え、10万人以上の留学生をサポートする留学エージェントです。

世界10各国22都市にサポートオフィスを設置。

カナダにはバンクーバー、ビクトリア、トロント、モントリオール、プリンスエドワード島に現地オフィスがあり、オリエンテーション、アフターケア、各種イベントを提供しています。

「ウィッシュインターナショナル」では出発前の「留学準備講座」を行い、英語力の向上、現地で役立つ情報などを提案。

帰国後は「グローバルキャリアデザイン」を提供し、就職・転職に向けた担当スタッフがバックアップします。

エージェント情報

会社名 ウィッシュインターナショナル株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49階
TEL 0120-470-790
営業時間・定休日 月曜〜金曜 10:00〜20:00 土曜・日曜 10:00〜19:00

6. ラストリゾート

「ラストリゾート」は基本サービスを無料とし、11万人以上の留学をサポートした実績を持つ留学エージェント。

全国200か所で無料カウンセリングを行い、留学プランをカスタマイズできます。

8か国12都市に直営現地オフィスを設置し、安心と充実のケアを提供。

留学生活を充実させるために出発前の英語力アップが鍵です。

オンライン英会話や英会話優待レッスンを利用可能。

カナダではバンクーバーとトロントにオフィスがあり、渡航後からスムーズに生活できるシステムをサポートします。

エージェント情報

会社名 ラストリゾート(NOVAホールディングス株式会社)
所在地 日本本社:東京都品川区東品川2-3-12 シーフォートスクエアセンタービルディング 9F

バンクーバーオフィス:#850-609, West Hastings Street, Vancouver, B.C., V6B 4W4

TEL 0120-999-555
営業時間・定休日 11:00〜20:00

年中無休

7. 留学情報館

「留学情報館」は学費の最安値保証と手数料無料で、6,000人の利用実績を持つ留学エージェント。

留学経験者、海外大学卒、世界一周した個性豊かなカウンセラーたちが、留学の夢を応援します。

バンクーバー、トロントに提携オフィスがあり、現地での留学生活をサポートします。

先輩留学生に会える交流会、留学生による情報をまとめたハンドブックなどを提供しています。

留学前から就職サポートを無料で実施。

留学中に英語のスキルアップなど計画を立てやすくなります。

また出発前・帰国後は英会話レッスンを最長1年間受講可能。

エージェント情報

会社名 株式会社留学情報館
所在地 東京都新宿区西新宿7丁目2-12 松下産業ビル4F
TEL 0120-053-0530
営業時間・定休日 月曜〜金曜 10:00~20:00  土日祝10:00~19:00

カナダ留学でエージェントは何をしてくれるの?利用する5つのメリット

留学を計画しようと考えた時、まずはどのような準備をすればよいか迷うものです。

結論として、留学エージェントに依頼すれば、不備なく準備できると言えるでしょう。

ここでは留学でエージェントを利用する5つのメリットをご紹介しましょう。

1. 留学カウンセリングができる

留学エージェントではヒアリングを行い、留学の目的・目標、行きたい国やエリア、学びたい授業内容を明確にします

また予算内に収められる学費や渡航費なども提案。

カウンセラーと一緒に、出発前・滞在中・帰国後に関しても具体的なスケジュールが立てられます。

2. 理想の学校・プログラムを紹介してもらえる

カウンセリングにて理想の留学プランが決まったら、予算内で留学できる学校を複数紹介してもらえます

大学の場合は受験するために必要な英語力などの提示。

勉強だけでなくアクティビティやイベントについてのスケジュールも提案。

また交通手段、滞在方法、周辺環境などの情報も得られます。

3. 学校への出願・滞在先の申し込みを代行してもらえる

学校や学習内容が決まったら、学校の願書の取り寄せ、作成、提出へと進みます。

同時に希望の滞在パターンを決め、その申し込みを留学エージェントが代行

必要書類をすべて揃えて、提出期限や記入内容を確認。

通学予定の学校についての質問は、留学エージェントが問い合わせてくれます。

4. 渡航直前までの準備サポートが受けられる

学校が決まった後は、渡航までの準備をサポートします。

授業料の送金、海外保険の手続き、航空券の購入、現地オフィスへの連絡など。

ホームステイを希望の場合は、ホストファミリー探しとマッチングを行います。

また留学エージェントによっては無料の英会話レッスンが受講可能。

5. 現地オフィスでサポートをうけられる

留学先で心配になることは、思いもよらないトラブルが起きた時です。

犯罪、事故、病気や怪我などの緊急事態、また先生との相性や授業内容、ホストファミリーとの人間関係など。

そんな時は留学エージェントの現地オフィスのサポートを利用できます。

また現地オフィスではイベントやさまざまなオプションを用意しており、事前にチェックしておくとよいでしょう。

編集部おすすめ「スマ留」でカナダ留学を見積もってみる⇒

こんな留学エージェントはアウト!選んではいけない留学エージェントの特徴3選

留学を成功させたいからこそ、留学エージェントを利用する方が大半です。

ただ留学エージェントの数は多く、何を基準にしてよいか迷うもの。

ここでは選んではいけない留学エージェントの特徴についてご紹介します。

1. サービス内容と料金が不透明

留学エージェントでは入学手続きやカウンセリングなどを、無料で提供する会社が大半です。

ただ無料と表示している内容や、申し込みプランによって範囲が異なる場合があるのでチェックしましょう。

特に現地でのサポートが有料の場合もあるため、細かく確認することが大切。

またパッケージブランを提案された場合は要注意です。

プラン内容が不透明な場合があり、不要なサービスが含まれかえって損をするケースも。

料金が上乗せされていることもあり、サービスに見合った金額かどうかをチェックしましょう。

また留学相談を受けるだけで有料となる留学エージェントも存在するため、事前の確認は大切です。

2. 現地の情報量が少ない

学校や滞在するエリアは留学生活を左右するため、現地の情報について詳しいかどうかがチェックポイント。

希望にあった学校の紹介数、提携している学校数なども確認しておきましょう。

予算内で収まる学校を選んだとしても、授業の質が低い場合はお金の無駄となります。

また滞在エリアの治安や物価についての情報を豊富に持っているかをチェック。

滞在先から学校までの利便性、周辺環境の充実度、買い物やエンターテイメントの情報などに詳しいプロを選び部ことが大切。

また現地オフィスまでの所要時間やサポート内容を確認しましょう。

3. 留学費用が外貨表示でない

学校の見積書や請求書の内容は必ずチェックしましょう。

もし受け取っていない場合は、必ず依頼することが大切。

見積書や請求書の金額が外貨表示ではなく、留学エージェント発行の日本円表示のみの場合は要注意。

正規価格でない場合があります。

学校からの見積書や請求書は外貨表示が通常であり、日本円に換算することで授業料は変動します。

為替レートにより留学エージェントが不利な場合は、利益を上乗せした授業の可能性も。

金額をしっかりと確認して、損のないよう気をつけることが大切です。

また支払った学費に関しては、現地学校の領収書を入手しましょう。

編集部おすすめ「スマ留」でカナダ留学を見積もってみる⇒

カナダ留学で留学エージェントを利用した人の口コミ・評判を紹介

16歳の夏休みにバンクーバーに留学しました。

たった1か月ですが冒険のような毎日。

留学エージェントで事前に英語の勉強もできたので、最初からドキドキすることなく過ごせました。

学校ではフレンドリーな先生が教えてくれ、いつも褒めてくれるので抵抗なく英語を話せるように。

帰りはホストファミりーと抱き合って泣いてしまうほど、充実した時間が過ごせました。

カナダへの留学の出発日を先に決めてしまい、スケジュールがタイトだったので留学エージェントに依頼しました。

レスポンスが早かったので、効率よく準備が進んで助かりましたね。

推薦してもらった語学学校の情報が豊富で、現地でも授業の質がよくて楽しかったです。

現地での対応も素晴らしく、足りないものなどレンタルできて経費の節約ができました。

友達から「サービスが良かった」と、以前に利用した留学エージェントを紹介してもらいました。

ホームページを検索すると料金が明確だったので依頼することに。

とにかく対応が早くて丁寧なので、安心して任せられました。

学費はリーズナブルに抑えられ、現地でのイベントも多数でとても充実。

今回は語学留学でしたが、次はワーキングホリデーでも利用したいと思います。

またTwitter上でもカナダ留学の口コミや情報を見つけることができましたよ。

points
編集部

やはりツイッターを見てみても、カナダ留学の醍醐味は大自然との触れ合いということをひしひしと感じます。自然に囲まれた豊かなカナダで英語が学習できるのは人生の大きな経験となることでしょう。

カナダ留学はなぜ人気なのか?特徴・メリットを紹介

カナダは広大な国土に最先端の情報を持つ都会と、豊かな自然が超青する国。

勉強もアウトドアも楽しめ、充実した留学生活が送れると言えるでしょう。

ここではカナダ留学の人気の特徴やメリットをご紹介します。

1. 教育水準の高さ

カナダの大学の入試基準は世界的に高く、教育レベルもハイクオリティを誇ります。

語学学校も他の国と比較してもレベルが高いため、学費以上の価値があると言えるでしょう。

またカナダで話されている英語にはクセや訛りがなく、美しい英語と評価されています。

特にトロントの英語は、北米メディアの標準語とされ、英語を使った仕事に就きたい人にはおすすめの環境。

2. 快適な住み心地

カナダは「住みたい国ランキング」で、スイスやシンガポールに続いて第3位です。

バンクーバーは現地のカナダ人でさえも住みたいと思うほど憧れの都市。

英語やフランス語の2つの公用語が使われ、カナダ・イギリス・フランスの文化が混じり合っています。

のんびりと穏やかな国民性で治安もよく、留学生にとっては住みやすい環境と言えるでしょう。

3. 美しい大自然

旅行先での人気の高いカナダは観光地も多く、四季に応じて豊富なアクティビティが楽しめます。

バンフ国立公園のカナディアンロッキーやペイトー湖の絶景を眺められ、豊富なトレッキングコースが人気。

世界三大瀑布の一つナイアガラの滝は夏がベストシーズン。

ウィスラーは世界有数のスキーリゾートとして、初心者から上級者まで楽しめる多彩なゲレンデが存在します。

カナダ留学の費用はどれくらい!?

カナダ留学の費用は平均的にどれくらいなのでしょうか。

正直のところ、留学エージェントを通すかどうか、どこの年に留学するかなど、条件によって多少費用は異なります。

ただし平均的に、以下の目安を頭に入れておくといいでしょう。

期間 費用
1ヶ月 25万円〜50万円
3ヶ月 約70万円
6ヶ月 約120万円
12ヶ月 約240万円

編集部おすすめ「スマ留」でカナダ留学を見積もってみる⇒

カナダ留学で人気の都市TOP3をピックアップ

カナダは移民国家であり、さまざまな国の文化や民族に触れることができます。

そのため留学生の受け入れる体制があり、治安のよさと穏やかな国民性で過ごしやすいと言えるでしょう。

英語とフランス語の2つを公用語としており、語学を勉強したい方にもおすすめです。

ここではカナダ留学で人気の都市TOP3をご紹介しましょう。

1. バンクーバー

バンクーバーは、トロント、モントリオールに次ぐ第3の都市。

中心部には高層ビルが立ち並び、豊かな自然のある公園も近くバランスのよい環境です。

温暖な気候と周囲の美しさで、世界でも住みたい都市としても人気。

アジア系をはじめ多くの移民が生活し、さまざまな文化に触れられます。

ワーキングホリデーで訪れる人が多く、仕事が比較的見つけやすいのがメリット。

バンクーバーには広大なスタンレー・パーク、クイーン・エリザベス・パークなど、公園や植物園が多く存在し四季の表情を堪能できます。

全長140m吊り橋が人気のキャピラノ渓谷、ホエールウォッチングなどのアクティビティも豊富。

市内で開かれるファーマーズマーケットでは新鮮な野菜が購入でき、アーティストが手がける作品などにも触れられます。

2. トロント

トロントはニューヨークのウォールストリートを彷彿とさせる超高層ビルが立ち並ぶ都市。

世界第6位のトロント証券を筆頭に、出版、通信、医療、芸術の本社が多く存在します。

また80以上の民族コミュニティのある多民族都市で、チャイナ、コリアン、イタリアなどの外国人街が多いのが特徴。

文化や伝統もさることながら、本場のグルメを堪能できるのが魅力です。

美しいオンタリオ湖の湖畔に位置しており、季節ごとの美しい自然が楽しめます。

レンガや石造りの重厚な建物と路面電車は、時代を感じさせる魅力があります。

世界中から観光客が訪れる世界三大瀑布の一つであるナイアガラの滝。

落差56m、幅675mと巨大で、何度見ても飽きない迫力は圧巻。

滝つぼに近づけるクルーズ船はおすすめのアクティビティです。

3. モントリオール

「モントリオール」はフランスの文化が色濃く残り、北米のパリとも呼ばれています。

人口の7割が第一言語をフランス語としており、バイリンガルの都市でもあります。

石造りの住宅街き、ヨーロッパ調の石畳、伝統的な教会など、街並みの美しさが魅力。

厳しい冬を快適に過ごすため寒さ対策として、世界屈指の大規模な地下街が広がっています。

モントリオールはシルク・ドゥ・ソレイユの拠点でもあり、文化をリードする都市として有名。

観光スポットも豊富で、世界中から観光客が集まります。

ノートルダム・ド・モントリオール大聖堂は外観も内装も存在感があり、約7,000本のパイプを使用したパイプオルガンは圧倒的な存在感。

毎年北米最大規模「モントリオール世界映画祭」開催され、350以上の映画が上映されます。

編集部おすすめ「スマ留」でカナダ留学を見積もってみる⇒

カナダ留学のタイプ・種類を紹介

カナダ留学では4種類の留学タイプがあり、目的や条件によって選択が可能です。

ここでは留学タイプや種類についてご紹介しましょう。

1. 大学・大学院留学(長期)

カナダの大学はほとんどが公立校(州立)で、日本と比較すると大学数は少ないですがハイレベルな教育を受けられます。

学費はアメリカに比べて安く、留学生の受け入も比較的寛容と言えるでしょう。

長期集中して英語のスキルアップを図りたい人にはおすすめです。

2. 専門学校留学(長期)

専門学校ではスキルアップのための授業が選べ、専門科目を受講可能。

授業ではプログラムの一環としてインターンシップ(就労経験)が必須となる場合もあります。

学生ビザがあれば週20時間までアルバイトをすることも可能。

コーププログラムを選択すれば就労ビザが習得でき、週40時間まで働くことが可能。

留学中にキャリアアップが図れます。

3. 語学学校(短期〜長期)

大学や専門学校の留学はハードルが高いと感じる方、楽しみながら英語を勉強したい方は語学学校がおすすめです。

1週間の短期間からの留学も可能で、随時参加できるのがメリット。

半年未満の場合はビザの申請も不要で学費も割安隣り、旅行感覚で留学が楽しめます。

4. ワーキングホリデー(1年間)

就労ビザを利用して1年間滞在できるワーキングホリデー。

学校も旅行も仕事もすべて経験したい方にはぴったりです。

前半に集中して英語のレベルアップ行い、後半は仕事と旅行などを楽しむこともできます。

C$2,500(約21万円)所持を証明できれば渡航でき、すぐに働くことができるため予算が少なくても留学が可能になります。

カナダ留学するならここに注意!気を付けたいポイントを紹介

カナダ留学を考えるなら、事前に知っておくべき注意点を確認しておきましょう。

ここでは気をつけるべきポイントを4つご紹介します。

1. 言葉の注意

「留学すれば英語を話せるようになる」と、事前の勉強せずにカナダに行くのは危険です。

渡航当日から英語を話す必要があり、基本的な英会話はできるだけ習得しておきましょう。

帰国後のキャリアアップを目指すことを目標に、できるだけ時間を作って勉強することが大切。

留学エージェントによっては無料英会話レッスンを提供しているので賢く利用しましょう。

2. 治安の注意

カナダは治安のよい国としてあげられますが、日本と比較すると犯罪発生率は約5倍。

最も多いのがスリ、置き引き、ひったくりなどです。

バッグや荷物の管理には十分気をつけることが大切。

クレジットカードは先に伝票にサインを要求され、後で高額な金額を請求される詐欺が多発しています。

クレジットカードを利用した時は、必ずレシートの金額を確認しましょう。

3. 住まいの注意

カナダでホームステイする場合は、ホストファミリーとのコミュニケーションを深めることが大切。

苦手な食べ物やアレルギー、趣味や好きなことなどを伝えておきましょう。

話題を提供することにもなり、お互いストレスなく過ごせます。

食事の時間、入浴の時間、就寝時間などのルールを聞いておきましょう。

家族の一員として過ごしやすい環境を整えることが重要です。

4. お金の注意

留学先となるバンクーバーやトロントは特に物価が高めです。

マクドナルドで食事をするとC$10(約850円)と高いので要注意。

レストランなどでは食事代の10〜20%のチップを払う必要があるためさらに高額になります。

健康や経済面を考慮して、できるだけ自炊しましょう。

メトロパスやマンスリーパスを購入すると、バスや地下鉄が乗り放題なのでお得です。

まとめ

カナダは世界で2番目に大きな面積を持ち、自然豊かな観光地と活気あふれる都会が調和する国。

公用語は英語とフランス語を操り、語学勉強を深めたい方に人気です。

治安がよくのんびりとした国民性のため、留学生にとっては過ごしやすい環境と言えるでしょう。

将来のキャリアップや海外の生活を満喫するため、カナダを留学先に選んでみませんか?

 

~EIKARA編集部イチオシの留学エージェントは格安で留学できる「スマ留!」~

これからカナダに留学する予定の方におすすめの留学エージェントが、CMでもお馴染みの「スマ留」です!

スマ留は、一般的な留学と比べて、最大半額の費用で留学できるのが最大の特徴です。

「金額が安いと、それだけサポートの質が悪いんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、安心してください。

スマ留は、「語学学校の稼働率が少ない時間を活用している」「留学エージェントへの手数料がない」などの独自の仕組みを構築しているため、最大半額まで安くなっているのです。

その他にも、

  • 「語学学校ごとに授業料が同一価格だからわかりやすい」
  • 「現地でも365日24時間のサポートを受けられる
  • 「留学前のオンライン英語学習サポートが充実している」
  • 「オンラインからでも、申し込みができる」

など、メリットがたくさんあります。

スマ留は、新宿サロン、オンラインでの無料カウンセリングを実施しています。

興味のある人は、ぜひ気軽に参加してみてください。

関連記事

  1. 留学エージェントを使わないでも留学はできる?メリット・デメリット…
  2. グアム留学のススメ!費用・持ち物・おすすめの学校など一挙紹介!
  3. 英語力だけじゃない!初めての海外留学で得られる3つのこと
  4. 留学先の住居 住居の探し方:留学を自分で手続きする方法
  5. ノルウェー留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  6. 留学タイムズの評判・口コミはどう?メリット・デメリットや利用方法…
PAGE TOP
\ 留学前の英会話力UPアプリ! /