今度こそ英語を話せるようになる!日本育ちのバイリンガルがおすすめの学習方法と教材9選を紹介!

英会話のスキルがあれば、仕事の幅が広がり、転職にも有利。

そのため、英語を勉強する人は大勢います。

一方で、「ずっと勉強しているのにカタコトでしか話せない」

とお悩みの人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、「話せる」英語を身につけるための勉強法を徹底解説。

留学や高額の教材に頼らず、独学で使える英語を身につける方法を説明します。

英語が話せないとお悩みのかたはぜひ参考にしてくださいね。

~EIKARAイチオシ!英会話の特訓なら、スタディサプリENGLISH「新」日常英会話!

2019年11月26日に「スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース」が新しくリリースされました!

新日常英会話コースは、「おもてなし英語」&「海外旅行英会話」をドラマ仕立てのストーリーで学ぶことができるコンテンツです。

訪日外国人の数は右肩上がりで伸び続けていて、国内にいても外国人とコミュニケーションをとる機会が増えてきています。

この機会に英語を習得して、外国の人たちとコミュニケーションをとりたい、もてなしたいと考えている人は多いはず。

英語を学び始める時期に遅い・早いといったことはありませんし、オリンピックイヤーを節目として英会話学習を始めてみるのもいいですね。

またスタディサプリENGLISH新日常英会話コースは、7日間の無料体験も受けることが可能です。

「いろんな英会話スクールや英会話教材を探しているけど、結局どれがいいのわからない…」

「無料でお試しできる教材はないかな…」

というような疑問を持っている方はぜひこの機会にスタディサプリENGLISHを試してみてはいかがでしょうか?

 

そもそも英語が話せない理由は何?

英語が話せない、と悩んでいるのは初心者ばかりではありません。

英語の成績が良かった人や、TOEICで高得点を取れるような人にも、話せない人は多くいます。

英語の知識はあるはずなのに、なぜ話せないままになってしまうのでしょうか?

まずは英語を話せない理由について2つの視点から分析していきましょう。

間違うことを怖がりすぎている

日本人は「ミスをする=悪いこと」と考える人が多くいます。

日本の英語教育は減点式のテストのため、「間違えること=悪い点をとること」と考えがち。

その結果、ミスすることを恥ずかしがって話せなくなってしまうのです。

ミスを怖がってしまう人におすすめの対処法は、「間違えて当たり前」と自覚すること。

どんなに英語の成績が良い人でも、失敗せずに会話ができるようになる人はいません。

一度も転ばないで自転車に乗れるようになる人はいませんよね。

同じように、ノーミスで英会話を習得することは、そもそも不可能なのです。

「間違っているかも?」と不安になったら、先生や教材・辞書に頼ればOK。

会話はテストではないので、間違いを恐れず積極的に話していきましょう。

英語を話す練習が足りない

日本人の英語学習は、圧倒的に話す練習が足りないと言われています。

実際、英語の勉強といえば、とにかく暗記することをイメージする人が圧倒的に多いのです。

しかし、知識を取り入れるだけでは話せるようにはなりません。

自分から英語で発信することで、初めて会話に必要な能力が鍛えられるのです。

話す練習が足りない人は、とにかく「話す」ための特訓を始めましょう。

自己紹介や好きなもの・趣味など、なんでも良いので英作文をして、英語を使って人と話すのです。

最初からパーフェクトな文法や発音でなくても大丈夫。

「これってどう言えばいいの?」と疑問に思い、調べる家庭で英語力はぐんぐん向上していきます。

英語を話す感覚をつかむ!スタサプ「新日常英会話コース」を見てみる⇒

英語を独学で話せるようになるには?おすすめの学習法まとめ

英語を勉強する上で、ミスを恐れない姿勢は重要です。

とは言え、やみくもに勉強し続けるといつか疲れてしまいますよね。

できるだけ手軽で続けやすく、なおかつ効果のある勉強法を選びたいところです。

そこで、ここからは英語力アップにおすすめの手軽な勉強法を紹介します。

今日から無料でできる方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

英語で日記・ひとりごとを作る

今日からすぐに始められる方法は、英語の日記を書くこと、ひとりごとを言うことです。

まず、日々のルーティン・身の回りの出来事について、英語でどう表現するか調べましょう。

あとは実際に英語で書いたり話したりするだけ。とても簡単です。

身の回りの物事は日常会話でよく使うので、英会話で使える語彙を増やすことができます。

実際の英会話でも自己紹介に役立つので、英会話初心者の人にもおすすめ。

上級者の人は、新聞記事やニュースを読んで自分の意見を書いてみるのが良いでしょう。

辞書やインターネットを活用して語彙を増やす

身の回りのもの・ことで「これって英語で何て言うの?」と思ったことは積極的に調べてみましょう。

辞書を持っていなくても、インターネットで「〇〇(日本語の表現) 英語」と調べれば、すぐに調べられます。

気に入った表現・使えそうな表現があれば、スマートフォンなどにメモしておきましょう。

おすすめサイト:DMM英会話 なんてuKnow?

英語表現の疑問に英語の上級者が答えてくれるwebサイト。

使うシチュエーションやニュアンスまで細かく教えてくれます。

DMM英会話の会員なら無料で何回でも質問してOK。

語彙を増やしたい初心者はもちろん、上級者にもおすすめです。

覚えた表現で英作文&音読練習

覚えた英単語やフレーズを使って実際に英作文を作って音読してみましょう。

自分の日常生活や考えに置き換えて作文をすれば、実際の会話にも役立ちます。

音読は発音練習に有効なだけでなく、英文を覚えやすくする効果も。

目の前に会話の相手がいたら…と想像しながら、何度も音読してください。

可能なら、英作文の表現や発音が正しいかどうか第三者に添削してもらいましょう。

オンライン英会話を使えば、好きな時間にネイティブからアドバイスがもらえます。

リスニング・リーディングで語彙の幅を広げる

実際にネイティブが使っている英語にも触れてみましょう。

リスニング・リーディングをすることで、自分で調べるよりもたくさんの語彙を知ることができます。

英単語や文法の使用例もたくさん見つけられるので、英作文をするときの参考にもなりますよ。

英語のニュース記事や英字新聞を読むほか、海外ドラマや洋画で聞き取りにチャレンジするのもおすすめ。

YouTubeの動画も、スピードや字幕の有無が変更できて便利です。

いきなりネイティブの英語はハードルが高い…という場合は、市販の教材でもOK。

教材の英語は学習者のレベルに合わせて簡単な語彙や文法を使っているので、初心者にもおすすめです。

また、音声教材はゆっくり・はっきり発音されるので、アナウンスが聞き取りやすくなっています。

英語教材を選ぶときは、音声と英文がセットになったものがおすすめ。

難しすぎず簡単すぎず、自分のレベルに合ったものを選びましょう。

発音・スピーキング練習にはオンライン英会話がおすすめ

会話する力を鍛えるには、実際に話してみるのが一番。

オンライン英会話なら、通学型のスクールよりもレッスン費用が安くすみます。

好きな場所・時間でレッスンができる点も大きなメリットです。

会話で緊張してしまう人は、あらかじめ話す内容をメモしておくと良いでしょう。

また、大抵のオンライン英会話には、レッスンに役立つフレーズ集のページがあります。

フレーズ集を参考に話の内容を組み立てるのも良いですね。

英会話は毎日少しずつ練習し続けるのが上達のコツです。

まずは会話レッスンの時間を決めて、1日1レッスンを目標に続けてみましょう。

英語を話す感覚をつかむ!スタサプ「新日常英会話コース」を見てみる⇒

英語を話せるようになるためのおすすめ教材&サービス9選

ここからは、英語を話す力をつけるのにおすすめの教材を紹介します。

本、アプリ、動画サイトなど色々なジャンルのものを集めました。

こちらを参考にしながら、自分の好みに合った勉強方法を見つけてください。

(アプリ)スタディサプリENGLISH:筆者が特におすすめ!

スキマ時間で英語学習ができるアプリ。

単語クイズやディクテーション、シャドーイングなど、1つあればいろいろな勉強ができるのが特徴です。

解説動画がついているので、疑問点をすぐに解消できます。

スタディサプリENGLISH」では3つのコースが用意されています。

目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

  • 新日常英会話コース(2,178円/月〜)
  • ビジネス英語コース(3,278円/月〜)
  • TOEIC L&RTEST対策コース(3,278円/月〜)

※料金は税込表示

※6ヶ月〜12ヶ月分の一括払いで割引の適用あり

どのコースも利用には月額利用料が必要です。

最初の7日間は無料で使えるので、その間に続けるかどうかを判断しましょう。

英語を話す感覚をつかむ!スタサプ「新日常英会話コース」を見てみる⇒

(本)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

シンプルな英文を即座に、大量に話すための本です。

中学校で習う英文法の項目に対応した簡単な例文を音読しながら、学校英語を使える知識にブラッシュアップ。

学び直しと話す練習を同時に行うことができます。

ただし、電子書籍版には音声がついていないので、紙の本がおすすめです。

(本)みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

英語の長文リスニングと音読を通して、耳と口を英語に慣らしていく本です。

リスニングと音読の勉強方法を丁寧に解説してくれています。

難しい英語は使われていないので、初心者にも安心。

英語音声はゆっくり・速め・ポーズ付きの3種類が収録されているので、レベルや学習目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

(アプリ)NHKゴガク

NHKラジオの語学番組のストリーミング再生が聞けるアプリ。

教材の質が良く、いろいろな難易度の英語を無料で聞くことができます。

1回の放送が5〜15分と短めなので、スキマ時間のリスニングにもおすすめです。

英文スクリプトは別売りですが、1冊550円〜と手軽に入手可能。

ただし音声は毎週月曜に更新され、古いものが聞けなくなるので注意しましょう。

(動画)Hulu

月額料金(税込):1,026円

英語字幕に対応した海外ドラマや洋画を見ることができます。

再生速度を変更する機能もついているので、海外ドラマ・映画で英語に触れたい人におすすめ。

最初の2週間は無料で利用可能です。

(動画)Netflix

月額料金(税込):990円〜1,980円

Netflixでも、英語字幕に対応したドラマ・洋画を視聴できます。

独占配信しているオリジナル作品が多いのが特徴です。

再生速度の調節もできますが、無料体験期間はありません。

(動画)TED-ed

著名人のプレゼンで有名な「TED」の子供向けバージョン。

自然科学から社会分野まで幅広い内容の動画を無料で視聴できます。

英語のトレーニングだけでなく、英語を使って知識や教養を身につけられるのが最大のメリットです。

ときには専門用語が使われることもあります。

何度か見て理解できなければ、字幕をオンにするか、再生速度を遅くして視聴すると良いでしょう。

(オンライン英会話)ネイティブキャンプ

月額料金(税込):6,480円〜

開講時間:24時間

初回7日間無料

レッスンが定額で受け放題のオンライン英会話。

予約なしのレッスンなら追加料金を気にせず受講できます。

コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

教材の種類も豊富なので、自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。

(オンライン英会話)Best Teacher

月額料金(税込):12,000円〜16,500円

開講時間:24時間

無料体験レッスンあり(申込コースにより回数が異なる)

 

会話レッスンの前に英作文と添削を受ける、珍しいタイプのオンライン英会話です。

話す前に内容をしっかり考えたい人、話す力と書く力を両方伸ばしたい人におすすめ。

英検など、資格試験の面接試験にも対応しています。

英語を話す感覚をつかむ!スタサプ「新日常英会話コース」を見てみる⇒

英語が話せるようになるまでの最短時間はどのくらい?

日本人が英語を習得するまでに必要な時間は3000時間とも2000時間とも言われ、さまざまな憶測が飛び交っている状態です。

必要な学習時間の根拠として引用されることが多いのが、アメリカの外務職員局が行った調査です。

この調査は英語ネイティブの外交官候補生たちが英語以外の言語をマスターするまでの時間を集計したもの。

これによると、日本語は英語ネイティブにとって最も習得が難しい言語とされ、習得に必要な時間は2,200時間とされています。

逆のことが英語を学ぶ日本人にも言えるなら、英語をマスターするには2,200時間の勉強が必要ということに。

中学・高校と英語の授業を受けた分を差し引いても、さらに1,000時間ほどの学習が必要になってきます。

1日に1時間勉強してもおよそ3年はかかる計算です。

話せるようになるための学習時間の作り方

短期間で1,000時間分の勉強を達成するには、1日に数時間の勉強が必要です。

忙しい社会人なら、確保できる学習時間は1日に2〜3時間程度でしょう。

忙しい生活の中で、どうやって勉強時間を確保すれば良いのでしょうか?

ポイントはスキマ時間の活用です。

通勤時間や家事の合間にリスニングをするだけでも、すぐに1時間は確保できます。

目や耳が自由になっている時間がないか、一度スケジュールを見直してみましょう。

生活の中で英語に触れる機会を増やすのもおすすめです。

テレビを見る代わりに海外ドラマを見る、スマホゲームの代わりに単語アプリを開くなど、意外と方法はたくさんあります。

まずは自分にできることから少しずつ始めていきましょう。

ちなみに、週に数回のペースでのんびり学習するのはおすすめしません。

勉強時間が少なすぎると成長が実感しづらくなり、結果として勉強を継続できないからです。

忙しい人でも、最低1日1時間は学習時間を確保してみましょう。

話せるまで勉強を継続するコツ

1日に何時間もの勉強を続けるのは、実際かなり大変ですよね。

なるべくエネルギーを使わずに英語学習を続けるには、どうすれば良いのでしょうか?

結論から言うと、勉強を習慣化してしまうのがおすすめです。

英語を勉強する時間やタイミングを完全に固定してしまいましょう。

(例)

  • 帰りの電車に乗ったらスマートフォンで英語のリスニングをする
  • 寝る前に単語帳を開く
  • 夜○時からはオンライン英会話を受けることにして、他の予定を入れない

コツは、勉強する内容まで詳しく決めておくこと。

「これから何をやろうかな?」と悩んでいるうちに、いつの間にかやる気がなくなってしまうからです。

上手く習慣化できれば、シャワーや歯磨きをするように何も考えずに勉強を始められるようになります。

英語を話す感覚をつかむ!スタサプ「新日常英会話コース」を見てみる⇒

まとめ

この記事では、英語を話せるようになるための学習法やおすすめの教材について紹介しました。

英語で話せるようになるには、単語や文法の暗記だけでは足りません。

知識を覚えるだけでなく、英作文や発音など話すための特訓を重ねていきましょう。

関連記事

  1. 英語学習サイトおすすめランキング28選【2021年】元海外勤務の…
  2. おすすめの英語学習サイトランキングをTOEIC880点ホルダーが…
  3. スマホで英語のアプリを触る女性 私がよく利用する英語学習に役立つサイトの紹介~ささまりこ編~
  4. オンライン英会話レッスンを受講する女性 英単語力を測ろう!英語の語彙力をチェックできるおすすめWebサイ…
PAGE TOP
\ 編集部イチオシの英会話アプリ /