初心者がTOEICで600点以上を狙う勉強法・戦略の教科書!800点OVERの筆者が教えます

TOEICを受けようと思っている人は、どうやって勉強すれば良いのか、どうすれば目標スコアを達成できるのか気になりますよね。

英語力は一朝一夕でつくものではありませんし、TOEICは検定なのでTOEICに合った勉強法がとても重要です。

そこでこの記事では、TOEICで600点以上の結果を残せるための勉強法をご紹介します。

TOEICの勉強法に悩んでいる人は、これを参考に勉強をはじめてみてくださいね。

TOEICで初心者がまず狙うのは600点!

TOEICの勉強法に悩む人のほとんどが、TOEICをあまり受けたことのないTOEIC初心者でしょう。

全く受けたことがない人もいるかもしれませんね。

勉強をするときには、目標を持つことが大事です。

TOEICは合否がなくスコア判定なので、目標スコアを決めて勉強することをおすすめします。

目標スコア別で勉強法も変わってくるので、自分の現在の英語力とも相談しつつ目標スコアを設定しましょう。

ちなみに、多くの学習者がまず目指すのは600点。

もしTOEIC初心者で、英語もまだまだ学習中なら、まずは600点を目標にしてくださいね。

TOEICの取得を求人の応募資格に設定している多くの企業が、600点以上を指定しています。

就職でTOEICを生かしたい場合、最低でも600点が必要なのです。

TOEICで600点以上を取るためにどのくらい勉強すればいい?

では、TOEICで600点以上を取るためには、どの程度勉強すれば良いのでしょうか?

「どのくらい」と言葉にすることは難しいのですが、たとえば全く英語力がゼロ状態から始めるのなら、かなり集中的にやっても1年は時間が必要かもしれません。

しかし、基礎的な英単語や文法がそこそこ理解できていて、英検で言うと3級程度の力があるなら、数ヶ月の学習でも、600点を目指すことができます。

TOEIC600点以上を目指すためには、元々どの程度英語力が身についているかが重要。

特に、基礎英単語や文法があるかないかでは、かなり違ってきます。

基礎もできていない人はまずはTOEICの学習ではなく、基礎英語の学習をしましょう。

TOEICで600点以上を目指す勉強法5つのポイント

では、TOEICで600点以上を目指すためには、どのような勉強をすれば良いのでしょうか。

勉強法を具体的に説明する前に、まずは勉強をするときに意識するべき5つのポイントについて解説していきます。

基礎文法をまず終わらせること!

前述でも少し触れていますが、基礎英語を終わらせておくことは、TOEICの学習に必要不可欠です。

その中でも、基礎文法は必ず終わらせておきましょう。

単語は意味を調べればわかりますし、暗記は短期間でもなんとかなります。

しかし基礎文法がわかっていないと、たとえ単語の意味がわかっても、英文としては理解できないこともあるのです。

ですから、TOEICの学習として英語の勉強を始めるまえに、必ず基礎文法をしっかり理解しておくようにしてください。

そこができていなければ、TOEIC向けの勉強をしても、なかなか成果が出づらいでしょう。

英語はほぼナチュラルスピードで聞くこと

TOEICのリスニングは、それほどゆっくり読み上げられた音源はありません。

むしろ、ほぼナチュラルなスピードに近いものの方が多いです。

ですから、ゆっくりスピードのものから段階を踏んで早くしていくよりも、最初からナチュラルスピードに慣れておきましょう。

たとえ内容が簡単なものでも、スピードが速くて理解できない……ということになると、その問題では点数が取れなくなってしまいます。

英語は遅く読み上げられたときと、ナチュラルスピードのときで、聞こえ方が違う部分などもあるので、TOEICのリスニング対策用に英語を聞くなら、ほぼナチュラルスピードのものを選ぶようにしてください。

まずは模擬試験問題で今のレベルを知っておこう

TOEICに向けての学習を始める前に、今のレベルを知っておくことはとても重要です。

学習前と学習後のレベル差を感じられるとモチベーションアップにもつながりますし、目標スコアを決定するのにも役立つでしょう。

大体の目安スコアが出せる模擬試験問題が販売されているので、そういった問題集を購入して、まず全問解いてみてください。

もしも現在の英語力で400点も取れないなら、まずは基礎文法を終わらせる必要があります。

楽してTOEIC600点以上を取る勉強法はない

「勉強法」を知りたい人の中には、なるべく楽な方法でTOEICのスコアを上げたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、TOEIC600点以上というのは、基本的な英語力が実用レベルで身についていることの証となるレベルのスコアです。

そのレベルになるためには、楽な勉強法はないことを知っておきましょう。

ただし、「楽」な勉強法はないものの、効率がよく無駄のない勉強法は存在します。

TOEICのスコアアップにはコツもあるので、そういう方法はどんどん身につけてくださいね。

隙間時間を効率的に使った勉強法を!

TOEICの勉強だけに1日を費やせる人はそう多くはないはず。

ほとんどの人が学校があったり仕事があったりしますよね。

勉強時間を見つけるのに苦労する人もいるでしょう。

しかし、隙間時間を使えば、毎日1〜2時間の学習を続けることは不可能ではありません。

たとえば、通勤通学の時間を使うこともできますし、ご飯を食べている時間や歯磨きをしている時間さえ効率よく使う方法だってあるのです。

そうした隙間時間を使っていれば、効果的な勉強ができるでしょう。

ずっと机に向かって勉強する必要はないのです。

たとえば1時間は隙間時間を使って主にリスニングを鍛え、もう1時間は机に向かう……という風にしていれば、充実した学習をすることができるでしょう。

これでTOEIC600点以上確実!8つの具体的な勉強法

ではここからは、TOEIC600点以上を取るための勉強法を具体的に説明していきます。

勉強にはたくさんの方法がありますが、ここでは8つの方法に絞ってみました。

中学生レベルの英文法・英単語を完璧に!

ここまでも触れてきていることですが、まずは中学生レベルの基礎英文法、そして英単語を完璧にしておきましょう。

中学生レベルというと英検なら3級レベルです。

中学英語を復習するための参考書や問題集はたくさん販売されているので、基礎英語力が足りていない人は、まずは中学英語の参考書や問題集で基礎を固めておきましょう。

苦手なパートをとにかく解く!時間配分も大事

TOEICの学習を始める前には、まず模擬試験問題を1回通して解いてみることが重要です。

これにより、自分がどのパートが苦手なのかも見えてくるからです。

苦手なパートがわかれば、特にそこを重点的にたくさん問題を解いていきましょう。

他のパートに比べて、かなり正答率が低いパートがあるなら、そのパートに少し時間をかけられるように、全体の時間配分も考えてみてください。

特にリーディングパートでは、時間配分が重要になります。

普通に解いていては、時間が足りなくなってしまうからです。

リスニング編:問題を解いたら聴きながらスクリプトをチェック!

TOEICの学習を始めたころは、TOEICのリスニング問題を聞いてもわからないことが多いでしょう。

ですから始めのうちは、リスニング問題を解いたら、一度音源を聞きながら読み上げられていたスクリプトをチェックしてください。

特に、聞き取れなかった部分は注意して聞きましょう。

これにより、聞き取れなかった理由が単語を知らないからなのか、発音がわかっていないからなのかをチェックできます。

どちらなのかで、学習すべきポイントが変わるので、なぜ聞き取れなかったかを理解することは重要なのです。

リスニング編:リスニング音源を通勤通学中にも聞く

TOEICのリスニングは、ナチュラルスピードに近いものが多いです。

ですから、このスピードにも慣れたいところ。

スピードに慣れるには、TOEICの模擬問題のリスニング音源を通勤通学中に聞くようにしましょう。

すでに意味がわかっているものでも構いません。

これにより、英語の速さや音に慣れることができます。

リーディング編:間違えた問題は和訳も確認する

リーディング問題の場合、ただ問題を解いて正解をチェックするだけでは、なかなか実力はつきません。

間違えた問題や、よくわからなかった問題は、問題と選択肢すべての和訳をチェックしてください。

知らなかった単語は暗記が必要です。

単語は全部わかったのなら、なぜ理解できなかったのか原因を探してみましょう。

リーディング編:できるだけ英語を読む時間を増やす

リーディング問題で、問題文や選択肢に出てきた単語の意味はわかったのに、解けなかったという場合、英語の文章構成に慣れていないことが原因だと考えられます。

これを解消するためには、できるだけ英語をたくさん読むことが必要です。

ですから、単語はわかるのになぜか文単位だと意味がわからにという場合、できるだけ英語を読む時間を増やしましょう。

最初はごく簡単なものからで構いません。

たくさん英文に触れることで、英語の文章構成に慣れ、意味がわかるようになっていくはずです。

参考書の解説や解き方のコツは必ず読んで理解すること

TOEICには解き方のコツというものがあります。

このコツを知っているのと知っていないのとでは、スコアも変わってきます。

ですから、参考書の解説や解き方のコツはしっかり読んで理解するようにしましょう。

問題を解くたびに、そのコツを意識することも重要です。

隙間時間を有効に!TOEIC関連アプリを使う勉強法もおすすめ

隙間時間を有効活用するためには、TOEIC関連の学習アプリもおすすめです。

一番おすすめしたいのは、隙間時間を活用できるように設計されている「スタディサプリ」のTOEICコースです。

しかし、これは有料なので躊躇する人もいるでしょう。

スタディサプリ以外にも、無料で使えるTOEIC関連アプリはありますから、色々と試して学習しやすいものを選んでくださいね。

TOEICの勉強がなかなか続かないときの勉強法

600点以上取得に向けて、勉強したい!……と思う人は少なくないでしょう。

しかし、勉強を続けられる人は多いわけではありません。

どこかでモチベーションが下がってしまうときもあるはずです。

勉強がなかなか続かない人は、続けるための勉強法を知っておくことも重要!

そこでここからは、勉強が続かない人向けの勉強法をご紹介します。

1ヶ月など短期間に決めて集中する

もし勉強を長期間続けることが難しいなら、まず1ヶ月など短期間の間だけは、集中して勉強する!と決めてみましょう。

1ヶ月でも集中して取り組めば、TOEICでスコアアップすることは夢ではありません。

長期間、学習を継続することは難しくても、1ヶ月と決めるならできるという人も多いのではないでしょうか。

ただ1ヶ月だけでは、大幅スコアアップを狙うのは難しいので、大幅スコアアップを狙うなら3ヶ月は時間がほしいところです。

英会話スクール・オンライン英会話のTOEIC対策講座を受ける

自分で学習を継続することが難しいなら、英会話スクールやオンライン英会話のTOEIC対策講座を受けてみましょう。

特に担任制でカリキュラムがしっかりしている対策講座なら、効果的で効率の良い勉強法を伝授してもらえます。

また、TOEIC対策講座はあまり安価とは言えないのもポイントです。

お金を払っている分だけにちゃんと勉強しよう!という強制力も生まれ、学習を継続しやすいでしょう。

TOEIC勉強法は忘れて楽しみながら英語に触れてみる

TOEICは英語力がアップしていれば、スコアもアップします。

ですから、英語に触れるすべての時間、TOEICの参考書や問題集に触れている必要はありません。

それをずっと続けていたら、疲れて英語が嫌になってしまうかもしれません。

ですから、英語に慣れることを目的にしつつも、英語を使って楽しいこともやってみてください。

たとえば、好きな海外ドラマを英語音声で聞いたり、好きな洋楽を歌詞を見ながら聴いたりするのもいいでしょう。

歌詞は常に正しい英語というわけではないのですが、全く英語の勉強にならないわけではありません。

ハードロックやヘビメタ、ラップなどを避けるようにすると、より正しい英語に近い歌詞を目にすることになるでしょう。

そんな風に楽しみながら英語に触れることも、学習継続のためには重要なのです。

まとめ:TOEIC勉強法はあなたに合わせた方法がベスト!

TOEICの勉強法はここでご紹介したもの以外にも、まだまだ色々考えられます。

そして最終的には、自分に合った方法がベストな方法です。

方法が合っていなければ、いくらやってもなかなか身につかないからです。

TOEICを受験するまでにまだ時間があるなら、まずはどんな勉強法が自分に合っているのかを考えながら、TOEIC勉強法を考えてみましょう。

ベストな方法を見つけて、効率良く高スコアを目指してくださいね。

関連記事

  1. TOEIC650点のギモン総まとめ~難易度・レベルは?転職に使え…
  2. 【社会人必見!】TOEICで短期集中で結果を出す方法コツを完全網…
  3. TOEICに向けて勉強中のノート 目標スコア別!TOEICスコアをアップさせるための効率的な勉強法…
  4. toeic公式問題集 TOEIC対策で公式問題集を使う3つのメリットと使い方
  5. 【2020最新】TOEICおすすめ参考書!860点保有者がリスニ…
  6. トライズ(TORAIZ)TOEIC対策の評判を850点ホルダーが…
PAGE TOP
\ 編集部イチオシのTOEICアプリ /