ロンドン留学のススメ!費用・持ち物・おすすめの学校など一挙紹介!

ロンドンは、イギリスは北アイルランド・スコットランド・ウェールズ・イングランドの4つの国からなる、連合王国の中で最も栄える都市として有名です。

また、ロンドンにはイギリス王室が存在しており、昔からの伝統的な文化が守られています。

日本でもテレビで良く見かけますね。

今回は、世界の中でも多国籍な人種が集まる都市ロンドンの留学について詳しく解説していきます。

<目次>

ロンドン留学の3つの魅力・メリット

ロンドン留学の魅力やメリットについて3つに分けてまとめました。

魅力・メリット①きれいな英語の発音を身に着けられる

英語の発祥の国の中でもロンドンはきれいな発音で話す地域です。

イギリスは英語の発祥の国です。

近隣のヨーロッパから、英語を身に着けるために留学してくる方も多く人気です。

日本でも皇族の方々が留学する国としてもイギリスは有名ですね。

イギリス英語は、品があり上流階級が使用する英語としても知られます。

世界では、アメリカ英語を使用されることが多いですが、イギリスの歴史ある国の英語に憧れを持つ方も多くいます。

アメリカ人のスター、マドンナもイギリス英語を好んで使用していました。

もともと貴族階級が使っていた言葉でもあるので、格調の高い印象が保たれてきています。

魅力・メリット②教育レベルが高い

英才教育が伝統的に行われてきました。

イギリスのパブリックスクールの英才教育は有名です。

13歳から18歳の子供が通う私立学校での教育は、主に裕福な富裕層の子息や子女が通います。

生徒たちは寄宿舎に入り、勉強の他にマナーや将来の人脈作りを培う場として、教育が熱心に行われて来ました。

一般のイギリス国民も優秀な生徒が集められ、名門大学に入学します。

世界大学ランキングで100位以内中、12校もの大学がランキングに入っています。

通常の義務教育は18歳までであり、18歳以降は大学または、専門学校へ進学します。

魅力・メリット③多文化を感じられる

世界に広まったイングリッシュガーデンや、紅茶の文化があります。

イギリスにお茶の文化が伝わったのは、17世紀頃のことです。

アジアからヨーロッパに広がり、イギリスでさらに紅茶文化が進化しました。

イギリス貴族によって砂糖やミルクを入れた贅沢な紅茶の飲み方が、イギリスの紅茶文化として定着しました。

特にアフタヌーンティーは日本でもよく知られます。

アフタヌーンティーは、午後4時頃にケーキなどのスイーツやサンドイッチなどと共に、楽しむ時間になっています。

現在もアフタヌーンティーは定着し、イギリス人にとって大切な時間になっています。

また、デビッド・オースチンのガーデンは、世界的にローズガーデンが根付いていく元となった伝統あるガーデンです。

日本からも趣味留学で、ガーデニングについて学びに来る方も多くいます。

ロンドン留学の3つのデメリット・注意点

ロンドン留学のデメリットになる理由をまとめました。

デメリット・注意点①日本人が多い

歴史ある英語の発祥地として、人気があります。

日本がイギリスの政治を参考にしているように、イギリスは日本にとって馴染みのある国です。

イギリスの政治は、選挙によって選ばれた議員が代表を選び、首相としています。

日本でも皇族が存在することで、イギリスと同じような政治の仕組みを持ちますね。

島国という点でも日本と似た点を持ちます。

政治の仕組みや、島国であるといった共通点があることで、親近感があるイギリスへの留学は確かな英語力をつける国として信用度が高くなっています。

きれいな英語を身に着けたいという考えの方も多いため、アメリカやカナダやオーストラリアへの留学生も多い中、安定した留学先として選択されています。

デメリット・注意点②食生活が簡素

個人の選択を尊重するイギリスならではの事情があります。

イギリスは、かつて砂糖や塩や胡椒といった調味料は、大変貴重なものとの認識がありました。

そのため、調理した食事に自分で好きな量の調味料を使って味付けすることが、贅沢で最高のもてなしと考えられていたのです。

よって、味付けがほとんど感じられない料理のメニューも多く、イギリス以外の外国人からも不評な料理と評されるイギリスの食事です。

しかし、世界に植民地が多くあったことから、逆輸入された外国料理も多くあります。

例えば、美味しいインドカレーが食べられるということもあるのです。

イギリス伝統の料理ではありませんが、上手に活用すると快適な食生活を送ることもできます。

デメリット・注意点③天候が悪い

ロンドンは、雨が多い天候です。

ロンドンは、晴れの日が少ない天候です。

そのため、日照時間が少なく、1日太陽を見ずに夜になってしまうこともあります。

気分的にもふさぎ込みがちですが、その分、冬場は音楽祭など多く開催されています。

傘が手放せない天候ですが、現地の方はあまり傘をさしません。

すぐにやんでしまうこともあるため、ウィンドブレーカーなどで雨をしのぐなど上手に対応しています。

しかも、気温も1年を通して寒い日が続くので、防寒の準備をしておくと良いでしょう。

ロンドンを留学先と決める時の3つのポイント

ロンドン留学の決め手理由をまとめました。

ポイント①BBC放送並みの発音を身に着けられる

伝統的標準発音といわれ、上流階級が使う言葉とされています。

伝統的な美しい発音を身に着けられることが最大のメリットでしょう。

容認発音(イギリス英語の伝統的標準的発音)を話すことで、どのような階級の出身なのかが分かると言われています。

ロンドンで使われる発音は憧れられる英語です。

イギリス人ではない外国人が伝統的な発音ができると、イギリス人にも教養がある人物と判断される材料になります。

イギリスで職を得ようと考えた場合にも、きれいな発音の英語で話すことで、一目置かれる立場になることができるでしょう。

ポイント②イギリス文化を体感できる

サッカーやラグビーも人気です。

紅茶の文化やガーデニング文化の他にも、イギリス全土でサッカーやラグビーに対して人気があります。

特にサッカーは、手を使わずに足のみを使い、公平に楽しめるルールを作ったのがイギリスとされています。

サッカー人気は今や、世界中で愛されるスポーツと言われています。

また、ブラックジョークも大好きな一面もあります。

現在は、移民の方が増えたことにもよりより、多文化が融合したロンドンを感じることができます。

ポイント③歴史ある資料館や美術館が豊富

ロンドンにある大英博物館は、歴史的に価値のある物ばかりです。

ロンドンにある大英博物館には、歴史的価値がある収蔵品が800万程もあります。

イギリスは19世紀頃まで、世界の4分の1を支配する歴史を持っています。

そのため、世界中に植民地を持ち、価値のある歴史的遺産物を多く収蔵しています。

直接的な植民地ではなかったギリシャやエジプトからの歴史的遺産物も多数あるため、返却して欲しいという抗議を受けている一面もあります。

規模としては、世界最大の博物館となっています。

ロンドン留学でおすすめの学校を期間別に紹介

ロンドン留学でおすすめする語学学校まとめです。

1か月以内の短期で学べるおすすめの学校5選

短期受け入れもしている語学学校まとめです。

①LAL Langguage Centres London

世界6か国に校舎がある語学学校です。

LAL Langguage Centres Londonは、1980年に設立されたロンドン郊外にある語学学校です。

世界6か国に校舎を持ち、40年の実績があります。

レッスンは、一般英語の他にビジネス英語やジュニアのコースまでそろいます。

レッスンでは分からなかった疑問などを解決できる、プライベートレッスンもあるので、必要に応じてカスタマイズすることができます。

スピーキングをチェックする定期的なテストがあり、英語を効率良く身に着けられます。

アクティビティも充実しており、勉強と良いバランスで楽しみながら過ごすことができます。

日本人カウンセラーもいるので安心です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~52週間
General English( 15-30時間/週) £225 /週
Intensive English(22.5時間/週) £285/週

※他コース有

※長期受講者には割引制度有

②Wimbledon School of English

クオリティイングリッシュ認定の語学学校です。

Wimbledon School of Englishは、クオリティイングリッシュ認定された語学学校です。

テニスでも有名なウィンブルドンにあり、周りは高級住宅街なので治安の問題も安心できます。

レッスンは、一般英語コースの他、ビジネス英語コースやIELTSコースなどそろえられています。

資格試験の会場にもなっており、伝統ある語学学校です。

アクティビティも充実しており、毎日開催されているので留学生仲間で打ち解けることが早く、安心できます。

学内は、図書館やDVDのレンタルができるため、英語の勉強もしっかりすることができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 2週間 4週間 8週間 12週間 24週間
一般英語 £636 £1,272 £2,448 £3,336 £5,640

※週24レッスン

※他コース有

③Central School of English

少人数制度でしっかりサポートしてくれる語学学校です。

Central School of Englishは、ロンドンの中心地にある語学学校です。

毎年1,500名の留学生が集まります。

レッスンは、1クラス8人を最大定員としアットホームな雰囲気の中、レッスンを行います。

個別対応をしていくことで足りないスキルを補充し、バランス良くスキルアップができるように、配慮されています。

学校周辺は、トテナム・コート・ロード駅近くにあり、ショッピングに便利な場所です。

賑わいのある場所なので、レッスン後の買い物にもおすすめです。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2〜3週間 4〜7週間 8〜11週間 12〜52週間
Octorial programme £632/週 £542/週 £512/週 £482/週 £457/週

※27.5時間/週

※他コース有

④Regent London

週に1回面談を設けている語学学校です。

Regent Londonは、1964年にロンドンに設立された語学学校です。

1人1人の生徒に合わせた指導で、基礎的な英語力から総合的な英語力を養うように指導することでも、定評があります。

レッスンは、週に1度の講師との面談により、スキルチェックが設けられています。

それぞれに目標も設けることで、着実に英語のスキルや知識を身に着けます。

仕事で使うビジネス英語やコンペで必要となる話術まで、丁寧に指導してくれます。

学校周辺は、チャリング・クロス駅前にあるためナショナルギャラリーやバッキンガム宮殿などの観光名所が近く、レストランやカフェが豊富にあります。

イギリス名物のパブもあり、レッスン後の息抜きにぴったりです。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2〜3週間 4〜7週間 8〜11週間 12〜52週間
English World £553/週 £463/週 £433/週 £403/週 £378/週

※25時間/週

※他コース有

⑤St Giles International London Highgate

歴史ある語学学校です。

St Giles International London Highgateは、1955年に設立された語学学校です。

家族経営によって引き継がれ、現在では世界7校で展開されるまでになりました。

年間約14,000人のもの留学生が学びます。

レッスンは、コースの種類の豊富さに定評があります。

特に各種試験コースがそろい、大学進学やカレッジ進学の希望を持つ方に適しています。

他には、ビジネス英語やジュニア英語や家族での語学留学の扱いもあります。

学校周辺は、ハイゲイトという高級住宅街あるため、治安も良く落ち着いた雰囲気で勉強に集中できます。

ロンドンハイゲイト校では、多種多様なコースを開講しています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1〜3週間 4〜7週間 8〜11週間 12週間~
General English £352/週 £317/週 £300/週 £282/週

※28コマ/週

※他コース有

1ヶ月以上の中期・長期でおすすめな学校5選

しっかりと落ち着いて勉強したい方に対応した語学学校まとめです。

①Frances King School of English London

高級住宅街にある、由緒ある語学学校です。

Frances King School of English Londonは、1973年に設立された、由緒ある語学学校です。

ケンジントン宮殿もあるケンジントンにあるため、周りは高級住宅街で治安も良く、安心できます。

レッスンは、少人数制で進められています。

そのため、分からないところや疑問点について質問しやすい環境です。

グループレッスンでも発言しやすい機会を増やし、スピーキングの力をつけます。

アクティビティは、運動会を行うなど学園生活らしい行事もあり、留学生仲間と打ち解けるいい機会になっています。

近くには、ケンジントン公園があり美しい花々を感じながら、散策することができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~3週間 4~7週間 8~11週間 12~24週 25週~
一般英語 £238~/週 £216~/週 £198~/週 £176~/週 £154~/週

※20コマ/週

※他コース有

②St Giles International

世界に展開する語学学校です。

St Giles Internationalは、1955年に設立された世界で展開されている語学学校です。

アメリカやカナダなどにも語学学校があるため、世界で学ぶ学生が多く在籍しています。

レッスンは、一般英語の他、各種試験対策やビジネス英語などがあるので、目的に沿ったコース選択ができます。

事前のクラス判定によりクラス分けがされており、6クラスに分かれレベルごとにレッスンが行われています。

2週間ごとのテストで、クラスが上げられるか判定されます。

学校周辺は、ロンドン校は大英博物館そばにあるため、レッスンの後に見学に訪れることもできます。

大英博物館は、広く世界から集められた歴史的収蔵物が多数あるため、語学学校の近くだと、貴重な見学の機会を増やすチャンスがあります。

また、寮は校舎の上の階に用意されているので、通学の時間もかからず便利です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~3週間 4~7週間 8~11週間 12週間~
General English £383/週 £345/週 £326/週 £306/週

※28コマ/週

※他コース有

③St George International

ロンドンの中心にある語学学校です。

St George Internationalは、ロンドンの中心にある質の高い講師をそろえる語学学校です。

ロンドンの中心地にあるので、ショップやレストランやカフェもあり生活に困らない便利な場所です。

レッスンは、コミュニケーション能力を上げる訓練がされます。

一般英語コースでは、基礎的な文法とボキャブラリーを増やすようにし、スピーキング力を上げます。

また繰り返し、リスニングの機会を増やすことで、英語が自然と耳に入りやすいようにレッスンしています。

アクティビティにも力を入れています。

ミュージカルなどの芸術も盛んなロンドンで、観劇ツアーを企画するなどさまざまな趣向で計画されています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~3週間 4~7週間 8~11週間 8~11週間 8~11週間 8~11週間
General English £280/週 £265/週 £250/週 £230/週 £210/週 £185/週

※20コマ/週

※他コース有

④EC English, London

最先端の設備を持つ語学学校です。

EC English, Londonは、最先端の設備を持ちTOICの会場にもなっている語学学校です。

確固たる教育メソッドを持ち、試験対策にも対応したレッスンを行います。

レッスンは、スピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの4つをバランス良く学び、自信をつけることで英語を話す楽しさを学びます。

学校周辺は、ユーストン駅にも近く各方面のアクセスが良い場所です。

レストランやカフェやパブがあるので、留学生仲間で利用しやく便利です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~11週間 12~23週間
General English £295/週 £260/週

※20コマ/週

※他コース有

⑤The London School of English London

大人の方も通いやすい語学学校です。

The London School of English Londonは、1912年に設立された世界でも最も古い語学学校と言われています。

在籍する平均年齢が40歳となっており、大人の方にも人気です。

レッスンは、少人数制をとっており主に英語を使用して仕事をしようと考えている方や、ビジネス英語を必要とする方に最適なコースを用意しています。

学校周辺は、高級住宅街にあるため、落ち着いた環境です。

アクティビティは、ランチを落ち着いて外で楽しめるように工夫するなど、大人に方にも楽しみながらリラックスできる内容を中心としています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間~
General English £650/週

※22コマ/週

※他コース有

ロンドン留学でおすすめの学校を目的別に紹介

特化した特徴のある語学学校まとめです。

マンツーマンで学べるおすすめの学校【Malvern House International】

スクリーンボードを使用し、効率的な学習をする語学学校です。

Malvern House Internationalは、効率的な学習時間にするためにスクリーンボードを使用して、レッスンを進めます。

生徒は、パソコンを使用してレッスンを受けるため、筆記の時間にかける時間がとられません。

レッスンは、一般英語の他にビジネス英語を学ぶことができます。

講師と生徒の関係も良好なので、すぐに質問をしやすい雰囲気です。

学校周辺は、ハリーポッターの舞台にもなっているキングスクロス駅が徒歩10分位の場所にあります。

オフィス街にあるので、落ち着いており勉強に適した環境です。

また、寮が校舎とつながっていることで、通学に時間がとられず便利です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~4週間 5~12週間 13~23週間 24週間~
一般英語 £295/週 £285/週 £275/週 £265/週

※25コマ/週

※他コース有

スパルタで本気で学べるおすすめの学校【Delfin English School London】

母国語禁止を厳しく徹底しています。

Delfin English School Londonは、大英博物館やテート・モダンやナショナルギャラリーやバッキンガム宮殿などのすぐそばにある語学学校です。

日本人の比率が低く、英語の勉強をする環境に適しています。

レッスンは、母国語を使用しないように厳しく管理されています。

一般英語のコースでは、リーディングやライティングやリスニングやスピーキングの4つの基本を元に、文法やボキャブラリーも学び強化します。

学内は、教室が広々としており、現代的なデザインの明るい印象です。

学生ルームやコンピュータールームや、自習室も用意されています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~3週間 4~11週間 12~24週間 25週間~
一般英語(15回) £140~/週 £133~/週 £130~/週 £121~/週
一般英語(20回) £186~/週 £177~/週 £174~/週 £161~/週
集中英語(30回) £242/週 £231/週 £225/週 £210/週

※選択する時間帯により金額が異なるコースがあります。

※他コース有

女性でも安心して学べるおすすめの学校【British Study Centres London】

多数の受賞歴を持つ語学学校です。

British Study Centres Londonは、1930年代に設立された語学学校です。

古くからの歴史があるため、多くの受賞歴を持ちます。

イギリス国内に6つのキャンパスを持ち、それぞれ土地柄に合った特徴があります。

ロンドン校は、姉妹校になるWest London Collegeというファッション・アート専門の学校とキャンパスを共有しているので、活気に満ちています。

レッスンは、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングを1日3レッスンで、バランスよく学習していきます。

残りの1レッスンを文法・語彙・慣用句・発音のレッスンすることで、トータル的な英語の学習をします。

学校周辺は、大英博物館からワンブロック離れた公園の多い環境です。

昼食を公園でのんびりととることもでき、リラックスできる環境です。

ショッピング街にも近く、アクティブな生活を送ることができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~8週間 9~16週間 17~23週間
一般英語(15回) £275/週 £250/週 £235/週

※20コマ/週

※他コース有

とにかく安く通えるおすすめの学校【English Studio Language School】

シンプルにすることで、リーズナブルに通うことができる語学学校です。

English Studio Language Schoolは、ロンドンにありながらリーズナブルに通うことができる語学学校です。

ただし、在籍人数が多く1クラスの人数が平均で13人から多い時には18人になります。

レッスンは、一般英語の他にビジネス英語や各種試験対策コースなどがあります。

一般英語スピーキング・リスニング・発音に特に力を入れており、楽しみながらコミュニケーションをとることができるようなレッスンを行います。

学内は、極力シンプルにすることで、余計なコストをかけず学びやすい環境にしています。

立地は、大英博物館にも近く駅からも近いため、レストランやカフェが豊富です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1~4週間 5~8週間 9~16週間 17~24週間 25週間~
一般英語(15回) £100~/週 £85~/週 £75~/週 £70~/週 £65~/週
一般英語(20回) £135~/週 £120~/週 £105~/週 £95~/週 £85~/週
一般英語(30回) £175~/週 £145~/週 £135~/週 £125~/週 £115~/週

※選択する時間帯により金額が異なります。

※他コース有

ロンドン留学で英語が伸びなかった人の失敗談

ロンドン留学で英語力の伸びを感じられなかった方の経験談をまとめました。

ヨーロッパに頻繁に旅行

ロンドンの交通が整備されているため、ヨーロッパへの旅行が手軽に楽しめる魅力があります。

そのため、週末に気軽にLCCを使用してフランスやドイツといった人気のある観光大国へ行くことができます。

日本からヨーロッパへの旅行は時間と費用がかかるため、気軽にそう行けるものではありません。

安く、時間をかけずに良好できるメリットがある分、遊びの誘惑もたくさん出てきます。

勉強と上手にバランスをとりながら楽しめると良いですね。

他国の留学生に圧倒されて消極的

ヨーロッパに近いイギリスは、ヨーロッパからの留学生が多い状況です。

間違えても伝えたい気持ちが強い国民性の違いにより、日本人には圧倒されてしまう状況が生まれます。

あれこれと言いたいことを考えているうちに、発言する機会を失って、発言せずにレッスンが終わってしまうことがあるでしょう。

リスニングだけでも大変ですが、とにかく英語を勉強し、発言の機会を持とうとすることが大切になってきます。

海外の方の発言力と早口の英語は圧倒されますが、チャレンジするのみでしょう。

アクティビティを通してクラスの仲間と親しくなり発言しやすい雰囲気にするのも作戦の1つです。

アメリカ英語と違いなかなか慣れない

アメリカ英語で勉強してきている日本人は、イギリス英語になかなか馴染めない状況である場合があります。

単語自体が違う場合や、アクセントの違いなど、同じ英語でも意味する単語が違うので混乱しがちです。

アメリカ英語とは別の言葉を使って、表現することがたくさんあるため、合わせた言い方をしないと指摘されることもあるようです。

また、多国籍なお国柄もあり、人によって話す英語アクセントが違うなど苦労することもあります。

ロンドン学で英語が伸びた人の評判・口コミ

ロンドン留学して、英語力が伸びた方の経験談をまとめました。

きれいな発音ができるようになり褒められた

イギリスの中でもロンドンの英語は、スマートな印象があると評される英語です。

ニュースキャスターも使用する標準的な英語として、お手本にもなっています。

語学学校の講師もロンドンで話される英語を使い、指導することがほとんどです。

地方によって訛りが出てくるので、ロンドンでの語学留学は標準的な発音が身に着けられるメリットがあります。

英語を使用する英語圏の中でも、純粋な訛りの無い発音は評価が高いでしょう。

日本に興味を持つ方も多く仲良くなれた

ロンドンでも日本のアニメに関心を持つ方がたくさんいます。

「コミコン」と言われる「コミコン・インターナショナル」は、アメリカや多くの国でも開催されています。

コスプレを楽しむなど、アニメのキャラクターになりきって楽しむ海外の方が急増しています。

そのため、日本の文化に興味を持つ方も多く、友好的なお付き合いもできる機会があります。

語学学校のみの生活以外に、興味がある分野での活動があると、現地の方とも親しくなることができるきっかけになりますね。

他の国に留学していたため、グループレッスンでも発言できた

オーストラリアに以前留学していたので、ロンドンの語学学校でも発言することができたという経験談がありました。

グループレッスンが中心のロンドンでは、人数も多く発言を積極的にしていかないと苦しい局面もあります。

基本的会話を身に着けた後のロンドン留学は、効果的に英語の知識と経験をつむことができメリットを感じたそうです。

色々な英語を話す多国籍な国だからこそ、英語力をつけてから来るべきという意見も聞かれました。

ロンドン留学でおすすめのエージェント6選

ロンドン留学をお任せできるエージェントまとめです。

①BEO

大学進学を考える方に適したエージェントです。

BEOは、イギリス留学を扱う最大手の留学エージェントになります。

海外教育機関との連携によって設立され、イギリスにある大学や大学院への進学を希望する方にむけて、サポートをしています。

大学進学希望の方だけではなく、留学を考える全員に向けて何から始めれば良いのかを、丁寧にサポートしてくれます。

現在まで1万人以上の留学生を担当してきた実績から、実直なサポートをお願いできます。

また、在籍する経験豊富な留学カウンセラーは、海外での教育を受け学士号・修士号を取得している方です。

②SI-UK

信頼感のある大手エージェントです。

I SI-UK は、手続き料金が無料になっているエージェントです。

留学前は、有料ですが現地で必要となる英語でのやりとりなどが学べる、英語レッスンを受けることができます。

大学進学希望を持つ方に人気のあるエージェントで、大学や大学院の進学サポートしてくれます。

スタッフは、イギリス大学出身者やブリティッシュ・カウンシル公式資格を取得している方がそろっています。

専門の分野への留学も扱うので、英語+専門知識を深めたい方にもおすすめです。

③ロンドン留学センター

ロンドンに営業所があるエージェントです。

ロンドン留学センターは、ロンドンに営業所があるのでどうしたらよいか判断に迷う時など、気軽にサポートを頼むことができます。

また、語学学校の公式のエージェントとして認定されている立場なので、リーズナブルに留学できることもポイントです。

日本国内に営業所があるので、(東京・大阪・名古屋)留学前から相談をじっくりとできるのも良い点です。

手数料は無料となっていますので、気楽に相談できるのも良いですね。

④LSS ロンドン・スタディーサポート

イギリスの語学学校でカスタマーサポートをしていた経験を持つエージェントです。

LSS ロンドン・スタディーサポートは、イギリスの語学学校でカスタマーサポートをしていた経験を活かし留学生のサポートをします。

入学手続きなどの手配を無料で代行してくれるので、複雑な書類などの作成もお任せすることができます。

現地での無料サポートもしてもらえるので、いざという時にも落ち着いて行動することができ心強い存在になるでしょう。

⑤イギリス留学スクエア

現地オフィスがロンドンにあるエージェントです。

イギリス留学スクエアは、イギリス留学専門に扱うエージェントです。

イギリスへ留学経験があり、ブリティッシュ・カウンシル公式資格取得したカウンセラーが常駐しています。

語学学校の他にも、専門学校や公立カレッジや大学も扱うので、進学希望の方におすすめです。

また、語学留学以外にもワーキングホリデーも扱いがあり、イギリスで就労希望の方にも頼りになるエージェントです。

⑥留学@UK

ロンドンにあるエージェントです。

留学@UKは、日本ではなかなか想定できない強盗被害などの問題があった時にも素早く対応し、安心して早く勉強に集中できるようにサポートしてくれます。

イギリス留学を専門としているので、スタッフもイギリス生活が長いベテランです。

日本には営業所がないため、スカイプやメールでのやり取りになりますが、語学学校の手配や手続きなどを無料で代行してもらえるため、安心できます。

現地に着いてからの、ホームステイ先の手配もお願いできます。

ロンドン留学に行くなら必須の持ち物3選

ロンドン留学の際にあると便利なアイテムまとめです。

必須の持ち物①ウィンドブレーカー

曇りが多いロンドンでは必須です。

ロンドンの天候は、曇りが多い日が続きます。

日本に比べて日照時間がかなり短いため、ぐずついた天気が多くなります。

そのため、霧雨やパラパラと雨が降ったり止んだりすることが多いので、ウィンドブレーカーあると重宝します。

ロンドン在住の方も、撥水加工のされたウィンドブレーカーなどを活用しています。

フード付きだと、髪の毛や顔が濡れるのを防ぐことができるので、おすすめです。

日本よりも北緯が上の方にあるため、気温も下がることが多く防寒用にも役立ちます。

必須の持ち物②日本のインスタント食品類

日本食材を購入できるお店もありますが、手に入らない食品もあります。

日本食材を売るお店もありますが、値段も高くなります。

比較的種類がそろっているものの、海藻類やこんにゃくや薄切りの肉など日本では当然あるものが、あまりありません。

特に、イギリスのごはんは批評が分かれるところもあるので、日本のインスタント食品があると手軽においしい食事をとることができておすすめです。

イギリスの食事は、油っぽいものが多いと言われています。

日本のお寿司も人気ですが、日本で食べられるお寿司とはかなり違いがあり海外の方にも不評な場合があります。

手軽に故郷の味が楽しめるインスタント食品は心強いアイテムです。

必須の持ち物③日本のポケットティッシュ

ポケットティッシュを持ち歩く習慣がありません。

ロンドンに限らず、ヨーロッパでは箱のティッシュはあるものの、ポケットティッシュを使う習慣が、なぜかありません。

そのため、紙ナプキンやキッチンペーパーを必要な分のみ、持ち歩くなどしています。

鼻をかむのも、日本と違って紙ナプキンやハンカチという場合が多くあります。

ハンカチでかむと、鼻の皮膚を傷めなくソフトだという理由が多いようです。

ティッシュが固めの質感の物が多いこともあり、柔らかい日本のティッシュは使いなれた日本人には便利です。

まとめ

今回、ロンドン留学について主に、以下の点からご紹介しました。

・費用

・持ち物

・おすすめの学校など

ロンドンは、英語発祥の地であり、きれいな英語の発音が身に着けられる中心地です。

街には宮殿や公園や歴史的遺産を多数所有する大英博物館などが多数あります。

歴史のあるロンドンでの留学は、貴重な体験ができます。

語学学校も多数あり、自分に合った内容の学校を選択することができます。

グループレッスンが主流ですが、プライベートレッスンも行う語学学校もあるため、英語の学習に不安があっても自信をつけ学んでいくことができるでしょう。

また、ヨーロッパへの旅行も格安で行くことができるので、おすすめです。

せっかくロンドンに留学するならば、学業とイギリスの文化を多く体験し、多様な文化が感じられるロンドン留学にしてみて下さい。

きれいな発音を身に着けられるロンドン留学は、きっと人生で大きな財産になることでしょう。

関連記事

  1. バンクーバー留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・…
  2. エストニア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  3. マレーシア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  4. アメリカ留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比較!…
  5. オーストラリア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物…
  6. ビクトリア留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
PAGE TOP