スリランカ留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・おすすめの学校まで完全網羅【2019年最新版】

スリランカは、どのような国のイメージを持っていますか?

一般的に知られるスリランカは、紅茶の国のイメージが強いでしょう。

インドの下に位置するスリランカは、物価が安く英語を話す国として近年栄えてきています。

また、第二次大戦後のジャヤワルダナ大統領の演説によって日本が救われた歴史もあります。

今回は、親交国スリランカの英語留学について調べていきましょう。

<目次>

スリランカ留学の3つの魅力・メリット

スリランカ留学において、魅力になる点をまとめました。

魅力・メリット①公用語ではないが英語を使用する生活

タミル語とシンハラ語を話す民族をつなぐ言葉として英語が活用されています。

スリランカでは、公用語はタミル語とシンハラ語が決められています。

しかし、民族間の争いや違いによる点から、英語を共用語として使用がされています。

また、スリランカは長く占領される歴史がありました。

イギリスの統治による英語教育もあり、都市の教育は英語教育が盛んです。

魅力・メリット②物価が安い

日本のおよそ3分の1の価格で留学ができます。

スリランカの物価はとても安く、スリランカの中心地コロンボで物価はおよそ3分の1になります。

生活用品も安く、生活するだけならば1か月4万円もあれば余裕をもって生活ができます。

選ぶ語学学校にもよりますが、現地の語学学校で価格が安いところとなると、3か月で5万円ほどと語学学校の価格も驚くほど安い特徴があります。

魅力・メリット③人々が陽気

陽気で細かいことを気にしないスリランカ人です。

スリランカ人は、南特有の陽気さをもつ国です。

おおざっぱなところもありますが、自然とともに自然体で暮らす彼らは、常に明るく前向きに生活をしています。

長く続いた内戦で忍耐強さも持つスリランカ人は、訪れてくれる外国人を温かく迎え入れてくれます。

スリランカ留学の3つのデメリット・注意点

スリランカ留学で、注意点などについてまとめました。

デメリット・注意点①とにかく雨が多い

スリランカは熱帯雨林気候です。

スリランカは、赤道にも近い地理なので熱帯雨林気候です。

常に季節風に吹かれ、気温も30度近くあることが多く、常夏という言葉はぴったりな国です。

雨季ともなると、雨量は日本の3倍以上も多く降ります。

日本の場合、台風時には1時間当たりの雨量が、2時間で300mmの雨に対応(1級河川の場合)できるように整備されています。

スリランカは日本に比べて3倍以上も多く降るため、洪水は身近な災害でもあります。

デメリット・注意点②服装や行動に気を付ける

スリランカでは、宗教を尊重した行動が大事になります。

スリランカでは、主に仏教を信仰するシンハラ人が7割を占めています。

続いてタミル人がヒンドゥー教を信仰し、その他にもイスラム教やキリスト教を信仰する民族が混在する多民族国家です。

信仰する宗教によって価値観も変わるため、それぞれの価値観を尊重した行動などが求められます。

特に寺院などへ赴く際などは、肌をなるべく隠すなど気遣う部分も出てきます。

デメリット・注意点③軽犯罪が多い

経済格差による犯罪も起きています。

2009年に内戦が終了したスリランカは、急激に発展を目指しています。

コロンボのような都市では、英語を流暢に話すエリートサラリーマンが活躍する一方、経済的格差のある地域もあることも確かです。

そのため、都市部に多くスリや置き引きなどの軽犯罪が多く起こる状況があります。

対策としては、荷物を置いて離れないことや、カバンは斜めにかけて前に持っていることなど意識的に警戒する必要があります。

スリランカ留学で人気の主要エリア3選

スリランカ留学でおすすめの都市を紹介します。

主要エリア①コロンボ

スリランカの最大の都市です。

コロンボは、スリランカで最大の都市です。

首都と思われる方もいるかもしれませんが、首都はスリジャヤワルダナプラコッテとなります。

コロンボは旧都市にあたりますが、内陸側に入るスリジャヤワルダナプラコッテよりも栄えています。

良質な宝石が買えることでも知られるコロンボは、ショッピングや食にも充実しています。

多くの寺院も建立されており、文化に触れることができる都市でもあります。

主要エリア②バンダラウェラ

お茶の名産地として有名です。

バンダラウェラは、お茶の集散地と広く知られている都市です。

都市というよりも、町という方がイメージとしてはぴったりです。

小規模な町で東南アジアをイメージした時のイメージに最も近いでしょう。

ローカルの方の暮らしがよく分かる町でもあります。

主要エリア③ネゴンボ

少数派のカトリック教徒が多い街です。

仏教徒が多いスリランカですが、イギリスの統治にあった際にキリスト教が広まり信仰されてきました。

宗教による軋轢が原因とされる同時爆破テロの起きた街でもありますが、現在は落ち着きを取り戻し政府による治安維持部隊がしっかりと取り締まっています。

現地の方はとてもフレンドリーで海外からきた旅行者の方などへ積極的に話しかけ訪れたことに感謝してくれます。

漁業で栄える街として新鮮なシーフードも豊富に食べることができ、親切な現地の方々との交流で落ち着いて勉強しやすい街です。

スリランカで留学先を決める時の3つのポイント

スリランカ留学のポイントになる点を確認しましょう。

ポイント①英語を使用する国

連結語として英語を使用するスリランカです。

タミル語やシンハラ語を公用語として使用するスリランカでは、お互いの使う共通の言葉が必要です。

英語を使用することでスリランカを1つの国として機能しているため、英語は大変必要な言語となっています。

発展途上のスリランカでは、国定的に活躍する人物を輩出するためにも英語教育に力を入れている環境があります。

ポイント②費用が安い

東南アジアの国として安価な費用で留学ができます。

スリランカは、まだ発展途中の国です。

先進国の仲間入りを強固に目指しています。

しかし、長く続いた内戦による経済への不安から物価は下がっています。

国としては安定している経済状態ではまだありませんが、外国人から見ると留学する先としてはとても安価で留学ができるメリットがあります。

ポイント③親日国

戦後の日本を救ってくれた国です。

スリランカは、太平洋戦争後の日本を救ってくれた過去があります。

敗戦後の日本をソ連やアメリカやイギリスや中国が分割して植民地化しようとしていた時のことです。

当時、スリランカ大統領だったジャヤワルダナ氏によるスピーチは日本と守ることになりました。

スピーチには、日本へのチャンスと復興を訴える内容で、植民地化しようとする動きを阻止するものです。

日本への尊敬の念を込めたメッセージは、世界に届き今の日本が保たれる要因になりました。

以後、スリランカへの援助など交流をはぐくみ現在でも親日国として関係があります。

スリランカ人にとっても、日本はアジアの中でもハイテクで信頼のおける国として認識されています。

スリランカ留学でおすすめの学校を期間別に紹介

スリランカで実績のある語学学校の紹介です。

1か月以内の短期で学べるおすすめの学校2選

最短1週間から英語留学することができます。

①ST.JOSEPHS INTERNATIONAL ENGLISH SCHOOL & TRAVELS NEGOMBO

ネゴンボにある、アットホームな語学学校です。

ST.JOSEPHS INTERNATIONAL ENGLISH SCHOOL & TRAVELSは、異国の地で緊張せずにリラックスして留学できるように、気を使った取り組みがされています。

スリランカ留学の主流であるマンツーマンレッスンはもちろんのことone-to-oneを基本としたプログラムで英語力をつけます。

日本人への指導に対しても実績があるため安心して学ぶことができます。

また、ニゴンボにあるため国際空港に近いのもメリットです。

外国人も多く訪れる地なので治安もよくおすすめです。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間
一般英語

(4時間/日)

110,000円 205,000円 270,000円 330,000円 620,000円 900,000円

※食事無プランも有

②TACT international

個人レッスンで学べる語学学校です。

TACT internationalは、個人レッスンでまなぶことができる語学学校です。

そのため、個人のレベルごとにあった学習の内容で勉強をすることができます。

日本語に精通したスタッフがいるため、現地での日本語のサポートが可能になっているため安心できることがメリットです。

また、時期による英語留学の障害もなく自由に取り組むことができます。

担当する講師は、英語のレッスンに長く携わる方などベテランの方がサポートしてくれます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週 2週 3週
一般英語(4時間/日) 60,000円 120,000円 180,000円

※その他コース有

※滞在費・空港送迎料金含む

1ヶ月以上の中期・長期でおすすめな学校2選

短期だけではなく、中期・長期にも対応した語学学校のおすすめになります。

①ST.JOSEPHS INTERNATIONAL ENGLISH SCHOOL & TRAVELS BANDARAWELA

バンダラウェラにある、アットホームな語学学校です。

ST.JOSEPHS INTERNATIONAL ENGLISH SCHOOL & TRAVELS BANDARAWELAは、ネゴンボにある語学学校の分校になります。

ネゴンボにある語学学校よりもコースの種類があるため、自分により合ったコースを選択することができます。

ロングステイすることで、現地に必要と思われる事態に想定したサービスを受けることができます。

例えば、専用車の手配や国内外への旅行の手配や病院への案内と同行などがあります。

ロングステイすることで、現地での日常を感じられるプランが充実していて評判になっています。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間
一般英語

(3時間/日)

170,000円 210,000円 250,000円 480,000円 620,000円 690,000円

※他プラン有

②Oasis Language Center

親子留学や小学生のジュニアキャンプも行う語学学校です。

Oasis Language Centerは、ネパールでも運営されている語学学校です。

親子留学にも力を入れているため、赤ちゃん連れでも可能というプランの広さがあります。

また、宿泊先はホテルまたはコンドミニアムから選べます。

ジュニア向けの実績を積んでいるため、大人の留学に対しても分かりやすく英語を学ぶことができます。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週間 2週間 3週間 4週間
一般英語

(40時間/日週)

170,000円 168,000円 252,000円 336,000円

※空港送迎費用、授業料、宿泊料、3食付

スリランカ留学でおすすめの学校を目的別に紹介

目的別でしっかりと英語の勉強ができる語学学校の紹介です。

マンツーマンで学べるおすすめの学校【Beインターナショナル】

リゾートホテルに滞在しながらレッスンが受けられます。

Beインターナショナルは、スリランカのビーチにあるリゾートにある語学学校です。

マンツーマン学習をスタイルとしており、集中して英語の勉強をすることができます。

マンツーマンスタイルの学習は、授業の内容についてカスタマイズすることもでき進み具合も調節することができ自分のペースで進めることができるため、英語を身に着けやすいと人気があります。

また、バンダラウェアにも同じ語学学校があるので、違った環境の中で学習をすることができます。

両方で学ぶこともでき、選択できる自由もあります。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 1週 2週 3週 4週
マンツーマンレッスン(30時間/週) 110,000円 205,000円 270,000円 330,000円

※授業料+ホテル滞在(2週まで1日2食付・3週以降朝食付)

※空港送迎代含む

スパルタで本気で学べるおすすめの学校【British Council】

講師は、イギリスの英語教育スキルを持つ語学学校です。

British Councilは、スリランカがイギリス植民地時代に使用された、イギリス英語教育を受け継ぐ語学学校です。

スリランカ国内に3か所語学学校が建てられており、自由に選んで学習することができます。

3か所の中でも、コロンボ市内の学校は新しくセキュリティーも厳しい施設です。

設備もしっかりと整えられており、スリランカのローカル向けの語学学校と比べ豪華な造りです。

図書館も備えており、4000冊以上の本が置かれ英語学習に役立てることができます。

講師陣は、イギリス英語を教えるスキルを持ったプロが、揃い本格的な英語を学ぶことができおすすめです。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 4週
(50時間/月) 43,500ルピー

※他コース有

※選択する校舎によっても価格が異なります。

女性でも安心して学べるおすすめの学校【SVS English for English】

2006年に開設された語学学校です。

SVS English for Englishは、スリランカ人とイギリス人によって設立された語学学校です。

スリランカが国際的にはばたくために、英語教育に力を入れた語学学校です。

アットホームな雰囲気を大事にし、生徒1人1人を家族のように迎え入れてくれます。

安全でリラックスできるように、環境作りに力を入れているのが特徴です。

また、少人数制クラスにして個々の目標に向かって指導されています。

基礎英語から上級英語に至る全クラス共通して注意して教えているのは、自然な言い回しがスムーズにできることです。

実践に即した会話を想定して自然なニュアンスやリズムを大切にしています。

学習期間・コース内容・費用

1時間あたり Rs100
100時間 Rs 10,000

※他コース有

※週10時間授業(1日2時間授業)

とにかく安く通えるおすすめの学校【AOZORA English School】

リーズナブルな価格設定の語学学校です。

AOZORA English Schoolは、マラウィラでレッスンが受けられる語学学校になります。

リーズナブルな価格で、英語の勉強ができると人気がある語学学校でもあります。

滞在は、日本人経営のホテルに宿泊することで困ったことなど相談しやすいのがメリットです。

宿泊先には、部屋に冷蔵庫やクーラーやテレビや温水シャワーなど一通りの設備が整っているため、快適に過ごすことができます。

近くには、海もあるのでビーチでリラックスすることも可能です。

学習期間・コース内容・費用

留学期間 2週間 4週間 12週間
一般英語(4時間/日) 105,000円 210,000円 630,000円

※食事無プランも有

スリランカ留学で英語が伸びなかった人の失敗談

スリランカ経験者の失敗談をまとめました。

停電など多く不安定な生活

水力発電をメインに使用するスリランカでは、電力の供給が不安定な時期があります。

雨季ではない乾季の時に、雨の降水量が減ると電力不足になる場合があります。

近年、地球の温暖化による気候の変化が原因と思われますが、自然のエネルギーを大切にしているスリランカではよくあることです。

ですが、スリランカ人は、陽気で細かいことを気にしない性格の持ち主が多い国です。

日本のように整った社会で暮らしていない彼らはたくましく、家族や他人を思いやる気持ちを持っています。

彼らの様に、おおらかな気持ちを持つことが大切でもあります。

日本人にも人気のある観光国で遊びに没頭

南の国としてリゾートに力を入れているスリランカ。

日本人の多くが訪れスリランカには、マリンスポーツやアーユルヴェーダが体験できるとあって日本人に人気があります。

スリランカを語学と遊び両方を満喫できて一石二鳥だという気持ちから選んだため、ついつい遊びすぎてしまうという経験談もありました。

リラックスと勉強をバランスよくしていくことが大事ですね。

英語は都市部か限られた場所でしか使えないこともある

スリランカの教育現状では、州立学校の多くはタミル語のみやシンハラ語のみで授業が行われている学校が多くあります。

コロンボのような都市には、エリート校が集まるため英語を話せる方が多く集まります。

しかし、まだ教育が全国に追いつかないため、地区ごとの住民の使う言葉を使用している状況です。

全国レベルでの英語力は、まだこれからの課題として残っています。

スリランカ留学で英語が伸びた人の評判・口コミ

スリランカ留学して英語力アップできた方の口コミです。

世界からの観光客が多いので、英語を話す楽しさがある

スリランカは、アメリカの発行部数も多いニューヨークタイムズで、ナンバー1に選ばれています。

多くの世界遺産があるスリランカでは、高品質の宝石が得られる国としても有名です。

また、アーユルヴェーダでのリラックス体験がリーズナブルにできるため人気があります。

数多くの魅力があるため、世界各国から評判を聞きつけた観光客や留学生と英語を使用してコミュニケーションをとる機会が更に増しています。

日本と同じ仏教徒が多い国なので過ごしやすい

スリランカでの主要な宗教は仏教です。

同じく仏教を信仰する方が多い日本に対して親近感を持ってくれています。

また、日本に対する評価も高く関心がある方が多い国なので、日本人に対してフレンドリーに接してくれます。

彼らは、親近感を持っているため気軽に話しかけてくれます。

使用する言葉は英語になるので、自然とスリランカ人と交流が保てるメリットもあります。

物価が安いのでホテルステイし、リラックスしながら英語が学べた

世界遺産が多いスリランカでは、英語の勉強とともに週末のアクティビティの体験もすることができます。

ビーチでくつろぐことや、貴重な寺院へ足を運んでみるなど、ただ英語を勉強するだけではなく国の文化に触れられる機会が多くあるためスリランカの歴史をより近くで感じ取ることができます。

文化を知ることで、スリランカ人との会話も上達していきます。

スリランカ留学でおすすめのエージェント3選

スリランカ留学をサポートしてもらえるエージェントの紹介です。

①留学タイムズ

手数料無料で語学学校の手配をしてくれます。

留学タイムズは、創業20年の実績があるエージェントになります。

世界の45か国に取り扱いのある語学学校が多数あり、希望する留学内容に合わせてサポートをしてくれます。

また、今まで約3万人の留学者を送り出してきた実績ありH.I.S.が全面的サポートをしてくれるため、安く留学ができることも魅力の1つです。

②SELS

スリランカ留学専門のエージェントです。

SELSは、スリランカ留学専門に扱うエージェントです。

日本から出発する前から英語の指導をしていきます。

スリランカには現地にある旅行会社のサポートを受けることができます。

日本語専属スタッフがいることも心強いポイントです。

語学留学以外にも、インターンシップに参加して働くことができるので大きな経験になります。

他にボランティア活動にも力を入れています。

③Beインターナショナル

東南アジアに特化したエージェントです。

Beインターナショナルは、リーズナブルな英語留学を基本にしっかりと英語で会話できる実力をつける留学をサポートしてくれます。

ホームステイ方式をとっており、現地料理のレッスンなど英語の学習以外でも体験を通して風習を学ぶことができます。

特にスリランカは、アーユルヴェーダや伝統的なダンスを体験することができるため、要望の高い体験学習となっています。

また、ボランティア活動をしてみたい方に紹介もしています。

スリランカ留学に行くなら必須の持ち物3選

スリランカ留学に必要な持ち物についてまとめました。

必須の持ち物①スニーカー

まだ、土の道路も多いスリランカです。

発展途上にあるスリランカでは、建物と建物の間をつなぐ舗装道路が完全に整っていない場合も多く、道が平たんでない場合もあります。

足場も悪い道があるのでスニーカーがあると安心できます。

また、年間を通して高温多湿のスリランカでは、クロックスのようなサンダルがあると重宝します。

突然の雨の際にも濡れてもすぐ乾かせるサンダルを用意していくことをおすすめします。

必須の持ち物②携帯用ライト

停電することが多いスリランカでは携帯ライトが役立ちます。

スリランカでの発電方法は、主に水力発電によるエネルギー生産をしています。

雨量は日本よりも多いものの天候による発電力が減少気味です。

一定の電気を供給することが難しい場合、停電のリスクがあります。

計画的に都市を含め停電をして対策をしています。

復旧するまでの間に、補助用ライトに頼って生活することになりますので、携帯用ライトを含め用意していくことが必要です。

必須の持ち物③スカーフ類

寺院見学の際などに必要になります。

スリランカは、多種多様な宗教信仰をする方が多い国です。

そのため、宗教の種類に関わらず、寺院では肌の露出をなくさなければなりません。

女性はスカーフが必須となります。

強い日差しの国でもあるため、スカーフは日差しから守るためにも役立ちます。

日差し対策としては、日傘やサングラスが有効です。

普段、サングラスをかける習慣がない方でも目から紫外線のダメージを受けないために、サングラスをかけて目を守ることが大切です。

まとめ

今回、スリランカ留学について主に、以下の点からご紹介しました。

・費用

・持ち物

・おすすめの学校など

スリランカは、長く続いた他国の支配や植民地とされていた歴史があります。

最近までは、激しい内戦に伴い、経済が不安定な状態が続いていました。

ですが、内戦終了して数年が経ち、英語教育や国際化に向けて熱心な教育に力をいれているスリランカは、魅力的な国です。

同じ仏教信仰国としても共通性のある国として、温かく迎え入れてくれます。

また、安価な留学費用やイギリス英語を使用する講師が多いことやマンツーマン授業が主体ということがスリランカ留学のメリットでしょう。

ぜひ、留学先としてスリランカを考えてみて下さいね。

関連記事

  1. 英語力だけじゃない!初めての海外留学で得られる3つのこと
  2. 留学先で地図を見る女性 留学先ですぐに使える!英語の質問フレーズ集
  3. 留学先でアプリを使って勉強する女性 留学前に入れておきたい!語学留学で役立つ英語アプリ3選
  4. 留学先で授業を受ける日本人女性 留学でありがちな「あるある」を6つご紹介!
  5. ミャンマー留学のススメ!メリット・デメリットから費用・持ち物・お…
  6. 留学の費用を安くする7つの方法
PAGE TOP