エディンバラ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすすめの学校まで完全網羅【2019年最新版】

エディンバラは、スコットランドの首都です。

レンガ造りの建物が残り、歴史がある都市であることを感じられる都市です。

エディンバラ城の神々しい荘厳な様子は、古くは戦いの場として、激しい領地争いがされていた歴史を感じることができます。

起伏のある地理であり、守りやすい地形のため、マルコス3世によってエディンバラ城が築城されました。

戦いの歴史を持つエディンバラには、幽霊の出る街としても知られています。

今回は、ミステリアスな歴史を持つ、エディンバラへの留学について詳しく解説していきます。

関連記事→留学エージェントおすすめ人気ランキング8選を編集部が厳選!

<目次>

エディンバラ留学の3つの魅力・メリット

エディンバラ留学の魅力について解説します。

魅力・メリット①日本人が少ない

ロンドンに比べて距離があるため、日本人留学生が少なくなります。

イギリスの首都ロンドンから、スコットランドのエディンバラへは、飛行機だと直行便で1時間15分ほどかかります。

鉄道の場合だと、4時間半〜5時間半とかなりの時間がかかる都市です。

そのため、留学生自体の人数が減ります。

落ち着いて勉強するには適した環境です。

また、ロンドンに比べて多国籍な人種が少なくなるため、古くから住むケルト人系白人種が多くなります。

魅力・メリット②小ぢんまりとしたコンパクトな都市

街がコンパクトだから、落ち着いて生活がしやすくなっています。

エディンバラの街は、エディンバラ空港から何通りもの行き方ができる便利な交通システムがあります。

空港とウェイバリーステーションを結ぶAirlinkが優秀で、タクシーよりも安くトラムよりも早いため、空港に向かう用事のある方はとても便利です。

Airlink内のバスには、飛行機の発着時間も表示されるなど親切な配慮がされています。

約25分で街の中心地に行くことができるのも、コンパクトな都市だからこそです。

ちなみにバスは10分おきに走っているので、ロンドンから離れた都市ではありますが、アクティブに行動できるのがポイントになっています。

しかも、エディンバラ空港は国際空港なので、ヨーロッパへの旅行へも楽々行くことができます。

必要な施設は、街の中心部に全部そろっているので街に出れば用事を簡単に済ませることができ、生活に便利です

魅力・メリット③芸術が盛ん

Mr.ビーンも、エディンバラ・フリンジ・フェスティバルの出身です。

エディンバラ・フリンジ・フェスティバルは、エディンバラで行われる自由な表現や、パフォーマンスを表現できるお祭りです。

登録料と参加料を払い出演する場所や時間を確保すれば、誰でも出演することができます。

そのため、世界から出演したい方たちが集まって来ます。

日本からも和太鼓の演奏出演をする方が日本から訪れています。

エディンバラ・フリンジ・フェスティバルは、もともとはエディンバラ国際フェスティバルという、夏場に1カ月間芸術の祭典が行われていたところからできた庶民的なお祭りです。

ちなみに、エディンバラ国際フェスティバルは、オペラや演劇や音楽やダンスといった伝統的な芸術表現を観劇するための祭典になっています。

世界で評価が高い指揮者や、演奏者やダンサーたちが招待され、大勢の観客の前で披露するフェスティバルとなっています。

エディンバラ国際映画祭も、1947年から続き最も歴史ある映画祭として、6月に開かれています。

エディンバラ留学の3つのデメリット・注意点

エディンバラ留学のデメリットになる点についてまとめました。

デメリット・注意点①治安に気を付ける必要がある

エディンバラにも、治安に気を付けなければならないエリアがあります。

国際的な都市では、特に治安の悪いエリアは常に隣りあわせであるものです。

エディンバラでも、危険なエリアがあるので、近づかないことが大切です。

昼間に、治安が悪いと感じることはあまりないですが、夜はお店の街灯が少なくなることから辺りは暗く、治安が良いとは言えない雰囲気になります。

他の国と同じように夜が更けたら、1人で出歩かないなどのルールを守ることにより、基本的にのどかな生活が送れます。

ただし、バーやナイトクラブでは、麻薬の売人がいることもあります。

各国で麻薬の扱いは違いますが、麻薬が合法で使用できる国の出身者がいる場合など、身近に薬を使う人がいるかもしれません。

ですが、気軽に試すといったことは絶対にしないでください。

デメリット・注意点②天候があまり良くない

日本よりも断然、寒い日も多いエディンバラです。

エディンバラの天気は、曇りが多く雨も非常に多い天気です。

お日様がさんさんと照るのは、ごくわずかであることも珍しくない気候です。

ロンドンでも同じように、イギリスの気候は、上空で温暖な気流と寒冷な気流がぶつかる地であることから、年中霧が発生しやすい曇りがちな天候です。

特に冬場は、太陽が出る時間が9時ぐらいで日の入りが4時ぐらいとなります。

働いている方や、学校に行っている方は特に1日中、太陽の光を浴びることなく1日が終了してしまうこともあります。

風も強く、体感温度も低く感じるため、厳しい寒さとどんよりとした独特の天候が辛く感じられがちです。

デメリット・注意点③他の都市へのアクセスが悪い

ロンドンに行こうと考えた場合には、事前に計画して行く必要が出てきます。

エディンバラ空港から、エディンバラの街の行き方が複数あるのを前述しましたが、他の都市に行こうと思った時に飛行機の時刻もあるため、事前の計画をして行かねばなりません。

どこへでも行きやすい交通網は発達していますが、地理的に大きな都市から離れていることにより、計画性が必要になります。

夜行バスや鉄道を利用する場合は、もっと時間がかかることになります。

ロンドンに頻繁に用事がある時などはエディ、ンバラ在住であると厳しくなるでしょう。

ただ、落ち着いて生活するには不便のないエディンバラです。

街の中でおおよその用事は済ますことができます。

エディンバラを留学先と決める時の3つのポイント

エディンバラを留学先に決定できるポイントについてまとめます。

ポイント①落ち着いて勉強ができる

ロンドンに比べて、人口も6分の1ほどになり落ち着いた環境です。

ハリー・ポッターの世界観からも分かるように、エディンバラは落ち着いた歴史のある街です。

重厚な中世の街並みを持つエディンバラは、大都市過ぎず規模も小さくなるため、勉強するには良い環境です。

遊びの誘惑も大都市に比較して小さくなるため、勉強の妨げにくいのが良いポイントになります。

また、経営学でイギリス8位の評価に入るエディンバラ大学が街の中央にあり、勉強をしている上で良い刺激をもらうことができます。

ちなみにエディンバラ大学は、自然科学の分野でトップの位置にあり、スコットランドを代表する大学になり世界でも評価が高い大学です。

ポイント②中世の街並みの魅力がある

当時、イングランドとの闘いのため、屈強な城へと改築されていきました。

中世の頃、エディンバラはイングランドとスコットランドの戦いの場であったため、街は頑丈である必要がありました。

そのため、華やかな城とは違いエディンバラ城は屈強な壁を持ち、窓も小さく戦い向きである城の必要がありました。

何度も包囲された理由から、軍を退けるための大砲と守りに強い厚い石の壁に囲まれ、当時の厳しい攻めの中から守るための知恵を感じることができます。

現在は、ユネスコの世界遺産として観光客が世界から訪れる観光名所です。

ちなみに、エディンバラは戦いの激しさや宗教観の違いから、弾圧や処刑といったおどろおどろしい事実がありました。

女性も魔女の疑いをかけられるといった混乱から、多くの方の命が失われる事態となりました。

そのため、現在でも亡霊がさまよう幽霊が多く見られる街としても知られています。

ポイント③ロンドンに比べて、家賃や生活費がかからない

ロンドンに比べて、1割から2割ほど安く感じられます。

やはりロンドンの大都市に比べて、エディンバラの街の方が物の値段も安くなります。

コーラ500ミリリットルで150円ほどと、日本の価格から比べても割とリーズナブルです。

日本で生活するくらいの感覚とほぼ同じと考えて良いでしょう。

主食となるパンは、当然エディンバラの方が断然安くなります。

また、良くメイン料理にサーブされているポテトなども、大変安い価格で手に入れることができます。

嗜好品は、値段が高くなります。

パブが発達している文化ですが、アルコールの価格が高いので、日本よりも自重しながら飲まないと驚く金額になることがあります。

お店によって価格も異なりますが、おおよその目安は1パイント(568ミリリットル)1,000円もするお店があります。

エディンバラ留学でおすすめの学校を期間別に紹介

エディンバラ留学で評価が高い学校の紹介です。

短期・中期・長期どれでも対応して学べるおすすめの学校8選

短期から長期まで自由に計画して学べる語学学校まとめです。

①British Study Centres Edinburgh

エディンバラの中心地にある語学学校です。

British Study Centres Edinburghは、イギリス全体に6校の校舎を持つ語学学校です。

エディンバラの中心街にあるため、まわりにお店がありランチを調達することも簡単にできます。

平均年齢も32歳と高めなので、落ち着いて勉強したい世代の方にもおすすめです。

レッスンは、午前のレッスンはテキストを使用し、基礎を固めます。

午後はテキストが決められておらず、資料を使ってレッスンを進めます。

クラスごとにレベルに合った内容のレッスンですが、講師のトレーニングコースもあることから、レベルが高い内容で進められています。

レッスンでついていけない時など、講師によるケアが厚く、日記をつけることで添削してもらい勉強することができたとの話がありました。

日本人の比率は少なく、ヨーロッパからの留学生が多く在籍しています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~8週間 9~16週間 17~23週間
General English Morning £240/週 £220/週 £210/週

※20コマ/週

※他コース有

②Kaplan International Edinburgh

オンラインレッスンや、少人数制で英語力をつける語学学校です。

Kaplan International Edinburghは、世界に多くのキャンパスを持つ大手語学学校です。

「K+ラーニングシステム」という、独自の英語学習システムがあります。

オンラインを使って英語を自由に勉強できるシステムとなっており、英語力がつけられます。

エディンバラ城から近い立地で、歴史ある街の散策も自由にできる午前中のみのコースも用意されています。

キャンパスは、窓が大きくとられたトラディショナルなジョージアン様式で、明るい雰囲気です。

講師は、常に開講中在籍しているため、質問があれば自由に聞くことができます。

大手語学学校として、80年の歴史を持つのでしっかりとしたカリキュラムで進めたい方に、向いています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 ~4週間 5~10週間 11~16週間 17週間~
General English £285/週 £275/週 £265/週 £255/週

※20時間/週

※他コース有

③Edinburgh Language Centre

「Experience English」グループ校の語学学校です。

Edinburgh Language Centreは、George Streetに面した場所にある語学学校で、観光に便利な立地にあります。

語学学校内は、イタリアやスペインやスイスからの留学生が多く集まります。

日本人は4%と低い比率です。

レッスンは、IELTSやTOEFL&TOEICやケンブリッジFCE&CAEに対応し、ホワイトボードを使用したインタラクティブなレッスンを充実させています。

アクティビティは、無料のものがそろっておりスコットランド近代美術館巡りや、エディンバラフェスティバルを見学に行くなどのプランがあります。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~11週間 12~23週間
General English £265/週 £245/週

※20時間/週

※他コース有

④Edinburgh School of English

ホーリールード宮殿近くにある語学学校です。

Edinburgh School of Englishは、エリザベス女王がスコットランド滞在時の邸宅になる、ホーリールード宮殿近くにある語学学校です。

元は、教会をリノベーションして作られた語学学校で、40年の歴史を持ちます。

English UKと、ブリティッシュ・カウンシルの認定を受けている語学学校で、ケンブリッジ英語検定や、IELTSに対応したコースもあります。

Octorial Programというオリジナルのコースがあり、ロールプレイやゲームといったものを取り入れ、楽しみながら学びます。

図書室やパソコンルームや、生徒たちが集まるラウンジなどがあります。

夏には、子供もレッスンに参加できるサマースクールが開催され、幅広い年代で通うことができる語学学校です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間~ 2~3週間 4~7週間 8~11週間 12~52週間
Octorial programme £572/週 £482/週 £452/週 £422/週 £397/週

※27.5時間/週

※他コース有

⑤Centre of English Studies Edinburgh

アイルランドで設立された語学学校です。

Centre of English Studies Edinburghは、エディンバラ近くにある語学学校で、講師は英語が母国語ではない人のための教育方法の資各TESOLなどを持っています。

そのため、レッスンを分かりやすく、理解しやすい指導します。

Star English Language Schoolの受賞歴があり、実績がある語学学校としても評価されています。

実績を持ち伝統主義的な校風は、図書室やコンピュータールームが完備され、緊急の場合の窓口も用意されており安心感があります。

また、Princes Street近くにあり、レッスン後のショッピングにも便利な場所です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 2週間 3週間 4週間 5~12週 13~23週 24週~
Standard General English £394 £584 £766 £184/週 £178/週 £173/週

※20コマ/週

※他コース有

⑥inlingua Edinburgh

少人数制度に徹底した語学学校です。

inlingua Edinburghは、効果的なレッスンにするために、1クラスが10人以下にしています。

一般コースから専門コースを設置してため、個人ごとのレベルに合わせた指導をしています。

ブリティッシュ・カウンシルの認定やEnglish UKのメンバーでもあるため、どのような生徒に対しても、効果的な指導ができるように心がけています。

アクティビティも、無料か低料金で楽しめる内容が充実しています。

スコットランドならではの、ウイスキー工場への見学など地元の名所を巡るアクティビティもあります。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2~6週間 7~11週間
General English Group Half-Day £325/週 £255/週 £235 /週
留学期間 12~19週間 20~35週間 36週間~
General English Group Half-Day £225 /週 £210 /週 £200 /週

※20コマ/週

※他コース有

⑦Regent Edinburgh

最大人数が6人までの、超少人数クラスがある語学学校です。

Regent Edinburghは、Princes Street近くにある語学学校で、IELTSやケンブリッジ英語検定に対応したコースがあり集中して勉強することができます。

講師陣は、指導経験が長い方がそろいます。

Regent EdinburghではClass Sixというクラスの人気があり、最大人数が6人までとすることで、マンツーマンに近い感覚で英語の勉強をすることが可能です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2~3週間 4~7週間 8~11週間 12~52週間
English World £527 £437 /週 £407 /週 £377 /週 £352 /週

※25時間/週

※他コース有

⑧Regent Language Training: Edinburgh

最大人数が6人までの、超少人数クラスがある語学学校です。

Regent Language Training: Edinburghは、Princes Streetやエディンバラ城の近くにあり、ジョージアン様式の建物に入っています。

図書室やコンピュータールームや学生ラウンジがあり、明るい室内で快適に勉強することができます。

ブリティッシュ・カウンシルの英語教育の認定を受け、English UKのメンバーの認定があるため、信頼のおける語学学校です。

語学学校全体の人数は80名ほどと、中規模な環境です。

ボーンマス・ブライトン・ケンブリッジ・ロンドン・オックスフォードにもキャンパスがあります。

いずれのキャンパスも、同カリキュラムと評価システムが受け継がれているため、キャンパス内での移動が可能です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間〜52週間
English World am $562~

※15時間/週

※他コース有

エディンバラ留学でおすすめの学校を目的別に紹介

特徴ごとに分けた、語学学校まとめです。

マンツーマンで学べるおすすめの学校【Inlingua】

生徒数が60人ほどの、小規模な語学学校です。

Inlinguaは、世界にキャンパスを持つ語学学校です。

スピーキングに重きを置き、コミュニケーションをとりやすくするように指導しています。

エディンバラの発音は、ロンドンで使用されているアクセントと異なることもあります。

そのため、エディンバラでの発音を学ぶためにあえて、講師がエディンバラ訛りの言葉を話すレッスン時間を取り入れられています。

アクティビティは、地元のウイスキー工場や、ホラーツアーなどに参加する企画がされています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間 4週間 6週間
Private Lessons £900 £1,700 £2,550 £3,400 £4,250
留学期間 7週間 8週間 9週間 10週間 12週間
Private Lessons £5,950 £6,800 £7,650 £8,500 £10,200

※20時間/週

※他コース有

スパルタで本気で学べるおすすめの学校【ECS Scotland】

English Only Policyが厳しい語学学校です。

ECS Scotlandは、1995年に設立された家族経営されている語学学校です。

エディンバラの街の中心部にあり、ユネスコの世界遺産に指定されている庭園広場Charlotte Squareの近くにあります。

クラス人数は、最大でも5名までとしています。

一般的な語学学校の中では、かなりの少人数制度となっており、少人数制度にすることによってスピーキングとリスニングに重点を置きます。

コースが終了する頃には、自信が持てる英語力をつけることができます。

もちろん、英語力をつけるために、厳しく英語のみを話すことを義務付けています。

毎週水曜日にアクティビティを開催しており、エディンバラ市内および近郊へ出かけるイベントがあります。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間
General English ¥45,881 ¥91,763 ¥137,644 ¥183,526 ¥215,069
留学期間 6週間 7週間 8週間 9週間 10週間
General English ¥258,083 ¥301,097 ¥344,110 ¥367,768 ¥408,631
留学期間 11週間 12週間 16週間 20週間 24週間
General English ¥449,494 ¥490,357 ¥619,399 ¥774,248 ¥929,098

※アクティビティ費用を含めた価格です。

※24週間以上のプランもあります。

※20レッスン/週

※他コース有

女性でも安心して学べるおすすめの学校【Basil Paterson Edinburgh】

ケンブリッジ英語やIELTSの試験会場にもなっており、面倒見の良い語学学校です。

Basil Paterson Edinburghは、Princes Streetから5分ほどの場所にある語学学校です。

各種試験の会場にもなっているため、検定試験の指導にも対応しています。

講師陣は、一般英語の他にも、専門英語(看護・法律など)を指導するスキルを持つ方がいます。

レッスンは、総合的なレベルの強化を図り、バランス良くスピーキングやライティングやリーディングやヒアリングを学びます。

英語に慣れるためにも、滞在型はホームステイを推奨しており、話す機会を増やすように指導しています。

アクティビティは、地元のエディンバラフェスティバルに参加するなど、週に2回は仲間同士でコミュニケーションがとれる計画を立てています。

しっかりと目標に向かって指導をしていき、ケアに力を入れることで、英語での会話で自信と正確さを身に着けます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間
Part-time course £5,926 £11,794 £21,574

※滞在費を含めた価格です。

※15レッスン/週

※他コース有

とにかく安く通えるおすすめの学校【Global School of English – Edinburgh】

スコットランド出身の家族で、経営されている語学学校です。

Global School of English – Edinburghは、スコットランド出身の方が家族で経営しているため、アットホームで面倒見が良い語学学校です。

地元を知るからこそ、地元の方に愛される場所への案内などをしてくれます。

家族経営であっても、定期的にフィードバックを行うことで、細かな疑問や不満などの改良点においても把握し改善するように努めています。

無料で使用できるオンラインのコンテンツや、本の貸し出しができる図書室など、そろえられています。

教室はニュータウンにあり、周りには高級ブティックなどがあります。

落ち着いた環境で勉強に集中できます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~11週間 12週間~
General English Intensive £185/週 £175/週

※22時間/週

※他コース有

エディンバラ留学で英語が伸びなかった人の失敗談

英語力の成果について、あまり感じられなかった方の意見をまとめました。

日本とは違うシステムの違いが面倒

大学に長期留学している方の経験で、在学中に免状される市民税の免除のための手続きなどが煩雑で面倒だったという話がありました。

個人で市役所に連絡する必要がありますが、連絡に対する回答がなかなか無く、手続きの手間がかかり苦労されたそうです。

即座に返答が返ってこないことも多々あるので、自ら行動して確認せねばならず、学業以外にも苦労があったという話がありました。

他人の意見を取り入れ、考えて話すようになるまで苦労した

留学する上で、発言をするにも自分の考えが必要になることが多々あります。

グループでのディスカッションタイムでも、他人の意見を受け入れた上で自分の考えを持っていないと、納得できる意見のやりとりができないと気付いたそうです。

なかなか、相手の意見を聞き取り考えて返すという日本語では当たり前のやりとりが難しく、留学期間が終わるまでに完全にできなかったと悔やむ気持ちがあったそうです。

自分の意見を持つためにも、相手の話を良く聞く必要がありますね。

日本人と行動することで、肝心の英語力がつかない

エディンバラ留学では、日本人の人口は少なくなります。

そのため、つい日本人を見つけると、嬉しい気持ちや気楽さからついつい日本人同士で行動や日本語で会話するなどをしてしまったという話が聞こえました。

日本人同士でいることは安心できるものですが、文化が違い思考も異なる海外とのコミュニケーションの機会が減ることにもなります。

貴重な留学期間は、日本人同士でも積極的に英語を使用して、学ぶようにすると良いですね。

エディンバラ留学で英語が伸びた人の評判・口コミ

エディンバラへ留学することで、効果があった方の意見を集めました。

見識を広めることで自分らしく進化できた

狭い見識の中で物を考えるのではなく、自分らしくいることで新しい価値観を知ることにつながり、新たな目標を持つことができたとの話がありました。

海外において、自分らしくいることは、しっかりと意見を持つということにつながります。

海外の方と話していると、個人の考えについて聞かれる機会が多くあります。

積極的に知識を持つことも、コミュニケーションをとる上で大事な材料になります。

イングランド人よりも、陽気でフレンドリー

全ての方がそうであるとは限りませんが、スコットランド人の方が、陽気でおしゃべり好きとのイメージがあるようです。

ロンドンからエディンバラに来た方が、スコットランド人と接した時に、すぐに打ちとけ自分のお気に入りのパブや、おすすめの料理など大喜びで話してくれたとの話がありました。

最初は、陰鬱な天気で街も古い印象があり、ロンドンが恋しかったそうですが、いつの間にか好きになり、コミュニケーションがとりやすい分、英語力もついたそうです。

スコットランド訛りは、独特と言われていますが、集中して聞く訓練になったという意見もありました。

地域によって、役割がはっきりしていて生活がしやすかった

学生寮がCowgateというストリート沿いにあったので、夜には留学生仲間で遊びに出ることが良い思い出になったという方の話がありました。

洋服を買うならば、Princess Streetと役割ごとによってエリアが分かれているため、仲間とのお出かけも気軽に行けたそうです。

生活しやすいことで、留学生活もストレスがたまらず大らかな気持ちでいられるのは、英語の勉強をする上で大きなメリットですね。

お気に入りの街になることで、言葉への関心も上がります。

エディンバラ留学でおすすめのエージェント7選

エディンバラ留学のサポートをしてくれる、エージェントまとめです。

①成功する留学

アジア最高のエージェントとして、認められているエージェントです。

成功する留学は、世界全部で17ヵ国、289都市の中からカウンセリングの上で最適な留学を提案します。

それぞれの学校と強いつながりで、短期から長期に渡る留学プランをおすすめしてもらえます。

「ST Star Awards」では、アジアで最高の地位に贈られるエージェントとして認定されるなど、信頼されているエージェントです。

②EG-UK

イギリスの幼児教育経験を元に、立ち上げた留学エージェントです。

EG-UKは、ブリティッシュ・カウンシル公式資格取得カウンセラーや、ケンブリッジ大学英語認定機構の公認エージェントとして認定を受けている語学学校です。

代表を務める方は、もとはイギリスで幼児教育に携わっていた経験があり、日本人の留学生がイギリスで勉強をする際の手助けになるべく設立されました。

自己の経験から、必要なことをアドバイスし、効率良く学べるようにサポートしています。

ブライトンに本拠地を持ち、イギリス国内の語学学校の中から、最適な語学学校をおすすめしてくれます。

③SI-UK

カウンセラー陣は、世界25ヵ国の国籍を持つ方がそろいます。

I SI-UK は、手続き料金が無料になっており、大学や大学院へ進学をしたい方に向けた、サポートをしているエージェントです。

留学前に、事前に必要となる英会話レッスンを有料になりますが、受けることができます。

カウンセラーは、ブリティッシュ・カウンシル公式資格を取得している方がそろい、イギリス大学出身者なので、現地での大学での勉強の仕方など適格に教えてもらうことができます。

④ロンドン留学センター

ロンドンに営業所があり、手数料が無料のエージェントです。

ロンドン留学センターは、ロンドンに営業所があり、無料で手配を頼むことができます。

日本にある営業所は、夜の8時まで開いているので、買い物帰りに相談に気軽に行くことができます。

ロンドン以外の都市の語学学校の紹介もあり、イギリス全般を扱いがあるので、イギリス全体の情報を得ているのも強みです。

語学学校からも公式エージェントとして認定されていることもあり、格安に留学をサポートしてもらえるのもポイントになっています。

⑤イギリス留学スクエア

無料サポート&留学費用最安値で紹介してくれるエージェントです。

イギリス留学スクエアは、イギリス留学を中心にアメリカやカナダやオーストラリアといった英語圏への留学をサポートしてくれる、エージェントです。

留学費用の割引により、最安値保障をしてくれています。

為替レートの上乗せもないので、無駄なく留学できるのもメリットです。

他社での見積もりから、最適なプランの提案などもしてくれます。

カウンセラーは、イギリス留学経験者でブリティッシュ・カウンシル公式資格取得したカウンセラーが現地にいるので安心できます。

⑥留学@UK

在英暦が長いスタッフが、現地でのサポートをしてくれます。

留学@UKは、現地での困ったことなど実際に留学してから出てくる問題について、丁寧にサポートしくれます。

学習に集中できるように、頼れるパートナーとしていてくれるので、安心して留学することができます。

日本に営業所がなく、やりとりはメールやスカイプを用いて連絡を取り合います。

現地では、ホームステイ先をチェックしているスタッフが現地の方であるため、現地に詳しく適格に紹介してもらえるのも安心できるポイントです。

⑦ブリッジ留学サポートセンター

誠実に留学生をサポートしてくれるエージェントです。

ブリッジ留学サポートセンターは、名古屋に営業所がありますが、全国から留学の希望にこたえてくれます。

誠実に受け答えすることにより、現地で予想と違ったということにならないように、小さなことでも現地に確認をして回答をしてくれます。

原則的に24時間以内に回答をしてくれるので、不安な気持ちのまま放っておかれるということにならず、安心できおすすめです。

また、必要ないと思われるサポートはつけず、なるべくリーズナブルに留学できるように提案しています。

エディンバラ留学に行くなら必須の持ち物3選

エディンバラ留学にあると便利な持ち物の紹介です。

必須の持ち物①日本のインスタント食品

ロンドンと違い、日本食材が手に入るお店がほとんどありません。

ロンドンにはジャパニーズセンターがあるので、食材を調達することもできますが、エディンバラにはお店がありません。

そのため、ネット購入して配送サービスを受けるなどしないと、日本食材を手に入れることが難しい環境です。

ですが、基本的な味噌や醤油や納豆や米は、チャイニーズスーパーで手に入れることもできます。

簡単に調理できるインスタント食品はやはり少ないため、日本から持ってきていると安心できます。

かさばりにくいお茶漬けや、インスタント麺などがあると心強いでしょう。

必須の持ち物②ホッカイロ

気温が冷え込むエディンバラでは、保温アイテムが心強い味方になります。

エディンバラの北緯が高いことから1年を通して気温が低くなります。

春先に地元の方が、半袖で歩いていても日本人にとっては、まだ肌寒い気温であることもしばしばあります。

ローカルの方は、日光が当たる季節を心待ちにしているので、少しでも気温が上がり日差しが当たっていると好んで外の席でランチやティータイムを楽しみます。

ランチやティータイムをご一緒する時などは、体を温めてくれるホッカイロがあると、スマートにお付き合いもできるので便利です。

冬場の寒さが厳しいので、貼るタイプのホッカイロや貼らないタイプのホッカイロがあると便利です海外では、ホッカイロが広まっていないため、ローカルの方にあげると喜ばれるアイテムになります。

必須の持ち物③スキンケア用品

肌質が違うので、肌が弱い方は気にかけておいた方が良いアイテムです。

エディンバラはヨーロッパに珍しく、軟水と中硬水の両方がでる水質です。

そのため、シャワー時の髪や肌への刺激が弱く、乾燥や痛みを防ぎやすいのも実は隠れたメリットです。

スキンケア用品は、エディンバラ品製とは限りませんので、硬水で作られたスキンケア用品の場合もあります。

肌が弱い方にとって、スキンケア用品が合うか合わないかの問題は大きなものになりますので、肌質にあったオールインワンなどを用意しておくと安心です。

まとめ

今回、エディンバラ留学について主に、以下の点からご紹介しました。

・費用

・持ち物

・おすすめの学校など

エディンバラは、ロンドンに比べて規模も小さくなる分、落ち着いて勉強することができます。

物価もロンドンよりも1割から2割ほど安くなり、生活も日本で生活する感覚とあまり変わらないのがメリットです。

また、人種差別をさほど感じることもなく、近隣の人もフレンドリーに接してくれ非常に協力的という評判も多くあります。

公立学校でも、第二言語として英語を学習する方のために、補修のクラスがきちんと用意されており、英語を学習しやすい体制が整えられています。

街並みも中世の頃を彷彿させ、エディンバラ城などの世界遺産も身近に接することができます。

歴史好きにはたまらない魅力を持ちます。

料理もスコットランドの方が、ロンドンよりも美味しく種類が豊富と言われています。

有名大学も多数あります。エディンバラ大学やヘリオット・ワット大学やネピア大学など多数の大学がある学園都市でもあります。

勉強を熱心に取り組む都市での留学は、良い刺激になるでしょう。

しっかりと落ち着いて英語を勉強したい方に、ぜひ落ち着いたエディンバラへの留学をおすすめします。

関連記事

  1. ロンドン留学のススメ!費用・持ち物・おすすめの学校など一挙紹介!…
  2. 留学エージェントおすすめ人気ランキング8選を編集部が厳選!【20…
  3. 海外旅行のイラスト 留学を自分で手続きするメリットとデメリット
  4. スリランカ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  5. モナコ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすす…
  6. アメリカ留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比較!…
PAGE TOP