おすすめ英語学習サイト総まとめ【2020年版】無料・リーディング_リスニング対策なども紹介

「英語を学びたいけど、スクールに行くほどの時間はない」
「手軽に自分のペースで英語を学習したい」

そんな方は英語学習サイトを取り入れるのがおすすめです。

英語学習サイトは自分の都合の良い時間に、気軽に英語を学べるツール。

英会話スクールに出向く必要もなく、ネット環境があればどこでも英語学習を始められます。

英語学習サイトにはメリットがたくさん。

それはこんなものです。

  • 初心者向きのものがたくさんある
  • 英会話スクールより格安
  • 時間の節約になる
  • マイペースに学べる
  • 自分の目的や好みに合わせて学べる

英語学習サイトならスクールに行く移動時間や学費が省けますし、自分の好きなようにプログラムを選んで始められます。

いきなり英会話スクールに行くのは気が引けるな…という超初心者の導入にもいいでしょう。

そんな英語学習サイトは年々使えるものが増えています。

「どれを使ったらいいかわからない」という方も多いはず。

この記事では今人気のおすすめ英語学習サイトから、本当に使えるものを厳選してご紹介します。

<目次>

無料もあり!英語学習サイトのおすすめ18選!自分に合わせて選べる!

英語学習サイトは無料〜有料のものまでタイプが様々。

プロラムも初心者向きからリスニング・リーディング対策など自分のレベルに合わせて選べます。

ここではタイプ別におすすめの英語学習サイトをご紹介しましょう。

英語を基礎から学習したい人へおすすめのサイト3選

まずはごく初心者の方でも使える英語学習サイトです。

初心者向けの英語学習サイトは、本格的にスクールへ通い始める前の予習としてもおすすめ。

サイトごとの特色をみていきましょう。

スタディサプリ

スタディサプリは英語を基礎から伸ばすことをテーマにした英語学習サイトです。

初心者満足度が93%と高いのが特徴で、1日3分から始められる簡単さが魅力。

初心者向けコースでは、日本人の英語学習によくある問題点を徹底分析したプログラムを提供。

つまずきやすい初心者が楽しく続けられるよう、第二言語学習のスペシャリスト達の知見を取り入れ構成されています。

英語学習で特に挫折してしまいやすいのが初心者の時期ですが、スタディサプリは継続率92%、お客様満足度も5点中4.4点(公式サイトによる)と評価が高いのも安心です。

【公式】スタディサプリの英会話・TOEIC 対策|英語のスタディサプリENGLISH

東京外国語大学言語モジュール

こちらは東京外国語大学が監修する無料の語学学習サイトです。

語学大学が提供しているだけあって、文法の基礎的な理論がしっかりと説明されているのが特徴。

アメリカ英語とイギリス英語の違いなど細かい情報も理論的に解説されていて、英語を基礎の基礎から理解したい方におすすめです。

サイト自体はシンプルな作りですが、何より全て無料というのも嬉しいですね。

英語以外の言語もかなり豊富に提供しているので語学学習が趣味という方も楽しめるでしょう。

また、アメリカ英語、イギリス英語に加えオーストラリア、シンガポール、インド、アイルランド、ニュージーランド、カナダなど英語だけでもなんと8種類に分かれているのも驚きです。

英語を学問として研究している教育機関ならではのコンテンツです。

東外大言語モジュール

ハロートーク

ハロートークは語学教材というわけではないのですが、世界中の語学学習者とつながって交換学習ができるアプリです。

SNSのような感覚で、英語で日常の出来事を投稿すると英語ネイティブのユーザーが間違いを訂正してくれたり、といったように友達と話す感覚で英語を学べるのがハロートークの魅力。

「勉強するぞ!と腰を据えて始めること自体ちょっと気が重い…」という初心者にはとてもおすすめです。

アプリ内には様々な機能があり、文章をタップして訳を表示したり気になる単語をメモしたりといったことが全てアプリ内で可能。

仲良くなったフォロワーと通話で発音を練習し合ったり、日本語を学んでいる外国人に逆に日本のことを教えてあげたりと異文化コミュニケーションも楽しめるアプリです。

HelloTalk – Talk to the World

英語の発音練習がしたい人へおすすめのサイト3選

英語を学習して文法や単語は身に付いてきたけれど、発音には自身がない…という日本人は多いと思います。

日本にいるとなかなか英語を話す機会がないので、自分の発音が合っているのかどうか確認できず不安になりますよね。

私も、実際海外に行ってみて自分の発音が通じないことにショックを受けたことがありました。

そんなことにならないために、普段から発音力を鍛えるのも効果的な英語学習のコツです。

発音練習ができるおすすめの英語学習サイトをご紹介しましょう。

FORVO

FORVOは世界中のボランティアによる投稿で成り立つ、多言語の発音情報サイト。

英語を学んでいると辞書に載っていない新しい単語があったり、載っているけど本当にこの発音でいいの?

ネイティブには伝わらなかった…なんていうこともあります。

FORVOでは様々な単語を、各国の人々が発音したサンプルを無料で聴くことができ発音をいつでも確認できるんです。

発音者の出身地などのプロフィールも見られるので、この地域の訛りだとこんな発音になるんだ!といった発見も。

同じ単語でも、地域やその人のバックグラウンドによって発音が異なる英語。

FORVOはそんな英語の発音の違いを細かく知ることができるサイトです。

発音ガイド Forvo。世界中のあらゆる言葉をネイティブスピーカーの発音で

Pronounce Names

スクールや仕事、留学などで英語を話す機会が多い方が共通して感じることがあるのが、「固有名詞の発音をどう調べたらいいのかわからない…」というもの。

一般的な単語であれば辞書やネットで調べれば、ある程度情報が出てきます。

しかし人名や施設の名前などは、正しい発音がわからないことも。

特に日本人である私達には、多国籍国家で様々なルーツを持つ人々の名前をどう発音したらいいのかイメージがしづらいですよね。

ネイティブであっても、文字を見ただけでは人の名前の発音は特定できないことは多いです。

「この名前って本当はどう発音するの?」そんな疑問に突き当たった時に活用できるのが、Pronounce Names。

このサイトでは気になる名前を入力すると、その発音を確認することができるんです。

ビジネスシーンで外国の方と関わる機会が多いと、馴染みのない名前に出会うこともあるでしょう。

「この人の名前ってどう発音するんだっけ、でも本人に何回も聞けない…」そんな時に使える便利なサイトです。

Pronounce Names

英語発音入門

英語発音入門は、英語の発音に関する基礎知識をイチから噛み砕いて教えてくれるサイト。

発音記号など英語の発音を頭で理解するための知識はもちろん、英語独自のパターンやリズムなどについても言及していきます。

多くの日本人が英語発音を苦手と言われているのは、英語をいわゆるカタカナ英語という日本的な発音で話そうとしてしまうため。

これは英語独自のリズムや抑揚、パターンと日本語との違いを理解できていないために起こりがちです。

英語発音入門では、この英語独自の発音やリズムについて理解することから学習します。

日本語とは全く違う英語のイントネーションを頭でしっかりと理解することで、その違いに上手く対応できるようになるのです。

甲南大学が開発した学習コンテンツということもあり、大学監修ならではの専門的でロジカルな観点から、英語の発音について学べますよ。

[英語発音入門]

英語のリスニング学習がしたい人へおすすめのサイト2選

英語学習において最もと言っていいくらい重要なパート、リスニング。

リーディングやライティングももちろんなのですが、そこから実践的な会話ができるようになるにはリスニング力が不可欠です。

単語や文法を覚え、その先のステップとして多くの人がつまずくのがリスニング力の強化ですよね。

そんなリスニング力を効果的に高められる英語学習サイトをみていきましょう。

Audible

Audible(オーディブル)は世界中の様々な本をオーディオブックとして聴くことができるコンテンツです。

洋書以外に日本の本もオーディオ化されているので、すでに利用している方も多いかもしれません。

このオーディブル、実は英語のリスニング力強化にとてもおすすめなんです。

収録数が非常に多く、日本からAmazonで購入できるような洋書はほとんど押さえているオーディブル。

オーディブルでお気に入りの本を聴きながら理解することで、楽しみながらリスニング力が鍛えられます。

オーディブルをリスニング練習に使うメリットは、なんと言っても自分の好きな本を選べるので興味あるコンテンツからリスニング力を鍛えられるということ。

リスニング教材を購入したりしても、自分の興味のない内容って反復して聴くのが苦痛だったりするんですよね。

オーディブルなら自分が「読みたい」と思っている本を音声で聴かせてくれるので、本の内容を楽しみながらリスニング練習にもなるんです。

オーディブルをリスニング練習に使う際は、いきなりオーディオだけを聴くよりもまずは本を手元に用意するのがおすすめ。

私がやっていた方法は、

まず本を普通に読んで大体内容を理解する(辞書を使いながらでもOK)→オーディブルを聴きながら再度読んでいく(実際の発音が知れる)→オーディオだけで聴き理解できるかチェックする

というものでした。

実際に文字で見ながら音声でも聴くことで、「この文はこんなリズムで発音をするんだな」というのが具体的に覚えられておすすめです!

Amazonオーディオブック : Audible (オーディブル)|最初の1冊は無料|audible.co.jp公式サイト

VoiceTube

VoiceTube(ボイスチューブ)はオンラインにアップされている様々なジャンルの動画をもとに、リスニング力の強化ができる英語学習サイトです。

ボイスチューブのサイト内からは人気のYoutube動画など様々な動画コンテンツをチェックでき、その全てにスクリプトと日本語訳、単語帳が添えられています。

そのスクリプトと単語帳を見ながら動画を閲覧し、リスニング練習ができるというもの。

私自身もYoutube動画を英語字幕で観てリスニング強化に役立てようとしたことがありますが、Youtube上に自動で出てくる英語字幕って正確さに限りがあるんですよね。

全然間違った英語字幕が表示されてしまうこともあるので、学習法としてはイマイチ。

ボイスチューブでは英語学習用に正確なスクリプトが添えられているので、興味のある動画を楽しみながら、内容をしっかり目で理解することもできます。

何度も観て言い回しを覚えることで語彙力の強化にもつながりますよ。

Youtubeで多く再生されているTEDなどの人気動画が題材になっているので、コンテンツが興味深く飽きないのも大きな魅力です。

ボイスチューブ (VoiceTube)《動画で英語を学ぶ》動画40,000本,毎日更新!

英語のリーディング学習がしたい人へおすすめのサイト2選

大人が第二言語として英語学習する際、まず1番はじめに強化したいのがリーディング力です。

「英語は聴いていれば覚える」というのはやはり子供の脳だから言えることで、第一言語が確立されてしまっている大人にとっては「読んで意味を理解する」というプロセスがないとなかなか英語は頭に入りません。

そんな重要なリーディング力をアップできる英語学習サイトをご紹介します!

BRITISH COUNSIL Learn English Teens

こちらはIELTSを運営するブリティッシュカウンシルによる、語学学習サイトです。

様々な英語学習コンテンツがあるのですが、その中でもこのティーン向け教材は自分のレベルに合わせて選べるところが魅力。

難しすぎるリーディング教材や、自分のレベルに合っていないものでは効率的にリーディング力アップを図れませんよね。

このサイトのリーディングコンテンツでは、ビギナーからアドバンスまで自分のレベルにちょうどいい教材でリーディング練習ができるので無駄がありません。

ティーン向けのため難しい時事ネタなども少なく、英語学習初心者の大人にとっても使えるコンテンツですよ。

English reading skills practice | LearnEnglish Teens – British Council

POLYGLOTS(ポリグロッツ)

ポリグロッツはオンラインで英語学習ができる、英語学習プラットフォーム。

専用アプリとオンラインレッスンを組み合わせることで、自分のペースでリーディング、リスニング、スピーキングと総合的に英語力を伸ばせるサイトです。

ポリグロッツでは講師とのオンラインレッスンなど有料の機能もありますが、無料で使える機能も充実しています。

特にアプリの中でのリーディングコンテンツは、世界のニュース記事を読みながらリーディング力を鍛えることができるというもの。

情報を仕入れながら同時に英語の勉強にもなるのが大きな魅力です。

アプリ自体に単語翻訳機能がついているので、記事を読みながらわからない部分はワンタップで確認可能というのもリーディング練習を効率的にしてくれるポイント。

空いた時間で手軽に使え、アプリでサクサクリーディング練習したいという方におすすめです。

POLYGLOTS | POLYGLOTS | ポリグロッツ | 続かない英語学習は終わりにしよう。好きを学びに。

英単語を学習したい人へおすすめのサイト2選

英語力を測るうえでやはり欠かせないのが、単語力でしょう。

単語力は実践の会話やライティングにおいて、その人の語彙力となって表れますよね。

自分の思っていることをはっきりと伝えるためにも、単語力はとても大切です。

そんな単語力の強化を目指せる英語学習サイトをみていきましょう。

アルク キクタンアプリ

英語教材開発のスペシャリストであるアルク。

様々な教材を出版していますがその中でもベストセラーとなっているのが「キクタン」シリーズです。

キクタンシリーズはとにかく単語力を短期間で集中的にアップするようなプログラムになっていて、リズムに合わせて単語を暗記していく「チャンツ学習法」など独自のメソッドがとても効果的。

各レベルに合わせた無理のない単語で構成されているので、挫折しづらいのも魅力です。

こちらのキクタンアプリはオンラインでダウンロードでき、スマホからキクタンのプログラムを実践できる便利なコンテンツ。

まずは単語力を集中的に伸ばしたい!という方には必ず試してほしい学習法です。

iPhoneアプリ「キクタン」で、効率的に英単語学習!:アルク

天才英単語

天才英単語は、レベル別、カテゴリ別に分かれた英単語学習が簡単にできるサイトです。

全ての機能が無料で使えるというのも魅力。

ユーザー登録すれば、自分の気になる単語をブックマークも可能です。

単語学習は自分のレベルに合ったところから始めるのが、挫折せず効率的に続けるコツ。

天才英単語の単語学習コンテンツは細かくレベル分けされているので、無理なくステップアップが図れます。

各単語に関連単語が沢山表示されるので、慣れてきたらどんどん知識を広げていけるのも魅力ですよ。

天才英単語

英文法の学習がしたい人へおすすめのサイト2選

大人になってから英語学習を始める人の中には「基礎文法が不安」という方も多いと思います。

コミュニケーションにおいて文法はそんなに重要じゃない、という人もいますが、実際には基礎的な文法をきちんと理解していないとレベルアップの際につまずくことも。

中学英語で習った基礎文法をもう一度おさらいしたい、文法に自信をつけたいという方におすすめな英語学習サイトがこちらです。

ALL IN ONE Basic

ALL IN ONE Basicは元々ベストセラー英語学習教材であった「ALL IN ONE Re-start」をもとに構築された英語学習サイトです。

「ALL IN ONE Re-start」は中学英語で習得したはずの基礎文法や単語を、1冊だけで全ておさらいできるよう効率的にまとめた書籍。

中学で勉強したはずなのに覚えていない、ちゃんと理解できていないから使えない、という文法って本当に沢山ありますよね。

そんな中学英語の内容をより実践的に理解できるよう開発されたメソッドがAll IN ONEシリーズなんです。

ALL IN ONE Re-startは私も利用していましたが、英語の基礎となるところが本当にわかりやすく押さえられていてとてもおすすめ。

これだけしっかりと理解すれば、ベーシックな文法力が身に付くように構成されています。

ALL IN ONE Basicではさらに改良が加えられ、専用アプリなども組み合わせてより簡単に文法が学べるようになりました。

参考書を何冊も買わなくても、このサイトだけで基礎文法が身に付くような充実した英語学習コンテンツです。

ALL IN ONE Basic

参考書より分かりやすい英文法解説

こちらのサイトでは学習塾での英語指導経験がある管理人が、英語の文法を徹底的に解説してくれます。

英語の文法って感覚的に覚えるというよりは、理論でしっかりと理解しないとなかなか実際に使えないもの。

そんな英文法を文型、時制、助動詞、など種類別に細かく解説、使い方についても学べるのがこのサイトなんです。

分厚い英文法の参考書並みの情報量が、このサイトだけで全て網羅できるのが大きな魅力。

しかも全て無料で閲覧できます。

まずは英文法の知識を完璧に理解してから実践に移りたい!というストイックな学習者の方におすすめですよ。

英語の文型|参考書より分かりやすい英文法解説

英検またはTOEICの学習がしたい人へおすすめのサイト2選

英語学習をしている人の中には、英検やTOEICなど特定の資格取得を目指している方もいるでしょう。

こういった資格はそれぞれに問題の傾向があるため、専用に組まれた対策プログラムで学習するのが効率的。

オンラインで使える英語学習サイトの中にも、英検やTOEIC対策に特化したものがありますのでご紹介します。

TOEICスコアアップナビ

その名の通り、TOEICのスコアアップだけにフォーカスした内容が魅力のこのサイト。

サイト管理人はTOEICスコア970点のエキスパートで、その学習法や経験をもとに有益な情報が詰まっています。

単純に英語力をアップするという点だけでなく、あくまで「スコアアップ」のための様々なテクニックが紹介されているのもこのサイトの大きな特徴。

TOEICを受けるうえで知っておくといい「試験テクニック」と称して、上手な時間配分や効率的な点数の上げ方を教えてくれます。

TOEICはマークシート式の試験のため、単に英語が話せるかということより試験に特化したスキルが重要なのは事実。

時間内にいかに効率的に高得点をマークするか、といった多くの人が見落としがちな裏技を学べるサイトです。

TOEIC勉強法・攻略・講座・対策サイト – TOEICスコアアップナビ

スタディギア for EIKEN

スタディギア for EIKENは英検の公式学習コンテンツです。

公式というだけあって、英検受験に特化したプログラムが魅力。

オンラインで自分の受験級に合わせた学習が勧められ、進み具合を管理もできます。

スタディギア for EIKENの良いところは、英検公式ということで実際の英検開催スケジュールに合わせ、自分の学習プランを組んでいけるところ。

学習時間と進み具合を個々に管理しながら、適切な学習プランを打ち出してくれるので無駄がありません。

通常は有料コンテンツですが、ライトプランは無料で試せるというのも嬉しいです。

英検受験に特化した学習コンテンツなら、やはり公式のものが強いですよ。

スタディギア for EIKEN|英検公式の英語学習サービス

日本語で学習できるサイトをお探しの人へ2選

英語学習初心者にとっては、海外の英語学習サイトは敷居が高いですよね。

やはり日本語でしっかりと解説されていないと不安、という方も多いでしょう。

そんな時に使いやすい、日本語で学習できる英語学習サイトがこちらです。

アルク公式サイト

「キクタン」の生みの親でもあるアルクの公式サイトでは、英語学習コンテンツが豊富に組み込まれています。

アルクは日本の英語学習教材メーカーなので、全てのコンテンツがしっかりと日本語で作られているのも嬉しいポイント。

リスニング、資格対策、映画のフレーズ集、文法など自分の興味あるトピックに合わせて様々なコンテンツを選べるのも特徴です。

しかもサイト内のコンテンツはどれも無料で楽しめます。

コンテンツの情報量がとても豊富なので、このサイトだけでも基礎的な英語学習ができてしまうほどですよ。

英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい|英会話|アルク

NHKゴガク

こちらはNHKの提供する語学学習サイトです。

サイト内ではNHKの英語学習番組を閲覧しながら勉強ができ、どの番組も日本語で解説がされているので初心者も安心。

テレビ・ラジオ番組を見るだけでも学習になるよう作られていますが、学習コンテンツ内にはさらにドリルなども組み込まれています。

番組で学んだフレーズなどを、ドリルでさらに強化していくことも可能。

番組自体も飽きない構成になっていて、日本語のナレーションによってゆっくりと進んでいくので楽しみながら英語が学べます。

NHKゴガク | NHKゴガク

英語だけの、海外のサイトをお探しの人へ2選

英語学習をする際に、ある程度のレベルに達したら日本語を使わない環境に慣れていくことも大切です。

海外に留学したら、日本語で英語を教えてくれることはありませんよね。

でもその「日本語を一切使わない」環境でこそ、より早く英語力が培われるというのはあります。

日本語は使わず、英語だけの環境に慣れたい!という方におすすめな英語学習サイトがこちらです。

VOA Learning English

VOAはアメリカ国営放送が運営する英語学習サイトです。

全てが英語で構築されていますが、初心者からの英語学習を意識して作られているのでビギナー向けコンテンツも多くわかりやすいのが特徴。

VOAの初心者向けにレベル分けされた学習コンテンツはビデオ、発音を詳しく解説する音声ファイル、スクリプトからなる構成で、リーディング、リスニング、スピーキングをバランス良く学べるのも魅力です。

英語ネイティブの国で作られているだけあって、例題のトピックがとても自然なのもポイント。

実際にネイティブが日常的に話していそうなトピック、自然な言い回しでビデオが進んでいくので留学しているような気分で学べますよ。

VOA – Voice of America English News

BBC Learning English

イギリス英語を学習したい方にはこちらのサイトがおすすめ。

BBCはイギリスの国営放送。

そのBBCが運営する英語学習サイトがBBC Learning Englishです。

VOAにも似ているのですが、ニュース動画やちょっとしたコラム的な動画など、普通に見るだけでも興味深い動画を観ながら英語を学べます。

各動画には設問がついてきて、自分が動画をどれだけ正確にリスニングして理解できているかを確認できるのが特徴。

サイト内には基礎単語や基礎文法に関するコンテンツも揃い、初心者からしっかり学んでいける構成になっています。

コンテンツ内容自体も面白いので、楽しみながら学べますよ。

BBC Learning English – BBC Learning English – homepage

他にも色々ある!英語学習のお役立ちサイト

目的別に英語学習サイトをご紹介しましたが、まだまだおすすめの英語学習サイトは沢山あります。

ベーシックな学習サイトに限らず、Youtube動画や辞書、ニュースなどを活用して英語を学ぶのもおすすめの学習法。

応用的に使える英語学習のお役立ちサイトをご紹介しましょう。

英語学習に使える英和辞典のサイト2選

英語学習時に実はかなり使えるのが、英和辞典のサイト。

ほとんどが無料で公開されていて、最近のオンライン英和辞典は新しい単語や言い回しも随時アップデートされていたりと質が高いです。

英語学習には欠かせない、英和辞典のサイトでおすすめはこちら。

weblio英和辞典

英語学習者なら一度は見たことがあるであろう大手サイトのweblio。

ほとんどの基本機能は無料で使えますが、単語収録数も多くそれぞれにしっかり例文も記載されていたりと充実しています。

単語ひとつに対して考えられる意味が豊富に出てくるのと、例文も豊富なため情報量が多く実用性が高いのもweblioの魅力。

さらに有料コンテンツを使うと、広告非表示にしたりと教材としてより使いやすくなります。

英和辞典でありながらそれだけで英語教材のような、幅広い情報が得られるのがポイントです。

英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書

RNN時事英語辞典

ベーシックな英和辞典は数ありますが、こちらは時事英語に特化したオンライン英和辞典です。

RNN時事英語辞典では、今まさに旬の時事英語を常に更新しながら学べるのが特徴。

その時々のニュースで話題になっているような時事英語が日々アップデートされるので、今リアルタイムで使える英語の知識が身に付きます。

ニュースでやっているあの話題について話したいけど、いきなり英語のニュースサイトを読んでも全部理解できないということもありますよね。

しかも時事的な話題に出てくる単語って、辞書に載っていないものも多いです。

そんな時にさっと引けて、確認できるのがRNN時事英語辞典。

毎日チェックしていれば自然と時事ネタに強くなれますよ。

RNN時事英語辞典 | ニュース・ビジネス英語専門の英和辞書・和英辞書

英語のリスニングが学べるYoutube動画2選

いまやYoutube動画は英語を楽しみながら学べる、代表的なコンテンツのひとつです。

ただ英語学習関連のチャンネルがとても多くなってしまったので、「どの動画が本当に効果的なのかわからない」と感じている人も多いでしょう。

動画としても英語学習コンテンツとしても質の高い、本当におすすめできるYoutube動画はこちらです。

バイリンガール英会話

バイリンガール英会話は、英日のバイリンガルであるYoutuberちかさんによる動画チャンネルです。

バイリンガールチャンネルの魅力は、ちかさん自身が日本語のネイティブでもあるということ。

この、「日本語と英語の違い、文化の違いをよく理解している方」というのがポイントなんです。

「英語圏でのレストランオーダーのしかた」といったビデオでも単に会話の例文を聞かせるだけでなく、「日本ではこうだけど、アメリカではこんな流れ。チップの常識は…」とアメリカの文化も交えて紹介してくれます。

単に英語の文を反復してもなかなか頭に入りづらいものですが、文化の違いを動画で目にすることで生きた英語として感じとりやすくなっています。

動画の中で、ちかさんと一緒に旅しているような気分になれるのも魅力。

動画コンテンツとしても質が高く面白いチャンネルです。

バイリンガール英会話-Youtube

Hapa英会話

Hapa英会話は英日バイリンガルであるJunさんによる英語学習チャンネルです。

英会話学校「BYB English Center」の創始者でもあるJunさんはその英語指導の知識を活かし、わかりやすく効率的な学習動画をアップしています。

バイリンガールちかさんの動画がビデオブログ的なのに比べ、Junさんの動画はより教材的な内容。

英語での電話対応、よくありがちな文法の間違いなど、英語学習している日本人が疑問に感じやすいポイントをわかりやすく解説。

観ているだけで英語の知識が増え、つまずきがちなポイントを解消していけるような動画チャンネルです。

Hapa 英会話 – YouTube

英語の学習に!海外の英語ニュースサイト

英語の学習では単に教材をなぞるだけでなく、実際にリアルタイムで起きている時事ネタを使うのも上達のコツです。

普段の会話で話題にあがるようなニュースを英語で学ぶことで、実際に英会話のシーンでも活かすことができますよね。

時事ネタを英語で取り入れられる、おすすめの英語ニュースサイトはこちらです。

the japan times alpha

the japan times alphaは、英字新聞者the japan timesによるニュースで学ぶ英語学習サイトです。

今世間で話題になっているような時事ネタを、英語と日本語両方で見ることができるのが大きな魅力。

海外のニュースサイトだと、英語オンリーになるうえにその国の文化に馴染みがないとわかりづらいものですよね。

the japan timesでは日本の話題も多く、どのニュースも日本語訳がついてくるので英語学習者にぴったりなんです。

The Japan Times Alpha Online― 英語学習者のための英字新聞

英語学習サイトを活用するには?

様々なタイプの中から選べる英語学習サイト。

英語学習サイトの効果的な活用法としては、以下のようなものがあります。

・英語学習の導入として使う

・英会話スクールと併用して使う

・遊び感覚でスキマ時間に取り込む

英語を学ぶ目的によっても使い方は変わりますが、まず英語学習サイトはスクールに比べ費用がかからず、超初心者でも初めやすいのが魅力。

スクールのように対面のレッスンではないので、スクールに通う前にまずは自分で予習したいという方にもおすすめです。

またすでに英会話スクールに通っていたり、資格試験の勉強をしている人のブラッシュアップとして取り入れるのもいいでしょう。

英語学習サイトには遊び感覚で豆知識的を学べるようなものも多いので、カジュアルにちょっとした暇つぶしとして楽しむのもおすすめです。

ゲーム感覚で楽しみながら、自然と英語の知識が身に付きますよ。

英語学習サイト選び方のコツ

英語学習サイトは種類が多く、どれを選んだらいいか迷うこともあります。

そんな時は以下のポイントを意識して自分に合うものを選びましょう。

・料金

・レベル

・英語を使う目的

・コンテンツの内容が好みかどうか

まず英語学習サイトには無料から有料のものまでありますので、自分の予算を考慮して選びます。

有料のものでも月額5,000もしないものがほとんどで、値段が高いサイトだとオンラインレッスンがついてきたりします。

自分がどこまでのサービスを求めているかによって変わってくるでしょう。

また初心者であれば、無料のサイトから始めるのでも十分。

具体的な目標ができたら有料サイトも検討するくらいでいいと思います。

サイトの内容が自分のレベルにあっているかも重要なポイント。

初心者の場合は初級のコンテンツが揃っているかどうかをチェックしましょう。

英語を使う目的がビジネスなのか、日常的にフランクな会話ができればよいのかによっても選ぶサイトが変わってきます。

ビジネス目的であれば、ビジネス英語コースがきちんと設けられているサイトの方が安心ですね。

動画やコラムを使って英語を学習するサイトの場合、そのトピックが自分の好みに合っているかも大事なポイントです。

自分が興味の持てない動画を延々と観続けても、集中できず学習効果も半減してしまいます。

コンテンツとして自分が興味が持て、楽しめる内容のサイトを選びましょう。

まとめ

英会話スクールに通わなくても、自分のペースで気軽に英語を学べるのが魅力な英語学習サイト。

費用も無料〜格安なものが多く、英語学習初心者にもおすすめです。

こちらで紹介した英語学習サイトは無料や格安ながら、充実したコンテンツが楽しめるものばかり。

便利な英語学習サイトを利用して、英語力に差を付けてくださいね!

関連記事

  1. スマホで英語のアプリを触る女性 私がよく利用する英語学習に役立つサイトの紹介~ささまりこ編~
  2. オンライン英会話レッスンを受講する女性 英単語力を測ろう!英語の語彙力をチェックできるおすすめWebサイ…
  3. おすすめの英語学習サイトランキングをTOEIC880点ホルダーが…
PAGE TOP
\ 編集部イチオシの英会話アプリ /