意外?やっぱり?アメリカで実際に食べられている朝・昼・夜ご飯の食事内容

アメリカンな料理

アメリカの食事・・・と聞いて思い浮かべるのはハンバーガーにピザ、大きなサラダにステーキ・・・という感じでしょうか?

ではそれらのメニューは一日のうち、いつ食べるのでしょう?意外とイメージできないのではないでしょうか?まさかハンバーガーを朝からパクつく人はいないと思いますが、お昼に食べるの?夜に食べるの?どんなドリンクと一緒に食べるの?

今回はそんな疑問にお答えしながら、アメリカの食事事情をご紹介していきたいと思います。

朝食編

コーンフレーク

アメリカ人の朝食に欠かせないのはオレンジジュース!これだけは最初に言えます。なぜだか分かりませんが、アメリカの朝食の食卓には必ずコーヒー・紅茶とオレンジジュースが鎮座しています。オレンジジュースを飲まないと目が覚めない!という人も多いのです。

さて本題の朝食メニューといえば、これは完全に2つのタイプに分かれるようです。一つは簡単に済ませるタイプ。シリアルに牛乳を注いで短時間で食べると(流し込むと?)、さっと家を出る。朝食に時間も割かず、楽しみも求めないタイプです。このタイプは最近はシリアルではなく、野菜や果物のスムージーを作ってタンブラーに入れて家を出る、健康的な一派も誕生している模様。

また、簡単派には外食で済ませる人たちもいます。職場に行く途中のデリカテッセンでコーヒーとベーグル、ヨーグルトやペストリーなどを買って職場で食べる人も、特に都市部では多く見られます。

もう一方は朝から豪勢に行くタイプ。ホテルに行くと「アメリカンブレックファスト」というメニューがありますが、あれをたっぷり食べる人たちです。トーストやパンケーキ。焼いたソーセージやカリカリにしたベーコン、オムレツやスクランブルや目玉焼きにした卵料理。これを朝からゆっくり、モリモリ食べます。朝から胸焼けしそう!

とはいえウィークデーは簡単に、週末はゆっくり「ブランチ(朝食と昼食が合わさったもの)」として豪勢な朝食を楽しむ、ハイブリッドな人たちもたくさんいるようです。

昼食編

ホットドック

アメリカ人の昼食と言えば、まるで存在しないかのように軽く扱われるのが常。週末や休日でなければ家で作る人もあまりいないように思われます。作ったとしてもサンドイッチ程度というのが多くの人の場合です。

働く人も職場近くのデリカテッセンやファストフードに駆け込んで済ますことが多いのは日本のサラリーマンと似ています。会食でもなければ席についてきちんと昼食を取ると言うことはあまりないように思います。

ちなみに子供のお弁当や給食事情はどうでしょうか?映画で見たことがある人も多いと思いますが、アメリカのお弁当は”bagged lunch”と呼ばれ、ただの茶色い小さな紙袋に、サンドイッチが数枚と野菜スティック、クラッカーといったメニューが伝統(?)的です。しかもそのサンドイッチで一番ポピュラーなのはピーナッツバターとジャムを塗ったもの。あまり栄養価が高そうとはいえませんね。

給食があるところは温かいメニューが加わりますが、これもファストフードと似たり寄ったりのところが多いようです。ちなみに筆者の通った高校では、食堂で出てくる食事は何を食べても原型が分からないくらいドロドロに煮詰められていて、現地の人たちにもかなり評判の悪いものでした・・・。

夕食編

ステーキ

アメリカでメインの食事となるのは、日本と同様、やはり夕食です。これも日本と同じく外食する人たちも多く、最近はどんな都市でも各国料理のレストランがありますからバラエティ豊かです。出前を取る人も多く、特にピザや中華は人気のメニュー。

家で作る人たちも勿論いますが、お肉を焼いたりサラダを作ったりと、少なくとも平日の夜はそれほど手の込んだ料理はしません。日本でも増えてきましたが、レトルトに頼る家庭も多く、肉と野菜にこのソースを混ぜれば出来上がり!というようなメニューも人気です。

冷凍食品は日本以上に頻繁に使用されていて、そのバラエティも豊富です。出来上がったメニューのものをそのまま夕食メニューにすることもあれば、特定の野菜だけを温め、温野菜として付け合わせにすることもあります。オーブンを使うことも多く、野菜とお肉をオーブンに突っ込んで、できるまでの間に夕方の家事を済ませてしまう、というワーキングパパ・ママも多いようです。

また、これは夏季限定ですが、特に郊外では裏庭に立派なバーベキューセットを持っている家庭も多く、夏の夜ご飯はほぼ毎日バーベキューというつわもの家庭もあります(筆者の友人の実家はそうでした)。

おわりに

感謝祭やクリスマスには腕によりをかけて鳥の丸焼きを作ったり、パイを焼いたりと手の混んだ料理を作るアメリカ人ですが、普段の食生活は皆さんが映画で見る通り、または想像する通り、非常にシンプルです。

ただ、みんながみんなジャンクフード好きかと言うと、決してそんなことはありません。最近の健康志向を反映してか、ベジタリアンも多いですし、オーガニック食品や和食材を選ぶ人も増えています。移民が多いせいか、イタリア、中国、メキシコ、ギリシャなどの各国料理も人気があります。

次に映画や海外ドラマを見る際には、こんなところにもぜひ注目してみてください。

関連記事

  1. チップ 在住経験者が解説!アメリカでチップが必要なところ・相場・払い方
  2. 日本とアメリカのオフィスワークや仕事への考え方の違い
  3. 日本と全然違う!アメリカのリアルな就職・仕事事情
  4. アメリカで10年間暮らした私が驚いた3つの日米間の違い
  5. 日本 アメリカ人から見た日本人の良いところ・悪いところ
  6. 留学先で仲良くなったネイティブ達 まじめに勉強します!アメリカの大学生活

この記事を書いたライター

佐々木希世

記事一覧

高校からの10年をアメリカで過ごし帰国。外資系コンサルティング会社や大学院勤務を経て、コミュニケーション設計のプロフェッショナルとして独立。職場における関係者間の意思疎通をスムーズに行うことで生産性を上げる方法などを、著書やワークショップを通じて提供している。フリーライターとしてもビジネス書からママ向けオンライン・マガジンへの寄稿など、幅広い分野で執筆活動を行っている。

PAGE TOP