フィリピン留学ドットコムの評判・口コミはどう?メリット・デメリットを紹介

日本との時差が僅か1時間、明るくフレンドリーな講師とのマンツーマンでの英語学習が格安でできる「フィリピン留学」に年々人気が高まっています。

今回は、セブ島だけではなく、バギオやマニラ、クラークといった様々な地域の学校紹介を行っている「フィリピン留学ドットコム」の紹介をしていきます。

フィリピン留学ドットコムは、年間3,000人もの留学生のサポートを行っており、日本とフィリピンにオフィスを構える老舗エージェントです。

実際の留学生による口コミや特徴、料金や会社概要についてご紹介していくので参考にしてみてください。

<目次>

フィリピン留学ドットコムの評判・口コミまとめ

フィリピン留学ドットコムを実際に利用した留学生のリアルな口コミをみていきましょう。

フィリピン留学ドットコムの良い評判・口コミ

まずは留学ドットコムを利用した留学生の満足したコメントを挙げてみます。

「日本で対応してくれたスタッフがすごく素敵な方で、いつも丁寧に優しく対応していただきました。(略)留学を経験をしたのも初めてだったし、身近に留学した人もいなかったので、情報もなかったですし、留学に行こうと踏ん切りをつけるきっかけをくれました」

「(学校のサポートや受け入れ体制は)いつも丁寧にフォローして頂いておりました。(略)スピーキングに重点を置いた科目を選択しましたが、常にアウトプットする学習の仕方で、非常に良かったと思います」

「日本人スタッフが常に数名常駐していたので、何か問題があってもすぐに相談できる環境でした(略)IELTS対策でとことん分からないところを聞くことができました。マンツーマン数も多かったので、とにかく英語を話す機会は多かったです」

「熱意と実力を兼ね添えた先生がたくさんいます。(略)滞在先は24時間スタッフがいるので安心でき、週2回部屋の清掃が入るので比較的清潔です」

紹介された学校(サポート面、講師の質の高さ)に対しての満足度の高いコメントがとても多いことから、コース選択までのカウンセリングが充実していることが分かります。

現地学校では、常駐の日本人スタッフが定期的に学習プランや生活面のカウンセリングを行っており、留学中の悩みもすぐに解決させることができるので、初めての留学生でも安心して留学することができます。

フィリピン留学ドットコムの悪い評判・口コミ

フィリピン留学ドットコムのネガティブなコメントも集めてみました。

「利便性の高い場所にあったので学校周辺の交通量が多く、バーなどの音楽が聞こえたりとすこし騒がしい時もありました」

「部屋によってシャワーの水勢が異なる(水勢が弱い部屋ではシャワーの時間がかかる)」

「食事の献立のレパートリーがやや少ない」

フィリピン留学ドットコムの利用者からの悪い評判はほとんど見当たりませんでしたが、滞在先の部屋によってはやや不満がある意見もありました。

落ち着いた環境で英語学習に集中したい人は、学校の立地を重視したコース選びをするのも良いかもしれません。

フィリピンで長期留学をする場合は、滞在環境や食事環境を考えると3ヵ月程度で学校を変えるのも良いかもしれません。

フィリピン留学ドットコムの評判・口コミのポイント

  • 日本、フィリピン共にスタッフのサポートが手厚く留学生からの高い満足度
  • やる気のある講師が多く、英語力を伸ばすことができる
  • 滞在先によっては、シャワーや食事面でやや不満を感じる人も

フィリピン留学ドットコムのここがすごい!特徴・メリット3選を紹介

フィリピン全土の優良学校と提携している人気エージェント「フィリピン留学ドットコム」の特徴やメリットをご紹介します。

日本とフィリピンにオフィスがあるので留学前も留学中も安心サポート

フィリピン留学ドットコムは日本にもフィリピンにもオフィスがあるので、留学準備はもちろん留学中のサポート体制も充実しています。

365日24時間の徹底したサポート体制

国内3都市にあるオフィスとセブのオフィスにて年間を通して24時間のサポート体制で留学生の安全管理を行います。

スタッフは全員フィリピン留学経験者

フィリピン留学ドットコムのスタッフは全員がフィリピン留学を経験しています。

そのため、留学前に国内オフィスでスタッフからフィリピン留学のリアルな体験談や学校の様子を聞くことができます。

留学経験者でなければ伝えられない貴重な情報を知ることができるのは、留学が初めての人にとっては非常に安心できるポイントです。

また、フィリピン留学ドットコムは直営の語学学校を持っているため、学習に関するアドバイスができるスタッフも数多く在籍しています。

出発前から帰国までの完全サポート

フィリピン留学体験者の多くが「事前に英語を勉強しておくことを勧める」と言うように、留学前の語学学習はとても大切です。

なぜなら、フィリピンの語学学校では文法やライティングという理解の必要な科目でさえ、英語で授業が行われるからです。

留学前の英語準備が無料でできる「TOP ESL」のポイントプレゼント

フィリピン留学ドットコムでは、留学前に「TOP ESL」というオンライン英会話を利用することができます。

申し込み時の留学期間によって、無料で受講できるコマ数は違いますが、もっと授業を受けたい人は有料でのコース受講も可能です。

(4~8週間の留学コース申し込み:400ポイント/最大16レッスン(3,980円相当)プレゼント)

出発前に集中して英会話を学ぶことで、頭が英語モードへ移行しやすくなり、現地に到着してからも英語でのやり取りにそこまで苦労することがなくなります。

手続き代行費用は0円!学費保障制度があるので、万が一の時にも安心!

フィリピン留学ドットコムの料金体系は非常に分かりやすいです。

留学手続きに関わる代行費用や送金手数料は0円。

webサイトに掲載されている学校費用は、現地の学校が公式に発表している公示価格です。

料金がはっきりしており、不明な手数料がかからないというのは、留学準備をする上でとても重要なポイントになるのではないでしょうか。

また、フィリピン留学ドットコムは「学費保障制度」を設けています。留学生に紹介している学校は、経営面でもしっかりしている学校ではありますが、万が一のことも考えられます。

倒産などのトラブルがあった場合でも、他校での授業継続ができるように努め、継続が難しい場合には「学費保障制度サービス規定」に基づいて返金などの補償を行います。

フィリピン留学ドットコムの特徴・メリットのポイント

  • 日本国内でも、フィリピン国内でもサポートが受けられるので安心
  • 申込者全員が留学前に「オンライン英会話レッスン」で留学準備ができる
  • 手続き代行料無料&学費保障制度で安心して留学ができる

フィリピン留学ドットコムのここが残念?デメリット・注意点も紹介

フィリピン留学ドットコムの「ここはちょっと・・」という点を挙げてみました。

セブ・バギオ以外の学校が少ない

フィリピン留学ドットコムはセブ島をメインとした語学学校紹介を行っています。マニラやクラークなどにも学校紹介はしていますが、学校数は限られてしまいます。

セブまたはバギオで学校を探したい人にはピッタリですが、マニラ留学を考えている人は3つの学校からしか選ぶことができません。

他都市での留学を希望する場合は他のエージェントにも学校探しをしてもらっても良いかもしれません。

学校によっては日本人ばかりということもある

これはフィリピン留学全般に言えることですが、フィリピンへの英語留学は日本人や韓国人の間で人気が高いため、語学学校も日本人経営、韓国人経営の学校が多くを占めています。

そのため、日系の語学学校は日本人生徒の割合が非常に高くなることも多いです。

資格取得やマンツーマンの英語学習が目的の留学であれば、日本人が多い環境の方が落ち着いて勉強に専念することができます。

「外国人の友達が欲しい」というタイプの人であれば、日本人の割合の少ない学校を選ぶのも良いかもしれません。

フィリピン留学ドットコムのここが残念?デメリット・注意点のポイント

  • マニラやクラーク、その他都市への学校紹介が少ない
  • 外国人の友達が多く欲しい人なら日系の語学学校は物足りないかも

フィリピン留学ドットコムの留学中のサポート・保証内容まとめ

1週間からの短期留学から資格取得のための留学など、様々なコースを紹介しているフィリピン留学ドットコムでは、留学前から留学後までの充実したサポート体制で、一人ひとりの目標を叶える留学が可能です。

フィリピン留学ドットコムの留学中のサポート

セブ島にあるフィリピン留学ドットコムの直営の現地支店には日本人社員も常駐しています。

そのため留学中に、何かあった際には現地のスタッフが学校に訪問し、細やかなサポートを行います。

ボランティア活動への参加、週末アクティビティの紹介や、キャリア相談、2カ国留学の相談も受け付けています。

「ラウンジDAY」や「トリップアクティビティ」「ボランティア活動」なども不定期に開催されているので、学校以外でも新しい仲間を見つける機会があります。

スタッフによる定期的な学校視察

フィリピン留学ドットコムでは2ヵ月に1度、日本オフィスから社員がフィリピン各エリアの学校視察を行っています。

授業の様子や生徒の雰囲気、施設や設備の最新の情報をスタッフが把握しているため、留学生の希望に合う学校紹介が可能なのです。

帰国後のキャリアデザインのサポートも

フィリピン留学ドットコムでは、留学後のサポートも充実しています。

フィリピンだけではなく、マレーシア、タイ、ベトナムなどの東南アジアのインターンシップや、オーストラリア、カナダ、アイルランドへのワーキングホリデーなどのキャリアアップに向けたプランも提案が可能です。

フィリピン留学で身に付けた英語力を活躍させる場所をより具体的に提案されることで、将来のスキルアップにつなげることができます。

フィリピン留学の後にカナダやオーストラリアなどに留学を行う「2カ国留学」についてのサポートももちろん行っています。

フィリピン留学ドットコムのコースや料金プランまとめ

学びたい内容、期間だけではなく宿泊スタイルや学校規則など、細かいタイプから自分にピッタリのコースを選ぶことができます。

ここでは、おススメの学校とコース例の他に留学で必要となる費用も載せますので、参考にしてください。

フィリピン留学ドットコムのコース選択内容

フィリピン留学ドットコムでは、学習目標やプログラムタイプを選べるだけではなく、滞在先や「自分のこだわり」を追求したコース選びができるのが特徴です。

試験対策 プログラムタイプ 留学スタイル 施設特徴別
TOEIC対策

TOEFL対策

IELTS対策

ビジネス英語

TESOLプログラム

TOEIC Speaking

スパルタ(集中)

自由(門限が緩い)

スピーキング強化

マンツーマンメイン

NATIVEマンツーマン

 

親子留学

小中高校生留学

短期留学(1~2週間)

英語教員用留学

法人英語研修

教育機関団体研修

海沿いの語学学校

シティ派語学学校

大学付属語学学校

施設グレードの高い学校

少人数アットホーム

この他にも「1日最大14コマ」「リゾート留学」や「超格安LCC語学学校」など、学校の特徴別でもコースを選ぶことができます。

コース料金の例

ここではフィリピン留学ドットコムが紹介している学校の1つである「IDEA CEBU」のコース料金を紹介します。

IDEA CEBUの特徴

日系語学学校のパイオニア的存在の「IDEA CEBU」は会話重視の実践英語カリキュラムが大人気で、企業や教育機関の豊富な研修実績を誇ります。

毎朝の単語テストと義務自習で1人ひとりの学習効果を最大に引き上げるため、真剣に学習をしたい人にはピッタリです。

コースは会話重視のコースの他にもTOEICやTOEFL、IELTSなどの資格試験対策も充実。

学校周辺にはショッピングモールやレストラン、カフェもあり、コンビニも近いため便利な生活を送ることができ、ショッピングも楽しむことができます。

日本人スタッフも常駐しているため、何かあった時にもすぐに相談することができるので英語学習初心者でも安心です。

会話重視の人のための「Power Speakingコース」

(マンツーマン(4コマ)+小グループ(1コマ+Vocaテスト+op(2コマ))

1週間 4週間
ホテル1人部屋 US$620 US$2,280
4人部屋 US$370 US$1,280

資格試験を真剣に目指す人のための「点数保障コース(TOEIC/ IELTS /TOEFL)」

10週間 20週間
ホテル1人部屋 US$6,600 US$13,200
4人部屋 US$4,100 US$8,200

その他の費用

授業料以外に必要となる費用を見ていきましょう。

日本で支払い必要となる費用

登録金 US$120
空港ピックアップ US$20(片道)・US$40(往復) /日曜日

US$40(片道)・US$80(往復)/日曜日以外

食事代 US$20 /1週間あたり
海外送金手数料 無料

※出発まで1ヵ月(30日)を切る申し込みの場合は一律3,000円の海外送金手数料が必要

現地で必要となる費用

寄宿舎保証金 2,500ペソ(帰国時に何もなければ返金)
SSP申請費用 6,800ペソ(特別滞在許可証)
ACR-Iカード 3,300ペソ(外国人登録証)
水道・電気代 1人/2人部屋:250ペソ/週

3人/4人部屋:500ペソ/週

IDカード 500ペソ
教材代 1,000ペソ/1週

1,500ペソ/2週

2,000ペソ/3週

ビザ延長費用 書類費用のみ。代行手数料なし

フィリピン留学ドットコムを利用する際の流れを紹介

フィリピン留学は、1週間からの短期留学も可能で、ビザが必要ではないため気軽に留学できるのが特徴です。

出発前のギリギリの申し込みでも留学はできますが、時期によっては人気学校には空きがないこともあるので、半年ほど前から計画を立てることをおススメします。

ここでは、フィリピン留学ドットコムを利用する時の流れをお伝えします。

渡航6ヵ月前~3ヵ月前

セミナー参加や資料請求をして、フィリピン留学について理解を深めてみましょう。

自分の理想の留学スタイルが固まったら個別カウンセリングで、目的に合ったコースを探してみましょう。

資料請求・留学セミナー参加→個別相談 webサイト/電話から資料請求、問い合わせ受付
無料見積もり請求 見積もり方法は「問い合わせフォーム」「資料請求フォーム」「オフィスでのカウンセリング」「電話」から。メールにて見積もりが返信

(資料請求フォームからの見積もりに対しては資料と同時発送)

個別カウンセリング 留学日程や期間、予算、学校情報の要望や疑問はカウンセリングで解消。

窓口で相談を希望する場合は電話、又は予約フォームにてカウンセリング予約

フィリピン留学ドットコムの留学セミナー/個別相談会

渋谷(東京)、南青山(東京)、梅田(大阪)、天神(福岡)のオフィスではほぼ毎週土曜日と平日1回、フィリピン留学の説明会を行っています。

説明会/個別相談会はwebサイトから申込ができます。

毎月総計100人以上が参加するという人気のセミナーでは、留学の基本的な情報に加えて、語学学校の選び方やフィリピン留学を成功させる秘訣などをテーマにしてフィリピン留学ドットコムのスタッフが話をしていきます。

セミナー終了後はカウンセラーとの個別相談もできる場を設けています。

2カ国留学やキャリアアップ留学、インターンシップやワーキングホリデー、海外就職などの個別の目的を持っている人は、セミナー後の相談で専門のカウンセラーに相談をしましょう。

また、フィリピン留学ドットコムでは、国内のオフィス、又はセブオフィスで個別相談会も設けています。

具体的なプランがある程度固まっている人や、海外就職やインターンシップなどについて相談をしたい人は留学ドットコムのカウンセラーにマンツーマンで相談ができる個別相談会への参加をお勧めします。

渡航3ヵ月前~2か月前

カウンセリングでコースが決まったら申し込み手続きに入りましょう。

パスポートの有効期限のチェックも忘れずにしておきましょう。

申し込み手続き webサイトから必要事項をフォームに記入

又は、オフィスにて書面申し込み

航空券、留学保険の手続き及び申し込み 航空券発券から留学保険の申し込みまで一括パッケージで手配可
留学費用の支払い→入学許可証その他資料の受け取り 留学費用は、銀行振り込み又はクレジットカードでの支払い

申し込み後、フィリピン留学ドットコムから「渡航前ガイドブック」「ピックアップ確認書」「入学許可証」が送付される

渡航前のオンライン事前研修の案内&受講 「TOP ESLオンライン英会話」の利用ポイントが貰える。

(留学期間によってポイント数は異なる)

例)9~16週間の申し込みの場合 : 800ポイント(25分授業最大32回受講可能)

渡航2週間前

出発前はバタバタする時期でもあります。大切な書類はコピーをしておき、常備薬や電子辞書なども忘れずに用意しましょう。

渡航準備 送付済みの「渡航前ガイドブック」を参考に荷物の準備
確認事項 航空券(往復または第3国への出国チケット)、海外旅行保険、など

その他、証明写真(ビザやSSP用)、クレジットカードやスマホ(パソコン)なども準備をしておきましょう。

フィリピン留学ドットコムの運営会社情報

フィリピン留学ドットコムの国内・海外窓口と対応エリア、会社情報をご紹介します。

フィリピン留学ドットコムの窓口

フィリピン留学ドットコムは国内に東京・大阪・福岡の3つの拠点を設けています。

フィリピン留学ドットコムの国内3つの窓口

大阪本社 〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork内

Tel:06-6147-5300 / Fax: 06-6147-5301

東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 メゾンドラミアビル 302
福岡支社 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F

フィリピン・セブの窓口

セブ 16F GAGFA IT CENTER, F Cabahug St, Kasambagan, Cebu city.

フィリピン留学ドットコムが対応しているエリア

フィリピン留学ドットコムではセブを中心とした7都市への学校紹介を行っています。

セブ島の学校が一番多いですが、ネイティブ講師から英語を習いたい人ならクラーク、心地よい環境で落ち着いて勉強したい人ならバギオの学校で学ぶと良いかもしれません。

セブ (33校) フィリピン第二の都市で、避暑地としても有名、リゾート地も数多い
マニラ (3校) フィリピンの首都。大都市と歴史的建造物が魅力。ショッピングやカフェを楽しみたい人におススメ
クラーク(7校)/ターラック (2校) ネイティブ英語話者が多い地域。経済遠くに指定されているため日系企業や多国籍企業が多数。
バギオ (9校) 年間平均気温が20℃でフィリピンの避暑地として有名。涼しい環境、大学の多さからも学習者に人気
バドロコ (3校) ネグロス島北部の都市。ショッピングやカフェも。本気で勉強したい人におススメエリア
イロイロ (3校) フィリピン第4の都市。物価が安く、治安も良い。田舎だが、有名な大学が多いため教師の質が高い
ダバオ (2校) フィリピン第3の都市。フィリピン一治安が良く、マリンスポーツも盛んな都市

フィリピン留学ドットコムの会社概要

会社名 株式会社 ジージー(グローバルリンクス・グループ)

GG.co.,Led.

所在地 本社:〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork内
サービス概要
  • 旅行業
  • 各種海外留学の企画、斡旋、運営及び留学生に対するコンサルティング業務
  • 語学学校の運営・コンサルティング
  • オンライン英会話サービス事業
  • 海外生活体験商品の開発及び販売
  • パンフレット、チラシ、ポスター等、広告物に関する企画及びデザイン
  • ホームページ当のウェブデザインの企画制作
  • 損害保険代理店業
  • 企業法人向け
  • ビジネススキル研修
  • ビジネス語学研修
問い合わせ方法 電話(0120-963-815)/web問い合わせフォーム/
カウンセリング費用 無料

まとめ

フィリピン留学は、低コストで宿泊、食事、掃除付きでマンツーマン授業が受けられるコースが多いことから、とても人気が高まっています。

「安いから」と金額だけを見て申し込みをすると「思っていたのと違う」ということにもなり兼ねません。

フィリピン留学ドットコムでは、スタッフが学校の視察を定期的に行った上で最新情報を提供しているので、自分に合う学校を正しく選べます。学費保障制度も設けているので、万が一の時にも安心です。

将来的にフィリピン留学を検討している人はまずは説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 留学先での4つの悩み事とその解決方法とは?
  2. 就職活動をする女性 留学から帰国後にスムーズに就職するための4つのコツ
  3. モナコ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすす…
  4. フィリピン留学でおすすめの留学エージェント7選を編集部が徹底比較…
  5. 海外旅行のイラスト 留学を自分で手続きするメリットとデメリット
  6. バンガロール留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・…
PAGE TOP