TOEIC650点のギモン総まとめ~難易度・レベルは?転職に使える?割合は全体の何%?

こんにちは!EIKARA編集部です!

TOEIC650点を目標にしたい!でも、600点あたりからなかなか伸びない・・・50点アップの為にはどんな勉強法が効果的なのか?

というような悩みはありませんか?

実はTOEICのスコアアップに関して、600点まではスムーズに伸びてきても、650点に行くまでに苦労する人が多くいるのです。

では650点に届くためにはどのような対策が必要なのでしょうか?そして650点自体にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回はTOEIC650点を獲得したい皆さんに向けて、獲得の為の学習習慣のコツと、人生でのスコアの有効性を徹底解説します!

ぜひ参考にしてください。

EIKARA厳選!おすすめTOEIC対策アプリ8選はこちら»

【エイカラ特集】大人気のTOEIC学習アプリ「スタディサプリTOEIC」って知ってる?

「TOEICを勉強しているけれど、なかなか思うようにスコアが伸びない・・・」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

筆者も、いろいろな参考書やアプリに片っ端から手を出して、結局ほとんどスコアが伸びなかった一人です。

昔の私のようにスコアに伸び悩んでいる人は、ぜひリクルートが運営している「スタディサプリTOEIC」を活用してみてください。

ただのTOEICアプリではなく、スタディサプリTOEIC一つで、英単語・英文法・TOEICテスト対策・模試問題集のすべてに対応しています。

中でも、TOEIC満点講師の「関正生先生」の動画講義がわかりやすいと評判で、多くの人がスコアアップを実現しています。

事実、筆者は「スタディサプリTOEIC」と「新公式問題集」の2つの教材だけに絞り込んでから、800点の大台を突破できました。

TOEICスクールに通うとなると10万円は下りませんが、スタディサプリTOEICなら月額3,278円~とコスパ抜群です。

最初の7日間は無料で利用ができますし、解約はネットから1分でできるので、気になる人はぜひこの機会に試してみてください。

 

<目次>

TOEIC650点の難易度は英検と比べてどれくらい?取得している人の割合は全体の何%?

TOEIC650点という点数は日本の受験者平均の点数を超えた一歩先となります。

では、どのくらいの受験者が獲得しているのでしょうか?

1年間の受験者数で650点を取得しているのは全体の10%です。

社会的な評価が大きくなってくる600点台の後半ということで、ちょっとずつ伸びを見せている学習者層がここにあたるでしょう。

英検でいうと2級相当というところです。

ちなみにTOEIC700点あたりがビジネスで英語を使える最低ライン、800点あたりが日常生活も問題なくできるレベル、900点となると仕事でも使いこなせてストレスなく会話できるレベルとなります。

※参考資料⇒IIBC 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 公式データ・資料

TOEIC650点は社会でどう評価されるのか?学生・社会人に分けて評価を紹介

ここでは650点を獲得していることで対外的にどのように評価されるかを学生さんのケースと社会人のケースで見ていきましょう。

【TOEIC650点の評価】

学生 社会人
  • 履歴書にも自信をもって書ける
  • アルバイトや就職活動でも評価される
  • 社会人にとっては平均点
  • 英語力を証明する最低ライン
  • 海外赴任やグローバル企業ではまだまだ英語力を発揮できない

 学生のケース

TOEIC650点を取得出来ている学生さんの場合、履歴書に書いたこの点数はアルバイトや就職活動等、仕事を探す中で基準を超えたとみなされる点数になります。

履歴書に自信をもって書ける、評価の最低レベルが600点であることから、それを上回った650点は評価の対象になることができます。

英語に関するアルバイトや、就職活動で事業規模の大きいグローバル企業を受けたい・・・と言った希望がある学生さんには逃したくない点数です。

社会人のケース

TOEIC650点は、社会人の中での受験者の平均取得点数となります。

大きくプラスな影響が出る訳ではないですが、英語力を示すための最低ラインとなります。

社会人として英語を仕事のツールとすることを目標にする人、または英語の実力を見せたい人はまずは650点を目指しましょう。

TOEIC650点は就職・転職には有利?

では、TOEIC650点は実際の場面で武器として活躍できるのかを見ていきましょう。

大学生のTOEIC650点の評価

大学生時点で650点を獲得しておくことは英語能力を伝える際の強みになります。

日本ではTOEICへの信頼がとても強いので、この点数で判断される場面が多く、650点は英語力の基礎は心配無いといった認識になる点数です。

英語を使用する塾の講師や外国人接客といったアルバイトや、グローバルに活躍する就職活動で選考に入り込むために650点をおさえに行きましょう。

新卒就活市場でのTOEIC650点の評価

就職活動で英語力をはかられるのは、日本では言わずもがなTOEICまたは少しマイナーではありますがTOEFLの点数です。

社会人受験者の平均点が650点であるという感覚から、650点を新卒就職活動時点で取得できていることは大きなアドバンテージです。

英語を使う場面もありえるグローバル企業を目指すのであれば、650点という点数と共にアピールを始めましょう。

文系大卒の就活生であれば、理系の就活生がPRする技術力と並んで特に注目をされる点数になります。

中途転職市場でのTOEIC650点の評価

中途転職活動の目的が海外の絡む規模の仕事を考えていたり、もしくは駐在員ポジションなどを狙う場合であれば650点は最低ラインとなります。

実務経験が重視される中途採用では、実際750点以上を求めてくる企業も少なくありません。

特に険しい道のりになるのが駐在員ポジションですが、企業もマネジメントの一員として海外へ送り出す社員の英語力を見極めるものとして、TOEICの点数は重要な一部になります。

TOEIC650点をGetした人が得られる2つのメリット

ここでは650点を取得したことにより得られるメリットを2つ解説します。

1.英語力の関わる選抜に入り込める

日本では600点を超えた点数から英語力による判断も関わる選抜のスタートラインに立つことが出来ます。

社会人も含む日本人受験者の平均点数を超えているので、一般的で実用的な英語力があるとみなされる為です。

まずは650点を目指して可能性に挑戦していきましょう。

2.ワーホリ等の海外への挑戦の土台ができる!

英語力を養うなら海外へ飛び出せ!という方法もありますが、ワーホリ等の英語圏への審査にはTOEICの現状の点数も加味されます。

海外旅行でもホームステイでも一般的な英語力と言える650点レベルの英語力はあって困るもの、という訳ではなく、生き抜くためのツールです。

なぜ?TOEIC650点に到達しない人の2つの問題点・原因

受験者平均点の周辺にいるのに何故か50点の差の壁が越えられない!

そんな人にはどのような原因があるのでしょうか。

語彙や文法のアウトプットの機会が少ない

600点から650点へステップアップするのも、落とすべきでない基本問題をしっかり正解していくことです。

せっかくたくさん勉強してきて得た知識をどんな問題形式で問われたとしても正確にアウトプットできるよう、復習を怠らないように心掛けていきましょう!

TOEICの受験経験が足りていない

上述の通り、650点の取得には安定して増やした知識をどのように問われようとも正しくアウトプットすることが基本となります。

初めから600点を取れても勉強したのになんだか伸びない・・・そんなひとにはTOEICの問い方に慣れていないことが原因です。

演習をこなして少しずつでもステップアップしていきましょう!

TOEIC650点を取得している人の2つの共通項

ここでは650点を取得して日本と海外の境目を飛び出せる人に共通してみられる特徴を2つご紹介します。

英語の会話で伝えたいことを伝えることもできる

TOEIC650点の為にはリスニングも495点中300点を超えてくるレベルです。

英語を聞いて理解できるひとは自分でも正しい英語の発音や会話ができるという特徴があります。

リスニングもこのくらいの点数を取れるということは伝える英会話力も養えている証拠です。

流暢でぺらぺらというところまではいきませんが、伝えたいことを伝えようとする土台は整っています。

学習の後の復習を怠らない習慣がきちんとできている

リーディングの取得点数も高得点の部類に入ってくる650点ですが、確実に正解の問題数を積み上げていく為には落としたくない文法問題の為のインプットがどれほど正確かが問われます。

アプリや参考書で出会った単語や文法を見ただけではなく、演習などで定着をはかること。

このルーティンを怠らない人が日本の平均点を超えて届くことができる点数でしょう。

TOEIC650点をゲットするためにかかる勉強時間の総量は?

650点の取得に向けて、必要な勉強時間は800時間前後です。

中高で習った英語が完璧であることに加え、少し発展した語彙力が必要となってきます。

多くの語彙に触れる機会を増やすとともに、目で見て聞いたときに理解できるように正しく「記憶」をしましょう。

※参考資料⇒Oxford University Press: A teacher’s Guide to TOEIC Listening and Reading Test Preparing Your Student for Success

TOEIC650点からさらなるスコアアップを目指したい人におすすめのTOEICスクール・アプリ・教材

持っていると可能性が広がる650点を目指す皆さんにお勧めするスクールや、学習アプリ、そして参考書について紹介していきます。

おすすめのTOEICスクール2選

TOEIC650点を目指すのに効果的な2つの対策スクールをご紹介します。

  1. イングリッシュカンパニー
  2. ライザップイングリッシュ

TOEIC対策おすすめスクール①:イングリッシュカンパニー

まずご紹介するのは「イングリッシュカンパニー」。2015年設立と比較的新しいスクールですが、ここが優れているのは、大学受験勉強をコーチングするベースと、言語習得のプロによるトレーニングプログラム。このスクールは大学受験に向けた予備校ベースのスクールなので、英語力が一番伸びる大学受験学の時期の学習法をいつでも吸収できます!そして伸びしろの大きい学習法を支えてくれるのは、「第二言語習得」を専門とした教師陣。この第二言語習得は、母国語以外の言語を人間がどのように習得するのかを分析した学問の為、あなたの習得能力に合わせた学習効率を考えてもらえます。

TOEIC対策おすすめスクール②:ライザップイングリッシュ

次にお勧めする「ライザップイングリッシュ」は、あのダイエットのライザップによる英語スクールです。ここが提供してくれるのは英語レベルと踏まえた学習目的に合わせた豊富で充実したプログラムと業務を効率よく回し、結果にコミットするために必要な「PDCAサイクル」を使用した学習法です。自分の学習成果を見直すというのは普段ではやらないことかもしれません。そんなひとりでは実現できない学習法を支えてくれるのはライザップ独自の厳しい基準で選ばれた講師陣です。

おすすめのTOEICアプリ:スタディサプリENGLISH

ここでご紹介するのは「スタディサプリENGLISH」

人材業界で有名なリクルート運営の英語学習サポートアプリですが、このアプリは演習という「アウトプット」の練習に優れています。

語彙を平均並み以上に増やすことが出来る、3分からというお手軽さも持ち合わせた豊富なレッスン動画に加え、本番試験20回分にもなる大量の演習問題が用意されています。

せっかく我が物にできた英語力を650点という結果に残すためにも演習を積極的にこなしていきましょう!

おすすめのTOEIC参考書2選

TOEIC650点を確実に取る為には、参考書での学習と演習がセットで重要になります。

数ある参考書の中から650点を目指すあなたに最適な2冊をここでご紹介します。

  1. 新TOEIC®TEST出る単特急 金のフレーズ
  2. 新公式問題集

TOEIC対策おすすめ参考書①:新TOEIC® TEST出る単特急 金のフレーズ

まずは「新TOEIC® TEST出る単特急 金のフレーズ」。

600点から650点へ入り込むためには知っている語彙数が決め手となってきますので、頻出の英単語を手っ取り早くインプットして、600点から良い距離をつけていきましょう。

TOEIC特有の、英単語問題の問い方や、頻出単語をおさえておくことでリーディング問題のポイントを稼ぐことが出来ます。

TOEIC対策おすすめ参考書②:新公式問題集

そして定番の「新公式問題集」は実際のテスト問題を作成しているETSが監修している参考書です。

何度か刷新があるのもポイントで、最新版を持っておけば、直近のTOEICの問題形式や傾向を掴むことができます。

そしてこの参考書についている模試で腕試しをしましょう。

その結果、取得できた点数は偏った点数ではなく、ETSだからこそできる過去の傾向との照らし合わせで実際の現在の本当の実力を知ることもできます!

TOEIC650点を取るための戦略をリスニング・リーディング・英単語・英文法に分けて紹介

それでは、リスニング、リーディング。英単語学習、英文法の4カテゴリで、650点の獲得に向けて身に着けておくべき戦略をご紹介します。

1.リスニング

流れる音声の英語を確実に理解する

600点に届くための基本となる確実な音声問題文の理解ですが、50点のプラスアップのためにもこれは外せません。

回答に含まれる単語や文法のインプットが学習の結果として増えたのであれば、無駄にしないように集中しましょう。

50点、そして更なる点数アップの為には自分の既存のインプットの聞き取り力が飛躍のバネになります。

会話問題の正答率は40%を目指しましょう!

300点以上のリスニングスコアを獲得する為には会話問題の正答率を上げることも戦略の一部となります。

単文の聞き取りがスムーズに出来ていれば、長文は短文の連続である為、全体の流れの把握にこぎ着けられるでしょう。

2.リーディング

語彙問題は瞬殺で解き進める

650点を取得できる人には基本の語彙力や文法があるはずですから、Part 5のような短文問題は瞬殺で回答していきましょう。

というのも、リーディングの難関は最後のPart 7です。

そこに時間を割くためにも50%の正答率をキープしながら回答のスピードが必要となります。

演習を通して長文問題に頻出の語彙に慣れましょう

TOEICは長文読解の量がとにかく多いのが特徴です。

スムーズに読み進めるためにも、とにかく英単語学習にも力を入れ語彙数を増やしておくことが大切です。

推測もできる単語が増えていくことで、読み進める速度もどんどん速くなっていきます。

3.英単語学習

650点を超えていくためには、理解が完璧な基本単語に加えて意味が推測できるレベルの単語数を増やしていくことです。

これはどのような問題の中でも全く分からない!

次に進めない!という状況の回避に役立ちます。

長文問題演習をこなしていく中で出会った新単語は飛ばさずに都度意味を調べて、「見たことがある」から「知っている」に変わる単語を増やしていきましょう。

4.英文法学習

600点を超えるレベルになると、文法というルールをベースに、英文の構造パズルを紐解く訓練が必要です。

インプットした文法を本当に理解できているか試すことが出来るのが、英文を読み込むときです。

更なる新しい英単語に出会うためにも、そして自分のインプットの中の文法の正確さを確認するためにも、読解演習を繰り返し英文法のパターンに慣れていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

600点あたりから伸び悩む人も多い状況で一先ず650点を目指すためには、アウトプットの頻度がインプットと同じくらい必要となります。

この50点アップをどんどん繰り返して、更なる得点アップにつなげていきましょう!

 

関連記事

  1. TOEIC800点のギモン総まとめ~難易度・レベルは?転職に使え…
  2. 【社会人必見】TOEICで短期集中で結果を出す方法コツ3選を、元…
  3. 【2022最新】TOEICおすすめ参考書!860点保有者がリスニ…
  4. 大学生のTOEIC平均点は?就活に活かせるスコアや勉強法を徹底解…
  5. TOEICスコアアップに必要な勉強時間の目安は_1日の学習時間は…
  6. TOEIC初心者のための完全ガイド【2022年版】860点ホルダ…
PAGE TOP
\ TOEIC対策はこのアプリで完結! /